[トップページ][201.751 大東亜戦争:開戦への罠]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■

            ブッシュ大統領の「ヤルタ合意」批判

                                   伊勢雅臣のちょっと佳い話
■ No.1088 ■ H18.01.30 ■ 8,250 部 ■■■■■■■■■■■■

     ブッシュ大統領は昨年5月7日、ラトビアでの演説で「ヤル
    タ合意」を「史上最大の過ちの一つ」だと強く非難した。戦後
    の国際秩序の原則を否定したブッシュの発言は大きな反響を巻
    き起こした。

    「ヤルタ合意」とは、第二次世界大戦後の国際秩序の枠組みと
    して、1945年2月、ルーズベルト、スターリン、チャーチ
    ルという米英ソ三カ国首脳によるヤルタ会談で決定された。戦
    勝国(米英仏ソ中)が国際連合安全保障理事会常任理事国とし
    て君臨し、ドイツや日本は「敗戦国」として徹底的に弱体化す
    る。この原則に基づいた戦後の国際秩序は別名「ヤルタ体制」
    とも呼ばれる。

     このヤルタ会談では、ルーズベルトが提唱した「国際連合構
    想」にソ連が同意する見返りとしてポーランドやバルト三国な
    どをソ連の勢力圏と認めることや、ソ連の対日参戦と引き換え
    に南樺太など北方の領土を与えることなども合意された。

     アメリカがかつてソ連との冷戦を戦い、いままた共産主義中
    国や北朝鮮との交渉に苦労しなければならないのも、もとはと
    言えばソ連を国際秩序のパートナーとみなし、社会主義イデオ
    ロギーを黙認したルーズベルト民主党政権のせいだ、というの
    が、共和党を中心とする米保守派の歴史観である。

     保守派の論客フィリス・シェラフリー女史は「ありがとう、
    ブッシュ大統領。ヤルタ合意というルーズベルトの悲劇的な間
    違いに対して謝罪を行い、誤った歴史観を是正してくれて」と
    語った。

     米国の保守派の歴史観では、ルーズベルトが日本を挑発して、
    開戦に追い込んだ、という見方すらある[a]。先の大戦をどう
    見るか、についての、歴史観はまだ決着していないのである。
    (参考: 「日本の息吹」、日本会議、H17.06
    

a. JOG(096) ルーズベルトの愚行
    対独参戦のために、米国を日本との戦争に巻き込んだ。

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.