[トップページ][平成18年一覧][地球史探訪][210.73 満洲事変・日華事変][222.07 中国:中華民国時代][238 ロシア]

■■ Japan On the Globe(446)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

    地球史探訪: スターリンと毛沢東が仕組んだ日中戦争
    
               スターリンはソ連防衛のために、毛沢東は政権奪
              取のために、蒋介石と日本軍が戦うよう仕組んだ。
■転送歓迎■ H18.05.21 ■ 34,067 Copies ■ 2,067,983 Views■

■1.毛沢東の「日本軍閥に感謝」■

     毛沢東は、訪中した日本の政治家が過去の侵略について謝罪
    すると、「いや、日本軍閥にむしろ感謝したいくらいですよ」、
    彼らが中国を広く占領していなかったら、「われわれは現在も
    まだ山の中にいたでしょう」と述べた。[1,p346]

     中国共産党(中共)軍は1936年(昭和11)10月に、国民政
    府軍に追われて1万キロ以上も敗走し、ようやく中国西北部・
    黄土高原の延安に逃げ込んだ。「長征」と美化するが、実態は
    大敗走である。「山の中」とは、この延安の事だろう。日本軍
    が侵入して来なかったら、中共軍は圧倒的な国民政府軍の攻勢に、
    延安に閉じこもる山賊程度の存在に過ぎなかったろう。

     もっとも毛沢東のこの言葉には、日本への素直な感謝という
    より、「してやったり」という自慢が多分に含まれていると感
    ずる。日本を日中戦争に引きずりこみ、蒋介石の国民政府軍と
    戦わせて「漁夫の利」を得る、というシナリオを書いたのはソ
    連のスターリンだったが、それを主役として演じたのが毛沢東
    であった。この実績と、党内の競争相手を冷酷な手段で次々に
    蹴落としていったことで、毛沢東は中国共産党主席の地位を獲
    得したのである。最近のベストセラー『マオ』には、その過程
    が活写されている。[1]

■2.スターリンの戦略■
    
     当時、蒋介石は「安内攘外」、まずは国内の共産党勢力を片
    付けて国内を安んじ、その後に満洲に打って出て、日本を撃退
    するという戦略をとっていた。日本は満洲での近代国家建設に
    邁進しており[a]、当面は中国本土に侵入してくる気配はなかっ
    た。

     一方の中国共産党は、1931年の満洲事変勃発当初、蒋介石か
    ら抗日統一戦線の提案があっても「笑止千万」とはねつけるほ
    ど、国民政府を敵視していた。

     これはソ連にとっては、きわめて都合の悪い状況であった。
    スターリンは、ナチス・ドイツと満洲の日本軍とによって東西
    から挟撃される事態を最も恐れていた。日本が中国との戦争に
    足をつっこんでしまえば、その恐れは遠のく。

     そのためにも国民政府軍を共産党ではなく、日本との全面戦
    争に向けさせ、両者を徹底的に消耗させた後、中共軍に天下を
    取らせ、共産中国を実現する。以後、スターリンは、この戦略
    を追求していった。

■3.国共合作指示■

     国共合作の好機は、中共軍が延安に逃げ込んだ直後に訪れた。
    1936年12月、西安に督戦に訪れた蒋介石を、現地で東北軍を
    指揮していた張学良が監禁し、共産党に通じたのである。張学
    良は、かつて満洲を支配した張作霖の息子で、父親が何者かに
    爆殺された後、満洲から退き、蒋介石の陣営に属していた。

     張作霖爆殺は、当時、日本軍の仕業であると広く信じられて
    いたが、近年、ソ連情報機関の資料から、スターリンの命令に
    基づいて実行され、日本軍の仕業に見せかけたものだという説
    が強まった。[1,p301]

     当時、共産党は延安に逃げ込んで絶体絶命に境地にあり、
    11月25日にはドイツと日本が防共協定を結んで、ソ連が最
    も恐れていた悪夢が現実のものになりつつあった。張学良はこ
    の時期に、蒋介石を裏切り、自分を中国の支配者としてソ連に
    高く売り込もうという博打を打ったのであった。

     張学良を蔭で焚きつけたのは毛沢東であった。毛沢東はこの
    機会に蒋介石を殺そうとしたが、スターリンはそれを止めさせ
    た。今回の事件に共産党が関与しているという噂がすでに広まっ
    ており、もし蒋介石が殺されでもしたら、国民の怒りは中国共
    産党のみならず、ソ連にも及び、日本と手を組んでソ連を攻撃
    せよ、という世論が高まる恐れがある、と判断したのである。

     スターリンには奥の手があった。1927年にモスクワに留学し
    た蒋介石の息子・蒋経国を、その後も人質として抑留していた
    のである。スターリンは蒋介石に、自身の解放と息子の帰国と
    を交換条件に、共産党との戦闘停止を命じた。

     これを受けて毛沢東も、スターリンの指示した「連蒋抗日」
    に沿って、方針転換した。この時期、スターリンは張学良をけ
    しかけて蒋介石を監禁させた毛沢東が日本と共謀しているので
    はないか、と疑っており、これ以上、勝手なまねをする事は身
    の危険があったからである。

■4.冬眠していたスパイ■

     この西安事件をきっかけに、国共内戦が終結した。しかし、
    蒋介石も強大な日本軍との全面戦争は自滅を招きかねないので、
    自ら動こうとはしなかった。蒋介石と日本軍を戦わせるには、
    もう一押し必要だった。

     翌1937(昭和12)年7月7日、北京郊外の蘆溝橋で夜間演習
    中の日本軍に夜10時から翌朝5時に渡って、3度も不法射撃
    が浴びせられた。日本側は7時間も自重していたが、ついに反
    撃した処、敵兵の遺体から国民政府軍の正規兵であることが確
    認された。

     この蘆溝橋事件は日本軍の陰謀だというのが、現代の中国政
    府の主張であるが、この点は東京裁判でも不問にされている。
    突っ込めば、中国側にまずい事実が出てくるからであろう。近
    年、現地の第29軍副参謀長・張克侠が共産党の秘密党員であっ
    て、日本軍撃滅計画を立て、共産党北方局主任・劉少奇(後に
    国家主席)から承認されていた事実が明らかになっている。ま
    た、中共軍の『戦士政治読本』の中に、事件は「劉少奇の指揮
    を受けた一隊が決死的に中国共産党中央の指令に基づいて実行
    した」という記載があるそうである。[2,393]

     日本の陸軍は不拡大方針をとり、現地で11日に停戦協定を
    成立させたが、13日、14日、20日、25日、26日と国
    民政府軍からの不法射撃や襲撃が相次ぎ、日本軍の死者も少な
    からず出た。日本軍は敵方に和平の意思なしと判断し、開戦を
    通告、数日にして北京、天津から国民政府軍を駆逐した。

     しかし、7月29日、北京東方の通州において、260余名
    もの日本人居留民が虐殺された「通州」事件が起きた。鼻に牛
    の如く針金を通された子供、腹部を銃剣で刺された妊婦など、
    凄惨な光景が報ぜられるや、日本の世論は激高した。[2,p401]

■5.日本も蒋介石も上海での戦争を望んでいなかった■

     こうして戦火は華北で燃え上がったが、日本側はいまだ対中
    全面戦争を望んではおらず、戦場を広げるつもりはなかった。
    蒋介石も宣戦布告をしなかった。それが突然、千キロも離れた
    上海に飛び火するのである。

     日本は1932年の休戦合意に従って、上海付近には海軍陸戦隊
    をわずか3千人配置していただけであった。8月中旬までの日
    本の方針は「進駐は華北のみとする」というものであり、「上
    海出兵には及ばない」と明確に言明していた。『ニューヨーク
    ・タイムズ』の特派員H・アーベントは、のちにこう回想して
    いる。

         一般には・・・日本が上海を攻撃したとされている。が、
        これは日本の意図からも真実からも完全に外れている。日
        本は長江流域における交戦を望まなかったし、予期もして
        いなかった。8月13日の時点でさえ、日本は・・・この
        地域に非常に少ない兵力しか配置しておらず・・・
        [1,p340]

     アーベントは、「交戦地域を華北に限定しようという日本の
    計画を転覆させる巧妙な計画」の存在に気がついた。彼はそれ
    を蒋介石によるものと考えたが、実際はスターリンによるもの
    だった。
    
■6.冬眠していたスパイ■

     スターリンはさらに戦火を広げるべく、国民政府軍の中枢で長
    年冬眠させていた共産党のスパイを目ざめさせた。張治中とい
    う南京上海防衛隊の司令官だった。張は1925年頃、ソ連が資金
    と人材を提供して設立された黄埔(こうほ)軍官学校で教官を
    していた。蒋介石が校長となり、国民政府軍の士官を育てる事を
    目的としていたが、ソ連は学校設立当初から、軍の高い地位に
    スパイを送り込もうという意図を持っていた。[2,p342]

     張は回想録の中で「1925年夏、わたしは共産党に心から共鳴
    し、・・・中国共産党に入党したいと考え、周恩来氏に申し出
    た」と書いている。この時、周恩来は黄埔軍官学校の政治部主
    任をしていた。周恩来は張に対して、国民党の中にとどまって
    「ひそかに」中国共産党と合作してほしい、と要請した。

     蘆溝橋事件当時、張は蒋介石に、上海で日本軍に「先制攻撃」
    をかけるよう進言した。しかし、蒋介石は耳を貸さなかった。
    上海は中国の産業と金融の中心であり、また首都南京にも近かっ
    たので、ここを戦場にしたくなかったのである。

■7.作られた国民政府軍と日本軍との全面衝突■

     8月9日、張は蒋介石の許可なしに事件を仕組んだ。上海飛
    行場の門外で、中国人死刑囚に国民政府軍の軍服を着せて射殺し、
    さらに部下に命じて、日本海軍陸戦隊の中尉と一等兵を殺害し
    た。日本側が先に国民政府軍の兵士を殺害し、それに対して、
    国民政府軍が反撃したように見せかけたのである。

     日本側は事件を穏便に処理したいという意向を示し、蒋介石
    も攻撃許可を求める張を制した。しかし、張は日本の旗艦「出
    雲」と海軍陸戦隊を爆撃し、さらに「日本の戦艦が上海を砲撃
    した」と虚偽の発表を行った。民衆の間で反日感情が高まり、
    蒋介石は追いつめられて、やむなく総攻撃を命じた。

     蒋介石が日本軍との全面戦争に追い込まれたのを見て、モス
    クワは小躍りして喜んだ。スターリンは8月21日に国民政府
    と不可侵条約を結び、2億5千万ドルを融通して、航空機1千
    機、戦車、大砲などを売却し、さらにソ連空軍を派遣した。こ
    の後の2年間で、2千人以上のソ連軍パイロットと300人前
    後の軍事顧問団が対日戦に従事した。

     一方、日本においても、在日ドイツ大使の私設情報官に扮し
    たソ連スパイ・リヒャルト・ゾルゲが暗躍しており、ゾルゲに
    通じた元朝日新聞記者・尾崎秀實が、近衛首相のブレーンとし
    て、蒋介石政権との和解の動きを封ずる策謀を行っていた。[b]

■8.毛沢東の「抗日」■

     もっとも日本軍と戦ったのはもっぱら国民政府軍で、毛沢東
    は中共軍の戦力を温存する戦略をとった。蒋介石には、中共軍
    を正面戦に投入せず、国民政府軍の側面部隊として遊撃戦に使
    うことを了承させた。そして中共軍の指揮官に対しては、日本
    軍が国民政府軍を打ち負かすのを待ち、そのあとで農村部を支
    配地として獲得せよと命じた。広大な中国大陸では、日本軍は
    鉄道や大都市を占領するだけで、農村や小さな町を共産党の支
    配地域としていった。また敗走した国民政府軍の兵隊を集めて、
    中共軍を拡大していった。

     一部の軍の指揮官たちは、この方針に反発し、日本軍との交
    戦許可を何度も求めたが、毛沢東は拒絶した。一度だけ、毛沢
    東の許可なきまま、林彪の部隊が山西省北東部で日本の輸送部
    隊を就寝中に襲い、200名程度の日本兵を殺害した。これを
    知った毛沢東は猛烈に怒ったという。それでも毛は抜け目なく、
    この戦いを宣伝に使い、共産党は国民党より抗日に熱心である、
    と繰り返し広めた。ここ数年でこれ以外の重要な戦闘はしてい
    なかったからである。

     日本軍と戦わないばかりか、毛沢東は日本軍の後方で、国民
    政府軍を攻撃することまで行い、勢力を広げた。その結果を見
    て、軍の指揮官たちも、次第に毛沢東の冷徹な作戦を賞賛する
    ようになっていった。

     ただし毛沢東はモスクワに対しては、抜け目なく、中国共産
    党の方針は「抗日最優先」で、蒋介石の「統一戦線」に協力し、
    共産党の八路軍は日本軍と2689回もの戦闘を行った、と報
    告していた。

■9.中国人民の苦難■

     1945年8月9日、ソ連軍が日ソ中立条約を破って、満洲に侵
    攻した。同時に毛沢東は、ソ連侵攻後の地域を共産ゲリラで占
    領する作戦を進めた。スターリンは蒋介石に3ヶ月以内に撤兵
    すると約束をしたが、一度、侵入してしまえば、そんな約束は
    反故にされた。

     満洲に居座ったソ連軍は工場や機械設備を丸ごと「戦利品」
    として運び去り、また投降した満洲国軍20万を共産党の配下
    に置いた。さらに日本軍の武器庫を接収し、中共軍に引き渡し
    た。航空機900機、戦車700両、3700門以上の大砲
    ・迫撃砲、1万2千挺もの機関銃、数十万挺のライフルなどで
    ある。さらに北朝鮮にあった日本軍の武器庫からも貨車2千両
    以上に満載した兵器や軍需物資が搬入された。

     しかし、日本軍との戦いを通じて鍛え抜かれた国民政府軍は精
    強で、ほとんど実戦を経験していなかった共産党軍は歯が立た
    なかった。ソ連軍が撤退した1946年5月からわずか数週間後に
    は、国民政府軍は満洲の主要都市すべてを奪い、中共軍は崩壊寸
    前まで追い込まれた。

     ここでもまた毛沢東に救いの手が現れる。アメリカのマーシャ
    ル将軍が国民政府軍の侵攻を中止させたのである。マーシャルは
    米政権内に巣くう親ソ派だった。以後、ソ連の援助を受ける共
    産党軍と、アメリカの援助を受けられない国民政府軍の形勢は次
    第に逆転していく。[c]

     もっともソ連からの援助を無償で貰っては借りを作ると考え
    た毛沢東は、毎年100万トンの食料を送ると約束した。その
    ために、満洲地方から容赦なく食料を徴発し、1948年には数十
    万人規模の餓死者を出した。また国民政府軍の立て籠もる長春を
    攻撃したときは、毛沢東は城内を兵糧攻め責めにせよ、と命じ、
    50万人の民間人の脱出を許さなかった。5ヶ月後に落城した
    時には、50万人の人口が17万人に減っていた。

     1949年10月1日、毛沢東は北京の天安門の楼上に立ち、中
    華人民共和国の成立を宣言した。その頃、林彪は「民衆は政権
    交代に歓喜しているようには見えない」と、ソ連に伝えている。

     それも当然だろう。中国共産党政権は、中国人民が求めて得
    たものではない。毛沢東がスターリンの意向を受けて、日本軍
    を引きずり込んで国民政府軍との全面戦争を戦わせ、その後も国
    共内戦で国土を荒廃させた末に成り立ったものである。

     しかし、中国人民の苦難はこれで終わりではなかった。権力
    のためには民衆の苦しみなど歯牙にもかけない毛沢東によって、
    2千万人もの餓死者を出した「大躍進」や、40万人もの死者
    を出した「文化大革命」へと続くのである。[d,e]
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(239) 満洲 〜 幻の先進工業国家
    傀儡国家、偽満洲国などと罵倒される満洲国に年間百万人以
   上の中国人がなだれ込んだ理由は?  
b. JOG(263) 尾崎秀實 〜 日中和平を妨げたソ連の魔手
    日本と蒋介石政権が日中戦争で共倒れになれば、ソ・中・日
   の「赤い東亜共同体」が実現する!
c. JOG(441) 中国をスターリンに献上した男
    なぜ米国は、やすやすと中国を共産党の手に渡 してしまった
   のか? 
d. JOG(109) 中国の失われた20年(上)
    〜2千万人餓死への「大躍進」 
e. JOG(110) 中国の失われた20年(下)
    〜憎悪と破壊の「文化大革命」 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. ユン・チアン『マオ 上』★★★、講談社、H17

2. 中村粲、「大東亜戦争への道」★★★、展転社、H3


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.