[トップページ][平成18年一覧][人物探訪][210.69 世界の中の大日本帝国]

■■ Japan On the Globe(474)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

  人物探訪: 加藤友三郎 〜 ワシントン軍縮会議・全権代表
    
             「アドミラル・カトーは、ワシントン会議において
               日本が表明した名誉ある協調的精神の責任者」
■転送歓迎■ H18.12.03 ■ 35,050 Copies ■ 2,310,074 Views■


■1.ワシントンのホテル・ショーハムにて■

     ワシントンの瀟洒なホテル・ショーハムの3階の部屋で、海
    軍大臣・大将、加藤友三郎は瞑目していた。1921(大正10)
    年11月11日、ワシントン軍縮会議が始まる前日であった。

     テーブル上に広げられたワシントン・ポスト紙には、
    "Japanese Prime Minister Assassinated"(日本の首相暗殺さ
    れる)と、大礼服姿の原敬首相の写真とともに報じていた。

     10月15日、出発の際の歓送会で、原首相が「加藤さん、
    軍縮のことは頼みますぞ」と手を握ったそのぬくもりを加藤は
    覚えていた。それからわずか3週間後の11月4日に、原は凶
    漢に短刀で刺殺されたのである。

     加藤は海軍大臣として戦艦・巡洋艦各8隻からなる「八・八
    艦隊」建設の中心的な推進者であったが、その予算提出の際に
    原首相は加藤の意見をよく聞いてくれた。そして閣議が一転し
    て、軍縮に転ずるときも、軍拡よりも財政の均衡を考える時期
    であるという点で、二人の意見は一致していた。

     その原の遺志を継いで、加藤は、明日からのワシントン軍縮
    会議では、随員中の増強派、加藤寛治・海軍中将や末次信正
    ・大佐を抑えて、軍縮の成果を上げねばならぬと心に誓った。

■2.軍拡競争から軍縮へ■

     八・八艦隊建設は、日露戦争後から海軍の宿願となっていた。
    ハワイ、フィリピンと西に勢力を伸ばしてくるアメリカ[a]と
    の将来起こりうるかもしれない決戦への備えとして、どうして
    も実現しなければならない課題であった。

     そのアメリカは戦艦16隻の大艦隊を1924年までに揃える計
    画を進めていた。太平洋に覇を唱え、中国に進出するには、日
    本よりも5割以上優勢な海軍力を保持することが必要だと、ア
    メリカは考えていた。しかし、アメリカの国力を持ってしても、
    16隻の戦艦を建造することは容易ではなく、1921年に至って
    も、まだ1隻が完成したのみであった。

     一方、イギリスは第一次大戦には勝ったが、国内は疲弊して
    いた。米日の建艦競争を横目に見るのみで、新型戦艦の建造も
    ままならなかった。このままでは世界一流の海軍国の座を失っ
    てしまうと焦っていた。

     英首相ロイド・ジョージは、列国同時の軍縮を考えたが、自
    ら主唱するのは大英帝国のプライドが許さないので、アメリカ
    を巻き込んで主催国にするよう根回しをした。アメリカの方も、
    戦艦16隻の大計画を持てあましていた所であり、軍縮によっ
    て日本の海軍力を6割程度に縛っておければ、労せずして太平
    洋に覇を唱えることができると、賛同した。

     英米からの軍縮会議の提案に、日本政府も賛成した。日本と
    しても八・八艦隊の建設に国家予算の3割近くを費やしており、
    国民の負担を軽減するためにも、仮想敵国のアメリカから軍縮
    を持ちかけられたら、断る理由はなかった。

■3.アメリカの爆弾提案■

     1921(大正10)年11月12日、ワシントン軍縮会議が、
    ホワイト・ハウス近隣のコンチネンタル・メモリアル・ホール
    で開会された。

     米大統領・ハーディングの開会挨拶の後、議長のチャールズ
    ・ヒューズ国務長官が突然、軍縮の具体案を含む爆弾演説を行っ
    て、各代表の度肝を抜いた。ヒューズは、艦名までを具体的に
    挙げて米英日の主力艦の廃棄量と保有量を次のように提案した。

                廃棄                    保有
        米 30隻85万トン        18隻50万トン
        英 23隻58万トン        22隻60万トン
        日 17隻45万トン        10隻30万トン

     さらに協定成立後10年間は建艦休止とするが、艦齢20年
    に達した老朽艦は代艦建造を認めるものの、その排水量は3万
    5千トン以下とすること。

     廃棄総量190万トン近くの史上空前の大軍縮案であった。
    しかも数字だけ見ると、いかにも米英の廃棄量が多いように見
    える。しかし、英の廃棄量には紙上計画に過ぎない戦艦4隻
    17万トンは「すでに経費を支出した」として含んでいながら、
    日本の計画中の8隻は建造に未着手として、廃棄量には含まれ
    ていなかった。

     さらに、すでに進水した「陸奥」と建造中の6隻の合計7隻
    が廃棄とされていた。特に陸奥は、すでに進水していた長門と
    並んで、40センチ砲を積む超弩級戦艦で、当時、世界でこれ
    に対抗しうるのは、アメリカの「メリーランド」ただ一隻であっ
    た。また、代艦を3万5千トン以下としたのも、パナマ運河を
    通れる最大の大きさであり、5万トンの巨艦を計画していた日
    本に対する牽制であった。

     公正かつ史上空前の大軍縮に見せかけながら、自らに有利に
    事を運ぼうという、いかにもアングロサクソンらしい、したた
    かな提案であった。

■4.「日本は主義において喜んで米国の提案に賛成します」■

     その夜、加藤は、寛次と末次を自室に呼んで、相談をした。
    二人は「これでは、太平洋の防備には自信が持てません」「ど
    うしても対米7割は確保すべきです」と語気鋭く、加藤に詰め
    寄った。

     加藤は、外人記者達が「アドミラル(提督)・ポーカーフェ
    イス」とあだ名をつけた、能面のような細面に冷ややかな微笑
    を浮かべて言った。

         まあ待て。国際会議というものは、初めから手の内を見
        せるものではあるまい。アメリカもカードを全部開いて見
        せたような顔をしているが、アングロサクソンのことだか
        ら、どのような切り札を残しているか知れたものではない。

     2日あけて、15日に第2回会議が開かれた。英全権で外交
    界の長老アーサー・バルフォアは、白髪の長身で貫禄を示しな
    がら、無条件受諾を明言した。米提案はイギリスにも有利なよ
    うに仕組んであり、両国で日本を押さえつけようというもので
    あった。

     バルフォアの後に、加藤が立った。ホールを埋めた聴衆は、
    加藤の細面をひしと見つめた。「日本は主義において喜んで米
    国の提案に賛成します」と加藤がまず述べると、満場が総立ち
    になり、一斉に拍手が湧いた。加藤はポーカーフェイスで続け
    た。

         ただし、国家がその安全を保障するのに必要な軍備を維
        持すべき事は、一般に容認されているところである。

     そして、調査の上、追って修正案を提出するが、この問題は
    海軍専門家の特別審議に付すべき、と提案した。会場は再びざ
    わめいた。

     米英が「平和のために」と推す軍縮案に、日本が躊躇を示し
    ては世界に信を失うことになる。そこで「主義において」受諾
    して日本の平和的姿勢を示した上で、細目は専門家で議論を煮
    詰めよう、という、いかにも老練な姿勢であった。

■5.「対米7割は日本防衛の絶対に譲れぬ最低線である」■

     翌16日、海軍の専門家による委員会が開かれた。議長は第
    2次大戦時に大統領を努めるフランクリン・ルーズベルト海軍
    次官、日本代表は艦隊増強派のホープ・加藤寛治中将であった。

     寛治は対米7割を強硬に主張して、議長のルーズベルトと激
    しくやりあった。そして「対米7割は日本防衛の絶対に譲れぬ
    最低線である。これが獲得できぬ限り、日本は会議を脱退して
    帰国する」と発言して、他国の代表たちを驚かせた。

     これを聞きつけた内外の記者たちが、加藤友三郎のもとに押
    しかけてきたので、加藤は「いや、それは加藤君の個人的見解
    とみてもらいたい。全権団としては、脱退帰国などは全然考え
    ていない」と、相変わらずのポーカーフェイスでその場を取り
    繕った。

■6.激怒とポーカーフェイス■

     しかし、その夜、加藤は寛治を自室に呼んで、ポーカーフェ
    イスをかなぐり捨てて、怒鳴りつけた。

         君はこの全権団の任務を何と心得ているのか。こんなこ
        とで日本が会議を脱退したら日本は会議分裂の国際的責任
        を負わされることは必定である。平和を乱す軍国主義者と
        いう汚名をこうむるかも知れないのだ。・・・

         今後こういうことがあったら、君だけ帰国を命ずる。専
        断の行為に対しては処罰の道を考えるから、そう思え!

     寛治は打ちしおれて「申しわけありませんでした」と謝罪し
    た。寛治が海軍兵学校の生徒であったとき、加藤はその教官と
    いう立場にあった。日本海海戦の際には、加藤は連合艦隊参謀
    長であったが、寛治はまだ少佐であった。寛治は将来の連合艦
    隊司令長官と目される艦隊増強派のホープであったが、彼を抑
    えうるほとんど唯一の人物が加藤であった。

     もっとも、この激怒の裏にももう一つのポーカーフェイスが
    あったのかも知れない。国内の増強派のリーダーを国際交渉の
    矢面に立たせて、言いたいことを言わせた上でないと、対米6
    割の収まりがつかないと考えていたようだ。

     そして、記者団に対しても、「加藤中将が7割を主張してい
    るのは、戦術上の根拠にもとづくものである。全権としては、
    今少し論議を尽くしてから結論を出したい」と公言し、曖昧な
    態度を取り続けた。

■7.「アドミラル・カトー > ヒューズ+バルフォア」■

     寛治の対米7割に「戦術上の根拠」があることは、ルーズベ
    ルトをはじめとする米海軍作戦部がそれに強く反対していた事
    からも窺える。仮に日米決戦が勃発した際、米海軍は3割を大
    西洋に残し、7割を太平洋側に投入したとしよう。その米艦隊
    が日本近海にたどり着くまでには、日本の潜水艦や水雷戦隊に
    より6割に漸減しているだろう。そこで日本の7割と戦ったの
    では、米艦隊は小笠原諸島付近で壊滅してしまう。ぜひとも日
    本を6割に抑え込んでおく必要があった。

     6割か7割かの議論は、専門委員会では決着がつかず、いよ
    いよ12月2日から全権どうしによる本会議が始まった。米側
    は頑として6割の主張を変えず、加藤も寛治の調査したデータ
    をあげて反駁につとめ、会議はデッドロックに乗り上げた。

     この頃は加藤もすっかり議場に慣れて、ポーカーフェイスに
    貫禄がつき、米人記者たちも、「アドミラル・カトー > ヒュ
    ーズ+バルフォア」といった数式で、加藤の存在感を表現した。

     米側も必死である。もし軍縮会議が決裂したら、招集した米
    国の面子は丸つぶれとなる。ヒューズ国務長官やルーズベルト
    海軍次官ら、当局者のキャリアにもキズがつく。

     そこを狙い撃つように、加藤はこう切り出した。

        1.日本は6割をも考慮する用意があるが、米国側に戦意
            無しという保障がなければ、6割で国民を承服させる
            ことは難しい。フィリピンやグアムを要塞化し、大海
            軍根拠地を構えるようでは、日本から見れば容易なら
            ぬ脅威である。これらの海軍根拠地たる防備をやめて
            貰いたい。

        2.陸奥は98パーセントまで出来上がっているのだから、
            既成艦として認めて貰いたい。

     ヒューズとバルフォアの面に安堵の色が浮かんだ。加藤の要
    求をベースとした史上空前の大軍縮の主要部分が、12月15
    日にコンチネンタル・ホールで公表された。

■8.東郷の笑み■

     加藤が帰国したのは、翌大正11(1922)年3月10日のこと
    であった。おりしも帝国議会が開催中であり、加藤は早速答弁
    に立たねばならなかった。その慌ただしい中で、海軍首脳によ
    る歓迎慰労会が開かれた。

     加藤はまっさきに東郷平八郎に挨拶をした。随員であった末
    次信正は、興味深くその様子を眺めていた。軍備増強派のシン
    ボルで、対米強硬論者といわれる東郷が、対米6割では不満ら
    しい、という噂が流れていたからである。

     しかし、東郷はにこやかに笑みを浮かべ、「いや、加藤どん、
    ご苦労でごわした。おはん、ようやってくれよりもした」と厚
    くねぎらった。末次はがっかりした。

     日本海海戦で、東郷が連合艦隊司令長官を務めた時、加藤は
    参謀長であった。砲戦が始まって以降の艦隊指揮は、ほとんど
    加藤が独断でとったと言われるほど、東郷の信頼を得ていた。

     加藤はワシントン会議に出発する前に、密かに東郷と会い、
    「英米との協調を崩さず、いかようにしてもこの会議をまとめ
    る」との内諾を得ていたのである。さらに会議中にも電文で、
    「6割やむなし」という中間報告もしていた。軍備増強派が東
    郷をかついで「対米6割」に反対しようという動きを、加藤は
    あらかじめ封じていたのである。

■9.「加藤があと10年長生きしていたら」■

     この年の6月12日、加藤は原の急死の後を継いだ高橋是清
    首相が総辞職をした後、総理大臣に就任した。ジャパン・アド
    バタイザー紙は、こう好意的に報じた。

         今日世界の眼に映ずるアドミラル・カトーは、ワシント
        ン会議において日本が表明した名誉ある協調的精神の責任
        者として際だっている。従って今日本が彼を起用して政府
        の首班たらしめることは、とりも直さず、ワシントン条約
        の字句、精神二つながら、これを実施せんとする日本の誠
        意を最も雄弁に裏書きするものということができる。

     加藤の在任期間は、大正12年8月に大腸ガンで死去するま
    でのわずか、1年2ヶ月あまりであったが、その間に、ワシン
    トン会議で約束したシベリアからの撤兵を断行し、また海軍軍
    縮と同時に陸軍5万6千人の人員削減を実現させた。

     加藤があと10年長生きしていたら、その後の5・15事件、
    満洲事変、2・26事件という大東亜戦争への道もまったく異
    なっていたであろうと指摘する人は少なくない。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(014) Remember: アメリカ西進の軌跡
    アメリカは、自らが非白人劣等民族の領土を植民地化するこ
   とによって、文明をもたらすことを神から与えられた「明白な
   る天意」と称した。 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 豊田穣『蒼茫の海―海軍提督 加藤友三郎の生涯』★★、
   集英社文庫、H1
 

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.