[トップページ] [平成11年上期一覧][地球史探訪][210.1 海洋史観][230 ヨーロッパ]


         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (90)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座   
 _/   _/   _/   _/  _/   _/    平成11年5月29日 9,957部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/     地球史探訪:戦争の海の近代世界システム
_/_/        〜川勝平太氏の海洋史観(1)〜
_/_/
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/    1.日本とヨーロッパにおける近代文明の同時勃興
_/_/    2.ヨーロッパを魅了した海洋アジアの物産
_/_/    3.産業革命はインド木綿のコピーから始まった
_/_/    4.近代世界システムの「暴力的収奪」
_/_/    5.絶えざる戦争
_/_/    6.奴隷制による新大陸開発
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.日本とヨーロッパにおける近代文明の同時勃興■

     近代はアジアの海から誕生した。より、正確にいえば、海洋
    アジアからのインパクトに対するレスポンスとして、日本とヨ
    ーロッパに新しい文明が出現した。[1,p3]

   新しい、壮大な史観が誕生しつつある。国際日本文化研究セン
  ター教授・川勝平太氏の「文明の海洋史観」である。この史観の
  特徴を、本号より3回にわたって紹介しよう。
  
  1.戦争の海の近代世界システム(本号)
   近代のヨーロッパ文明は海洋アジアからのインパクトによって
  成立した。それは戦争、征服、奴隷化など暴力的収奪を特徴とし
  ていた。
  
  2.平和の海の江戸システム(次号)
   同じインパクトに対して、日本は異なるアプローチで、棲み分
  けと共生を本質とした近代文明を作り上げた。
   
  3.「小さな水の惑星」に浮かぶ「庭園の島」(次々号)
   近代世界システムから脱して、棲み分けと共生を基調とした、
  新しい地球と日本のビジョンを示す。
  
■2.ヨーロッパを魅了した海洋アジアの物産■

   ヨーロッパに出現した近代社会は、「近代世界システム」と呼
  ばれる。それは16世紀を中心とする190年間(1450〜1640)
  に、西ヨーロッパを中心とし、アフリカ大陸、南北アメリカ大陸
  を周辺地域として形成された。
  
   近代世界システムの提唱者ウォーラステインによれば、その契
  機となったのは、14世紀のヨーロッパ全域を襲った危機であっ
  た。技術進歩のない封建制のもとでの土地の疲弊、戦争の勃発、
  そして全土を間欠的に襲った疫病である。
  
   特に疫病によって、ヨーロッパの人口の1/3が失なわれた。
  当時は胡椒や香辛料が疫病の医薬と考えられており、いくら高く
  ても需要があった。ヨーロッパ人が憑かれたようにアジアやアメ
  リカを目指して、大航海に乗り出していったのは、これらを求め
  てのことである。[1,p40]

   香辛料の産地は、当時、「香料諸島」と呼ばれた東南アジアで
  あった。ヨーロッパ人がここにたどり着いた時、この地は中国、
  インド、東アフリカの3地域を結ぶ活発な海洋貿易の一大中心地
  域であった。そこでは、胡椒・香辛料以外にも、木綿、絹、砂糖、
  コーヒー、宝石、陶器など、実に豊かで多様な物産が交易されて
  おり、ヨーロッパ人はたちまち魅了された。
  
   しかし、交易をしようにも、ヨーロッパには売るものがなかっ
  た。毛織物をさかんに売り込もうとしたが、インド、東南アジア
  はむろん、中国や日本でもさっぱり売れなかった。
  
     ヨーロッパ人の欲しいものはアジアにしかなかったのであり、
    一方、ヨーロッパ製のものでアジア人のほしいものはなかった
    のである。[1,p33]

   幸い、新大陸南アメリカで銀山が発見され、ヨーロッパ人はそ
  の銀をアジアに持ち込み、交易を行った。
  
■3.産業革命はインド木綿のコピーから始まった■

   豊かな東方の物産は、ヨーロッパに生活革命をもたらした。た
  とえばインド木綿は、当時主流であった毛織物とは比較にならな
  いほど軽く、仕上げも自由であり、かつ、洗濯がきく上に色が落
  ちないという、信じられないような特性を持っていた。
  
   またインド人の見事な染色技術は、ヨーロッパ人のかつて知ら
  ないところであった。価格も毛織物の1/3であったといわれる。
  この時点では、インドの方が技術的に優位にたっていたのである。
  
   インド木綿は、17世紀末から衣料革命を巻き起こし、木綿の
  シャツ、ネクタイ、ハンカチーフ、寝間着、エプロン、下着、ス
  トッキングなどが大流行した。さらにアメリカやアフリカにも再
  輸出されて、環大西洋市場が形成されていった。
  
   しかし、インド綿の輸入攻勢によって、ヨーロッパ各国は支払
  いのための金銀の流出に悩まされ、各地の織物業者は深刻な危機
  に陥った。輸入原料を加工して模倣品を生産したが、品質が悪い
  ために、あまり売れなかった。
  
   イギリスがインド綿花に品質、価格でようやく勝てるようにな
  ったのは、インド綿が導入されてから約1世紀もの後、アメリカ
  での長繊維綿花の発見と、1779年の細糸紡績機「ミュール」の発
  明によってであった。産業革命とは、まさにインド木綿のコピー
  商品を作ろうという事から始まったのである。
  
   ここから、大量の奴隷をアフリカから調達し、アメリカで綿花
  を栽培し、イギリスでそれを綿布にして、アフリカその他の市場
  に売りさばくという、「大西洋の三角貿易システム」が成立した。
  [2,p42-61]

   産業革命によって登場する近代世界システムは、海洋アジアの
  物産という文化的インパクトに応答する所から、始まったのであ
  る。

■4.近代世界システムの「暴力的収奪」■

   海洋アジアの平和的な交易の世界に対して、「近世ヨーロッパ
  の最大の輸出品は暴力であった。」[3,p201] そして近代世界シ
  ステムは、「暴力的収奪」によって成立し、維持された。
  
   まずヨーロッパ人は、南北アメリカにせよ、アフリカにせよ、
  自分達が「発見」した土地も、原住民も、すべて自分の所有であ
  る、という驚くべき原則を徹底的に適用した。
  
  「発見」された側にとっては、とんでもない迷惑である。南北ア
  メリカは先住民族の長い歴史は黙殺されて、勝手に「新大陸」と
  され、カリブ海の島々をインドだと思いこんだコロンブスの間違
  いから、西インド諸島と呼ばれるようになった。
  
   ポルトガルとスペインは、ローマ教皇の裁可と称して、地球を
  東西に2分割して、それぞれを自国のものとするトルデシリアス
  条約を1494年に結んだ。そして、スペインは1550年代前半のわず
  か50年ほどで、アステカ帝国とインカ帝国を滅ぼし、中南米と
  フィリピンを支配した。
  
   もともとヨーロッパは地球の陸地のわずか3%を占めるに過ぎ
  ない。しかし1800年には西洋諸国の支配する帝国は全陸地の35
  %に達し、1914年には84%に達した。[1,p222]
  
■5.絶えざる戦争■
  
   他人の土地を占有するためには、先住民族や、競合する西洋諸
  国同士の絶えざる戦争が避けられない。主権国家同士の戦争は14
  80年から、1940年までの460年間に278回を数える。約1年
  8ヶ月に1回の割合で戦争が起こっていた計算となる。[4,p232]
  
   当然、莫大な軍事支出が必要となる。1650年代のイングランド
  は歳出の90%を、フランスのルイ14世は75%を軍費に充て
  ていた。[3,p200]
  
   戦争はまた商品を無理矢理に売り込む手段でもあった。イギリ
  ス人は、シナの茶を手に入れるために、東インド会社はイギリス
  の工業製品をインドに輸出し、インドの阿片をシナに、そしてシ
  ナから茶を輸入するという三角貿易を考え出した。
  
   阿片の広がりはシナ社会で大きな問題を起こし、清朝政府はた
  びたび阿片禁止令を出したが、東インド会社は密輸出を続け、18
  39年に清朝政府の官僚がイギリスの商務監督官を監禁し、阿片2
  万箱を海洋投棄処分にすると、イギリスはこれを口実に翌年、阿
  片戦争を開始した。この勝利で、イギリスは莫大な賠償金と香港
  の割譲を勝ち取った。

   麻薬を売りつけ、相手がいやがると暴力に訴えるというのは、
  まさに暴力団の手口そのものである。

■6.奴隷制による新大陸開発■
  
   売るもののないヨーロッパは、海洋アジアとの交易のために、
  「新大陸」で銀山を開発し、綿花、砂糖きびなどの大規模プラン
  テーションを作った。その労働力は現地のインディオやアフリカ
  から移送された黒人を奴隷として使った。
  
   たとえば、1545年、ボリビア南部ポトシに発見された大銀山で
  は、採掘のためにインディオ達がかき集められた。毎日のように
  起こる事故と、水銀中毒のために、徴用されたインディオの10
  人に7人は二度と故郷の地を踏むことができず、そこで斃れた総
  数は8百万人にものぼったという。
  
   アンデスの山岳地帯は、インカ帝国時代に高度な灌漑網で豊か
  な農産物を生み出していたのだが、これだけの容赦ない徴用に壊
  滅的打撃を受けて荒廃が進み、今では少しの雨不足ですぐに旱魃
  飢饉に陥るようになってしまった。[4]
  
   中央アメリカの人口は7千万人から9千万人と推定されている
  が、スペイン人の侵入後、わずか一世紀の間に、350万人に激
  減している。
    
   同様にアフリカから奴隷として連れ去られた黒人は、3千万人
  から6千万人に及び、その三分の二が航海途上で死亡して、大西
  洋に捨てられたといわれている。[5,p243]
 
   海洋アジアの豊かな物産を手に入れるために、戦争、征服、奴
  隷化という「暴力的収奪」を手段として成立したのが近代世界シ
  ステムであった。
  
   アメリカのペリー艦隊が日本にやってきたのは、近代世界シス
  テムがこの極東の地を組み込んで、まさに地球全体を覆い尽くそ
  うとしていた時である。しかしそこに発見したのは、ヨーロッパ
  文明と同様、海洋アジアの豊かな物産に対抗しながらも、まった
  く別のアプローチをとって発展したもう一つの近代文明であった。
 (続く)

■ 参考 ■
1. 「文明の海洋史観」、川勝平太、中公叢書、H9.11
2. 「日本文明と近代西洋」、川勝平太、NHKブックス、H3.6
3. 「地球日本史1」、西尾幹二編集、産経新聞社、H10.9
4. 「収奪された大地」、E・ガレシアーノ、新評論
5. 「太平洋世界の復活(第10回) 鉄砲伝来とペリー来航」、
     入江隆則、VOICE 1995, 10月

・JOG(3) 悲しいメキシコ人
   メキシコ人は固有の文化・文明そのものをスペイン人に破壊さ
  れてしまった。日本人も戦国時代に同じ運命に陥る危険があった。

© 1999 [伊勢雅臣]. All rights reserved.