[トップページ][平成15年一覧][Common Sense][371.6 乳幼児教育][400 自然科学]

________Japan On the Globe(275)  国際派日本人養成講座_______
          _/_/   
          _/     Common Sense:イチロー少年の育て方
       _/_/      
_/ _/_/_/         現代の脳科学が明らかにする、やる気のある子
_/ _/_/          の育て方、教育荒廃の防ぎ方。
_______H15.01.12_____39,630 Copies_____685,864 Views________

■1.僕の夢■

     ある小学校6年生の男の子が、次のような作文を書いた。
    
         僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
        
         そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなけれ
        ばなりません。活躍できるようになるためには練習が必要
        です。僕は三才の時から練習を始めています。三才から七
        才では半年くらいやっていましたが、三年生の時から今ま
        では三百六十五日中三百六十日は激しい練習をやっていま
        す。

         だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。
        そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手に
        なると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、
        西武ライオンズです。ドラフト一位で契約金は一億円以上
        が目標です。僕が自信のあるのは投手か打撃です。

         去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。そして、ほ
        とんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選
        手と確信でき、打撃では県大会四試合のうちホームラン三
        本を打てました。そして、全体を通した打率は五割八分三
        厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そ
        して、僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。だ
        から、この調子でこれからもがんばります。そして、僕が
        一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世
        話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一
        つです。とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。
        
     少年の夢は実現し、日本のプロ野球どころか大リーグでも屈
    指の一流プレーヤーとなった。イチロー選手である。

■2.狼少女カマラ■

         その8歳くらいの少女は四つ足で歩き、床の上に置いた
        皿に顔をよせてミルクを舌を使って呑んだ。言葉はしゃべ
        れず、夜になると狼のように遠吠えをした・・・。
        
     1920年にインドで発見されたカマラは、生まれてから8歳く
    らいまで狼によって育てられた。宣教師だったシングという牧
    師に発見されて手厚く看護されたのだが、9年後に亡くなるま
    でほとんど言葉も話せず、「人間らしさ」も発達させ得なかっ
    た。推定17歳でも「3,4歳の幼児並み」と記されているほ
    ど、知性も人間性も未発達のまま亡くなってしまったのだ。た
    だし、すべてが未発達だったわけではない。暗闇でも目が見え
    た。
    
     カマラまでいかなくとも最近の日本では、教室の中を奇声を
    あげて走り回ったり、すぐにキレて暴力をふるったり、雑踏の
    中で人の迷惑も考えずにジベタリアンしたりする、まさに動物
    のような子供が増えている。
    
     天才イチローから狼少女カマラまで、同じ人間でなぜこれほ
    どの違いがでるのか。その秘密は幼年期の脳教育にある事を現
    代の脳科学は明らかにしつつある。

■3.幼少期の大脳の驚くべき変容■

     脳の基本的な構成要素は、神経細胞(ニューロン)である。
    そのニューロンどうしが、樹木状の突起をいくつも出して、そ
    れらの接点(シナプス)で化学物質のやりとりして、情報を伝
    える。コンピュータに例えれば、神経細胞が演算装置で、それ
    らが相互にネットワークで繋がれた並列コンピュータと言って
    もよいだろう。
    
     人間の知性を司る大脳皮質の中には、ニューロンが140億
    個ほどある。そして幼少期にこの大脳皮質が驚くべき変容を遂
    げる。赤ん坊が持って生まれた膨大なニューロンが、生後1年
    以内に大量に死滅して1/6ほどになってしまうのだ。そして
    その後もニューロンは新たに作られる事なく、緩やかに減り続
    ける。
    
     生き残ったニューロンは、樹木状の突起を豊かに発達させ、
    他のニューロンとの間に多くのネットワークを作っていく。
    生まれてから6歳の頃までに、ネットワークの接点数は1.6
    倍ほどになり、その後、緩やかに減っていく。ニューロンを大
    量に作っておいて誕生後の環境で使われないものは死滅してい
    き、よく使われるニューロンはネットワークを発達させていく
    のである。
    
     たとえば赤ん坊の眼に様々な映像が飛び込んでくるが、その
    過程で視覚入力を受け取る脳の領域のニューロンが使われ、ネ
    ットワークが伸びて視覚能力が発達していく。不幸にも幼児白
    内障にかかって視覚入力が閉ざされると、それに関連したニュ
    ーロンが死滅してしまって、その後で白内障が治っても、生涯
    にわたってものがよく見えない。
    
     逆にアフリカのサバンナに住むマサイ族は、幼少期から遠方
    を見慣れているので、視覚能力が発達し、視力2などはザラで、
    5も多い。視力とは眼球の物理的性能だけでなく、脳の働きも
    大きいのである。カマラが暗闇でもモノが見えたというのは、
    このためだろう。またイチローも小さい頃からバッティングセ
    ンターで150キロものスピードボールを打っていたというか
    ら、それによって動態視力を高度に発達させたと考えられる。
    
■4.「幼年期の延長」■

     こうした脳の劇的な変容に輪をかけるのが、人間に特徴的な
    「幼年期の延長」(ネオテニー)である。人間は生まれた段階
    ではサルよりもはるかに未熟であり、幼年期、少年期が、ほか
    の類人猿に比べると、1.5倍から2倍も長い。
    
     幼年期は外界の刺激を受けつつ、脳がニューロンの大量死滅
    やネットワークの発達で、大きな変容を遂げる時期である。
    「幼年期の延長」によって、その変容が長期間続くことで、ヒ
    トの脳はサルなどよりもはるかに柔軟に、かつ高度に発達する。
    
     逆に言えば、サルは相当成熟してから生まれてくるので、生
    後の環境による個体差は小さいが、ヒトは生まれた後の幼児期
    に環境によって、大きく能力を伸ばしたり、逆に伸ばせなかっ
    たり、という振れ幅が極めて大きい、ということになる。人間
    だからこそカマラからイチローまでの違いが生じるわけで、サ
    ルならこれほどの個体差は生じないのである。

■5.子守歌、語りかけ、高い高い、、、■

     カマラになるか、イチローになるか、その違いは幼年期の環
    境にある。もちろん遺伝的要因も30〜60%程度あるので、
    誰でもがイチローになれるわけではないが、環境が悪ければ誰
    でもカマラになってしまう。したがって子供を立派に育てるに
    は、幼年期の環境が非常に大切である。
    
     言語能力を伸ばすには、幼児期に母国語にさらされる、とい
    う環境が不可欠だ。それも、単にラジオのニュースを流すとい
    う一方通行ではなく、母親が意識的に幼児に語りかけたり、カ
    タコトをしゃべりだしたら、よく聞いて相手になってやる、と
    いう双方向の環境が効果的である。
    
     音楽的能力についても、ゼロ歳児の頃から良質な音楽を絶え
    ず聞かせると良い。聞かせる音楽はクラシックがよく、特にモ
    ーツアルトを聞かせるだけで、知能指数が10ポイントも伸び
    る、というデータがあるそうだ。また母親が子守歌を聞かせる
    ことで、音痴になりにくくなることが分かっている。

     論理・数学的知能を伸ばすには、積み木をいじりながら、立
    体物を作らせるのがよい。また運動能力を伸ばすには、「高い
    高い」と身体を持ち上げたり、逆さまにしたり、適度に振り回
    したりすることが効果的だ。自分で歩けるようになったら、裸
    足で公園を走り回らせたりして、自由に運動させる。
    
     こうして見ると、母親がいつも幼児と一緒にいて、語りかけ
    たり、子守歌を聞かせたり、「高い高い」をしたり、積み木で
    一緒に遊んだり、公園で「あんよは上手」とヨチヨチ歩きをさ
    せたり、という「当たり前の環境」が、子供をきちんと育てる
    ためにいかに大切なことか、分かってくる。我々が一人前の大
    人になれるのは、幼児期の母親の愛情のおかげなのである。

■6.「群れ不適応」■

     視覚や運動に関する能力は、脳の機能の中でも基礎的なもの
    で、4歳ぐらいまでに完成する。読み書き、論理的思考などは
    8歳から12歳頃までには形成される。
    
     能力の中でもさらに高度なものに、他の人々との社会関係を
    理解し、適切な社会的行動を行う「社会的知性」や、他者の感
    情を理解し、自分の感情を適切にコントロールする「感情的知
    性」がある。これらも遅くとも12歳くらいまでに、家族や遊
    び仲間の中で鍛えなければならない。
    
     たとえば、サルを生まれた直後に母親から隔離して1年ほど
    人間の手で人工保育をし、その後、群れに戻す。すると、大抵
    の場合、そのサルは群れでうまく生活ができなくなり、同年配
    の子ザルからいじめられたり、オトナから攻撃されたりする。
    
     こうした「群れ不適応」は生涯続き、オトナになっても適切
    な配偶行動をとることができない。このようなサルが死んだ後
    に脳を調べると、社会的知性や感情的知性をつかさどる前頭連
    合野という脳の領域でのニューロンが激減している。
    
     面白いことに2歳以上になったサルに対して、同様の隔離を
    しても、戻した当初は多少の障害はあらわれるものの、その後
    は群れに適応できるようになる。サルの2歳は、人間の8歳に
    相当する。
    
     8歳までに、家族の中で親、兄弟、親類などとの様々な関係
    を形成し、また近隣の年長・年少の入り混じった「ガキ集団」
    の中で遊んだり、喧嘩したりする、という経験の過程で、子供
    の社会的知性や感情的知性が豊かに発達し、大人になってから
    社会で活躍するための基礎能力を作っていくのである。

■7.「人間らしさ」を作る「自我」の働き■

     人間の能力には、基礎的な知覚、運動などから、高度な感情
    的知性、社会的知性にいたるまで、さまざまなものがあるが、
    これらをすべて統御しているのが「自我」である。自我は自分
    の物理的、精神的状態を「自己認識」し、さらに目的に向かっ
    てさまざまな能力を駆使していく「自己制御」という役割を果
    たす。
    
     イチロー少年が将来一流のプロ野球選手になろうと練習に励
    むのは、この「自我」の働きである。それは次のようにまとめ
    られる。
    
    ・将来を展望して、夢を抱き、それを実現するための計画をた
      てる。
    ・夢の実現のために自発的、主体的に行動し、特定の行動に集
      中・熱中し、その過程で創造力を発揮する。
    ・集中・熱中している時に幸福感を感じ、目標を実現した時に
      達成感を感じる。

     このような自我の働きこそ、サルとヒトとを分かつ「人間ら
    しさ」なのである。イチローから見習うべきは、このような
    「人間らしさ」を最高度に発揮したという点であろう。野球選
    手としての天才は、生まれながらの遺伝的才能を、この「人間
    らしさ」が開花させた結果なのである。
    
     特に「御世話になった人に招待券を配って応援してもらう」
    事を夢に描くなどは、素晴らしい社会的知性の証である。全国
    の小学生が、それぞれ自分の目指す分野で、イチロー少年のよ
    うな「人間らしさ」を発揮したら、どれほど素晴らしい社会と
    なることか。これが教育の目指すべき「夢」であろう。

■8.脳科学が説明する「教育の荒廃」■

     しかし、現実にはイチローのような少年はごく例外的で、
    「教育の荒廃」現象がわが国を覆っている。その原因も脳科学
    で説明可能のようだ。
    
     たとえば「ADHD(注意欠損多動症)」と呼ばれる子供の
    精神疾患がある。注意が極端に散漫で何事にも集中できず、授
    業中でもじっと座っていられないで歩き回ったり騒いだりする。
    これは自我や感情的知性、社会的知性を受け持つ前頭連合野で
    の機能不全を伴っている。その発生のメカニズムはまだ分かっ
    ていないが、遺伝的要因とともに、環境要因が複雑にからまり
    あっている、と言われている。
    
     ADHDまで行かなくとも、「ADHD的」な子どもが増え
    ているのではないか。たとえば、集団の中でうまくやっていけ
    ない「引きこもり」、自分の感情をコントロールできずにすぐ
    にキレる「校内暴力、家庭内暴力」、自ら夢を描いたり、それ
    に向かって主体的な努力のできない「無気力・無感動・無関
    心」、車内で平気でお化粧したり、騒ぎ廻ったりする「無神
    経」、、、。
    
■9.伝統的教育の脳科学的根拠■

     これらの症状は、自我、感情的理性、社会的理性の発育不全
    であると説明されると、納得しうる。発育不全の理由としては、
    少子化や核家族化、都市化に伴う野原や広場の喪失などがあげ
    られるが、「フェミニズム」や「ゆとり教育」など科学的根拠
    のないイデオロギーも、この傾向を助長していると考えられる。
    
     女性の社会進出を支援するのは大切だが、だからといって数
    十万年にわたって人類の進化を支えてきた幼児教育における母
    性の大切さを根拠もなく否定することは、非科学的かつ犯罪的
    だ。前述のように母親が常に赤ん坊とに一緒にいて、語りかけ
    たり、子守歌を聴かせたり、一緒に遊んでやることは、健全な
    脳の発育のために不可欠なのである。
    
     母親が外で働かなくてはならない場合も多いが、一人の「保
    育士」が何人もの幼児を見る保育園だけでは不十分だろう。お
    祖母さんなど周囲の大人が十分に赤ちゃんの相手をしてやって
    欲しいものだ。
    
     また家庭内で秩序を作り、社会の規範とルールを教え込むと
    いう「父性」の役割も社会的知性、感情的知性を健全に育むた
    めに必要である。中学や高校になってから生徒たちに規範やル
    ールを自ら考えさせようという「学級民主主義」では間に合わ
    ない。
    
     また特に小学校低学年に「ゆとり教育」を適用することは、
    肝心のニューロン間のネットワークを未発達のままにしておく
    ことで、子供の知的能力に生涯取り返しのつかないダメージを
    与えてしまう。最近、子供に暗算や暗唱をさせることで驚くべ
    き教育効果を出している教育方法が注目されているが、それも
    脳科学の理論から首肯できる。[a]
    
     母親の愛情、父親の厳しさ、「読み書き算盤」といった伝統
    的な育児・教育環境に潜んでいた合理性を現代の脳科学は明ら
    かにしつつあるのである。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(230) 「ゆとり教育」が奪う「生きる力」
    長文暗唱にいきいきと取り組む子供たちの姿は「生きる力」が
   どこから来るか示している。
b. JOG(177)  一周遅れのフェミニズム
    最近の脳科学が発見した男女脳の違いからフェミニズムを見て
   みると、、、

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 澤口俊之、「幼児教育と脳」★★★、文春新書、H11
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「イチロー少年の育て方」について

                                  眞穂子ちゃん(小4)より
     こんどのイチロ−の話、とてもよかったです。私は今杉山愛
    や松岡しゅうぞうもでたテニスクラブに通っています。ウィン
    タ−キャンプのヘッドコ−チはフェルナンデスという有名な選
    手だった人です。このクラブが家からすぐ近くにあるので私は
    幸せです。4年生なのに中級クラスに入れました。中級では一
    番小さいです。将来はテニスの選手になりたいのでアカデミ−
    生に入るのが第一の目標です。イチロ−の話から努力とあきら
    めないことが大切だと思いました。とてもうれしかったです。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     小学校4年生からの嬉しいお便りでした。イチローのような
    天才的選手には誰でもなれるとは限りませんが、イチロー少年
    のように、一つの目標に向かって、活き活きと取り組む事は、
    誰にでもできるでしょう。

© 平成15年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.