新サイトの同一記事に自動的に移動します。
移動しない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://blog.jog-net.jp/200510/article_1.html

[トップページ][平成17年一覧][地球史探訪][210.68 日韓併合]

■■ Japan On the Globe(414)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

             地球史探訪: 真の日韓友好への道
                                〜 話題作『嫌韓流』を読む
         「日本と朝鮮の人達が手を取り合って朝鮮の近代化に
          努めた歴史を後世に語り継いでいかなくてはなりません」
■■■■ H17.10.02 ■■ 33,742 Copies ■■ 1,789,404 Views■

■1.「あまりにも危険すぎて各社に出版拒否された問題作!」■

    『嫌韓流[1]』という漫画が30万部も売れている。日韓関係
    を扱った漫画で、帯には「あまりにも危険すぎて各社に出版拒
    否された問題作!」とある。 タイトルやキャッチ・コピーは
    過激だが、しかし、中身はごくまっとうである。それは、この
    漫画のラスト・シーンを見れば分かる。

    末行隆平(高校3年生、サークル「極東アジア調査会」所属)
         現在マスコミでは「韓流」などと友好を演出しているが、
        水面下では韓国を嫌う日本人が急増している。マスコミが
        隠しているもう一つの韓流、それが嫌韓流だ!!

    矢上哲哉(同会2年生): 地理的に韓国は日本から一番近い
        隣国だ。隣国のことをほとんど何も知らないなんて、それ
        で良いわけがない。

    荒巻いつみ(同会1年生、次に発言する主人公・沖鮎要のガー
        ルフレンド): 本当に友好関係を求めるのならば、お互
        いがお互いをよく知るべきでしょうね。

    沖鮎要(同会1年生、主人公): そうだ! 韓国の良いとこ
        ろも悪いところも含め、もっと知らなくては! そこから
        真の日韓友好が始まるんだ!!

     こういう本が「危険」視されるということは、逆に「韓流」
    しか語らない今の日本のマスコミの方が「危険」な偏向報道を
    行っているという証左だろう。今回は、この漫画の第8話「日
    韓併合の真実」の一部をご紹介しよう。

■2.「韓日友好のために言論封鎖ですか?」■

    「日韓併合」をテーマに、極東アジア調査会は来日した韓国の
    大学生6人のチームとディベートを開催することになった。極
    東アジア調査会から出場したのは、添内多枝と荒巻いつみの二
    人の女生徒のみ。男子は風邪や失恋ショックなどで全員欠席。

    「何なのよ。ウチのサークルの男ドモは」といつみは怒るが、
    多枝は「まあ、いいんじゃなくて? 量よりも質! それより
    も韓国人の『恨(ハン』のパワーを甘く見てはダメよ」と冷静
    だ。ディベートが始まる。

    韓国: 韓国を植民地化した日本政府は謝罪や賠償を行うべき
        だ!

    いつみ: あれ? 謝罪は何十回も行われていますよ。経済協
        力金という名の補償もしていますし。(弊誌注:無償3億
        ドル、借款2億ドル[a])

    韓国: 謝罪した後で、それを覆すような発言をしたら、また
        謝罪しなければならないのは、当然だろ! 日本の政治家
        が妄言を言わなければ良いのだ!!

    いつみ: そんなこと言われても日本は言論の自由がある国で
        すし、思想の自由も保障されています。韓日友好のために
        言論封鎖ですか? 日本は全体主義国家になるべきとでも?

    韓国(怒って): あんた達みたいな右翼がいるから、韓日は
        友好的になれないんだ!!

    いつみ: 逆ですね。済んだことをいつまでも蒸し返すあなた
        達みたいな韓国人がいるから、日韓は仲良くなれないので
        す。日本と韓国は1965年に国交を結んだとき、過去に
        ついては清算したはずです。[a]

■3.なぜ日本は韓国を併合するという道を選んだのか?■

    「そろそろ歴史について語り合いましょうか」と司会者が水を
    向けた。

    いつみ: なぜ日本は韓国を併合するという道を選んだのか?
        まず当時の世界情勢を簡単に説明すると、欧米列強はほぼ
        アジア全域を植民地にしていて、最後に残ったのが極東地
        域だったの。日本は欧米の支配から逃れるために近代化と
        富国強兵を急ぎましたが、日本にとって朝鮮半島の位置は
        脇腹に突き立てられた短刀のようなもの。そこで朝鮮に独
        立と近代化を求めました。

         しかし朝鮮は全く独立の気配を見せず、清の属国である
        ことをやめようとしなかった。だから日清戦争後、朝鮮を
        独立させたのよ。[b]

    韓国: ちょっと待ちなさい。朝鮮は半万年、独立国家よ。歴
        史を捏造しないで。どっちにしても韓国にとって日本が侵
        略国であることは間違いない。日清戦争前に朝鮮は中立宣
        言したのに!

    多枝: その中立宣言を出した数日後に、清に出兵要請を出し
        ていますけどね。(いつみ:「うわ 汚すぎ」) 中立な
        んて最初から嘘なのよ。なぜなら朝鮮は華夷秩序に組み込
        まれた中国の属国なのですから!![c]

         その頃世界では欧米列強がアジア侵略を進め、日本はそ
        の動きへの対応を迫られていた。日本にとって朝鮮が欧米
        の領土になることは国防上、到底容認できなかった。それ
        で国際法上の手続きを遵守して世界が認めた上で併合した
        のよ。

■4.「日本と合併するしか韓国が生き残る道はなかったのよ」■

    韓国: しかし、、、韓国人は併合なんで望んでいなかった。

    多枝: いいえ、それは違ってよ。韓国人自身も日韓併合を望
        んだのよ! 韓国最大の政治組織である一進会が併合を主
        張したのよ。日本との連帯によって文明開化を成し遂げよ
        うと考えたのね。彼らは日本の力で朝鮮での維新を目指し
        たのよ。

         結果、韓国は日本に併合されたけど、近代法治国家となっ
        て奴隷制度が廃止され、日本が整備したインフラの恩恵を
        受け、李氏朝鮮時代とは比較にならない近代的な暮らしを
        手に入れたのよ。

    韓国:(机をバンと叩いて)捏造にもほどがある!! その頃
        は安重根義士のような日帝の支配に抵抗した英雄もいるん
        だ!!

    いつみ: ああ、韓国併合に慎重な姿勢を示し、併合賛成派を
        抑えていた伊藤博文を殺害したテロリストね。

    多枝: 彼のテロ行為が併合への動きを加速させたのよ。

    韓国:(青ざめて)嘘だ。嘘だ。嘘だ。

    いつみ: 政治は腐敗し、官吏は無能、農民は搾取され、改革
        派と保守派の政争で国力は衰え、伊藤博文という韓国の良
        き理解者を愚かなテロ行為によって自ら失い、もはや日本
        と合併するしか韓国が生き残る道はなかったのよ。

    韓国: むぅ、、、うむむ、、、うぐぐぐ、、、

    いつみ: 事実を直視する勇気を持ちたいわね。

■5.「世界一過酷な植民地支配」?■

    「そろそろ議論を併合後に移してください」と司会者。

    多枝: まず韓国人がよく主張する「日本は韓国からいろいろ
        なものを奪った」というのは、幻想にしか過ぎません!!

    韓国: ふん、世界一過酷で血も涙もない日帝の植民地支配は
        歪曲しようにも無理なんだよ。

    多枝: 日本は朝鮮に道路・鉄道・電力など数々のインフラを
        整備、さらに近代医療の導入と農業生産力の向上により、
        人口を倍に増加させ、奴隷制度を廃止し、教育制度を充実
        して、ハングルを普及させた。これらのどこが「世界一過
        酷な植民地支配」なのかしら。

         それらに使われた資金は全て日本からの持ち出しなのよ!!
        これでもまだ「世界一過酷」などと主張したいのならば、
        全ての資産を返還してからにすべきです!!

    韓国: 何が持ち出しだ! 当時の朝鮮は土地を奪われ、農作
        物を奪われ、地下資源を奪われ、日帝に滅亡寸前にまで追
        い込まれたんだ!!

    いつみ: ではなぜ朝鮮半島が日本から独立するときに莫大な
        資産が残っていたのでしょうね? (日本が朝鮮半島に残
        してきた資産 軍事用資産を除き約52億ドル 連合軍総
        司令部民間財産管理局調べ)

         日本はですね。韓国を併合して植民地ではなく、日本の
        一地方としたからこそ財政負担してまで朝鮮地方に近代化
        を施したのです。

    韓国: 誰がそんなこと頼んだ!

    いつみ: 一進会をはじめとする多くの革新派の朝鮮人達よ。

■6.「無為無策だった当時の朝鮮人に責任はないのですか?」■

    いつみ: 日本は欧米の侵略から防衛のために朝鮮を併合せざ
        るをえなくなり、その結果、朝鮮人の生活向上のために大
        変な財政的負担を強いられたのです。日本の納税者は朝鮮
        人のために搾取されたのよ!

    多枝: 併合した以上、朝鮮人も日本国民ですけどね。そして
        日本国民となった朝鮮人は大いなる利益を受けたわ。自ら
        の手では不可能だった近代化を日本の資金と技術、日本人
        の血と汗で成し遂げることができたのですから。現在の韓
        国は日本が造ったと言っても過言ではなくてよ!!

    韓国: キレイ事ばかり並べているけど、それらは日本の利益
        のために行ったことで、朝鮮人のためではないわ!

    多枝: 確かに併合は国防上の理由から行われたことですが、
        朝鮮人のためにもなったはずですよ。

    いつみ: 当時を知らない今の韓国人は併合のプラス面を無視
        して日本だけを悪く言いますが、果たしてそれで良いので
        しょうか? あの弱肉強食の時代に無為無策だった当時の
        朝鮮人に責任はないのですか? 日本人が欧米の植民地に
        されないよう必死で富国強兵に務めていたとき、朝鮮人は
        何をしていたのですか!?

    韓国: うぐぐぐ...か、韓国の...植民地にされる前の
        歴史は...関係...ない...

■7.朝鮮の近代化のために懸命に働いた多くの日本人の夢■

    多枝: 現在も朝鮮半島には日本人が造った道路や建物、橋、
        ダムなどが残っているはずよ。それらは朝鮮の近代化のた
        めに懸命に働いた多くの日本人の夢の残骸なのよ。[d]

        (聴衆、シーンとなる)

         想像してみて...当時の朝鮮には日本人と朝鮮人が手
        を取り合って朝鮮を豊かにしようと励んでいる姿がまぶた
        の裏に浮かんでこないかしら...あの時代...確かに
        日本人と朝鮮人の友好関係は存在したのね...

    韓国: (机をバンと叩いて)そんなこと、あるものか!!朝
        鮮民族は主権回復のために三一運動などの様々な独立運動
        を起こし、民族解放に向けて抵抗してきた! 友好関係な
        どどこにもない!!

    いつみ: 併合してしばらくはそのような抵抗があってもそれ
        は仕方がないことじゃないかしら。朝鮮には改革派も守旧
        派もいたわけですし。韓国側の要望もあって併合という形
        になったのに、その恩も忘れてテロや暴動を起こすなんて
        身勝手にもほどがあります!

        (聴衆: 「そうだよな」「資金援助してもらっておいて
          反日だとか、ムカつくよね」とザワザワ)

■8.日本人と朝鮮人が協力して生活していた場所■

    多枝: 韓国人は自分の都合の良いように歴史を歪めてばかり
        いますが、併合時代の記録の全てを隠滅してからでないと、
        すぐにバレてしまいましてよ! これらの写真が日本の統
        治時代の真実を雄弁に語っておりましてよ。(併合前の貧
        しいソウルの光景と、併合後の近代化された光景の写真を
        見せる)

         終戦時に朝鮮半島にいた日本人は人口比で3%にも満た
        なかったわ。つまりこれら近代的な都市整備やインフラは
        朝鮮人のために用意してあげたと言っても過言ではないの
        よ!・・・

    いつみ: 当時の朝鮮で生活していた方々の話に耳を傾けてく
        ださい。日本人も朝鮮人もなく同じ人間として生活してい
        たという話が聞けるはずです。

         当時の朝鮮半島は日本人と朝鮮人が協力して生活してい
        た場所だったのです。たとえば知事ポストの4割を朝鮮人
        が占め、郡長・村長に到ってはほぼ全てを朝鮮人が占めて
        いました。

    多枝: そして驚くべきことに、なんと警察官の6割が朝鮮人
        だったのよ。朝鮮半島を支配するために警察力による武断
        政治を実施したと韓国人は叫ぶけど、警察幹部の3割、警
        察全体の6割が朝鮮人によって占められていたのです。

■9.日韓友好の理想形が過去にあった■

    いつみ: 現在マスコミは日韓友好を唱えていますが、実は限
        りなくそれに近い理想形がすでに過去にあったのです。日
        本人と朝鮮人が手を取り合って、朝鮮半島で暮らしていた
        日々が。・・・[e]

        今、私達が行うべきことは過去を正確に知ることです。感
        情論や自虐・贖罪史観では本当の歴史は見えてこないので
        す。併合下での35年間、日本と朝鮮の人達が手を取り合っ
        て朝鮮の近代化に努めた歴史を後世に語り継いでいかなく
        てはなりません。

     いつみの言う「過去を正確に知ること」が、日韓の真の友好
    への道である。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(380) 筋を通した日韓交渉
    日本政府は足かけ14年もの交渉で筋を貫き通して、「完全
   かつ最終的な解決」にこぎつけた。
b. JOG(254) 「親日派のための弁明」を読む
    私たちは国を奪われたのではなく、日本というましな統治者
   を受け入れたのである。
c. JOG(201) 韓国の歴史教科書拝見
    「朝鮮は中国の属国ではなかった」とする韓国の歴史教科書
   にもの申す。
d. JOG(056) 忘れられた国土開発
    日本統治下の朝鮮では30年で内地(日本)の生活水準に追
   いつく事を目標に、農村植林、水田開拓などの積極的な国土開
   発が図られた。 
e. JOG(204) 朝鮮殖産銀行の「一視同仁」経営
    朝鮮農業の大発展をもたらしたのは、日本人と朝鮮人の平等
   ・融和のチームワークだった。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 山野車輪『嫌韓流』★★★、晋遊舎、H17
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「真の日韓友好への道」に寄せられたおたより

                                               和人さんより
     このマンガ「嫌韓流」については、発売以来特に有名な巨大
    掲示板2チャンネルやyahoo掲示板、CSチャンネル桜掲示板等で
    話題となり「日本人なら皆読むべき」とか「学校の副読本にし
    てはどうか」といった意見が多くありました。

     しかし同時に、その大多数の人の意見は「韓国は恩を仇で返
    す事しかしない」とか「もう半島とは縁を切れ」という物で、
    「嫌韓流」の「嫌韓」のみが増幅していた感がありました。挙
    句の果てには、冗談だとは思いますが「米国は北朝鮮と一緒に
    韓国も攻撃しろ」なんていう投稿さえあったほどです。

     しかしながら、このような物言いは韓国の言い分を鵜呑みに
    して「日本は謝罪すべき」と言う事と同様に、歴史をないがし
    ろにする事に他ならないのではないかと思います。なぜ、半島
    に旧日本のインフラが多く残っているのかといえば、それは多
    くの日本人が半島の発展を願って一生懸命働いたからに他なり
    ません。半島出身者の方とてその事に感謝し、「同じ日本人」
    として日本のために頑張った人がたくさんいたのです。

     戦時とて同じです。半島で徴兵制が施行されなかったのは、
    志願兵が殺到した為徴兵の必要が無かったというのも理由だっ
    たと聞いています。そして彼等も、戦死者は本土出身者と同様
    に靖国に奉られています。今現在の日本人が「もう半島とは縁
    を切れ」などと言う事は「先人の努力を無にしてしまえ」と言っ
    ているのと同じなのではないでしょうか。

     このマンガの結論は、「現在は日本も韓国も(北朝鮮も、に
    なりますが)真実を知らない人があまりにも多い。まず真実は
    何かを知る事が必要だ。あの日本が半島を統治した36年はとか
    く影ばかりが強調されるが、光の部分も確かにあった。その事
    を公平に評価する必要がある」という事になると思います。ブ
    ームの時にいろいろな事を書いていた人々も、一段落した今改
    めてこのマンガの持つ意味を考えてくれると良いのですが。

                                               亮平さんより
     今回は嫌韓流ということでした。私は、地元で話題になる前
    から気にしていました。書店に並んだ時にはいち早く手にとり
    ました。が、結局買いませんでした。買うほどのものでもない
    なぁというのが正直な感想です。

     とにかく内容が稚拙であると感じました。マンガとという手
    法で、またわかりやすい主題を取り扱うことで、広い対象に分
    かり易くするという狙いは理解できます。また、内容自体も真
    実を突いているのだと思います。昨今の韓流という大きな波に
    対して、作られたブームという側面に何かしら疑問を感じてる
    人や、もともと胡散臭いと思っている人の気持ちを代弁し、新
    しく嫌韓流という流れを作ろうという気持ちはよくわかります。

     ただ、結局この嫌韓流も作られたブームに過ぎないのではと
    言う思いがあります。今までは韓流ブームに乗り、または元々
    韓国が好きで自然と韓流を歓迎する人たちの市場が出来上がっ
    た。だが何事にもアンチが存在するように嫌韓流もまた自然と
    出来上がった。だけど、嫌韓流の市場は認知されてなかったた
    め、どの企業も目を付けていなかった。

     私は作者や嫌韓流を支持した思惑がどうであれ、単に嫌韓流
    という市場に目をつけた晋遊舎が鋭かったことがこれだけの話
    題を作り上げたのではと思っています。決して本の内容自体の
    力ではないのではという気がしています。

     最後に誤解があると困りますので、これだけは付け加えてお
    きたいと思います。私は嫌韓流という本が出されて、たくさん
    売れたと言うことはむしろ良いことだと思っています。言論の
    自由からして健全だという見方も出来ますし、むしろ私は、韓
    流も嫌韓流も共に隣国をよく知りよく理解したいという心から
    出ているものであると思っています。そしてそれが、「近くて
    遠い国」から脱却するための日本側からの過程であるならば、
    私は韓国側にもその両面を受け入れる器量を求めたいと思いま
    す。

                                           三島流しさんより
    『嫌韓流』は話題になった当初すぐに本屋に発注し読みました。
    私も以前飲み屋の帰りのラーメン屋と議論しました。店主は
    「社民党も変な事言うよね」と切り出してきたので、土井たか
    子氏の親族が北朝鮮の高官とかかわりがあっている事実を言う
    と、その店主も在日朝鮮人の方だったそうでいきなり食って掛
    かってきました。

     結局「日帝が支配していて反省してない、『つくる会』が変
    な教科書作っているせいだ」とおっしゃっていたので、私が
    「その『つくる会』教科書を読んだことはあるんですか?」と
    尋ねると店主は「無い」と言っていました。日韓併合に関して
    も『嫌韓流』のいうとおり「一進会の賛成もあり、国際法上の
    手続きを持って併合した」と私が言うと店主は「反対した人も
    いるんだ!」と言う始末。

     そして挙句には「あなたは全然勉強してないね。何年生まれ?
    (「私は1977年生まれ」と言うと)私は1947年。」と自信
    たっぷりに言っていました。店主のほうが年が近いということ
    でしょうか???店主が生まれたのは日韓併合から38年後で
    あり、戦後の反日イデオロギーに染まっている年代です。店主
    のほうが勉強してほしいです。結局「ラーメン代置いて帰れ」
    と言われたので帰りました。あれが「恨」のパワーかなと感じ
    てしまいました。私はますます『諦韓流』になってしまいそう
    です。
    
■ 編集長・伊勢雅臣より

    「韓流」にせよ、「嫌韓流」にせよ、まずは事実を直視する所
    からスタートする必要がありますね。 

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.