[トップページ][平成18年一覧][人物探訪][210.63 近代国家の建設][400 自然科学]

■■ Japan On the Globe(463)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

        人物探訪:北里柴三郎 〜 大医は国を治(ち)す
    
                 医の真道は人民の健康を保ち、その業を務めし
                め、もって国家を興起富強ならしむるにあり。
■転送歓迎■ H18.09.17 ■ 34,351 Copies ■ 2,218,241 Views■


■1.「日本の大学者北里来る」■

     明治25(1892)年3月、パリに着いた翌朝、北里柴三郎は新
    聞を見てびっくりした。どの新聞も「日本の大学者北里来る」
    と大見出しで報道していたからである。

     北里はその6年前から、細菌学の確立者、ベルリン大学のロ
    ベルト・コッホ教授のもとで研究に打ち込み、破傷風菌の純粋
    培養などに成功して、「コッホの四天王」の一人と呼ばれる存
    在になっていたのである。

     パリでは念願のパスツール研究所を訪問し、師匠のコッホ博
    士と並び立つ細菌学者ルイ・パスツールと親しく歓談して、
    「北里博士へ、すばらしい研究に敬意と祝福をこめて」と書い
    てサインした写真を、この巨人から贈られた。

     その後、アメリカに渡って2週間ほど滞在したが、ペンシル
    バニア大学やブルックリン市立病院(ニューヨーク州)などか
    ら、「年額40万円の研究費のほかに、年額4万円の報酬を支
    給する」という、とてつもないオファーがあったが、北里は断
    固として拒否した。

     北里はすでにドイツで研究していた頃に、ケンブリッジ大学
    から、細菌学研究所を設置するのでその所長として来て欲しい、
    との要請を受けていたが、断っている。断りの返事に彼はこう
    書いている。

         (明治天皇から)帰朝の上、我が帝国臣民の民の概病
        (結核)に罹るものを療せよとの恩命あり。生(自分)は
        目下他事を顧みずこの研究に従事し、明年帰朝の上は、我
        が学び得たるところの術をもって我が同胞の疾苦を救い、
        聖恩(天皇の御めぐみ)の万分の一に酬い奉らんとの微志
        に候。[1,p28]

■2.「医の真道」■

     北里柴三郎は明治維新の15年前、嘉永5(1853)年、肥後の
    国(熊本県)阿蘇に生まれた。北里家は清和源氏の流れを汲む
    武家であり、柴三郎は幼少の頃から「自分は由緒正しい武家の
    血を引いているのだから、立派な武士となって祖先の名を顕揚
    しよう」と決意していた。

     明治2(1869)年、17歳にして入寮した熊本の藩校・時習館
    は、廃藩置県を前にして、廃止されてしまった。やむなく、開
    明的な藩主だった細川護久が設立した「熊本医学校」に入学し、
    御雇い外人であるオランダの軍医ゲオルゲ・ファン・マンスフェ
    ルトから医学を学んだ。しかし、北里は内心では軍人か政治家
    になりたいと思っていた。

     ある日の実習で、柴三郎は顕微鏡で拡大した身体の組織を見
    て、言うに言われぬほどの感激を覚えた。柴三郎は、この時初
    めて「医学もまた学ぶに値するかもしれない」と思った。

     明治8(1875)年には東京医学校に入学。後の東京大学医学科
    である。十数名の仲間を誘って、「同盟社」と称するクラブを
    結成し、政治、外交、軍事などの演説会を開いた。北里は「医
    学道」と題した演説でこう述べている。

         古人言う、医は仁の術なり、また言う大医は国を治(ち)
        すと。

         医の真道は天下の蒼生(そうせい、人民)をして各(お
        のおの)その健康を保ち、その職に安んじ、その業を務め
        しめ、もって国家を興起富強ならしむるにあり。

     明治16(1883)年に医学士として卒業した北里は、内務省衛
    生局に入った。医学の政治、国を医する衛生事業を司ることこ
    そ、自分の素志に近い、と考えたからである。

■3.「私は世界的な学者になるつもりで勉強している」■

     明治18(1885)年、ドイツ留学の辞令を内務省から受けて、
    北里はベルリン大学の衛生学主任教授ロベルト・コッホを訪れ
    た。コッホは炭疽菌、結核菌、コレラ菌などを発見して、これ
    らの細菌が伝染病の病原である事をつきとめた人物である。

     下宿と教室の間の道よりほかには知らないほど、研究に打ち
    込む北里の姿にコッホは注目した。北里は内務省に次のように
    書き送っている。

         日本では開国してまだ日が浅く、何一つとして欧米文明
        諸国と肩を並べられるものがない。世界的に評価されてい
        る学者もいない。だから私は世界的な学者になるつもりで
        勉強している。[1,p13]

     こうした努力の成果、北里は世界的な水準の論文を次々と発
    表していった。その中でも画期的だったのは、破傷風菌の純粋
    培養に成功した事であった。当時の代表的な細菌学者たちが何
    年研究しても成功せず、サジを投げていた難題を北里は解決し
    て見せ、学界を驚かせた。北里は破傷風菌が酸素があると活動
    が悪くなる「嫌気性菌」であることを発見し、無酸素状態を作
    る「北里式亀の子コルベン」という器具を考案して、培養に成
    功したのだった。

■4.血清療法の開発■

     さらに北里を「世界的な学者」と認めさせたのは、伝染病予
    防の特効薬とも言うべき血清療法を開発したことである。

     北里は破傷風という病気は、菌そのものではなく、菌が作り
    出す毒素によって起こること、その毒素を少量づつ動物に反復
    注射すると免疫が出来て、致死量以上の毒素注射にも耐えるよ
    うになる事をつきつめた。そして、その血清(血液の上澄み部
    分)中に毒素を無害化する物質が出来ていることを発見し、こ
    れを「破傷風抗毒素」と名づけた。この抗毒素を含む血清を別
    の健康な動物に注射すると、破傷風菌に感染しても発病しなかっ
    た。コッホは次のように語っている。

         そのころは未だ伝染病に対する原因療法は一つもなかっ
        たのであるが、実に北里の研究によって血清療法が創始さ
        れたのである。当時自分のもとでベーリングがジフテリア
        の免疫について研究していたが、つねに北里の破傷風の研
        究に導かれて漸次進められた。・・・・これは、破傷風の
        研究が近世の治療医学で一新紀元をなしたものと認められ
        る所以である。[1,p24]

     コッホは北里を助手として、結核の治療薬「ツベルクリン」
    を開発したことを発表。そのニュースは世界を駆けめぐり、そ
    れによって、北里の名も知られるようになった。パリで「日本
    の大学者北里来る」として迎えられたのは、この為である。

     なお、コッホの発言にあるベーリングは、当時ヨーロッパで
    大流行していたジフテリアに対して、化学薬剤による殺菌療法
    を研究していたが、北里の免疫血清療法に導かれて、共同研究
    を行った。ベーリングは「血清療法、特にジフテリアに対する
    血清治療の研究」を理由として、第一回のノーベル生理学医学
    賞を受賞しているが、コッホの言葉を信じれば、北里こそノー
    ベル賞にふさわしい業績を残した、という事もできる。

     なお、北里が血清療法を発見した留学最後の一年は、明治天
    皇からの特別の恩賜金によって延長されたものであった。
    「(明治天皇から)帰朝の上、我が帝国臣民の民の概病(結核)
    に罹るものを療せよとの恩命あり」という言葉はこの事を指す。
    ケンブリッジ大学やペンシルバニア大学からいくら札束を積ま
    れても、北里の報国の志は動かなかったのである。

■5.日本最初の伝染病研究所■

     ドイツ留学を終え、フランス、イギリス、アメリカを経て、
    明治25(1892)年5月に帰朝した北里を追うように、ドイツ皇
    帝ウィルヘルムから託されたメッセージが陸奥宗光外務大臣か
    ら、明治天皇に伝えられた。

         陛下の臣民北里柴三郎は、久しくわがドイツ帝国にあっ
        て伝染病の研究に尽し、医学の発展に貢献してきました。
        このような人物をわがドイツ帝国において養成できました
        ことはこの上ない喜びであり、また、日本の陛下の臣民よ
        りこの人物を出したことは陛下のお考えに適うところにち
        がいなく、心より祝意を呈する次第であります。[1,p61]

     帰朝後の北里は、大車輪で「陛下のお考え」に適う活動を始
    める。その第一は、コッホにならって、日本にも伝染病研究所
    を設立することであった。日本には日本特有の伝染病があり、
    その予防・治療の研究は、国家的要請であった。

     しかし、次年度に予算を申請しても、設立は2年後になって
    しまう。この時、乗り出したのが福沢諭吉であった。

         すぐれた学者を擁しながらこれを無為に置くのは、国家
        の恥ではないか。つまらん俗論にこだわってはいけない。
        この際、資金を集めてから仕事にかかるよりは、まず仕事
        を始め、それから方策を立てたらいい、私から行動を起こ
        そう。[1,p65]

     と言って、福沢は土地を提供し、2階建て6室の建物を建て
    てくれた。福沢の友人・森村市左衛門が研究設備や機器の購入
    代金を寄付した。内務省は北里を技師に任命し、この研究所で
    自由に研究することを許可した[a]。こうして日本最初の伝染
    病研究所は民間の力によってスタートしたのである。やがてこ
    の研究所は、コッホ研究所、パスツール研究所と並んで、世界
    3大研究所の一つと称されるようになっていく。

■6.血清療法の事業展開■

     伝染病研究所は、研究部門だけでなく、伝染病患者の治療部
    門、地方各府県の衛生担当者を対象にした講習会部門、そして
    免疫血清の製造部門があった。

     製造部門で生産したジフテリアの免疫血清を、治療部門に入
    院した患者353人に注射してみると、実に90パーセント以
    上の治癒率をあげた。

     明治28年はコレラが流行し、5万5千人が罹病して、うち
    4万人が死亡した。死亡率73パーセントである。北里は自ら
    開発したコレラ用血清を193人の患者に施した所、死亡率を
    33パーセントに抑えることができた。

     このような特効薬を独占販売すれば、莫大な利益を上げるこ
    とができるが、政府は民間の業者が粗製濫造することを憂慮し、
    北里に官業にしたいと申し入れた。北里は、国民国家の利益に
    なる以上、快くこれを国家に献上することは本懐だとして、申
    し入れに応じた。

     明治29(1896)年10月、国立の「血清薬院」が事業を開始
    したので、北里はただちに研究所での血清製造を中止し、その
    設備一切を献納した。さらに血清の製造技術にもっとも習熟し
    ていた高弟・高木友枝をその院長として派遣し、自らも顧問を
    引き受けた。

     ちなみに、免疫血清療法の共同研究者で、ノーベル賞を受賞
    したベーリングは製薬会社から権利料を受け取っていたという。

■7.ペストと赤痢の病原菌発見■

     伝染病研究所所長として国全体の衛生事業を展開しながらも、
    北里は研究面においても、ペスト、および赤痢の病原菌の発見
    という世界医学史上にのこる偉業を成し遂げた。

     明治27(1894)年3月に、香港でペストが流行し、数百人の
    死者が出た。北里は政府の命令で、帝国大学医科大学教授・青
    山胤道らとともに、香港に渡り、患者のリンパ腺などから試料
    を採集して、ペスト菌を発見した。しかし、青山はペストに罹
    り、重態に陥ってしまった。

     心配した福沢諭吉は、「北里は日本の宝だから絶対に死なし
    てはならん。早く呼び戻してくれ」と政府にかけあって、帰国
    させた。北里は明治天皇から「旭日中綬賞」を賜り、幸いにも
    全治して帰国した青山とともに、千名を超す名士による帰国歓
    迎会が開催された。

     もう一つの赤痢菌の発見は、明治29(1896)年12月に帝国
    医科大学を卒業し、伝染病研究所に入所した志賀潔によってな
    された。この頃、赤痢が大流行し、明治26(1893)年には罹災
    者16万7千人、死者4万1千人もの被害が生じていた。

     志賀は北里から細菌学の手ほどきを受けた後、その指導のも
    とで、赤痢菌の発見を目指した。そして明治30年12月、
    「赤痢菌病原菌報告」と題する最初の、そして世界医学史上画
    期的な論文を発表した。志賀自身はこう語っている。

         私は大学を出たばかりの若僧だったから、先生の共同研
        究者というよりも、むしろ研究助手というのが本当であっ
        た。しかるに研究が予期以上の成果をあげて論文を発表す
        るに当り、先生はただ前書きを書かれただけで、私一人の
        名前で書くように言われた。普通ならば当然連名で発表さ
        れるところである。・・・発見の手柄を若僧の助手一人に
        ゆずって恬然(てんぜん)としておられた先生を、私はま
        ことに有り難きものと思うのである。[1,p88]

■8.「大医は国を治(ち)す」■

     北里の志は、あくまで国民の健康を保って、その業を務めし
    め、もって国家を興起富強ならしむる所にあった。それに比べ
    れば、自分一身の名声などはどうでも良いことであったろう。
    ノーベル賞を逃したのも、こんな姿勢の故ではないか。

     志賀と並んで、北里が育てた医学界の巨人が野口英世である。
    野口は明治31(1898)年4月に、「細菌学を研究したいので、
    どうしても入所したい」と頼み込み、図書係兼見習い助手とし
    て採用された。野口は医術開業試験に合格した正式の医師であっ
    たが、ほとんど学歴がなかったので、正式所員としては採用で
    きなかったのである。野口は一年後正式の助手となり、研究所
    を視察したアメリカのジョン・ホプキンス大学のサイモン・フ
    レキシナー教授の通訳をした縁で、翌々年に渡米し、世界的な
    業績を上げるのである。

     北里は、その後、福沢への報恩を兼ねて慶応大学医学部の創
    設を行い、さらに北里研究所・日本医師会・日本結核予防協会
    の設立、伝染病予防法の制定、恩賜財団・済生会初代病院院長
    としての救療済民事業などに尽力した。わが国の近代的な公衆
    衛生の確立において、北里柴三郎の貢献は計り知れない。

     北里は昭和6(1931)年6月、78歳にして逝去した。20代
    で立てた「大医は国を治(ち)す」との志そのままに生きた人
    生であった。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(440) 海外貿易の志士、森村市左衛門
    ノリタケ、TOTO、日本碍子、日本特殊陶業、INAXを
   生んだ凛乎たる精神。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 砂川幸男「北里柴三郎の生涯」★★★、NTT出版、H15


 

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.