[トップページ] [平成12年一覧][人物探訪][210.755 大東亜戦争:アジア解放][224.8 フィリピン][250 北アメリカ]


---------------Japan On the Globe(156)  国際派日本人養成講座
        _/_/         人物探訪:リカルテ将軍
         _/         〜フィリピン独立に捧げた80年の生涯
        _/           
  _/   _/     わしはフィリピンに星条旗がひるがえっている
   _/_/      かぎり、その星条旗の下に帰ろうとは思わない。
-----------------------------------------H12.09.17  26,712部

■1.気がつけばアメリカの植民地■

     1898年4月25日、アメリカはスペインに宣戦布告し、極東艦
    隊がスペイン艦隊を撃破してマニラ湾に入った。「フィリピン
    革命軍を援助する」と宣言したアメリカ軍を、民衆は歓呼して
    迎えた。
    
     アメリカの参戦で勇気を得た革命軍は、いたるところでスペ
    イン軍を撃破した。しかし8月13日にマニラが陥落した時アメ
    リカ軍司令官アンダーソンはマニラ市内の約4千の革命軍に撤
    退を命令し、翌日米軍のみによるマニラ入城式が行われた。
    
     10月1日からアメリカとスペインの講和会議がパリで開かれ
    た。前年に誕生したばかりのフィリッピン革命政府のアギナル
    ド大統領はパリに特使を派遣したが、アメリカはその出席を拒
    否し、勝手に講話条約を締結してしまった。
    
     講話条約の中にはスペインはフィリピンをアメリカ合衆国に
    譲渡するという一項があり、マッキンレー米大統領はこの条約
    と同時に「アメリカ軍はフィリピンにとどまり、その独立の日
    まで撤退しないだろう。それまでフィリピンの主権はアメリカ
    にある」と発表した。
    
     こうして300年以上もスペインの支配下にあったフィリピン
    は、独立した途端にアメリカの植民地にされていたのであった。
    
■2.革命軍総司令官アミルテオ・リカルテ■

     当初、革命政府は独立さえ認めてくれれば経済上の優先権や
    駐兵権はアメリカに認めるという低姿勢で交渉に臨んだ。しか
    しアメリカは8万もの大軍を上陸せしめ、フィリピン群島を完
    全なる軍事制圧下に置いた。この時にあたって革命軍総司令官
    として独立戦争を開始したのが33歳のアミルテオ・リカルテ
    であった。
    
     リカルテは、1868年ルソン島最北端のラオアグという町の大
    きな農家の二男坊として生まれた。1890年、名門サント・トー
    マス大学を24歳で卒業。スペイン本国への留学にあこがれる
    のが当時の青年たちの常であったが、リカルテは一生を民族主
    義教育に捧げる決心をして、マラボンの小中学校の校長になっ
    た。
    
     1895年頃から、スペインの暴政に対して、民衆の憤りが高ま
    り、独立を目指すカティプナン党が急速に勢力を広げた。リカ
    ルテも入党して、指導的な地位についた。1896年8月27日、
    カティプナン党とスペイン軍との戦いが始まり、翌年3月、リ
    カルテは「国軍総司令官」に任命された。この時以来、リカル
    テの生涯はフィリピン独立のための戦いに捧げられる。
    
     スペインを破った後に豹変したアメリカに対して、リカルテ
    は再び革命軍総司令官として二度目の独立戦争を開始した。
    
         独立は戦いとるべきもので、たとえアメリカであろうと、
        スペインと戦ったように、戦い取ってこそはじめて真の自
        由と独立をうることができるのだ。
    
■3.日本からの武器弾薬供与■

     リカルテは革命政府外務長官のマリヤノ・ポンセを日本に送
    り、アジア主義者の宮崎滔天に武器援助を仰いだ。ポンセの依
    頼は、アジアの独立運動に深い同情と理解を持つ陸軍参謀総長
    川上操六大将にもたらされた。おりしも、アメリカ国務省から
    日本外務省にあてて、フィリピンへの武器密輸を取り締まって
    くれという要請が届いていたが、川上は青木外務大臣の反対を
    押し切って、陸軍からの兵器払い下げを決定した。川上は宮崎
    らにこういった。
    
         フィリッピン独立といっても、なかなか容易ではないと
        思う。わが国としてもお援けしてさしあげたいが、まだそ
        の余力はない。・・・同じアジアの民として、困ったとき
        には助け合う、武士は相見互いだ。国の力が及ばないとき
        には、君たち有志に期待するほかない。しっかり頼むぞ。
        
     約300トンもの武器弾薬が、布引丸という古い貨物船に乗
    せられ、上海に送る石炭と鉄道枕木だと偽って、フィリピンに
    送られることになった。明治32(1899)年7月19日に布引丸
    は長崎港を出港した。日本人の義勇隊3名と道案内のためのフ
    ィリピン人2名が乗船していた。しかし、翌日夜、台風に襲わ
    れ、暴風雨と戦うこと約20時間、ついに布引丸は武器弾薬と
    ともに東シナ海の藻屑となった。
    
    (約80年後の昭和53年、フィリピンのマルコス大統領は、
    この時に武器弾薬を宰領して遭難した益田忍夫の孫、益田豊夫
    妻を独立記念日の6月12日に招待し、フィリピン独立功労者
    の遺族という最高級の栄誉を授与している。)
    
■4.義勇隊来る■

     布引丸に先行して、5人の陸軍予備役将校と1名の民間人か
    らなる義勇隊が、独立軍支援に赴いていた。隊長は元台湾総督
    付参謀の原禎で、「フィリピンの独立を救援しなければ、アメ
    リカは必ずこの地を占領し、東亜の自由と発展を害するや必せ
    り」として、自ら軍籍を退いて、この挙に加わったのである。
    
     6人は下級労働者に変装して、フィリピン独立軍を包囲する
    アメリカ軍陣地を突破した。6人を迎えた大統領アギナルドは、
    こう言った。
    
         日本からはるばるフィリピン独立のために、身を挺して
        馳せ参じてくださった皆さんの義侠に対して、何と感謝申
        し上げてよいかその言葉も知らないほどである。
        
     6人はアギナルドの軍事顧問や、前線部隊の作戦参謀の任に
    あたった。同時にフィリピン在留の日本人約300人も、独立
    軍に参加して、ともに戦った。日本から義勇隊が来たというの
    で独立軍の志気は大いにあがった。

■5.革命軍の敗北■

     やがて布引丸の悲報が伝わった。米国は日本政府に抗議を申
    し入れてきた。さらに革命軍に日本人が加わっていることを知
    って、日米関係は険悪になった。
    
     武器弾薬に乏しいフィリピン軍にとって、布引丸の沈没は致
    命的であった。革命軍はゲリラ戦や夜襲によって抗戦を続けた
    が、8万ものアメリカ軍に次第に追いつめられていった。
    
     1900年6月、リカルテは蛮刀で武装した特殊工作部隊を自ら
    指揮して、米軍本陣に斬り込み、捕らえられた。続いて翌年3
    月、アギナルド大統領が逮捕され、二人の指導者を失った革命
    軍は米軍に屈服した。1899年2月から3年5ヶ月におよぶ独立
    戦争はこうして失敗に帰した。
    
     1901年には600人ものアメリカ人宣教師がマニラに到着し、
    英語での教育が広められた。すでに大部分がキリスト教徒とな
    っていたフィリピン人の若者たちには、母国語や母国文化に代
    わって、急速に英語文化が注入されていった。ご用政党のフェ
    デラル党のごときは、アメリカの一州になろうという運動まで
    起こした。
    
     元革命政府大統領のアギナルドも、アメリカに忠誠を誓い、
    報奨として豪壮な邸宅と多額の年金を与えられた。

■6.故郷を目前にして■

     アメリカに買収されることを拒否したリカルテ将軍は、軍事
    裁判の結果、90名の同志と共にグアム島の岩窟牢に入れられ
    た。コレラやマラリアなどの風土病のため、90人の同志が流
    刑3年目には28名に減ってしまった。
    
     当局は、アメリカに忠誠を誓うなら、無罪放免するとして、
    28名の囚人を船でマニラ湾まで連れてきた。3年ぶりで見る
    なつかしいマニラの街並み、故郷の山河が目の前に広がる。
    
     一人一人アメリカ合衆国に忠誠を誓う誓約書にサインをして、
    上陸していった。去っていく同志の後ろ姿を見ながら、リカル
    テは、サインを迫る米軍法務官に向かって「星条旗のもとには
    帰りたくない」と言い切った。
    
     リカルテは再び、国外追放の処分を受け、香港に移り住んだ。
    そこでイギリス人の経営する印刷会社で働いて、印刷術を修得
    し、「現代の声」という新聞を発行して、フィリピンの革命同
    志や学生に独立運動を呼びかけていった。

■7.アギナルド君、起とう!■

     明治37(1904)年に始まった日露戦争を、リカルテは祖国独
    立の好機と捉えた。日本が勝てばアジアの諸民族は白人帝国主
    義に抵抗し、独立・解放の機運を高めるだろう。
    
     日本に勝たせたいという願いはフィリピン民衆も抱いていた。
    日本海海戦でバルチック艦隊がほとんど全滅したとのニュース
    が伝わると、民衆は我が事のように喜んだ。日本の戦勝を祝福
    する挨拶がかわされ、マニラでは旗行列まで行われた。
    
     リカルテはカトリック僧に扮して、祖国に潜入し、元大統領
    のアギナルドを訪ねた。
    
         この秋(とき)起たずんばいつの日にか好機があろうか。
        アギナルド君、起とう。日本がロシアを破ったように、わ
        れわれもアメリカと戦い、アメリカから其の独立を勝ち取
        るのだ。・・・
        
         ロシアを負かした日本も、われわれの独立戦争を決して
        見殺しにするようなことはないと思う。ぼくも3年間の準
        備工作で自信は十分できた。アギナルド君。一緒に起と
        う!
        
     しかし、アメリカからの年金で贅沢な生活を送っていたアギ
    ナルドは、往年の独立への情熱も覇気も失っていた。リカルテ
    は怒り、「国亡びて個人の栄達何するものぞ」と言って去って
    いった。
    
■8.再度の「ノン!」■

     リカルテ将軍はバターン半島の一角に砦を構え、再び独立戦
    争の狼煙をあげようとしたが、賞金目当ての裏切り者がアメリ
    カ軍に密告した。砦はアメリカ官憲に急襲され、同志のあるも
    のは射殺され、あるものは捕らえられて、完全に壊滅した。19
    05年5月24日のことである。
    
     リカルテは捕らえられ、法廷に臨んだ。彼はアメリカの占領
    以後の欺瞞に満ちた政策と非人道的行為を痛烈に批判した。香
    港での地下工作の間に、彼の「独立宣言」文がアメリカの新聞
    に大きく取り上げられた事もあって、米国世論は同情的であっ
    た。これが圧力となって、法廷は極刑を避けて、禁固6年の刑
    を言い渡した。
    
     6畳程度の独房で、家族との面会はおろか、読書や手紙の執
    筆すら禁ぜられるという厳しい監禁生活にリカルテは耐え、つ
    いに6年の刑期を終えた。リカルテは再び、法廷につれて行か
    れ、アメリカ合衆国に忠誠を誓えば、アギナルドのように豪壮
    な邸宅と多額の年金が約束されるとさえほのめかされたが、リ
    カルテはきっぱりと、「ノン!」と叫んで、首を横に振った。
    
     リカルテは再び、国外追放を命ぜられ、香港の近くのほとん
    ど無人の小島に流された。

■9.星条旗の下に帰ろうとは思わない■

     その後、リカルテは大正4(1915)年に脱獄し、日本に亡命し
    た。陰で日本人の支援があったと推測されている。しばらく名
    古屋に潜伏した後、台湾民政長官だった後藤新平などのはから
    いで、大正12年に横浜に移住した。
    
     1934年、アメリカの主権下でフィリピンは憲法を制定し、か
    つての将軍の部下ケソンが大統領に就任した。ケソンはリカル
    テに対し、栄誉ある勲章と、終身年金を申し入れて、帰国を促
    した。リカルテの答えは再び「ノン!」であった。
    
     昭和15(1940)年、ケソン大統領は訪米の帰途、横浜に立ち
    寄り、自らリカルテを訪ねて、帰国を求めた。リカルテはこう
    答えた。
    
         わしはフィリピンに星条旗がひるがえっているかぎり、
        その星条旗の下に帰ろうとは思わない。わしが祖国に帰る
        日は、祖国が完全に独立し、むかしわれわれが立てたあの
        革命旗が、堂々とだれはばかることなく立てられる日だ。

■10.最後の一人となるとも、アメリカと戦うつもりだ■

     その翌年、大東亜戦争が勃発し、リカルテは参謀本部の要請
    を受け、占領後の独立の約束をとりつけた後、75歳の老躯を
    駆って祖国に戻った。群衆は歓呼してリカルテ将軍を迎えた。
    
     1943(昭和18)年10月14日、日本軍の軍政が撤廃され、
    正式に「フィリピン共和国」として独立の日を迎えた。対スペ
    イン独立戦争時から愛唱されてきた歌を国歌として制定し、そ
    の演奏とともに、アギナルドとリカルテが革命旗をもとにデザ
    インされた国旗を掲げた。(これらの国号、国旗、国歌は現在
    まで引き継がれて、この時に就任したラウレル大統領は、現在
    でも第2共和国の大統領として、マラカニアン宮殿に歴代大統
    領と並んで肖像画が飾られている。)
    
     米国の反撃が始まると、山下奉文大将はリカルテ将軍に日本
    への再亡命を勧めたが、将軍は「わしは最後の一人となるとも、
    アメリカと戦うつもりだ。わしの80年の生涯は、ただこのた
    めにあった。」と断った。
    
     日本軍とともに逃避行軍すること3ヶ月、80歳の将軍はあ
    る朝、眠るように亡くなっていた。遺骨の一部は遺言にしたが
    って、第二の故郷である日本に持ち帰られ、東京多摩の霊園に
    祀られた。昭和46年にはフィリピン協会により、横浜市山下
    公園にリカルテ将軍記念碑が建立されている。

■リンク■
a. JOG(014) Remember:アメリカ西進の歴史
     アメリカは、自らが非白人劣等民族の領土を植民地化すること
    によって、文明をもたらすことを神から与えられた「明白なる
    天意」と称した。 
    
b. JOG(149) 黒船と白旗
     ペリーの黒船から手渡された白旗は、弱肉強食の近代世界シス
    テムへの屈服を要求していた。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 「アジア独立への道」★★★、田中正明、展転社、H7.5
2. 「昭和の戦争記念館 第4巻 大東亜戦争その後」★★★
    名越二荒之助編、展転社、H12.5
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「人物探訪:リカルテ将軍」について
                                        綾子さん(中2)より

     こんにちわ。フィリピンのリカルテ将軍のこと、とても興味
    深く読ませていただきました。日本がフィリピンを支援してい
    たということも驚きでしたし、フィリピンが独立戦争を何回も
    していたということも驚きでした。

     私は中2ですが、何故、このようなことは学校で教えられな
    いのでしょう?いろいろな高校の社会の参考書を見てもこのよ
    うなことは書かれていませんでした。私の周りにはこのような
    ことを語り合える人はなく、授業でも教えられません。

     これからの日本をになう若者にもこのようなことをおしえる
    べきです。日本では国際政治学や地政学など、少しでも戦争に
    かかわるものはとても軽んじられていますが、私は、大切だと
    思います。
    
     このようなメールマガジンがあって私はとても嬉しいです。
    これからも読ませていただきますので、がんばってください。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     綾子さんのように自分の頭で考え、自分の心で感ずる若者が
    あちこちにいるかと思うと、我が国の将来にも希望が持てます。
    このようなお便りをいただいて、私もとても嬉しいです。

© 平成12年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.