新サイトの同一記事に自動的に移動します。
移動しない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://blog.jog-net.jp/200606/article_1.html

[トップページ][平成18年一覧][The Globe Now][221 韓国]

■■ Japan On the Globe(449)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

             The Globe Now: 「内戦」状態の韓国
    
                     韓国は、親北朝鮮勢力と自由民主主義勢力
                    とが激突する内戦状態に陥っている。
■転送歓迎■ H18.06.11 ■ 34,219 Copies ■ 2,093,925 Views■


■1.韓国の「深刻な危機」■

     2004(平成16)年9月9日、5人の元国会議長、7人の元国
    務総理をはじめとする1千人以上の国家を代表する人士が「大
    韓民国の自由と民主主義守護のための時局宣言文」を発表した。
    そこにはこんな文言がある。

         ・・・大韓民国がいま政治、経済、安保、社会、文化す
        べての領域で深刻な危機を迎えている。国のアイデンティ
        ティと国家理念が重大な挑戦を受けている。[1,p14]

     10月3日には、ソウル市庁前広場で、この宣言を支持する
    大集会が開催され、平日の午後にもかかわらず、20万人を超
    える国民が集まった。

    「深刻な危機」とは何か。西岡力(つとむ)・東京基督教大学
    教授は、著書『韓国分裂』の中で、こう語っている。

         もはや朝鮮半島の最前線は三十八度線ではなく、韓国の
        国内にある。いまの韓国はいわば「内戦」状態だ。
        
         盧武鉉大統領の周辺は一部の秘書官を含めて「親北朝鮮」
        の左翼学生運動や市民運動出身者でほとんどを占められ、
        大統領官邸はもはや北朝鮮の手に陥(おち)た。いまや大
        統領周辺だけでなく、与党、テレビ局なども含めて韓国の
        半分近くは、安全保障・自由主義経済の基軸である韓米日
        同盟から抜けて、北の金正日政権に近づこうとしている。
        [1,p15]

■2.金大中の「太陽政策」と対北違法送金■

    「大統領官邸はもはや北朝鮮の手に陥(おち)た」というのは、
    たとえば、次のような事実を見れば明らかだろう。

     まず1998年に大統領に就任した金大中は、北朝鮮に対して、
    「太陽政策」と称する融和的な姿勢を打ち出した。2000年には
    平壌で金正日との南北首脳会談を実現させ、これが評価されて、
    2000年のノーベル平和賞を受賞した。

     しかし、南北会談の直前には、現代財閥に5億ドルもの資金
    を違法に北朝鮮に送金させている。現代財閥の北朝鮮での事業
    の利権と引き替えに、ということだが、送金の見返りとして北
    朝鮮が首脳会談開催に乗ったという見方が有力である。

     この違法送金については、特別検事による捜査が開始された
    が、次の盧武鉉大統領が捜査延長を許可しなかったことにより、
    うやむやにされてしまった。

■3.拉致問題を黙殺■

     また、この首脳会談の結果、韓国で逮捕されていた北朝鮮工
    作員63人を北朝鮮に送還した。その中には、1890年に大阪の
    中華料理店コック原敕晁さんを拉致し、原さんになりすまして
    工作活動をしていた辛光洙も含まれている。

     北朝鮮に拉致され、帰国できないでいる韓国人は、韓国政府
    が認定しただけでも486人に上る。朝鮮戦争中に拉致された
    人数に至っては8万2959人である。

     工作員たちが北朝鮮に送還された時、拉致被害者の家族会は
    「なぜ一方的に韓国で捕まった北朝鮮工作員を帰し、北朝鮮が
    拉致した韓国人被害者は帰ってこないのか」と訴えた。これが
    テレビや新聞でも報道され。金大中大統領もテレビ記者会見で
    拉致問題の存在を認めたが、工作員送還は「韓国軍捕虜や拉致
    被害者についての問題を解決する助けになるはずです」と述べ
    るに留まった。

     拉致問題でも北への「太陽政策」をとったわけであるが、こ
    の姿勢は現・盧武鉉大統領も継承している。本年5月15日に、
    横田滋さんが訪韓し、めぐみさんの夫である可能性が高いとさ
    れた韓国人拉致被害者・金英男の家族と面会した。

     この時も、副首相格の李・統一相は「(横田さんに)会う必
    要はない」「訪韓の意味もよくわからない」と語り、さらにこ
    れまで金正日総書記が日本人拉致を認めたことなど北朝鮮の対
    応について「日本は過小評価している」と日本を批判した。[2]

■4.米韓同盟の危機■

     金大中の後継者、盧武鉉大統領は2004年11月に、ロサンゼ
    ルスで講演し、「北朝鮮が核とミサイルで外部の脅威から自国
    を守ると主張しているのは、一理ある面もある」と、核開発を
    容認する発言を行った。さらに「北朝鮮がテロ組織と連携して
    いるという証拠はない」、アメリカの対北政策に対し「封鎖政
    策ではだめであり、対話こそが唯一の方法」、「北朝鮮の体制
    保証のため、アメリカの新しい措置が必要だ」と述べた。まる
    で北朝鮮の代弁者である。

     2005年4月、アメリカは駐韓米軍の費用を6百億ドル削減す
    ると発表した。韓国政府が米軍支援予算を削減したので、その
    報復措置である。

     米軍の費用削減内容は、米軍基地内で働いている韓国人労働
    者1千人の解雇や、有事のための弾薬備蓄の廃止、米軍と韓国
    軍の情報共有システムの縮小である。韓国の防衛力を左右する
    この重大な決定が、韓国政府に何の相談もないまま、抜き打ち
    的に発表されたのである。韓国の対北宥和姿勢は、アメリカの
    同盟国としての信用を失わせ、米韓同盟は重大な危機に瀕して
    いる。

■5.国内体制革命■

     同時に、盧武鉉政権は国内体制変革を進めている。

     その第一はスパイ侵入など北朝鮮の対南工作取り締まりの根
    拠となってきた国家保安法の廃止である。

     第二は言論の統制。朝鮮、東亜、中央の三大保守日刊紙を狙
    い撃ちにして、上位3新聞の占有率を合計60%に制限する
    「新聞法」、および「言論機関に故意や過失、違法性がない場
    合も訂正報道を請求できる」という「言論被害救済法」。後者
    に基づいてすでに10億ウォン、20億ウォンという高額の賠償を
    求める名誉毀損訴訟が起こされている。

     第三は私学法改正。私立学校の理事の四分の一以上を学外か
    ら受け入れる事を義務づけ、韓国版日教組である全国教職員労
    働組合(全教組)が私立学校にも入り込み、左翼偏向教育を広
    げる道が開かれた。

     第四は、「日帝強制占領下反民族行為の真相糾明に関する特
    別法」。これで日本統治下で一定の地位にあった官僚・軍人な
    どを「親日派」として断罪し始めた。さらに、この後、こうし
    た「反民族行為」を行ったとされる人の子孫の土地や財産を国
    が事実上没収する事ができる「親日反民族行為者財産帰属特別
    法」が制定された。

■6.韓国版自虐史観■

     前節の第3、第4と通ずるのが、韓国版の自虐史観である。
    金星社版『韓国近・現代史』教科書では、次のように南北分裂
    が描かれている。

         粘り強い民族解放運動の末、(JOG注:日本帝国主義から
        の)独立を迎えたが、南と北に引き裂かれてしまった。南
        北分断は民族内部の戦争につながり、以後にもイデオロギ
        ーの対立が継続した。[1,p122]

     朝鮮戦争でソ連と中国を後ろ盾として韓国を侵略した金日成
    の「戦争責任」はまったく言及されていない。

     分断後の北朝鮮については、近代化された農村、平壌の高層
    アパートと地下鉄など、豊かな生活を示す写真とともにこう述
    べる。

         北朝鮮社会も多くの変化を経た。独立直後には親日派を
        粛正し土地改革を施行するなど、植民地支配を精算するた
        めの一連の改革を推進した。この過程で一部社会構成員の
        反発を買ったりもした。

    「親日派を粛正し」ということで、北朝鮮はすでに「歴史の精
    算」を完了していることを示す。金大中、盧武鉉政権が過激な、
    反日政策を唱えるたびに、北朝鮮の方が正統的な民族政権であ
    る、という歴史観が自国民に植え付けられていく。

■7.「北朝鮮社会もまた我が民族の生きてきた生活の場である」■

     その後の北朝鮮の姿は、次のように描く。

         分断と6・25戦争(JOG注:朝鮮戦争)以後、長期間、
        私たちは北朝鮮の歴史を金日成が権力を掌握し、これを維
        持するための”粛正の歴史”、金正日に権力を引き継がせ
        るための”世襲の歴史”とだけ思っていた。私たちが思い
        浮かべる北朝鮮の人々の生活は、徹底した社会統制の中で
        息を殺して暮らす姿だった。[1,p127]

     ”粛正の歴史”、”世襲の歴史”は、過去の韓国政府の政治
    宣伝に過ぎない、とまで言うようである。

         しかし、北朝鮮社会もまた我が民族の生きてきた生活の
        場である。北朝鮮で生きてきた人々も社会の発展のための
        努力を継続してきた。ただし、南韓と異なり、社会主義の
        道を歩いただけだ。このため南北の人々の間で思考方式や
        行動で違いが生じている。[1,p127]

     北朝鮮にはこんな温かい目を注ぎながら、自国の李承晩政権
    は「次第に独裁政治と長期執権の道に進んでいった」と評し、
    朴正熈政権、全斗煥政権も「軍部政治」「民主化運動を武力で
    鎮圧」「独裁政治」などと表現する。

     戦後の韓国が達成した経済成長についても、「防毒マスクを
    使わなければ勤務できない放射管の作業現場」という写真とと
    もに、こう述べる。

         しかし、経済成長の過程でいろいろな副作用が現れた。
        輸出競争力の確保のための低賃金と低穀価政策で、労働者
        と農民は犠牲を強要された。労働者は低い賃金を受けて劣
        悪な環境で働かねばならなかった。工業を主とする経済政
        策は相対的に農業の発展を遅くし、その結果、都市と農村
        の経済格差が大きくなっていった。[1,p135]

     北朝鮮で3百万規模の餓死者が出た事[a]や、朝鮮戦争後
    も5百人近い韓国民を拉致した国家犯罪は教えられず、自国の
    欠点ばかりをあげつらうのである。

■8.4万2千人の親北勢力■

     どうしてこのような事態になったのか。鄭亨根・国家安全企
    画部元次長は国内に4万2千人の親北勢力がいると見ている。
    学生1万8千人、労働者1万人、宗教団体・市民団体5千5百
    人、教育・文化・言論界に8千5百人だ。これらの勢力が、過
    激な学生運動や、労働スト、反日運動を引き起こし、自虐史観
    を広める政治的プロパガンダ活動を展開している。

     学生運動家の中では、「偉首金同」「親指金同」などという
    隠語が使われる。「偉大なる首領金日成同志」「親愛なる指導
    者金正日同志」という意味である。そして「韓国は親日親米派
    らの立てたアメリカの植民地であり、北朝鮮は抗日闘争の民族
    正統勢力が立てた朝鮮人民の政府であり国家である。だから韓
    国は生まれてはならない国家であり、北朝鮮は祖国統一の基地
    である」と信じ込んでいる。

     これらの親北勢力は、北朝鮮から潜入した工作員の支援を受
    け、また北朝鮮に送り込まれて教育や訓練を受けている。

     その一つとして、国家安全企画部が公表しているのが李善実
    事件である。李善実は朝鮮労働党序列第22位の大物女性工作
    員で、1970年代の初めに日本に潜入し、在日朝鮮人と偽って、
    特別在留資格を得た。その後、韓国と日本を自由に往来して、
    10年以上の間、韓国内の反体制人脈に接触し、各地に朝鮮労
    働党の地下組織を作った。そのメンバーの中には金大中の秘書
    も入っていた。李は90年10月、ソウル近くの江華島の海岸に
    迎えに来た潜水艇で北に帰った。

■9.金日成の秘密教示■

     こうした活動は、金日成が1974年に対南工作員たちに与えた
    次のような秘密教示に基づくものと考えられる。

         チリのアジェンデの経験は、選挙を通じても政権が奪取
        することができるという十分な可能性を見せてくれた。
        ・・・南朝鮮人民の反朴正熈感情をうまく誘導して名望あ
        る人物を前に立てるなら、国会にいくらでも潜り込むこと
        ができる。これからは対国会工作でもフラクチャア(分派)
        工作にとどまらず、議席を確保する工作に転換しなければ
        ならない。[1,p27]

     1998年に政権をとった金大中政権と、それに続く盧武鉉政権
    が、この金日成の秘密教示の結実だと考えれば、その異常な反
    日反米・親北姿勢も合点がいく。

     金日成は、その最終目標を次のように幹部たちに語っていた
    という。

         連邦制を実施することにより、北と南が自由に行き来し、
        自分の制度と思想を宣伝するようになれば、(JOG注:北朝
        鮮)共和国は一つの思想で統一された国家であるから、少
        しも影響を受けることはない。しかし、南朝鮮は、思想的
        に分裂した自由の国であるために、我々が南朝鮮に行って
        社会主義の優越性、主体思想の宣伝を大々的に行えば、少
        なくとも南朝鮮住民の半分は奪い取ることができる。

         現在、南朝鮮の人口は我々の2倍ある。しかし、連邦制
        を実施し、我々が南朝鮮住民の半分を奪取する日には、共
        和国の一と、奪取した南朝鮮の住民一を合わせた二が我々
        の味方になり、南朝鮮は一になる。このようになれば総選
        挙をしても我々が勝つようになり、戦争をしても我々が勝
        つようになる。

     金大中・前大統領は6月に再度の訪朝を計画しており、盧武
    鉉大統領と結託して、北朝鮮との連邦制に踏み出そうとしてい
    るのではないか、と疑われている。一方では保守派の反撃も盛
    んだ。野党ハンナラ党は朴正熈の娘・朴槿恵が党首となり、5
    月31日の韓国統一地方選で圧勝した。

     現在の韓国は、「連邦制」を通じて北朝鮮に併合させようと
    する親北勢力と、日米との連帯を維持して自由民主主義陣営に
    踏みとどまろうとする保守派勢力が激突する、まさに「内戦」
    状態にある。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(072) 温室の隣の飢餓地獄
    人口2300万人の北朝鮮で、すでに3百万人の国民が餓死、
   病死したと推定されている。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 西岡力『韓国分裂』★★★、扶桑社、H17
2. 産経新聞『横田滋さんに会う必要ない 韓国統一相』、H18.05.04

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「『内戦』状態の韓国」に寄せられたおたより

                                           Kazyさんより
     私は、最近、韓国に対しては、我が国への姿勢について、怒
    りや憤りを通り越して、気の毒という哀れみの気持ちを強く持
    つようになってきております。たかが隣国に30数年間支配され
    たことについて(しかも根拠の非常に乏しい)恨みつらみだけを
    自らのアイデンティティにできないとい事実を目の当たりにし
    て、「気の毒」としか言えないというのが、私の偽らざる気持
    ちです。

     歴史をたどれば、かつて、東アジアに絢爛たる光彩を放った
    百済仏教文化を生み出し、世界の陶磁器史で空前絶後と言われ
    る李朝青磁を生み出した民族の栄光を誇ること無く、或いは、
    誇ることすら知らずに、ただただ、隣国への恨みつらみだけを
    支えとしなくてはならない彼らを本当に気の毒に思います。そ
    して、何故、彼らは、そのような栄光の時代に思いをはせ、そ
    れを拠り所とできぬのか理解に苦しみます。

     尤も、気の毒だからと言って、竹島を初めとする我が国への
    侵略行為を決して看過黙認できるものでは有りませんし、むし
    ろ、それらに対する毅然とした態度を言動共に示すことによっ
    て、彼らの真の誇りを目覚めさせるのが、我が日本民族の使命
    ではないかと思う今日この頃です。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     次号にも関連しますが、「誇り」が人間の心に不可欠の柱な
    のかも知れません。

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.