[トップページ][平成17年一覧][人物探訪][210.67 日露戦争][238 帝政 ロシア]

■■ Japan On the Globe(418)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

     人物探訪: 福島安正・陸軍少佐のユーラシア単騎横断

                    迫り来るロシアとの戦争に備えるべく、
                   安正は1万4千キロの大偵察旅行を敢行した。
■■■■ H17.10.30 ■■ 34,113 Copies ■■ 1,824,230 Views■

■1.日本男児の意地■

     明治25(1892)年2月、ユーラシア単騎横断の計画がアメリ
    カの新聞にまで報道されると、福島安正・陸軍少佐は苦笑した。
    できるだけ隠密に行動しようとしていたのだが、と。ドイツ皇
    帝・ウィルヘルム2世からも赤鷲三等勲章を授与され、謁見を
    賜った。出発前からすでに国際的な英雄となっていた。

     2月11日、紀元節の朝10時、日本公使館前に集まった多
    くの在留邦人が日の丸を振り、万歳を叫ぶなかを安正は騎馬で
    出発した。

     馬上で安正は一つの決心を固めていた。日本国のためにユー
    ラシア大陸横断という冒険に見せかけた偵察旅行を成功させる
    ことはもちろん重要だが、当時の白人優先、ヨーロッパ優越の
    観念に一矢報いよう。日本男児としての意地であった。

        成敗生死、共に天にあり。武運拙くんば、以て屍(かばね)
        を胡野(こや、異国の野)に曝(さら)さんのみ

     出発の際に詠んだ詩である。

■2.情報将校としての道■

     福島安正は嘉永(1852)年、長野・松本藩士の家に生まれ、大
    学南校(後の東大)を経て、明治7(1874)年、英語力を買われ
    て陸軍省に採用された。西南戦争では長崎に集結した列強の艦
    隊の動向を探り、異国の乗組員と酒を酌み交わしながら、特に
    どこかの国が西郷軍を支援する事はないだろう、という貴重な
    情報を官軍の征討参軍・山県有朋にもたらした。ここから安正
    は情報将校としての道を歩み出した。

     明治12(1879)年、安正は約5ヶ月の北支、内蒙古の探索に
    出発した。天津では苦力(クーリー、出稼ぎ労働者)に化けて、
    中国語をマスターし、北京では漢方薬売りに扮して紫禁城内に
    出入りし、清国の政情や軍備状況を調べた。帰国後、64巻に
    わたる『隣邦兵備略』をまとめて、山県を感動させた。

     その後、朝鮮をめぐって日本と清国の間の緊張が高まると、
    明治15(1882)年からは、北京の日本公使館付武官として、情
    報収集を続けた。

     その結果、得られた結論をこうだった。清国の宮廷は宦官の
    巣窟となり、役人は腐敗して民衆を搾取し、軍備もさして強力
    ではない。欧州では清国を「眠れる獅子」などと警戒している
    が、いまや獅子ではなく豚であり、眠りは醒めることはあるま
    い、と。こうして完成したのが65巻におよぶ『清国兵制類集』
    で、これが10年後に、総理・伊藤博文が対清開戦を決意した
    時に大いに役立った。

■3.「いずれ白人の帝国主義は日本にも及ぶだろう」■

     2年余りの滞在で、清国の調査を終えた安正は東京に戻り、
    今度は東洋を侵略しつつある西洋列強の調査に取りかかった。
    手始めはビルマとインドであった。英国軍が激戦の果てに占領
    したばかりのビルマの首都ラングーンは砲撃で破壊されており、
    「イギリスの奴、ここでもひどいことをしていやがる」と安正
    は悲憤を感じた。いずれ白人の帝国主義は日本にも及ぶだろう。
    その時こそ、日本人が東洋の盟主として、有色人種のために戦
    わなければならないのだ、その為の偵察旅行だぞ、と安正は決
    意を新たにした。

     約半年の偵察旅行の結果、安正は次のような結論を得た。

         英国を初めとする欧州列強の東洋蚕食(さんしょく)は、
        すでに相当エスカレートしており、このままでは中国もイ
        ンド(のように植民地)化される恐れがある。そうなれば
        次にくるのは我が国に対する圧力である。そしてロシアは
        中央アジア侵略の手を、アフガニスタンに伸ばして、英国
        と衝突しかかっているが、この方面で英国が譲歩するとは
        思えない(大事なインドを護るため)ので、次にくるのは
        満洲、朝鮮を経て太平洋に出て、不凍港を入手しようとい
        う算段しかありますまい。

     安正はその後のロシアの動きを正確に予測していたのである。
    この報告も含めて、参謀本部では国防の重要性を訴える献言書
    を明治天皇に提出した所、天皇も同感で、明治20年3月には
    「海防に関する詔書」が下され、特に建艦費として宮廷費の1
    割以上を下賜された。これをきっかけに海軍の増強が進んだ。
    安正の情報がなければ、日本海海戦での大勝利もあり得なかっ
    たかもしれない。

■4.シベリア鉄道■

     明治20(1887)年3月、安正はドイツ公使館付武官としてベ
    ルリン駐在を命ぜられた。この頃には安正の情報将校としての
    実績は揺るぎないものになっていた。ベルリン駐在の目的の一
    つにユーラシア大陸横断計画の下準備があった。

     翌1888年、安正はロシアが東洋進出のためにシベリア鉄道建
    設を企画しつつある、という情報を得た。この鉄道の軍事的な
    意味は明らかだった。今までのロシアは欧州の兵力を極東に運
    ぶ効率的な手段を持っていなかった。海路では非常な時間と費
    用がかかり、また列強の領海を通過せねばならないので、英国
    などから干渉される恐れがあった。しかし、自国の大陸内を鉄
    道で運ぶなら、誰も口出しできない。極東侵略のための兵力も
    物資も、効率的に送り込むことができるのである。

     1891(明治24)年1月、安正はユーラシア大陸横断の計画を
    立て、参謀本部に旅行申請を提出した。ちょうどこの月に、ロ
    シア政府はシベリア鉄道の建設を正式に宣言した。

     それから間もなく、ロシア政府から日本政府に、ウラジオス
    トクにおけるシベリア鉄道起工式に皇太子ニコライを派遣する
    ので、その序でに日本を訪問させたい、という通報があった。

     このニコライは大津で警護の巡査に斬りつけられて負傷し、
    一時は日露開戦かと、日本中をおののかせる事件が起きた。大
    津事件である[a]。参謀本部からの計画認可がおりたのは、こ
    の後であった。

     このニコライは3年後にロシア皇帝となって日清戦争後の三
    国干渉を主導し、日露戦争敗北後のポーツマス会議[b]では
    「一握りの土地も一ルーブルの金も日本に与えてはならない」
    と指示して、日本を窮地に追い込んだ。そして明石大佐[c]が
    莫大な資金で援助した革命派によって殺害され、最後のロシア
    皇帝となってしまう。日本との因縁浅からぬ人物であった。

■5.独立を失った国々■

     こうして1893(明治26)年の紀元節にベルリンを出発した安
    正は、3日目に旧ポーランド領に入る。かつての強国ポーラン
    ドは18世紀にドイツ(プロイセン)、ロシア、オーストリア
    に分割されていた。

        淋しき里に出たれば、
        ここは何処と尋ねしに、
        聞くも哀れや、その昔、
        亡ぼされたるポーランド

     明治時代の歌人・落合直文の作であるが、「福島少佐のシベ
    リア横断の歌」として愛唱された。国を失ったポーランドへの
    同情が、後にシベリアに流刑となったポーランド人革命家たち
    の孤児765名を救出する大きな動機となったのかもしれない。
    [d,e]

     ワルシャワを経て、2月の後半はリトワニア、ラトビア、エ
    ストニアのバルト3国を通過する。かつては独立国として繁栄
    していたが、今はロシア領となっていた。今も弾圧に耐えなが
    ら、地下で独立運動が続けられている。安正は、日露間に戦端
    が開かれたら、これらの独立革命家を支援、扇動して、帝政ロ
    シアを西から攪乱する手もあるな、と考えた。後に明石元二郎
    大佐が、この戦略を実行して大きな成果を上げる。[c]
    
■6.ペテルブルグにて■

     3月24日、安正はロシアの首都ペテルブルクに入った。
    42日間で1850キロ、日本で言えば鹿児島−仙台間を走破
    したのである。ロシア側は安正の動きをつかんでいたと見えて、
    市の南門の10キロ手前で騎兵将校が出迎え、騎兵学校の貴賓
    室に案内され、賓客として扱われた。

     広大な大陸に育ったロシア人ですら、ユーラシア大陸の単騎
    横断などという大行軍を成し遂げた騎兵はいない。その勇壮な
    る企てに、彼らは感激したのである。

     安正はここで半月ほど過ごして、情報収集にあたった。ロシ
    ア陸軍の総兵力、編成が明らかになった。それは日本の14倍
    という規模であった。さすがにロシア陸軍の華とされる騎兵隊
    は、軍紀粛正で訓練に熱心な精鋭ぞろいであった。日露戦争で
    は、この騎兵に苦しめられることになる。

     しかし、歩兵や砲兵の練度はムラがあり、ロシア王朝の頽廃
    に影響されてか、軍紀も弛緩し、皇帝への忠誠心にも疑問があっ
    た。

     3月30日、安正は皇帝アレクサンドル3世への拝謁を仰せ
    つかった。皇帝は安正のユーラシア横断に非常な興味を抱いて
    いた。「少佐は何語を話すのか?」とまず聞かれたが、「ドイ
    ツ語でもフランス語でも、英語、ロシア語でも、陛下のお宜し
    い方で結構でございます」と答えた。そこでフランス語の会話
    となったが、安正が中国語も出来ると知ると、皇帝は驚いて、
    語学談義に花が咲いた。

■7.「西はヨーロッパ、東はアジア」■

     4月9日、ペテルブルクを出発し、720キロを16日間で
    走破して、4月23日にモスクワ着。モスクワではシベリア鉄
    道に関する情報を集めた。東西両端から建設工事を始め、現在
    の未完成の線路は約7千キロ。今まで工事スピードは年間70
    0キロなので、あと10年、1904年には完成するだろうと安正
    は予測した。実際の開通は、安正の予測通り、1904年、日露戦
    争開戦の年であった。

     5月6日、モスクワを出発し、7月9日、ウラル山脈の頂上
    に到達、かねて聞いていた「頂上の碑」を発見した。高さ3メ
    ートルほどの石碑に、「西はヨーロッパ、東はアジア」とロシ
    ア語で記されていた。安正は空に向かって大声で叫んだ。

         思えば欧州に勤務すること5年有半。この間、夢にも見
        た懐かしい故郷の空、これからがアジアの空だぞ。

     ここからがいよいよシベリアである。帝政ロシアはシベリア
    開発のために多くの労働力を必要とし、犯罪者や政治犯を多い
    ときには年間2百万人も送り込んでいた。

     貧しいシベリアではコレラが流行しており、安正が通過する
    町々では広場に死体の山が築かれ、「死の町」のような静かさ
    に覆われていた。

■8.「ロシアは、必ずこの外蒙を手中に収めるであろう」■

     安正は夏の間に一気にシベリアを横断し、9月24日、日本
    人として初めてアルタイ山脈を越えて、外蒙に入った。かつて
    草原を支配した蒙古民族も、今は清国の支配下にあるが、眠れ
    るが如き清国政府はかかる辺境には無関心で、国防の配慮も乏
    しい。帝政ロシアの経済的、軍事的影響が強まっていた。

     東進するロシアは、必ずこの外蒙を手中に収めるであろう、
    と安正は考えた。(実際に20年後の辛亥革命で清朝が崩壊す
    ると、ロシアは外蒙を勢力下に収めている。) その次は満洲、
    朝鮮、そして我が日本である。寒さの厳しい高原を、馬の背に
    ゆられながら、安正は祖国の行方を案じていた。

     約2ヶ月かかって外蒙を横断すると、安正は再び北上してロ
    シア領に入り、バイカル湖畔にたどり着いた。シベリア鉄道の
    工事が、まだここまでは達していなかった事が確認できた。

     1893(明治26)年の元旦を、安正はバイカル湖畔から東へ1
    10キロの町で迎えた。零下30度の寒さで風邪を引き、ホテ
    ルで3日間の寝正月を決め込んだ。

     2月11日の紀元節。ベルリンを出発してちょうど1年が経
    過した。安正は今までの旅が無事であった事を神に感謝した。
    しかし、この日、安正は馬から氷上に転落し、頭部に深い傷を
    負った。5日間、農家で療養した後、また東に向かい、3月
    20日、氷結しているアムール河を渡って、満洲に入った。

     4月18日、吉林の手前で、この地方の風土病にかかり、
    18日間も田舎の宿で昏睡状態が続いた。祖国まであと千キロ
    あまりのところまで来たのに、こんな満洲の田舎で果てるのか、
    と無念に思った。しかし、なんとか元気を回復し、5月7日に
    ようやく出発。

■9.「おう、海が見えるぞ!」■

     6月1日、満洲と朝鮮を隔てる険しい山を越えると、安正は
    思わず、声を上げた。「おう、海が見えるぞ!」 前方遠くに
    見える青い海、日本海である。安正の両眼から涙が滴り落ちた。

        祖国、、、あの青い海の向こうに祖国があり、皇居のある
        東京もあるのだ、、、陛下、臣安正は今、祖国を望む地点
        まで帰ってきましたぞ。

     そこからは再びロシア領に入り、6月12日、安正はついに
    ウラジオストクに到着した。ちょうど1年4ヶ月で1万4千キ
    ロを踏破し、見事に任務を遂行したのである。

     大勢の日本人が万歳で出迎えた。到着の知らせは国内外に伝
    わり、世界中の新聞が世紀の壮挙と大きく報道した。

     安正はウラジオストクから3頭の愛馬とともに、東京丸で日
    本に向かった。6月29日午後、横浜港に着くと、児玉源太郎
    陸軍次官や家族が出迎えていた。さらに安正を驚かせたのは、
    明治天皇から差し遣わされた侍従が「天皇陛下より賜る」といっ
    て、暖かいねぎらいの言葉とともに勲三等旭日重光章を授与し
    た事だった。

     7月7日には皇居で明治天皇に御陪食を賜った。乗馬を好ま
    れる陛下は、安正が3頭の馬を東京まで連れ帰った事を聞かれ
    ると、「それはよいことをした。安正はまことの騎兵将校じゃ」
    と喜ばれた。明治天皇のご沙汰で、3頭の馬は上野動物園で余
    生を送ることとなった。

     この11年後に日露戦争が始まった。安正は児玉源太郎・総
    参謀長のもとで、情報収集・背後工作を続けた。日露戦争は薄
    氷を踏むような勝利だっただけに、安正のもたらした情報がな
    ければ、戦局はどう転んだか分からない。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(161) 国難・大津事件
    来日中のロシア皇太子が凶漢に襲われた。戦争になって植民
   地に転落するか、亡国の危機迫る。
b. JOG(365) ポーツマス講和会議
    国民の怒りを買うことを覚悟して、小村寿太郎は日露講和会
   議に向かった。
c. JOG(176) 明石元二郎〜帝政ロシアからの解放者
    レーニンは「日本の明石大佐には、感謝状を出したいほどだ」
   と言った。
d. JOG(142) 大和心とポーランド魂
    20世紀初頭、765名の孤児をシベリアから救出した日本
   の恩をポーランド人は今も忘れない。
e. JOG(323) 日本・ポーランド友好小史
    遠く離れた両国だが、温かい善意と友好の関係が百年も続い
   てきた。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 豊田穣『福島安正 情報将校の先駆―ユーラシア大陸単騎横断』
   ★★★、H5、講談社

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.