[トップページ] [平成10年上期一覧][国柄探訪][210.761 戦後:占領下の戦い]
         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (34)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成10年4月25日 2,412部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/        国柄探訪: 敗者の尊厳		
_/_/   
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/      1.海外を驚かせた敗戦直後の日本
_/_/      2.ドイツの敗戦
_/_/      3.日本の敗戦
_/_/      4.何を守ろうとしたのか?
_/_/      5.身はいかならむとも
_/_/      6.驕らず屈せず
_/_/      
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.海外を驚かせた敗戦直後の日本■

     「日本破れたりとはいへ、その国民性は決して軽視すること
    ができぬ。例へば日本国民の皇室に対する忠誠、敗戦後におけ
    る威武不屈、秩序整然たる態度はわが国の範とするに足る」  
    (中華民国国民政府・王世杰外交部長)[1,p54]

     滞京二週間の印象としてまづあげられることは日本国民がこ
    の僅か二週間の間にも最初の衝撃から段々に醒めて雄々しくも
    着々復興の準備にとりかゝりつゝあるといふことである。日本
    に着くまでは「浪人」や右翼の連中が相当うるさいことだらう
    と想像してゐたが実際来て見て全国民が余りにも冷静なのに驚
    いた。(AP通信社東京支配人ラッセル・ブラインズ氏)[1,p41]

 敗戦直後の日本は、世界にこのような驚きを与えていた。国家存
亡の危機に発揮されたこの「国民性」とはどのようなものであった
か、同じ敗戦国ドイツと比較しつつ、史実をたどってみたい。

■2.ドイツの敗戦■
 
     「ドイツ国民がいつかもう強くもなく、自らの生存のために
    血を流すほど献身的でもなくなれば、滅びてもっと強い国に抹
    殺されるがよい」

     この恐ろしい言葉が彼(ヒットラー)の本心だったのはドイ
    ツの敗戦が近づくにつれて明らかとなり、彼は断固として降伏
    を拒否して傷ついたドイツ陸軍を勝ち目のない戦いにかり立て
    た。[2,p326]

 降伏するためには、ヒットラーを暗殺する以外になかったが、ラ
イプチヒ市長だったゴードラー、および、ロンメル将軍によるそれ
ぞれの暗殺計画はいずれも成功しなかった。

 1945年5月には、ドイツの全領土は連合軍に蹂躙されていた。ヒ 
ットラーは自殺し、政府要人はすべて自殺、逃亡、あるいは、捕虜
となり、まったくの無政府状態に陥った。

 わずかにデーニッツ提督がヒットラー総統の後継者として、降伏
条件に署名したが、これは軍に関する降伏だけで、国家としての降
伏ではなかった。しかも提督は降伏直後、捕えられて、以後、後継
者と称するものはいなかった。

 戦後のニュールンベルグ裁判では、ゲーリング、ローゼンベルグ、
リッペントロップ、ヘス、カイテル、カルテンプルンナーら、指導
者達は、「総統の催眠術にかけられていた」などと、ヒトラーにす
べての罪をかぶせようとした。後にイスラエルの法廷で裁かれたア
イヒマンも「総統の命令に従っただけ」と述べている。

■3.日本の敗戦■
 
     当時日本本土には陸軍二百二十五万三千、海軍百二十五万、
    計三百五十万余の兵力が依然として温存されていた。また陸海
    軍を合せて一万六十機の保有航空機のうち、少くとも六千機以
    上は特攻作戦に使用可能と考えられていた。・・・
     海軍こそ戦闘可能の戦艦は皆無で、空母二隻、巡洋艦三隻、
    駆逐艦三十隻、潜水艦五十隻という劣勢に追い詰められていた
    が、この温存兵力の無言の圧力は無視することができない。[1,p16]

 ドイツは交渉の余力もなく壊滅したが、連合国はこの「無言の圧  
力」を考慮して、ポツダム宣言において条件を示して降伏勧告を
行い、日本政府はさらに、「天皇の国家統治の大権を変更するの要
求を包含し居らざることの了解の下に」という条件付きで受諾する
事を宣言した。これを受け取ったアメリカ側では敗戦国とは思えぬ
堂々たる対応と迫力に打たれたという。[2,p334]

     今日ドイツが有する唯一の「政府」は聯合国にこれを仰ぐほ
    かなく、ドイツ人みづから政府を構成する許可が与へられるま
    ではこの状態が続くであらう、しかし日本は全体としては今後
    も占領されることになつてをらず(編者注:占領は一部の地点
    のみで、全土ではない)、これはドイツと比較して真に大きな
    差異である。日本には政府喪失といふ事態がないばかりか、強
    大且つ活溌な政府を有してゐる。聯合国はこの政府に対して命
    令を発することは出来ても、聯合国みづから日本を支配するこ
    とはないであらう。(NBC放送、R.G.スウィング氏)
    [1,p20]

■4.何を守ろうとしたのか?■

 さて日本政府がぎりぎりの条件として提示した「天皇の国家統治
の大権」という条項で、日本政府は具体的には何を守ろうとしたの
か?

 東京裁判で裁かれた東条英機は、次のような証言を行っている。

     国政に関する事柄は、必ず右手続で成立した内閣、及び統帥
    部の輔弼輔翼によって行われるのであります。これらの助言に
    よらずして、陛下が独自の考えで国政または統帥に関する行動
    を遊ばされることはありませぬ。この点は旧憲法にもその明文
    があります。・・・
    それ故に一九四一年(昭和十六年)十二月一日開戦の決定の責任
    も、また内閣閣員及び統帥部の者の責任でありまして、絶対的
    に陛下の御責任ではありません。[2,p337]

 開戦の決定は、自分たち内閣の責任だと言う。東条は自らの生命
を抛って、天皇を戦犯として起訴することの非を訴えたのである。

 占領軍司令官マッカーサーも、東条と同様に、天皇を守ろうとす
る国民の無言の気迫を感じていたのであろう。「天皇を戦犯にするよ
うなことがあれば20個師団100万の軍隊と数十万の民政要員が
必要だ」と述べている。[2,p338]

■5.身はいかならむとも■

 一方、昭和天皇はどのように、この困難な時期に対処されたのか。
マッカーサーは、昭和20年9月27日の昭和天皇との最初の会談
を次のように語っている。

     どんな態度で、陛下が私に会われるかと好奇心をもって御出
    会いしました。しかるに実に驚きました。陛下は、まず戦争責
    任の問題を自ら持ち出され、つぎのようにおっしゃいました。 
    これには実にびっくりさせられました。

     すなわち「私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、
    また事件にも全責任をとります。また私は、日本の名において
    なされた、すべての軍事指揮官、軍人および政治家の行為に対
    しても直接に責任を負います。自分自身の運命について貴下の
    判断が如何様のものであろうとも、それは自分には問題でない。 
    構わずに総ての事を進めていただきたい。私は全責任を負いま
    す」

     これが陛下のお言葉でした。私は、これを聞いて、興奮の余
    り、陛下にキスしようとした位です。もし国の罪をあがのうこ
    とが出来れば進んで絞首台に上ることを申出るという、この日
    本の元首に対する占領軍の司令官としての私の尊敬の念は、そ
    の後ますます高まるばかりでした。

     陛下は御自身に対して、いまだかつて恩恵を私に要請した事
    はありませんでした。とともに決して、その尊厳を傷つけた行
    為に出たこともありませんでした。[3]

 昭和天皇のお言葉は、終戦時の次のお歌と照応している。

  爆撃にたふれゆく民のうへをおもひいくさとめけり身はいかな
  らむとも
  身はいかになるともいくさとどめけりただたふれゆく民を思ひ
  て

■6.驕らず屈せず■

 戦争は避けられるなら避けた方が良い。またひとたび、開戦とな
ったら、負けない方が良い。しかし負けたらお終いで、勝者がすべ
て正しく、敗者がすべて悪かったとという事ではない。敗戦に処し
て、昭和天皇も、東条英機も、そして多くの国民も、自らの生命を
投げ出しても、守ろうとした「なにもの」かがあった。

 その姿勢において示される敗者の尊厳によって、勝者の尊敬を受
けることもある。一国を国際社会の中で、存在感あるものにするの
は、こうした自尊自立の精神である。決して国の大きさや経済力、
武力、戦争の勝ち負けといった物理的な要因だけではない。

 これを敷衍すれば、戦後の日本経済の奇跡的な成功に勝者として
驕ってはならず、また第二の敗戦とも呼ばれる現在の経済危機にお
いても、敗者として卑屈になる必要はない。勝者はその勝利によっ
てどのような価値を追求するのか、また敗者は敗戦に処して、本当
に守るべき価値は何なのか、を問うべきである。

 敗戦当時に、昭和天皇と国民が示された「敗者の威厳」は、今後
の日本の取るべき道を考える上でも、重要な指針を示唆している。

[参考]
1. 「忘れたことと忘れさせられたこと」、江藤淳、文春文庫、H8
2. 「敗者の戦後」、入江隆則、徳間文庫、H10
3. 読売新聞、S30.9.14朝刊、「新編宮中見聞録」、木下道雄、
 日本教文社、H10

© 1998 [伊勢雅臣]. All rights reserved.