[トップページ] [平成12年一覧][人物探訪][113 人生観][234 ドイツ・中欧]


-----Japan On the Globe(169)  国際派日本人養成講座----------
          _/_/   
          _/    人物探訪:欧州合衆国案の母・クーデンホフ光子
       _/_/      
_/ _/_/_/      欧州連合の原案を提唱したカレルギー伯爵は、
_/ _/_/      日本人として誇りを抱く光子に生み、育てられた。
-----H12.12.16  31,133部------------------------------------

■1.欧州合衆国の理想■

     ウィーンの街は、王宮、市庁舎、オペラ座、シュテーファン
    大寺院、そしてやや郊外にあるシェーンブルン宮殿と、重厚か
    つ壮麗な建築物に富み、650年も続いたハプスブルグ王朝の
    盛時を今も偲ばせる。
    
     19世紀にはオーストリア・ハンガリー二重帝国として12
    もの多民族を抱えていたが、民族独立の風潮の中で、1914年、
    皇太子フランツ=フェルディナンドがセルビアの一青年に暗殺
    されたことを契機に、ヨーロッパ全体を巻き込む第一次大戦と
    なった。

     死傷者3千5百万人もの犠牲を出して大戦は1918年に終わっ
    たが、このような悲惨な戦争を二度と起こさないためには、欧
    州の諸民族が平等に結束して、一つの共同体となる以外にない
    ・・・第一次大戦後にそう主張して、今日のEU(ヨーロッパ
    連合)の起源となる案を提唱した人物が、オーストリアに現れ
    た。リヒャルト・クーデンホフ・カレルギー伯爵である。この
    リヒャルトを生み、育てた母親は日本人で、光子という。

■2.ハインリッヒと光子■

     明治25(1892)年2月29日、オーストリア・ハンガリー帝
    国の代理公使として、青年貴族ハインリッヒ・クーデンホフ・
    カレルギーが来日した。クーデンホフ・カレルギー家はハプス
    ブルグ王家に近い名家であり、現在のチェコに広大な所領を持
    つ大貴族であった。
    
     その世継ハインリッヒは華麗な軍人生活を送っていたが、愛
    好するショーペンハウエルの影響で仏教の研究をしたいと思い、
    日本に来ることを熱望していたのである。
    
     来日早々、牛込の坂を馬で登っていた所、乗馬が路上の氷に
    足を滑らせて横転し、ハインリッヒもしたたかに体をうった。
    それを目撃した青山光子は臆する所無く、家の者を呼んで救護
    し、医者に手当をさせた。
    
     かいがいしく看護する光子の姿は、ハインリッヒの心を打ち、
    感謝の意も含めてオーストリア公使館に勤めてはくれないか、
    と頼むと、すぐに応諾した。出会って半月もたたない3月16
    日に二人は結婚届けを出している。まさに運命的な出会いであ
    った。

■3.外交官夫人■

     当時は人種差別が公然と行われていた時代である。日本は極
    東の未開な一小国として見られていた。光子はそんな日本の、
    しかも平民の出身である。ハインリッヒは、東京・横浜に居留
    する全ヨーロッパ人に次のような宣言を伝えた。
    
         もし、わが妻に対して、ヨーロッパ女性に対すると同等
        の取り扱い以外を示す者には、何人を問わず、ピストルに
        よる決闘をいどむ。
        
     これに関して、ベルギー公使のダヌタン男爵は、次のように
    日記に記している。
    
         決闘は一回も行われなかった。だれも彼も、この新しい
        オーストリアの外交官夫人により、彼女の優美と作法によ
        り、魅了された。外交団全体が彼女に対して尊敬の念を示
        した。
        
     結婚の翌年には長男ハンス、翌々年には次男リヒャルトが生
    まれた。

■4.日本人の誇りを忘れないように■

     明治29(1896)年、ハインリッヒは足かけ5年に及ぶ日本滞
    在を終え、帰国した。その年の正月に二人は宮中参賀に招かれ
    ている。光子が母国日本を去る前に、せめて最上の光栄の思い
    出を作ってやろうという思い遣りもあったのであろう。光子は
    皇后陛下から次のようなお言葉を賜った。
    
         遠い異国に住もうとなれば、いろいろ楽しいこともあろ
        うが又随分と悲しいことつらいこともあろう。しかしどん
        な場合にも日本人の誇りを忘れないように---。宮廷衣装
        は裳を踏んで転んだりすることがあるから気をつけたが宣
        い。
        
     二人は、現在はチェコに属するボヘミア地方の広大な領地の
    丘にそびえる古城ロンスペルグに落ち着いた。ハインリッヒは
    ちょうど父が亡くなり、一族の長となったので、外交官生活か
    ら退き、大地主として領地の管理に専念することにした。

     一族の親類知己は、東洋の未開国から連れられてきたアジア
    人女性に冷たい目を向けた。小姑たちは光子の着こなしや立ち
    居振る舞いという末梢的なことでチクリチクリとあてこすった
    りしたので、光子はつらさのあまり何度も日本に逃げ帰ろうと
    思った。
    
     そのような時に、光子を励ましたのが「日本人の誇りを忘れ
    ないように」という皇后陛下のお言葉だった。そして「裳を踏
    んで転んだりすることのないように」という一見些末な注意が、
    貴族社会で生きていく上で、いかに大切なことか、身にしみて
    分かった。
    
■5.女学生の生活■

     ある日、子供が教科書を開いて自習している時に、「お母様、
    これは何でしたっけ」と光子に聞いたが、日本で尋常小学校し
    か出てない光子には答えられない。光子は、はっと思った。
    「これではいけない」 ヨーロッパ人の母なら当然心得ている
    事を、自分が知らないのでは、日本女性の名折れである。
    
     そこで光子が考えたのは、自分も家庭教師について、子供よ
    り先に勉強しておき、子供から何を聞かれても答えられるよう
    にしておく、ということであった。さらに周囲に馬鹿にされな
    いための語学や教養も必要だ。次男のリヒャルトは、自伝でこ
    う回想している。
    
         母は一家の主婦としてよりも、むしろ女学生の生活を送
        っていて、算術、読み方、書き方、ドイツ語、英語、フラ
        ンス語、歴史、および地理を学んでいた。その外に、母は
        ヨーロッパ風に座し、食事をとり、洋服を着て、ヨーロッ
        パ風に立ち居振る舞いすることを学ばなければならなかっ
        た。
    
     睡眠時間を削ってまで、立派な母親となるために勉強に打ち
    込む光子の姿は、子どもたちの心に深い影響を与えたようだ。
    後にこのリヒャルトは、ヨーロッパ合衆国の実現に向けて、終
    生たゆみない研究と運動を続けていくことになる。

■6.これからは自分でいたします■

     1906年、夫ハインリッヒが急死した。わずか14年の夫婦生
    活であった。異国に一人残された光子は、今まで二人で築いて
    きた世界が足もとから崩れ去っていくような気がした。
    
     しかし、悲しみに浸っているひまはなかった。ハインリッヒ
    は遺書で、長子ヨハンをロンスペルグ城の継承者とする他は、
    いっさいの財産を光子に贈り、子どもたちの後見も光子に託さ
    れるべし、と書き残していたのである。
    
     広大な領土と厖大な財産の管理を、未開国から来た一女性に
    任せておけるはずもない、と家族親戚は驚愕狼狽した。しかし、
    光子はそんな周囲に断固として言い切った。「これからは自分
    でいたします。どうぞよろしくご指導願います」
    
     日本女性がこのような任につくには不適当であると、裁判ま
    で起こされが、光子は自ら弁護士を雇い、時間はかかったが、
    訴えを退けた。
    
     光子は、法律や簿記、農業経営の勉強もして、領地財産の管
    理を自ら立派にこなしていった。さらに亡夫の精神に沿って、
    立派なヨーロッパ貴族として子どもたちを育てようと、育児に
    も打ち込んだ。長男ハンスは13歳、次男リヒャルトは12歳。
    子どもたちが成年に達するまでは、日本に帰ることをあきらめ
    よう、と光子は決心した。

     表面はけなげな伯爵未亡人として、領地の管理や育児に忙し
    い毎日を送っていたが、望郷の念はやむことはなかった。時折
    日本の着物を着て、何時間も鏡の前に座っている時が、最も美
    しく見えた、とリヒャルトは回顧している。また正座して毛筆
    で巻紙に両親宛の手紙を書くことが唯一の楽しみで、毎週一通
    は出していた。
    
        年老ひて髪は真白くなりつれど今なほ思ふなつかしのふる
        さと
        
     老年になってからの和歌である。「私が死んだ時は、日本の
    国旗で包んでもらいたい」と口癖のように言っていたという。

■7.オーストリアの愛国者として■

     1914年、第一次大戦の勃発に、光子は胸をさし貫かれる思い
    をした。日本は日英同盟から英国に加担し、極東でのドイツ軍
    と戦端を開いたが、オーストリア・ハンガリー帝国とは戦うべ
    き理由もなく、友好関係を維持したいと願っていたのだが、国
    交断絶を言い渡された。
    
     両国間で実際の干戈を交えることこそなかったものの、開戦
    当時はヒステリックな反日感情が沸き上がった。ウィーンにい
    た外交官や留学生などもみな国外退去して、光子はこの広大な
    帝国にただ一人残る日本人となってしまった。
    
     日露戦争の時は、オーストリア・ハンガリー帝国はロシアに
    威圧されていたので、日本の連戦連勝に国中がわき上がり、仲
    間の貴族や領民が次々と光子のもとにお祝いにかけつけたのだ
    が、今度は敵国となってしまったのである。
    
     光子は長男と三男を戦線に送り、自らは3人の娘を連れて、
    赤十字に奉仕した。光子らの甲斐甲斐しい看護ぶりに、人々は
    好感を抱いた。
    
     さらに領地の農民を指揮して、森林を切り開き、畑にして大
    量の馬鈴薯を実らせた。光子は収穫した馬鈴薯を、借り切った
    貨車に詰め込んで、男装して自ら監督しつつ、国境の戦線にま
    で運ばせた。
    
     前線でロシア軍に苦戦していたオーストリア軍の兵士達は食
    糧難に悩まされていたが、「生き身の女神さまのご来臨だ」
    と、塹壕の中で銃を置いて、光子を拝んだ。馬鈴薯作りは終戦
    まで続き、周囲の飢えた民を救うのにも役だった。

■8.名誉と義務と美しさ■

     大戦後、「民族独立」のスローガンの中で、オーストリア・
    ハンガリー帝国からは、ハンガリー、チェコスロバキア、ユー
    ゴスラビアなどが新国家として独立し、ポーランドやルーマニ
    アにも領土割譲されて、解体の憂き目にあった。
    
     大戦で疲弊した上に、28もの国家がアメリカの2/3ほど
    の面積でひしめき合い、民族対立の火種を抱えたままでは、い
    ずれヨーロッパに第二の大戦が起こり、世界平和をかき乱す禍
    の元となってしまう。
    
     ウィーン大学を卒業していた次男リヒャルトはこう考えて、
    1923年、著書「パン・ヨーロッパ」を発表した。ヨーロッパの
    28の民主主義国家が、アメリカのような一つの連邦国家とし
    てまとまるべきだ、という大胆な提案だった。
    
     リヒャルトの理想に、人々は、分析を特徴とする西洋思想に
    対して、総合・統一という東洋的考え方を感じ取った。そして
    その著者の母は日本人であるという驚くべき事実が伝えられて
    くると、さまざまな新聞が光子に新しい名称を贈った。曰く、
    「欧州連合案の母」、「欧州合衆国案の母」、「パン・ヨーロ
    ッパの母」、、、

     リヒャルトの生涯をかけたた理想と運動は、その後もヨーロ
    ッパの政治思想に大きな影響を与え、第2次大戦後のヨーロッ
    パ石炭鉄鋼共同体(ECSC)、ヨーロッパ経済共同体(EE
    C)、そして現在のヨーロッパ連合(EU)と着実に発展を遂
    げつつある。
    
     1941年8月28日、光子は卒中発作で、突然、しかし静かに
    亡くなった。母国を離れて45年目であった。リヒャルトは母
    についてこう述べている。
    
         彼女の生涯を決定した要素は3つの理想、すなわち、名
        誉と義務と美しさであった。ミツ(光子)は自分に課され
        た運命を、最初から終わりまで、誇りをもって、品位を保
        ちつつ、かつ優しい心で甘受していたのである。
        
■リンク■
a. JOG(069) 平和の架け橋
   他者との間に橋をかけるためには、「根っこ」と「翼」を持た
  ねばならない。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 「クーデンホフ光子伝」★★★、木村毅、鹿島出版会、S51.2

© 平成12年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.