[トップページ][平成17年一覧][人物探訪][210.63 近代国家の建設][250 北アメリカ][319 国際親善(欧米)][500 技術・工学・工業]

■■ Japan On the Globe(383)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

         人物探訪:サムライ化学者、高峰譲吉(上)

                      大勢の飢えた人々を一度に救える道として、
                    譲吉は化学を志した。
■■■■ H17.02.20 ■■ 33,056 Copies ■■ 1,486,508 Views■

■1.「泣き一揆」の光景■

        「腹減った〜」「死にそうじゃ〜」「米食わせ〜」

     金沢城を見おろす卯辰山(うたつやま)から、空腹を訴える
    群衆の声が、城下に降り注いだ。安政5(1858)年7月11日夜
    の事であった。

     この年2月、金沢は60年ぶりの大地震に襲われ、2千余の
    町屋が倒壊。その上に5月からは雨続きで大凶作となった。大
    飢饉と米価の急騰で、餓死寸前の町民、農民2千人が、夜陰に
    まぎれて立ち入り御法度の卯辰山に登り、空腹を訴えた。「泣
    き一揆」と呼ばれた。

     藩主の御典医・高峰元陸は、4歳になったばかりの息子・譲
    吉を背負って卯辰山に向かった。医者の子として、今夜のこと
    を見せておかねばならない、と思いたったからである。松明を
    振りかざし、幽鬼のように泣き叫ぶ人々の姿を見ながら、その
    声に消されないような大声で、元陸は背負った息子に言った。

         ええか、わが家は代々医者じゃ。医術の前には、貧富の
        差はない。おまえは大きゅうなったら、今夜のような人た
        ちを救える医者になれ。

     この夜の光景は、生涯忘れることのできない出来事として、
    譲吉の心に焼きついた。

■2.大勢の飢えた人々を一度に救える道■

     元陸は若い頃、医学だけでなく、当時は「舎密(セイミ)」
    と呼ばれた化学の勉強もしていた。セイミとは英語で言えば、
    ケミストリー(化学)である。その知識を使って、元陸は加賀
    藩に大きな貢献をなした。時あたかも幕末、海防の必要性が叫
    ばれるなか、火薬の主成分である硝石の大量生産方法を考え出
    したのである。

     養蚕農家で不要となった蚕のサナギを切り刻んで、草にまぜ
    あわせ、数ヶ月放置しておく。発酵が進んで、サナギに含まれ
    ている窒素が酸化し、硝酸塩類に変化する。これに灰汁をまぜ
    あわせて大釜で煮立て、ふたたび数ヶ月おくと、底の方にキラ
    キラした結晶ができる。これが硝石である。

     譲吉は、茶褐色の汁を棄てたあとに出てきた氷のように光る
    結晶を見て驚いた。「父上、なぜ、あのサナギの腐ったものが、
    こんなキラキラしたものに化けるのですか?」 元陸は、これ
    が「舎密」という学問であると譲吉に教えた。

     元陸は硝石の量産の目処が立つと、これを山間部の農家の副
    業とすべく、年貢の米の代わりに硝石を納めても良いように藩
    にかけあった。山間部の貧しい農家は喜んで硝石の生産に励ん
    だ。

    「泣き一揆」で見た飢えた人々を思い浮かべながら、譲吉は考
    えた。大勢の飢えた人々を一度に救える道があるとしたら、そ
    れは「舎密」なのではないか。

■3.鉄の文明■

     明治6(1873)年、日本で最初の工科大学として、「工部大学
    校」が設立された。後の東京大学工学部である。第一期の合格
    者わずかに32名。その中に金沢から上京した高峰譲吉がいた。

     明治13(1880)年、卒業する第一期生の中から、さらに11
    名が選ばれて、英国留学に派遣された。留学生は鉱山、冶金、
    鉄道、電気などの専攻分野から選抜されたが、応用化学の分野
    からは譲吉が選ばれた。

     譲吉は、かつて加賀藩で英語を教えていたオズボーン先生か
    ら聞いたことがある。英国も日本と同様小さな国なのに、自分
    ははるばる日本にやってくる事ができた。その差は何か。英国
    には、石炭で水を湧かし、その力で大勢の人や物を運ぶ、鉄で
    できた大きな車が走っている。これが化学工業の力で、この力
    がイギリスと日本の国の力の差だと。

     その機関車を譲吉はロンドンで実際に見て驚いた。機関車ば
    かりか、橋もガス灯も下水管も鉄ばかりである。この「鉄の文
    明」を成り立たせているのが化学工業の力だと、譲吉は実感し
    た。

     譲吉は工業都市グラスゴーに赴き、当時英国でも応用化学で
    は第一人者と言われたミルス博士のもとで研究を続けた。3年
    という短い留学期間にできるだけ多くの知識と技術を学んで帰
    ろうと、春や夏の休暇のあいだ、他の学生がバカンスを楽しん
    でいるときに、譲吉は工業の盛んなリバプールやマンチェスタ
    ーに出かけて、ソーダ製造工場や人造肥料工場で働いた。

■4.「肥料の研究をやってみたい」■

     明治16(1883)年3月、譲吉は3年間の留学を終えて帰国し、
    大阪のソーダ製造所に行くように命ぜられた。しかし、譲吉は
    それを断った。

         欧米に興った化学工業を、日本にも興そうというなら、
        それは真似事に過ぎません。真似事なら外国人技術者から
        学べば良いのです。

         せっかく留学して学んできた知識と技術を、欧米の真似
        事ではなく、日本固有の化学工業のために応用したいので
        す。たしかに真似事も必要ではありますが、日本の将来を
        考えたとき、固有の化学工業を発展させることのほうが、
        より大切だと思うからです。

    「それでは何をやりたいのかね」と聞かれた譲吉は「真っ先に、
    肥料の研究をやってみたいと思います」と答えた。まだはっき
    りした考えがあっての事ではなかったが、まず人々が飢えない
    よう化学者として何か役に立ちたい、という突き上げるような
    思いがあった。譲吉の心底には、あの「泣き一揆」で飢えに苦
    しむ人々の哀しい叫び声が、こだましていた。

■5.「日本の農民を救うものは農業でなくて工業である」■

     譲吉の願いは聞き入れられ、農商務省で、日常的な役所業務
    などしなくて良いから、化学工業に役立ちそうなものは何でも
    研究してよい、という地位を与えられた。このあたりは明治新
    政府の型破りなところである。

     譲吉は精力的に農村を歩いて回って、その実情を調べた。当
    時、政府では「農業も欧米に倣って大規模化、機械化すべし」
    という議論が罷り通っていたが、譲吉が足で得た結論は別だっ
    た。

     我が国の農業の問題は、人間や牛馬の糞、あるいは落ち葉や
    枯れ草を腐らせた堆肥など、旧態依然とした肥料だけに頼って
    きた所に問題がある。欧米で使われている燐酸肥料を使えば、
    土壌を強くし、収穫を飛躍的に伸ばすことができるだろう、と
    考えた。そして、こう説いて回った。

         日本の農民を救うものは農業でなくて工業である、とい
        うのが私の信念です。工業の力で人造肥料を作り、田畑か
        らの収穫を、2倍、3倍に増やしたい、、、

■6.二つの出会い■

     翌・明治17(1884)年、30歳になったばかりの譲吉に大き
    な転機が訪れた。その年の秋に米国南部のニューオーリンズで
    開かれる万国工業博覧会に日本も参加することとなり、譲吉が
    農商務省を代表する事務官として派遣されることになったので
    ある。近代国家に仲間入りした日本を、欧米列強にアピールす
    るには、またとない機会であった。

     譲吉は熱心に展示の準備に取り組み、特に展示品の解説や、
    実演の説明、会場案内など、英文の解説を担当した。そして迎
    えた博覧会の初日、急ぎ足で各国の展示館を見て回った。「こ
    れなら、日本館はどこの展示場にもまけないぞ」と自信と安心
    感を抱いた。

     順路の途中に、サウスカロライナ州の粗末なテント会場があっ
    た。その片隅にある白っぽい灰色の小さな石ころに、譲吉の目
    は吸い寄せられた。それは燐酸肥料を作るのに必要な燐酸鉱石
    であった。そこの責任者に聞いて、それがサウスカロライナの
    チャールストン近くの鉱石場で採掘されていることが分かった。
    譲吉は博覧会の終了後、その採掘の現場や精錬工場を見学でき
    るように依頼した。

     この博覧会で、譲吉はもう一つの大きな出会いを経験した。
    南部の名門ヒッチ家の娘キャロラインである。その母が茶の湯
    に興味を持って、日本館を毎日のように訪ねてきては、譲吉が
    応対した。その縁で、ヒッチ家に夕食の招待を受け、そこでキャ
    ロラインに出会ったのである。

     博覧会の閉幕まぎわに、譲吉はヒッチ家を訪問し、キャロラ
    インとの結婚を申し入れた。父親はやや渋い顔をしたが、母親
    はすぐに賛成して「愛情を感じ合っていれば、国の違いなど関
    係ありません」と押し切った。記録に残された日本人と米国人
    の結婚としては、最初のものであった。

■7.「日本農家の革命」■

     譲吉はアメリカで自分の貯金をすべてはたいて持ち帰った燐
    酸肥料10トンを、全国の篤農家に配って試して貰うことにし
    た。「畑を耕すのに石ころを取り除くことはありますが、わざ
    わざ石ころを畑に持ち込んだことはありません」と、農民たち
    は尻込みしたが、譲吉は自ら人造肥料の効能を分かりやすく説
    いて回った。

    「東京から偉い役人が来て、あそこまで言うのだから、まあ試
    しに使ってみるか」と使い始めると、麦の収穫が3割から7割
    も増えた。

    「これは大変な成績だ。日本農家の革命だ。全国の農村に一日
    も早く普及させるためには、官営の人造肥料工場を設立すべき
    だ」という声が、農商務省の中で起こった。しかし、当時は官
    営工場を次々に民間に払い下げている時代だった。

     官営が無理なら、自分でやるしかない。譲吉は実業界の大立
    て者・渋沢栄一の許に紹介もなく飛び込んで、人造肥料の製造
    の必要性を説いた。渋沢も農民出身である。真剣に日本の農業
    の将来を憂える譲吉の言葉に、渋沢の胸は熱くなった。[a]

     この後、渋沢は譲吉の話が事業として成り立つか、自分なり
    に調べてみた。そして人造肥料による増産のデータも得て、譲
    吉の主張が化学者としての冷静な分析の上になりたっているこ
    とを知った。さらに譲吉が自費でアメリカから10トンもの人
    造肥料を買ってきた、という話を聞いて、胸を打たれた。「あ
    の青年にだけ、農業のことを任せておくのでは、経済人として
    恥ずかしい限りだ」 渋沢は譲吉の説く人造肥料会社設立に手
    を貸すことを決意した。

■8.日本で最初の人造肥料■

     渋沢や三井財閥の大番頭・益田孝の力を借りて、明治20
    (1887)年2月、日本で最初の人造肥料会社が設立された。3月
    から譲吉は製造に必要な機械類の購入と燐鉱石の買い付けのた
    めに、欧州から米国へと回り、11月にキャロラインを連れて、
    帰国した。

     本所深川の汚い農家の離れを借りて住み込み、譲吉は朝から
    晩まで工場建設に没頭した。キャロラインは甲斐甲斐しくその
    世話をやいた。

     明治21(1888)年3月、日本で最初の人造肥料が発売された。
    譲吉は各地で人造肥料普及のための講演会に飛び回った。特に
    火山灰による地層の多い関東地方では、燐酸肥料は絶大な効果
    を発揮し、収穫が4、5倍へと飛躍的に伸びた。年老いた農民
    の中には、譲吉の講演会を待ちかまえて、手を合わせる者もい
    た。

■9.「日本人ここにあり」と、世界に示してほしい■

     譲吉の超人的な所は、こうした大車輪の活動の陰に、すでに
    次の研究を進めていた事だ。その一つとして、古来から酒造り
    に使われていた麹(こうじ)を安価大量に生成できる方法の開
    発に成功していた。「高峰式元麹改良法」として、譲吉が特許
    をとった最初のものであった。

     その特許を知ったアメリカ最大手のウイスキー・トラストが、
    ウイスキーの製造にこの新しい醸造法を試してみたいので、技
    術指導にぜひアメリカに来て欲しいと依頼してきた。

     しかし、ようやく軌道に乗り始めた人造肥料会社を、どうす
    るのか? 迷いに迷って、譲吉は渋沢に相談した。

         渋沢さん。これまで我々日本人は、欧米人の発明したも
        のを数多く使わせてもらって、ここまでやってきました。
        そんな状況の中で、これは自慢するわけじゃありませんが、
        アメリカから日本の特許を使いたいと、辞を低くして頼み
        にきたのは、これが初めてでしょう。

         たとえ、失敗して倒れるとしても、私は、日本人として、
        また一人の化学者として、世界を相手に倒れたい。私の開
        発したものが、世界という舞台で、どこまで通用するか、
        文字通り、根限り試してみたいのです。[1,p261]

     話を聞いた渋沢は、きっぱりと言った。

         高峰さん。あなたの進むべき道はひとつです。もちろん、
        アメリカに行くのです。行って日本人の化学者として大い
        に実力を振るってほしいのです。人造肥料会社の経営も、
        ようやくここにきて軌道に乗りました。技術的なことは、
        あなたのおかげですでに完成しております。あとは経営的
        なことですから、これは、私や益田さんでやっていけます。

         だから、安心してあなたは、アメリカに行きなさい。な
        にしろ、日本人のあなたが研究した開発が、世界に認めら
        れたのです。これほどの快挙はありません。大いに「日本
        人ここにあり」というところを、世界に示してほしいので
        す。

     幕末には勤王の志士として活躍していた渋沢である。話の終
    わり頃は、叫ぶようになっていた。

     明治23年秋、譲吉は妻キャロラインと二人の子供を連れて、
    横浜からアメリカに向かった。
                                   (続く、文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(279) 日本型資本主義の父、渋沢栄一
    経済と道徳は一致させなければならない、そう信ずる渋沢に
   よって、明治日本の産業近代化が進められた。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。
1. 真鍋繁樹『堂々たる夢』★★★、講談社、H11
2. 山嶋哲盛『日本化学の先駆者 高峰譲吉』★★★、
   岩波ジュニア新書、H13

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「サムライ化学者、高峰譲吉(上)」について

                                                 郷さんより
     No.383 サムライ科学者 高峰譲吉さんの無私なベンチャー
    魂に圧倒されました。起業の原点はここにあり、と思いました。

     国富んで消えるものがあるとすれば、世の中のため、困って
    いる人のために働くという意識です。ひたすらIPOで長者に
    なるために働く輩や、マネー・フィクションの錬金術で買収合
    戦を繰り広げる輩が増える。そればかりか、それを囃して愉し
    む大衆だらけの世の中になる。

    「儲かりそうだからやる事業」「金銭の計算から入る事業」そ
    ういう考えでは失敗をすると言われます。まず「それをやると
    誰がどれだけ助かるか」「それはお金をはらってもらえる価値
    があるか」、高峰氏のこういう純粋な視点が必要なのでしょう。
    事業を興すという一大事でなくても、日常の仕事であっても自
    分だけの利益を考える人は直ぐに底が割れますから。

     純粋なサムライの後編をお待ちしております。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     これほどの偉人が現代日本ではほとんど知られていない事に、
    戦後教育の後遺症を感じます。 

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.