[トップページ][平成17年一覧][人物探訪][201.751 大東亜戦争:開戦への罠]

■■ Japan On the Globe(423)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

            人物探訪: 失意の報国、山本五十六

                  華々しい経歴の陰で、山本五十六はじっと
                 失意をこらえてきた。
■転送歓迎■ H17.12.04 ■ 34,035 Copies ■ 1,866,308 Views■

■1.失意■

     昭和16(1941)年12月8日の真珠湾攻撃で大東亜戦争が始
    まった。帝国海軍は敵戦艦4隻沈没、3隻大破、1隻中破とい
    う大戦果をあげ、アメリカ太平洋艦隊の主力を一挙に撃滅した。
    [a]

     しかし、その直後、連合艦隊司令長官・山本五十六は深く沈
    んだ様子に見えた、という。華々しい戦果の陰に、日米開戦を
    なんとか阻止しようという志を果たなかった失意を山本は噛み
    しめていたのであろう。

     真珠湾攻撃の約2ヶ月前、50人を超す各級司令官たちを集
    めて、「異論もあろうが、私が長官である限りハワイ奇襲作戦
    は必ずやる」と言い切ったその日、山本は親友・堀悌吉に、こ
    んな手紙を書いている。

         個人としての意見と正確に反対の決意を固め其の方向に
        一途邁進の外なき現在の立場は誠に変なものなり。これも
        命といふものか。

    「個人としての意見」とは、海軍次官として、日米開戦を招く
    三国同盟に命を掛けて反対してきた事を指す。今は、連合艦隊
    司令長官として、それとは「正確に反対の決意」を固めざるを
    えなかった。

     12月10日にはイギリス東洋艦隊の2隻の戦艦を航空攻撃
    で沈めた[b]。「これは長官、男爵か元帥かということになっ
    て来ますね」と言う部下に、山本はこう答えた。

         俺ァ、そんなものは要らないけどね。もし褒美をもらえ
        るなら、シンガポールあたりに土地を買って、僕に大きな
        バクチ場を経営させてくれないかナ。そうしたら、世界中
        の金を、ごっそり日本へ集めて来てやるんだがな。

     ブリッジの腕は東洋一と豪語する山本のそんな夢が、叶うは
    ずもなかった。

■2.不本意のロンドン行き■

     山本が日本国内はもとより、アメリカや英国、ドイツの政府、
    海軍上層部に知られるようになったのは、昭和9(1934)年のロ
    ンドン海軍軍縮会議予備交渉において、海軍側主席代表として
    活躍した時であった。しかし、山本の失意はこの時から始まっ
    ている。

     米・英・日の海軍軍備を5:5:3と取り決めたワシントン
    条約は、昭和11(1936)年に有効期限が満了することになって
    いた。その後の新しい軍縮協定への地固めをしよう、というの
    が、このロンドン予備交渉の趣旨であった。

     日本近海で日米艦隊決戦をするとすれば、対米7割が必要と
    いうのが海軍内の「艦隊派」の考えで、これはアメリカのある
    軍事雑誌も同意見を述べていた。

     一方、山本は、アメリカ駐在2度の経験から、

         デトロイトの自動車工業と、テキサスの油田を見ただけ
        でも、アメリカを相手に無制限の建艦競争など始めて、日
        本の国力で到底やり抜けるものではない。

    と、考えていた。この頃までの海軍ではどんな強硬派でも、ア
    メリカと戦争して本当に勝てると考えるほど勇ましく無知な人
    物はそういなかった。[1,p55]

     したがって、日本側の案は対英米6割というワシントン条約
    をそのままの形で今後も認めることは到底できず、さりとて無
    制限の建艦競争に入ったら国力が追いつかない。そこで各国平
    等の海軍兵力制限を設け、それをできるだけ低い所に引いてお
    きたい、という都合の良いものであった。

     山本としては「艦隊派」の考えとは溝があり、何度もロンド
    ン行きを辞退したが、結局、ほかに人がいない、という理由で
    受けざるを得なかったのである。
    
     交渉の場では日本政府は、山本に航空母艦の全廃を主張させ
    ている。今後は航空兵力が中心となると考えていた山本にとっ
    て、これはまさしく「個人としての意見と正確に反対」のもの
    であった。

     ロンドンでの日本海軍側主席代表という立場も、そこでの主
    張も、山本にとっては不本意なものであった。

■3.鋭い舌鋒■

     しかし、日本政府の代表として送り込まれた以上は、その意
    見を主張しなければならない。

     5対3は決して日本に対する脅威にならないはずだとアメリ
    カ側が言うと、山本は、

         米国の5の勢力が、日本の3の勢力に対して脅威でない
        というなら、日本の5の勢力が米国の5の勢力に対して脅
        威になるはずがないではないか

    と、言い返したりしている。山本の鋭い舌鋒に、アメリカ代表
    は「ワシントンでは、アメリカが頭から抑えたものを、今度は
    山本が逆に自分を抑えにかかってきた」と密かに舌を巻いた。

     英国は日本の提案に好意的だったが、アメリカは冷淡だった。
    無制限の建艦競争になれば、国力に勝るアメリカが優位となる。
    日本を追い込んで、単独でワシントン条約廃棄の通告を出さざ
    るをえないようにすれば、軍縮不成功の責任はすべて日本に負
    わせることができる。

     こういう立場では、山本としても、英国を頼って何とか妥協
    点を見いだすよう粘るしかなかった。

■4.失意のロンドン交渉■

     ロンドン滞在中に、海軍兵学校の同期で親友の堀悌吉が予備
    役に編入されたという知らせが届いた。艦隊派の策謀で、条約
    存続派が次々と失脚させられており、その一環であった。山本
    はすぐに堀に手紙を書いた。

         爾来(じらい、それより後)、会商(交渉)に対する張
        合も抜け、身を殺しても海軍の為などという意気込みはな
        くなってしまった

         ただあまりひどい喧嘩わかれとなっては日本全体に気の
        毒だと思えばこそ少しでも体裁よくあとをにごそうと考へ
        て居る位に過ぎない

     その後も山本は真剣な交渉を続けたのだが、アメリカ代表は
    クリスマスを口実に帰国すると言い出した。山本は再開の期日
    を約しておいた方が良いと食い下がったが、アメリカ代表は言
    葉を濁して、引き揚げてしまった。

     その後は日英の非公式な交渉が続き、英国の譲歩案に日本案
    をかませ、それを英国を介してアメリカに了承させれば、なん
    とか妥協の道がつくのではないか、という所までこぎ着けた。
    その案で東京に伺いの電報を打ったが、東京からは「余計なこ
    とをするな」と匂わせる返事が届いた。

     山本が粘りに粘ったこの3ヶ月が軍縮の最後のチャンスだっ
    たが、それが失敗し、世界は無条約・無制限建艦競争の時代に
    突入するのである。

     ロンドン交渉で山本の名は国内外に高まったが、その結果は
    山本にとって望みとは正反対のものであった。

■5.「何がめでたいか」■

     昭和10(1935)年2月に帰国してから、山本はしばらく海軍
    省内の薄暗い一室に憂鬱な顔をして燻っていた。中将だが、仕
    事は何もない。何度も郷里の長岡に帰ったり、「俺は海軍やめ
    たら、モナコへ行って、博打打ちになるんだ」などと親しい友
    人に言ったりしていた。

     その年の暮れ、航空本部長に就任。かつては航空本部の技術
    部長を3年務め、この間、海軍の航空は飛躍的な発展を遂げた
    と言われている。山本が技術部長時代に発案して、開発に着手
    し、航空本部長となってから量産に入ったのが、長距離陸上攻
    撃機「96式陸攻」だった。

     昭和12(1937)年8月、日華事変の初頭に、96式陸攻の大
    編隊が台北と高雄から暴風雨の東シナ海を渡って、中国の広徳
    ・杭州の両飛行場を爆撃し、壊滅的な打撃を与えた。往復2千
    キロの渡洋爆撃は、世界の航空専門家を驚かせた。これで日本
    の航空技術は世界の最高水準に到達したと言われた。山本は陸
    軍の始めた日華事変そのものは苦々しく思っていたが、96式
    陸攻の活躍には、会心の笑みを浮かべたろう。

    「航空本部長なら、いつまででもやってみたい」と語っていた
    が、これもわずか一年で海軍次官への転出を命ぜられた。「お
    めでとう」という人々に、「何がめでたいか。折角今まで、日
    本の航空を育てようと一生懸命やってきたのに」と本気で怒っ
    た。

■6.「至誠一貫俗論を排し」■

     昭和11(1936)年12月、海軍次官に就任し、ここから広田、
    林、近衛(一次)、平沼の4内閣での2年9ヶ月に及ぶ苦闘が
    始まる。林内閣で米内光政が海軍大臣として登場するが、その
    担ぎ出しを最も強く主張したのが山本であった。

     以後、米内海相、山本次官、井上成美軍務局長のトリオで、
    陸軍の主張するドイツ、イタリアとの三国同盟を阻止しつづけ
    るのだが、その苦闘ぶりは弊誌407号に述べた。[c]

     陸軍に操られた右翼がよく脅迫状を送ったり、海軍省に押し
    かけてきた。山本は休日には友人宅に潜伏して、麻雀をしたり
    して過ごした。

     この頃の山本は暗殺を覚悟していたらしく、次のような遺書
    をしたためて、海軍省次官室の金庫に納めていた。

        勇戦奮闘戦場の華と散らんは易し。
        誰か至誠一貫俗論を排し斃れて已(や)むの難(かた)き
        を知らむ
        高遠なる哉(かな)君恩、悠久なるかな皇国。
        思はざる可(べ)からず君国百年の計。
        一身の栄辱生死、豈(あに)論ずる閑あらんや

     三国同盟という「俗論を排し」、「君国百年の計」を思えば、
    自らの栄誉や生命など、論ずるに足らない、という覚悟である。

     昭和14(1939)年8月、独ソの突然の不可侵条約締結で、三
    国同盟問題は棚上げとなり、平沼内閣は倒れた。米内が海軍大
    臣を辞めると、山本も次官を辞めて、連合艦隊司令長官に転出
    した。山本を後任の海軍大臣に、という声もかなりあったが、
    米内は「山本を無理に持ってくると、殺される恐れがあるから
    ね」と答えた。

     米内は昭和15(1940)年1月から首相となり、この間は三国
    同盟論も下火となるが、その後に第二次近衛内閣が成立すると、
    わずか2ヶ月余りで三国同盟が成立し、日本は戦争への道を一
    気に走り始めた。
    
■7.「長門」の艦上で討ち死にするだろう■

     同盟調印から2週間後、山本は非常な決心の様子でこう語っ
    ている。

         実に言語道断だ。・・・自分の考えでは、アメリカと戦
        争するということは、ほとんど全世界を相手にするつもり
        にならなければ駄目だ。要するにソヴィエトと不可侵条約
        を結んでも、ソヴィエトなどというものは当てになるもん
        じゃない。アメリカと戦争しているうちに、その条約を守っ
        てうしろから出て来ないということを、どうして誰が保証
        するか。結局自分は、もうこうなった以上は、最善を尽く
        して奮闘する。そうして「長門」(連合艦隊旗艦)の艦上
        で討ち死にするだろう。その間に、東京あたりは三度ぐら
        いまる焼きにされて、非常なみじめな目に会うだろう。
        [1,p382]

     東京の空襲もソヴィエトの侵略も、山本にはお見通しであっ
    た。

     昭和16(1941)年秋、日米の対立が決定的になりつつある最
    中に、第三次近衛内閣から東条内閣に替わった。この時に米内
    光政らが中心となって、山本を海軍大臣に担ぎ出そうとした。

     もしこれが実現していたら、12月の開戦は少なくとも先に
    延ばされ、山本が腰抜けとか、親英米とか言われて時を稼いで
    いるうちに、ドイツの退勢があきらかとなって、日本はヒット
    ラーのバスには乗らなかったろう、とも言われている。

     おそらく、それは山本の本意でもあったに違いない。しかし、
    東条内閣の海相となった嶋田繁太郎は、自分の地位を脅かされ
    るのを嫌ったのか、「連合艦隊司令長官には、山本以外には人
    がいない」との一点張りでついに承知しなかった。

     こうして、連合艦隊司令長官は2年までという海軍の不文律
    にも関わらず、山本はその職に留まり、「個人としての意見と
    正確に反対の決意を固め」て、真珠湾攻撃を敢行したのである。

     そして、その結果、山本が正確に予見したとおり、自らも昭
    和18年4月、ソロモン群島方面での最前線視察のために空路
    移動中、敵機に襲われて戦死し、東京も空襲で丸焼けになった。

■8.「苦しいこともあるだろう」■

     山本の残した言葉に次のようなものがある。

         苦しいこともあるだろう。言い度いこともあるだろう。
        不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣
        き度いこともあるだろう。これらをじっとこらえてゆくの
        が男の修行である。 

     日本海軍主席代表、航空本部長、海軍次官、連合艦隊司令長
    官という華々しい経歴の裏で、山本はこの言葉通り、苦しいこ
    と、言いたいこと、不満なこと、腹の立つこと、泣きたいこと
    を、じっとこらえて、失意の人生を生き抜いてきたのである。

     許されることなら、モナコあたりで博打に打ち込んでいたか
    もしれない。あるいは、飛行機屋としてひたむきな日々を送っ
    ていたかもしれない。そういう生き方を許さなかったのは、山
    本自身の報国の志であった。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(168) 日米開戦のシナリオ・ライター
   対独参戦のために、日本を追いつめて真珠湾を攻撃させようと
   いうシナリオの原作者が見つかった。
b. JOG(270) もう一つの開戦 〜 マレー沖海戦での英国艦隊撃滅
    大東亜戦争開戦劈頭、英国の不沈艦に日本海軍航空部隊が襲
   いかかった。
c. JOG(407) 米内光政(上) 〜 日独伊三国同盟の阻止
   日本を三国同盟という戦争へのバスに乗せては ならない、と海
   相・米内は戦った。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 阿川弘之『山本五十六 』★★★、新潮文庫、S48
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「失意の報国、山本五十六」に寄せられたおたより

                        「海風」さんより
  NHK「その時歴史が動いた・山本五十六(前・後編)」を観
    てやっと、山本五十六氏の全体像が輪郭をもって、掴めた感が
    しました。「そうだったんですか」という感じです。

     早速来年の手帳に、氏の「ひととせをかへりみすれば亡き友
    の数へかたくもなりにけるかも」を書留めました。昭和を生き
    た軍人とは、かくも重責を忍耐を引き受けねばならなかったの
    か、と驚嘆と敬意を捧げて止みません。昨今、この国は拉致問
    題等、隙間だらけの感に、先人の遺徳から、せめて自分の責任
    と忍耐を確かめようと、おもっています。

■ 編集長・伊勢雅臣より

    「責任と忍耐」を持って、国を支えていく人物が一人でも多く、
    求められています。

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.