[トップページ][平成17年一覧][地球史探訪][210.75 大東亜戦争][260 南アメリカ]

■■ Japan On the Globe(397)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

     地球史探訪:ブラジルの大地に根付いた日本人(下)

                 ブラジルの大地に残した「ジャポネース・
                ガランチード」(日本人は保証付き)の足跡
■■■■ H17.06.05 ■■ 33,132 Copies ■■ 1,636,601 Views■

■1.妻の死■

         ブラジルは広い泥沼のようなもんじゃ。歩きを止めれば、
        沼に沈んでいく。そうかと思えば、どんなに必死に、どこ
        まで歩いてもぬかるみじゃ。

     マラリアによって「死の島」と化したイーリャ・グランデを
    出て、峯夫たちは50キロほど東に移動した。このあたりも米
    作の有望地で、入植した日本人移民は千五百人にも上っていた。
    しかし、第一次大戦後の不況で米価が下がり、かろうじて食べ
    ていくことはできたが、金を貯めて故郷に錦を飾るどころか、
    送金すらできなかった。

     働いても働いても、どこまでもつづく泥沼が広がっていた。
    歩みを止めれば沼に引きずり込まれるだけだ。ただ歩き続ける
    しかなかった。時だけが過ぎ去っていき、峯夫・テルコ夫婦に
    は、2男3女が生まれていた。

     1928(昭和3)年10月、テルコは6人目の子供を産んだ。初
    めての難産だった。生まれてきた子供はすでに死んでいた。そ
    して出産後も出血が止まらなかった。長年の過酷な労働でテル
    コの健康は蝕まれていたのだ。峯夫は無我夢中でトラックを借
    り、近くの病院に運び込んだが、一週間の昏睡が続いた後、そ
    のまま息絶えてしまった。

     峯夫はテルコの遺体に付き添いながら思った。テルコの人生
    はいったい何だったのか。彼女も峯夫と同様に貧しい農家に生
    まれ、一旗揚げようとはるばるブラジルまでやってきた。峯夫
    と結婚して、5人の子供をもうけ、農作業と子育てに追われる
    毎日だった。テルコに幸せな時間があったとしたら、それは故
    郷に帰る日を夢見た、そんな瞬間だけだったのではないか。そ
    う思うと、峯夫の目からは大粒の涙がこぼれ落ちた。

■2.カノの決意■

     この日から、峯夫は酒浸りの毎日となった。田畑に出ても、
    そこにテルコの汗が染みこんでいるかと思うと、働く気は萎え
    てしまった。苦労するためだけに生まれてきたテルコの人生を
    思うと、自責とも悔恨ともつかぬ気持ちがこみ上げてくる。今
    までは家族を連れて故郷に錦を飾ることだけを夢見て、どんな
    苦労にも耐えてきたが、最愛の伴侶を失って張りつめた糸が切
    れてしまった。

     繁行は何度も兄を諫めたが、あいかわらず酒浸りの姿に、ま
    た新しい土地に移るしかない、と決心した。今度は東南20キ
    ロほどの新しい土地に移った。

     近くには熊本県天草から入植した古賀久次郎一家とその妹カ
    ノが済んでいた。カノも幼いときに実母を亡くしていて、峯夫
    の幼い子供たちを見ると、他人事とは思えなかった。毎日のよ
    うにやってきては、酔いつぶれている峯夫に一言二言、声をか
    けた。

         あんたがそげん様子じゃったら、テルコさんな成仏でき
        んと思わんか。

     やがて峯夫は田畑に出るようになった。一生懸命、汗を流す
    ことだけが、寂しさを紛らわす道だった。一方、子供たちはカ
    ノになつき、彼女がいる時には笑顔を浮かべるようになった。

     繁行はカノに兄の嫁になってくれないか、と頼んだ。自らも
    養母に育てられたカノは、今度は自分が継母となって、5人の
    子供を育てることが自分の運命だと思った。

■3.根を張り始める■

     峯夫がカノと再婚したのは、1933(昭和8)年8月の事だった。
    家庭の安定を得て、それからはまるで別人のように峯夫は働き
    だした。

     米は作れば、良い値で売れた。日本移民がブラジルに上陸し
    た20世紀初頭には、米は不足して、輸入している状態だった。
    しかし、日系移民によって米の生産量は年々増加し、1920年代
    初期からは輸出に転ずるようになった。1930年代になると、国
    内需要に回される米の80%は日系移民によって生産されると
    言われるまでになった。

     峯夫が17歳でブラジルに来て、はや20年が過ぎていた。
    子供たちも成長し、農作業を手伝うようになった。それが収入
    増大の一因ともなった。どこまでも続く泥沼と思って必死に歩
    き続けてきたが、ようやく大地にしっかりと根を張りだした。

     多少の蓄えもできたので、カノの勧めもあって、峯夫は一度、
    広島に戻り、ある程度まとまったお金を置いてくる事にした。
    実家を楽にさせるという目的でブラジルまで来たのに、今まで
    ほとんど仕送りもできていなかった。長男としての責任を何一
    つ果たしていない、という思いがあった。

     峯夫は1937(昭和12)年6月に、24年ぶりに帰郷した。日
    本に帰ってみると、海外発展の目的地は朝鮮半島や満洲に向け
    られていて、ブラジルのことなどすっかり忘れ去られたようだっ
    た。峯夫が年老いた母親に金を差し出すと、母親は拝むように
    受け取って、亡き父を祀る仏壇に供えた。

■4.国交断絶■

     日米開戦のニュースが日本からの短波ラジオ放送でブラジル
    に伝わったのは、真珠湾攻撃の2日後、1941年12月9日の事
    だった。日系人たちは真珠湾攻撃の戦果に湧きに湧くとともに、
    祖国の非常時に異国で暮らして、何の手助けもできないという
    現実に歯痒さを感じないわけにはいかなかった。

     年が明けて1月、リオデジャネイロで開かれた汎米外相会議
    でブラジルはアメリカを支持し、日本に国交断絶を通告した。
    同時に日本・ドイツ・イタリアからの移民の資産は凍結され、
    不動産の売買も禁止された。日本語の使用も禁じられ、サンパ
    ウロでは日本語学校の教師が逮捕されたりもした。

     日本語の書籍や雑誌も押収され、日本語新聞の発行も禁止さ
    れた。日本との音信も禁じられ、日本移民たちは情報途絶の環
    境に置かれた。残された唯一の情報源が日本からの短波放送だっ
    た。そのラジオ放送を聞くことも禁じられていたが、日系移民
    たちは警察に見つからないようラジオを持つ家に集まって、隠
    れて祖国からの放送に耳を傾けた。

     ある日の放送では日本政府が「在留日本人を無法に圧迫する
    なら、日本はブラジルに対して強硬措置をとるかもしれない」
    とブラジル政府に警告した。祖国が自分たちの事を思ってくれ
    ていると知って、25万の日系移民は勇気づけられた。しかし、
    実際には地球の裏側のブラジルに対して、日本政府が打てる手
    はほとんどなかった。

     ただ、峯夫の周囲のブラジル人たちは、ほとんどが以前と変
    わらぬ付き合いをしてくれた。日系移民たちが見捨てられてい
    たマラリアの蔓延する土地を命がけで開墾し、豊かな米作地に
    変えていった事実をよく知っていたからである。

■5.「日本が戦争に勝った」■

     1945(昭和20)年8月7日、ブラジルの有力各紙は、広島に
    原爆が投下されたことを報じた。広島は焦土と化し、多数の死
    亡者が出たという。峯夫は"Hiroshima"の文字を見て、郷里の
    実家や親戚の安否を気遣った。

     8月15日、日本からの短波放送が玉音放送を伝えた。雑音
    混じりの中で、日本が降伏をしたように聞こえた。しかし、今
    までの大本営発表では、日本陸海軍は連戦連勝のはずである。
    その日本がなぜ降伏しなければならないのか?
    
     翌日のラジオ放送では、いつもの大本営発表はなく、ラジオ
    からは雑音しか聞こえなかった。雑音だけの放送が終わった後、
    一人の老移民が「微かだが、大本営が日本の勝利といっていた
    ように、わしには聞こえたような気がする」と言った。「そう
    だ。日本が負けるはずがない。日本が勝っているんだ」と別の
    男が応えた。

     こうして「日本が戦争に勝った」と信ずる「勝組(かちぐ
    み)」と呼ばれるグループが生まれた。それは情報が遮断され
    たブラジルの地で、祖国の存在を心の支えにしている日系移民
    たちの「日本に勝って欲しい」という切実な思いから生まれた
    ものであった。サンパウロでは一部の過激な勝組が、負組を襲
    う事件までしばしば起こった。

■6.祖国への救援物資■

     日本からの手紙が届くようになったのは、終戦後1年半以上
    も経って1947年の年が明けた頃だった。峯夫の一番下の妹から
    の手紙が着いた。夫が原爆で亡くなったこと、老母は健在で、
    朝鮮から引き揚げてきた上の妹が面倒を見ていること、食糧難
    とインフレで大変なこと、などが綴られていた。

     祖国へ救援物資を送ろうという動きが始まった。「日本戦災
    同胞救済会」が組織され、募金活動が行われた。峯夫たちも郷
    里に食料品や衣料を送った。日本では入手できない高価なスト
    レプトマイシンなどの医薬も、郷里の親戚が必要としていと判
    るとすぐに送った。母校の小学校にも消しゴム付き鉛筆を7百
    本ほども送った。

     今まで苦労して貯めた貯金だったが、それを費やすことは少
    しも惜しくなかった。日本に帰りたいという思いが峯夫の心に
    渦巻いていたが、原爆で何もかも破壊され、インフレと食糧難
    で苦しい生活を強いられている肉親や親戚にしてやれることは、
    物資を送ることだけだった。

■7.帰郷をあきらめる■

     そんなある日、峯夫がカノに相談を持ちかけた。「わしはも
    う年齢だし、百姓をやめて町に出ようと思っているんじゃが。」

     峯夫も50を数え、長男の覚と嫁のヒサエとの間にはすでに
    二人の孫娘が生まれていた。長男一家は日本に帰ろうという気
    はなく、ブラジルで暮らすことを決意していた。峯夫とカノの
    二人に残された選択は、このままブラジルに骨を埋めるか、あ
    るいは全財産を処分して焼け野原になった広島に帰るか、どち
    らかしかなかった。

     できることなら、帰国して年老いた母親や苦しい実家を助け
    てやりたと思ったが、それだけの資力はなかった。

         広島に帰れたとしても、わしには何もしてやることはで
        きん。ブラジルから手助けをしてやるのが一番なんじゃ。

     それは帰郷をあきらめようと自分自身に言い聞かせている言
    葉でもあった。町に出て商売でもすれば、年老いた身でも多少
    の現金も入り、日本に送金する事もできるかもしれない。どう
    考えても、それ以外に残された道はなかった。

     峯夫が町に出ようと決心した理由はもう一つあった。5人の
    子供たちには、教育らしい教育を受けさせてやれなかった。い
    ずれ日本に帰るからとブラジルの教育も受けさせておらず、ま
    た奥地のため日本語学校に通わせることもできなかった。子供
    たちは、自分の夢の犠牲になったようなものだ、という思いが
    峯夫にはあった。

     しかし、今や5人の子供たちはそれぞれ、日系移民と結婚し
    て、孫たちが生まれつつあった。孫たちはそんな目に遭わせて
    はいけない。自分が町に出れば、孫たちには、そこから学校に
    通わせることもできる。峯夫の決意にカノは反対しなかった。

■8.「真っ直ぐに日本に帰るとよ」■

     1947(昭和22)年、峯夫はミゲロポリスという町に出て、雑
    貨屋を開いた。やがて覚一家がよりよい耕地を求めて、奥地に
    移ったのを契機に、二人の孫、エレーナとマグダレーナの二人
    を預かって、学校に通わせた。他にも奥地に住む日系人の子供
    たちを預かった。

     峯夫とカノが孫たちを預かったのには、もう一つの思惑があっ
    た。ブラジルの教育を受けさせるのと同時に、自分たちの手元
    で少しでも孫たちの世代に日本人としての躾をしたいと思った
    のだ。このまま孫たちがブラジルの一員として生きて行くにし
    ても、日本人の美徳とされる正直、勤勉、親切さまでが失われ
    ていくことには耐えられなかったのである。

     1968(昭和43)年、峯夫はしばらく寝たきりの状態を続けた
    後、静かに息を引き取った。医師が死を確認すると、カノは大
    声で泣きながら叫んだ。

        真っ直ぐにお母さんのところに行きなさいよ。真っ直ぐに
        日本に帰るとよ。

     17歳の時に、ほんの数年の出稼ぎのつもりでブラジルまで
    やってきた峯夫は、そのまま異国で72歳の生涯を閉じた。一
    度だけ、数ヶ月の帰国をしたが、あとは地球の裏側から、残し
    てきた家族を思い、故国を想う一生だった。

■9.「ジャポネース・ガランチード」■

     11月1日からの3日間はディア・デ・フィナードス(死者
    の日)と呼ばれ、日本のお盆に相当する期間である。この日に
    は峯夫・カノの曾孫にあたる四世たちが、花束を抱えて墓参り
    に集まる。日本人そのものの容貌を持った曾孫もいれば、黒い
    肌の子や金髪の子もいる。それでも一緒に遊んでいる彼らには、
    肌の色や髪の毛の色を気にしている様子はまったくない。その
    ような混血の果てに、峯夫たち日系一世の苦難の足跡はやがて
    失われていってしまうのだろうか。

     ブラジルには「ジャポネース・ガランチード」という言葉が
    ある。「日本人は保証付き」という意味である。約束はかなら
    ず守る、借りた金は返す、会社でもきちんと役目を果たす。日
    系人なら間違いはない。そういう絶大な信用をブラジル国内で
    築き上げてきたのである。ブラジルほど日本人が尊敬されてい
    る国は他にはないだろう。それも峯夫やカノのような一世たち
    が、必死の思いでブラジルの大地に根を張ってきた、その姿勢
    が二世、三世、四世と受け継がれているからであろう。

     混血の四世たちにも容貌は白人や黒人そのもので、日本語が
    まったく話せなくとも、日本人の美点とされた勤勉さ、正直さ
    を受け継いでいる人々がいる。

     ブラジルは豊富な資源と国土を持ち、物質的には21世紀の
    大国になりうる条件を備えている。しかし、一国の政治経済が
    健全に発展するためには、正直や勤勉といった精神的バックボ
    ーンが不可欠である。そのためにも峯夫たち日系一世が残した
    「ジャポネーズ・ガランチード」の精神は、ブラジル社会全体
    にとっての貴重な財産となるだろう。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(016) 国際親善をそこなうマスコミ報道
    ブラジルの日系紙を怒らせた日本の報道陣 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。
1. 高橋幸春『蒼氓の大地』★★★、講談社文庫、H6

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「ブラジルの大地に根付いた日本人(下)」について 

								    yamさんより
    「無意識での積み重ねが人の美しさを作りあげていく」

     toshioさんの投稿(395号)に思わずうなずいてしまいました。

     ジャポネース・ガランチード=「日本人は保証付き」。信用
    とは本人一代では築くことはできません。それは、田舎であれ
    ばなおさらです。私の生まれ育った土地でも本人がどんなにまっ
    とうな正直な人間でも「あれの親がなー」と言われてしまいま
    す。同窓会でも、子供たちのために無体な行いは慎まねばなら
    ない。それが親の務めだと、悪たれだった同級生が真顔で言っ
    てました。

     そのような中で、仕付け・・しつけ・・・躾というのが確実
    に浸透していると思うのです。10数年前の映画で「しこ踏ん
    じゃった」というのがありました。当時、私もしこはふんでい
    ませんでしたけど学生・・・丁度入社しての頃でした。最近、
    ウォーターボーイズという映画が放映されTVでも放送されまし
    た。彼ら役者さんとエキストラさんは数ヶ月合宿してシンクロ
    ナイズド・スイミングを会得したと聞きました。そして、今日
    DVDで観たスウィングガールズ。彼女ら+aボーイも同じよう
    に素人が数ヶ月合宿してビックバンドジャズの名曲を素敵に演
    奏できるようになりました。

     大人世代に、いまの若い者は・・・と批判されるニート世代
    ですが、道を示せば成せるのです。ゆとり教育という売国政策
    のもとで教育を受けた若者でも成せるのです。それが、日本人
    に脈々と受け継がれている人としてのありようを示すDNAだ
    と思います。

     私はそのことを誇りたい。そして両親に親戚に近所の方々に、
    ありがとうと言いたい。人は一人では生きられない、親から始
    まる集団のなかで育まれて真っ当なひとになります。それの最
    終形が「くに」と思うのです。くにを成す人々の無意識の意識
    が今まさに封印から解き放たれようとしている...そんな時代
    の分水嶺に生きている事をうれしく思います。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     日本人のDNAをフルに発言することが、立派な人づくり、
    国づくりへの近道ですね。

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.