[トップページ] [平成14年一覧][人物探訪][210.67 日露戦争][238 帝政 ロシア]

________Japan On the Globe(228)  国際派日本人養成講座_______
          _/_/   
          _/     人物探訪:広瀬武夫とロシアの人々
       _/_/      
_/ _/_/_/         ペテルブルグの人々に深い敬愛の念を与えて、
_/ _/_/          海軍大尉・広瀬武夫は帰っていった。
_______H14.02.17_____36,707 Copies_____399,391 Views________

■1.「ヒロセ君に乾杯」■

     アリアズナ・ウラジーミロブナ・コヴァレフスカヤは18歳。
    豊頬で、愛嬌のあるかわいい顔をしている。目はきらきら輝く
    褐色、髪は亜麻色である。サンクト・ペテルブルクの貴族の家
    に生まれた。
    
     1901年1月末、街は雪で埋め尽くされ、河も凍っていた。ア
    リアズナの父、コヴァレフスキー海軍少将がロシアの将校たち
    を招待して晩餐会を開いた。ペテルブルクに留学中の日本海軍
    大尉・広瀬武夫も招かれ、少将から武道の達人だと紹介された。
    
     食後、別室でくつろいでいる時、日本の柔術が話題に上ると、
    一人の大男が突然、広瀬に右手をさし出して、さあやってごら
    んなさい、と構えた。
    
     広瀬は「日本の柔術というものは、そんなものではありませ
    ん。私がこれから柔術の説明をいたしますから、まず椅子にお
    かけ下さい」と言った。男が腰を下ろそうと、気合いが少し抜
    けた瞬間に、「こんな風にやるのです」と叫びながら、広瀬は
    大男の右手をとって部屋の真ん中にどしんと投げ出した。
    
     大男が腰をさすりながら、おどけて「日本の柔術コワイコワ
    イ」と言うと感嘆の声が部屋中に湧いた。相手の虚をつくその
    機転、大の男を投げつける武勇が、驚くべき日本人という印象
    を深くきざみつけた。「ヒロセ君に乾杯」の声があがった。

■2.恋する女性の直観■

     その光景を部屋の片隅で見ていたアリアズナは、物も言わず、
    広瀬の顔を見つめていた。自分の知っているロシアの士官たち
    とはなんたる違い! 貴族の士官達は、顔立ちも美しいし、や
    さしいが、朝は遅く、服を着るのも従者に手伝わせ、4、5時
    間勤務すると、夜は夜会服に身を飾って深夜までトランプや酒
    に猥談。身分の良いのに安住して退屈しながら日を送っている。
    
     それに比べれば、広瀬の男らしさ、武芸の素晴らしさ! 私
    は生涯、ああいう強い、それでいてやさしいお方に守られて暮
    らしたい。
    
     翌日、アリアズナは広瀬のアパートを訪れた。父母と一緒に
    来たことはあったが、今回は内緒だった。広瀬は軍艦の断面図
    を開いて、熱心にメモをとっていた。「戦艦アサヒ」とロシア
    語で書かれている。広瀬は説明した。
    
         アサヒとは、朝のぼる時の太陽のことですよ。朝の太陽
        のように清らかで、若々しく、力づよいという心をこめて
        いるのですね。私は去年4月にイギリスで完成したばかり
        のこの船に乗りましたが、おそらく世界で一番新式な一番
        大きな軍艦でしょう。・・・私の国はこういう艦を6隻も
        持っているのです。
        
     広瀬は嬉しそうに目を輝かせて言った。アサヒ、ヤシマ、シ
    キシマ、ハツセ、フジ、ミカサ、それぞれの艦の名前を繰り返
    して、その意味を説明した。
    
         美しい名前でしょう。日本は美しい国だから、日本人は
        みな美しいものを愛しています。どんなに堅牢な新式の大
        軍艦にも、われわれは日本人の連想をかぎりなく刺激する
        詩のように美しいひびきをもった名前をあたえるのです。
        ・・・アサギリ、ユウギリ、ハルサメ、ムラサメ、シノノ
        メ、、、力は強い。しかし心はやさしい。姿はうつくしい。
        −−これが我々日本人の理想なんですね。
        
      話を聞いているうちに、アリアズナは広瀬のただ一筋の祖
    国愛にうたれた。それは一つの国民の魂を信じて、それに帰依
    している男の信念だった。「この人の語る言葉は、この人の行
    う行為は、この人の祖国の上に根を据えている。信念の人だわ。
    信念をもっているから強いのよ。」 恋する女性の直観だった。
    アリアズナは耳までほてって、顔は美しく紅潮した。

■3.日露の緊張■

     この間にも、日露両国の緊張は高まっていった。ロシア軍部
    は1万5千の軍勢で満洲を制圧していた。北京から、天津、北
    満に続く重要な鉄道路もすべて押さえられた。満洲でのロシア
    軍駐屯に関する密約を清国と結ぼうとしたが、清国はその要求
    を修正させたいと西洋列強と日本に調停を求めてきた。
    
     3月24日、日本側がロシアに抗議すると、清国は急に強気
    になってロシア側の案を拒否する姿勢を見せた。ロシアはとう
    とう満洲に関する協定を断念した。
    
     それでも依然と満洲に居座り続ける。その間にシベリア鉄道
    の建設工事は着々と進められている。これが完成すれば、満洲
    開拓は一挙に進み、ロシアを押さえるのは不可能になる。さら
    に戦艦・一等巡洋艦12隻を一年で作れるほどの巨額の予算を
    投じて、海軍の大拡張に乗り出していた。
    
     清国にはロシアの極東進出を押さえる力はない。とすれば、
    その圧力をまともに受けるのは日本である。いずれ満洲、朝鮮
    をめぐって、日露の激突が予想されていた。

■4.武人の本分■

     その年の10月18日、広瀬に日本からの電報が届いた。冬
    のシベリアを横断視察し、翌年3月までに帰国せよとの命令で
    ある。
    
     1902年元日、広瀬と親しくしてくれていたパブロフ博士の部
    屋で送別の宴が開かれた。博士の知り合いで、ボリス・ヴィル
    キトゥキーという青年も、自分から頼んで宴に加わった。ボリ
    スは優しい美青年で、海軍兵学校を卒業したばかりの候補生で
    ある。広瀬のことを大変慕って、二言目には「タケニイサン、
    タケニイサン」と日本語で呼びかけてくる。
    
     ボリスは、「タケニイサン、艦に乗ったらこれを使ってくだ
    さい」と、ふだん愛用していた柄のついた銅の酒杯を贈った。
    「こんなに有り難いものをいただいた君とは、敵味方にわかれ
    られませんね」と広瀬は、いつになく厳粛な顔で言った。
    
         おたがいに戦わねばならない時には、きっと所在を知ら
        せて下さい。私からもお便りをあげる。砲火の下でまみえ
        る時は、お互いに愛する祖国のためです、全力をあげて戦
        い抜こう。これが武人の本分ですから。
        
     2年後、この誓いは現実となる。

■5.運命の予感■

     1902年(明治35)年1月16日、いよいよ出発の日である。
    その日の午前中、わずかな時間を作って広瀬とアリアズナは二
    人だけで密かに逢った。アリアズナはかねて用意していた小型
    の銀時計を広瀬の手に握らせた。蓋を開けると「A」の字が彫
    られている。
    
         私の名前の頭文字だけど、Amour(愛)の意味も含んで
        います。いつまでもあなたのお傍において下さい。
        
     時計の鎖には、彼女の写真を入れたロケットもついていた。
    広瀬はうなづいて、チョッキのポケットにおさめた。
    
         わたしはほんとうにタケオサンにはいのちをかけていま
        す。駅には行きません。今夜10時に、かげながらお立ち
        を見送っています。お国へは行けますわね、そのうち、わ
        たしだって、きっと。
        
     黙ってきいていた広瀬は、アリズナの切ない言葉をきくと、
    彼女の眼を見すえてきっぱりと言った。
    
        運命が許すならばです。
        
     その運命を予感したのかアリアズナの頬に涙が伝った。広瀬
    は無言でアリアズナをひしと抱きしめた。これが二人の最後の
    逢瀬となった。

■6.不幸にもあなたの国と戦うことになった■

     1904(明治37)年1月、海軍少尉に任官したボリスはロシア
    最大最新の戦艦「ツェザレーヴィチ」に乗り組み、旅順港につ
    いた旨を、かねての約束通り、広瀬に手紙で知らせた。広瀬は
    佐世保に集結していた連合艦隊の主力戦艦「朝日」の水雷長室
    で、その手紙を受け取った。
    
     2月8日夕、旅順沖合に達した連合艦隊主力は、9日午前0
    時過ぎ、水雷艇10隻を港内に侵入させ、魚雷攻撃によってツ
    ェザレーヴィチを含め、戦艦2隻、巡洋艦2隻に損害を与えた。
    しかし、その後、ロシア太平洋艦隊は港内に逃げ込み、要塞砲
    台に守られてじっと動かない。連合艦隊は旅順港口を遠巻きに
    して見張りを続けなければならなかった。
    
     この情況を打破するために、旅順口閉塞作戦がとられること
    になった。港の出入り口で、大型艦船が航行できる幅はわずか
    91m、この狭い水路に廃船を沈めて閉塞させようというので
    ある。砲台からの砲撃にさらされながら、船を沈没させ、手漕
    ぎのボートで脱出してくる、という決死の作戦であった。
    
     下士官兵を募集とした所、2千名を超える志願者が殺到し、
    その中から67名が選抜されて、5隻の閉塞船が仕立てられた。
    その一隻、「報国丸」を指揮する広瀬少佐は、死地に赴く船内
    で、ボリスにあててロシア語の手紙を書いた。
    
         今度、不幸にもあなたの国と戦うことになった。何とも
        いいようがないほど残念である。しかし、これは国と国と
        の戦いで、あなたに対する個人の友情は昔も今も少しも変
        わらない。いや、こんな境遇にいるからこそ、却って親し
        みも増してくる。平和が回復するまでは、かねて申し上げ
        たように、武人の本懐をお互いに守って戦い抜こう。げん
        に武夫は9日のひるには戦艦「朝日」の12インチ砲を指
        揮して、旅順沖の貴艦隊を熱心に砲撃した。それさえある
        に、今度は貴軍港を閉塞しようと願い、「報国丸」を指揮
        して、今、その途上にある。さらば、わが親しき友よ、い
        つまでも健在なれ。
        
     この手紙は、2月23日夕刻、通信船に託された。作戦は2
    4日夜明け前に決行されたが、砲台と艦隊の砲撃で目指す地点
    には沈没させられず、作戦は失敗に終わった。

■7.広瀬武夫の最期■

     3月27日夜半、第2回の閉塞作戦が敢行され、4隻の閉塞
    船が突入した。要塞砲が一斉に砲撃を開始し、港内から駆逐艦
    が発砲しながら向かってきた。広瀬率いる福井丸は港口到着の
    直後、駆逐艦からの魚雷を受けて、沈み始めた。敵弾が降り注
    ぐ中で、全員をボートで退艦させようとしたが、自沈のための
    爆薬に点火しようとしていた杉野孫七上等兵曹の姿が見えない。
    
     広瀬は沈みかけている船に戻り、三度船内をくまなく探し回
    ったが、見つからない。今はこれまでとボートへ移り、船を離
    れたその時、敵の哨戒艇からの速射砲の直撃を受け、銅貨大の
    肉片と血だらけの海図を残して広瀬の姿は消えていた。
    福井丸の要員18名のうち死者・行方不明は広瀬、杉野を含む
    4人。広瀬は死後、中佐に昇進し、軍神として祀られた。

     広瀬の英雄的行為はヨーロッパにも伝わり、各国で讃歎の声
    を巻き起こした。ドイツでは広瀬の肖像に漢字で「旅順口閉塞
    決死隊隊長、故海軍少佐、広瀬武夫」と記した絵はがきまで作
    られた。

■8.ロシアからの哀悼の手紙■

     広瀬の壮烈な最期はロシアのフォン・ペテルセン家にも伝え
    られた。アリアズナのコヴァレフスキー家とともに、広瀬を家
    族同様に遇していた一家である。ペテルセン博士は「ヒロセ君
    が!」と声をうるませた。広瀬を骨肉の兄のように慕っていた
    長男のオスカルは、声をあげて慟哭した。その姉、マリヤは部
    屋に閉じこもって泣いた。マリヤは、広瀬の姪が切手を集めて
    いると知って、ロシアの古切手を1500枚も集めて、別れの
    日に広瀬に贈っていた。好意などいう言葉では言いつくせない
    気持ちを広瀬に対して抱いていたのである。
    
     翌1905年1月2日、広瀬と最後に別れた記念の日に、マリヤ
    は日本の広瀬の姉に哀悼の手紙を送った。
    
         弟御のタケオサンの御逝去は、私どもにとりましても大
        きな喪失でございました。私どもは深い悲しみをあなたと
        ともに致しております。・・・
        
         私どもはあの方の情け深く誠実なお心を決して忘れるこ
        とはございません。あの方は本当に偉大で、高貴な、たぐ
        い希なお方でございました。・・・
        
         御存知のことかとは存じますが、奥様、タケオサンは殆
        ど私どもの家族の一員だったのでございます。そしてご自
        身でもたしかに私どもの家を居心地よく感じておいでにな
        りました。クリスマスと新年と、過ぐる数日のあいだ私ど
        もはあの方の思い出とそのお姿とを心によみがえらせては
        又新たな悲しみにふけったのでございます。・・・
        
         それにしましても、おそらくは御家族の方々にとって唯
        一の慰めとなる思いは、あの方が、御自身からお望みにな
        っていた通りの立派な最期をお遂げになったということで
        ございましょう。あの方は、愛する、尊い祖国のために英
        雄として死んでゆかれました。そしてあの方の思い出は永
        遠に、歴史の中に、御家族の心の中に、又多くの友の心の
        なかに生きつづけてゆくことでございましょう。・・・
        
        深き敬意を以て
                                        マリア・ペテルセン
            
        サンクト・ペテルブルク
        1905年1月2日
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(007) 国際派日本人に問われるIdentity
b. JOG(048) 「公」と「私」と
c. JOG(218) 218 Father Nogi
d. JOG(176) 明石元二郎〜帝政ロシアからの解放者

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 島田謹二、「ロシヤにおける広瀬武夫」★★★、朝日新聞社、S45
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「広瀬武夫とロシアの人々」について 匿名希望さんより

     広瀬大尉のお話大変興味深く、読ませていただきました。個
    人的なことで恐縮ですが私も現在ロシアの女性と文通でおつき
    合いしています。彼女はハバロフスク在住でとても優しい方で
    す。一度ハバロフスクでお会いしました。

     今までロシアというとあまり良いイメージがありませんでし
    た。覇権主義、シベリア抑留、KGB、北方領土などです。とこ
    ろが実際に行ってみると、確かに愛想は悪いですし仕事も遅い
    といった点はありますが、親しくなれば気持ちの温かい人も多
    いように感じました。

     彼女のような優しい女性でもただ生まれてきた国がロシアだ
    と言うだけで、将来の夢も持てないような状況です。しかし祖
    国がどのような状況でも愛国心を持ちたいというのはどこでも
    同じだと思います。
    
     広瀬大尉がボリスに宛てた手紙はすごく印象に残りました。
    お互い祖国の為に戦うことになるかも知れないが、友情は変わ
    らないという内容がすごいと思います。
    
■ 編集長・伊勢雅臣より

     深い愛国心は国境を越えて共鳴し合う、という実例ですね。
    
============================================================
mag2:26815 pubzine:4813 melma!:1968 kapu:1652 macky!:1459 

© 平成14年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.