[トップページ] [210.75 大東亜戦争]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■

          マダガスカルの英霊が後押しした愛知万博

                                                    伊勢雅臣
■ No.1059 ■ H17.11.14 ■ 8,138 部 ■■■■■■■■■■■■

     成功裏に終わった愛知万博。その開催の決定には、アフリカ
    大陸の東南方、インド洋の島国マダガスカルで戦死した帝国海
    軍の英霊が後押しをしていた。

     昭和17年5月31日、大東亜戦争の緒戦、日本海軍の特殊
    潜航艇がオーストラリアのシドニー港とマダガスカルのディゴ
    アレス湾に攻撃を仕掛けた。ディゴアレス湾では4勇士の乗り
    込む2隻の潜行艇がイギリス海軍艦船のうち、戦艦1隻、タン
    カー1隻を沈めるという大きな戦果を上げた。

     これに対してはイギリスの首相チャーチルが、ノーベル文
    学賞を受けた「第2次大戦」の中で、「日本海軍軍人は祖国の
    ために献身し、類いまれなる功績をたてた」と賞賛している。

    JOG(153) 海ゆかば〜慰霊が開く思いやりの心
     慰霊とは、死者のなした自己犠牲という最高の思いやりを生
    者が受け止め、継承する儀式である。 

     元駐マダガスカル大使の山口洋一氏は著書『マダガスカル』
    (サイマル出版会)に次のように書いている。

         ラベザウナ神父は、日本が独自の伝統文化を保持しつつ
        近代化を進め、ロシアとの戦いに勝つほどの発展をとげた
        非白人国家であることに注目し1913年に『日本と日本
        人』という本を著した。この本は(伊勢注:フランスの植
        民地下で)抗仏地下運動に携わっていた当時の独立運動の
        志士たちの間で熱心に回し読みされ、マダガスカルが将来
        目指すべき手本として、日本に向けて彼らの熱い視線が注
        がれるようになった。第二次世界大戦が勃発するや、マダ
        ガスカルの人の間では、日本帝国海軍がやってきて、自分
        たちを植民地支配から解放してくれるのではないかとの噂
        がひそかに囁かれた。そして、実際に帝国海軍の特殊潜行
        艇2艇がディエゴスアレス湾に侵攻した。

     以来、マダガスカル国民は、日本に尊敬と信頼を寄せてきた。
    「マダガスカルに眠る特殊潜行艇を守る会」幹事の松浦光利氏
    は、こう語っている。

         8年前の平成9年、万博開催場所が決定される直前。世
        界の立候補地は、それぞれ猛烈な誘致運動を展開し、上位
        はカナダ(トロント)と日本(愛知県)が有望とされ、投
        票では二十数票の大差でカナダが勝つと言われていた。

         投票の行われる二ヶ月前の5月31日、マダガスカル共
        和国の北端のディエゴスアレス湾を見下ろす高台で、日本
        海軍特殊潜行艇四勇士(秋枝中佐、竹本少尉、岩瀬大尉、
        高田兵曹長)の慰霊碑建立除幕式が日・マ両国の官民多数
        出席の上、盛大に挙行された(主催=マダガスカルに眠る
        特殊潜行艇を守る会、吹田幌会長)。55年前の同日(昭
        和17年5月31日)湾内に在泊していたイギリス艦隊を
        攻撃し、大戦果を挙げ戦死・行方不明となった四勇士の慰
        霊碑である。

         除幕式には、総理大臣 TANTEY ANDRIANRIVO 氏の夫人が
        出席。夫人は、祖国のために一命を捧げた四人の勇士と、
        それを讃えた立派な式典に感激し、出席中の渡辺俊夫日本
        大使と吹田会長に深甚の謝意を述べた。そしてご主人の総
        理に報告し日本に対する協力(万博含む)を推進すること
        を約束された。

         当時、マダガスカルはアフリカ統一機構(OAU53カ
        国=現AU)の議長国であった。総理は早速、参加国に呼
        びかけ日本への投票を推進。投票の結果、二十数票の大差
        でカナダを逆転し、日本(愛知)での万博開催が決定した。
        カナダに投票される予定であったアフリカ諸国の票が日本
        に投じられたのだ。

     今も祖国を守る英霊に感謝したい。

        海陸のいづへを知らず姿なきあまたのみ霊国護るらむ
        (皇后陛下御歌・平成8年終戦記念日)

        参考:「マダガスカルを感動せしめた特殊潜行艇」
               『日本の息吹』平成17年7月号
               日本会議 http://www.nipponkaigi.org/

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.