Japan on the Globe  国際派日本人養成講座  〜平成21年〜

629 国柄探訪: 新幹線を創ったサムライたち  世界初の高速鉄道は、無数のサムライ達の 献身的な努力で実現した。 628 地球史探訪: 中国の「天皇工作」 「日本を取り込むためには、天皇を取り込め」 が中国の対日外交戦略だった。 627 Common Sense: 学校の先生が国を救う(下)〜 志の継承 日教組に対して不屈の戦いを続ける校長の姿に、その志を継ぐ先生が現れた。
626 Common Sense: 学校の先生が国を救う(上)〜 校長の孤独な戦い 日教組教員による国旗・国歌への執拗な反対運動に校長は追い詰められていった。 625 Media Watch: 『NHK特集 シルクロード』の裏側 史上最悪の危険な被爆地に、毎年数万人規模の日本人観光客が訪れている。 624 国柄探訪: 天皇への道(下)〜 皇太子をお護りした人々 皇太子は、なんとしても皇室をお護りしよう人々の思いを受けとめながら、成長されていった。
623 国柄探訪: 天皇への道(上) 〜 11歳の御覚悟  終戦の玉音放送に、殿下は「つぎの世を背負って 新日本建設に進まなければ」と決意された。 622 The Globe Now: 太陽エネルギー文明と「日の本」の国  今、生まれようとしている太陽エネルギー文明 を先導する使命が「日の本」の国にある。 621 人物探訪: 中島知久平 〜 「航空立国」の志 富強な白人帝国主義国から日本を護るには、世界一の航空戦力を持つしかない。
620 Media Watch: 捏造と独占 〜新聞業界の病理 新聞業界の独占構造が捏造報道の温床となっている。 619 国柄探訪: 武家の娘(下)〜 アメリカに生きる 武家の娘は、西洋も東洋も人情に変わりはない ことを知った。 618 国柄探訪: 武家の娘(上) 〜 千年の老樹の根から若桜 武家という「千年の老樹」に生まれ育った娘は、 若桜として異国の地に花を咲かせようとしていた。
617 「日本」ブランドを売る広報外交 国際社会では各国がそれぞれの「国家」ブランドを戦略的に売り込んでいる。  616 人物探訪: 求道者イチローの原動力 前人未踏の道を行くイチローを駆り立てているものは何か。 615 国柄探訪: 武士道 〜 先人からの贈り物 国家の危機に際して、「日本人よ、武士道を忘れるな」と李登輝・元台湾総統は説く。
614 Common Sense: 世界に拡がる寺子屋教育 〜 The Kumon Way それは近代化・民主化を図る発展途上国への我が国のご先祖様からの贈り物である。 613 Common Sense: 英国流保守主義に学ぶ 今後の日本の目指すべき道を考えるには、ご先祖様の知恵を拝借すべき。  612 人物探訪: 横井小楠 〜 明治維新の設計者 西洋列強が押し寄せる国難に際して、小楠は無私の心」による国内団結を唱えた。
611 Common Sense: バラマキ政治から脱却する時 「公約は膏薬(こうやく)。貼り替えれば効き目が出る」とは、小沢一郎の口癖だった。 610 国柄探訪: 回天の志 「戦友たちは何のために自分の命を捧げたのかを、是非とも今の若者に理解してほしい」 609 Media Watch: NHKに巣くう報道テロリスト NHK番組『JAPANデビュー』は、意図的な捏造報道で、日台友好関係の破壊を狙った。
608 地球史探訪: 幕末の国際ビジネスマンたち 彼らは国際貿易で倒幕と明治維新の資金を作った。 607 Common Sense: 日教組、教育界の「北朝鮮」 少数派が権力握って、一般教員の自由な志を踏みにじる構造は、かの国と同じである。 606 人物探訪: 嶋野榮道師 〜 ニューヨークの禅僧 「大事なのは、彼らと一緒に座ること、共に食事をとること、共に行動することだと気づいたのです」。
605 国柄探訪: 自由は日本の政治伝統 国民の自由を守る政治的伝統が、我が国の経済と文化を育ててきた。 604 The Globe Now: 農業大国ニッポンへの道 日本は美味しく安価なコメの輸出大国になれる。 603 国柄探訪: 武士が作った国民国家 〜 『新編 新しい歴史教科書』を読む 武士は、日本の独立を守るために、自らの階級を消滅させて、近代国民国家を作った。
602 国柄探訪: 外国人の見た「大いなる和の国」 「私たちは日本にくると、全体が一つの大きな家族のような場所に来たと感じるの」 601 Common Sense: 「ワタミの介護」の挑戦 老人ホームの入居者は不満、事業者は赤字、国の負担大、という「三方一両損」からの脱却を目指して。 600 人物探訪: 二宮金次郎と「積小為大」  二宮金次郎の農村復興事業が、日本人の勤勉な国民性を形成した。
599 人物探訪: 世界を駆ける「中小企業のおやじ」 〜スズキ会長・鈴木修 「心と心が通い合うことが重要だ」と、インドの国民車を育てた「中小企業のおやじ」は語る。 598 地球史探訪: 日本・スリランカ友好小史 日本とスリランカの間には、互いに助け合った長い友好の歴史がある。 597 Media Watch: 自虐的経済報道が日本の元気を萎えさせる 政治や歴史と同様、経済においても自虐的・悲観的報道が、国民の自信と希望を失わせている。
596 The Globe Now: 国づくりのリーダーたち 一国が繁栄するか、貧困と搾取に沈むのかは、公に尽くすリーダーがどれだけいるかで決まる。 595 Common Sense: 「利権社会主義」脱却こそ日本復活の道 角栄流「利権社会主義」と「土建屋国家」化が、高度成長の急停止と財政破綻を招いた。 594 国柄探訪:神宮の気迫、東宮の気概(下)〜 二つの奇跡 高度成長とは、日本人の「気」が原動力になった20世紀の奇跡であった。
593 国柄探訪: 神宮の気迫、東宮の気概(上)〜学習院大学野球部の死闘 その戦いぶりは、奇跡の高度成長を実現した当時の日本人の気迫を象徴している。 592 国柄探訪:「よき人、孔子」と日本人〜子供と語リ合う 「よき生き方」我々の先人は何代にもわたって、『論語』を通じて「よき生き方」とは何か、を考えてきた。 591 国柄探訪:台湾人と日本人が共に生きた日々 台湾に残る日本統治時代の遺産を辿る。
590 Common Sense:国際社会は戦場だ! 国際社会は、国家という運命共同体がぶつかり合う戦場だ。 589 球史探訪: ラスト・エンペラーと「偽」満洲国 日本は最後の清国皇帝を傀儡として、「偽」満洲国をでっちあげたのか? 588 人物探訪: オペラ歌手・中丸三千繪の挑戦  「イタリアの伝統と様式美を21世紀の世界に伝えてくれ」と審査員たちは言った。
587 Media Watch: TBSの懲りない面々 なぜ偏向報道・捏造報道が繰り返されるのか? 586 人物探訪: 「私設文部省」野間清治 講談社設立者・野間清治は「面白くて為になる」物語で子供たちの心に成長のための栄養を与えた。 585 The Globe Now: 進化する日本的経営 日本企業は終身雇用制を武器に、バブル崩壊後も力強い進化を続けてきた。
584 人物探訪: 日本武尊 〜「安国(やすくに)」への道 日本武尊は大君から「服(まつろ)わぬ者共を言(こと)向け和(やわ)せ」と命ぜられた。 583 人物探訪: C・W ニコル 〜 誇り高き日本人として  「私は、これからも誇り高き日本人として精いっぱい生きていきたいと思っている」 582 Common Sense: 愛国心で経済再生 消費者と企業が、その消費と生産にささやかな愛国心を込めれば、日本経済は再生する。
581 国柄探訪: 国民の幸を願われ20年 両陛下は180回のご巡幸で全都道府県514市町村を訪問され、770万人の奉迎を受けられた。 580 Media Watch: 言論封じる「空気の支配」 「日本はいい国だったと言ったら解任された」田母神俊雄・前航空幕僚長 579 国柄探訪: 日本文明のエネルギー 人類史に巨大な足跡を残してきた日本文明の活力、創造力はどこから来たのか?

jogbd_h20/index.html 最終更新日: 2009/01/12
Copyright 2002 [伊勢雅臣]. All rights reserved.