[トップページ][平成15年一覧][The Globe Now][222.0136 中国:社会][360 社会]

■■ Japan On the Globe(292) ■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

           The Globe Now: AIDSとSARSの温床

         AIDSでもSARSでも中国政府は虚偽の過少報告
        により、甚大な被害を招いた。
■■■■ H15.05.11 ■■ 38,179 Copies ■■ 807,786 Views ■■

■1.人災だったSARS■

     SARS(重症急性呼吸器症候群)が中国で止まる所を知ら
    ない広がりぶりを見せている。5月8日時点の世界保健機関
    (WHO)発表では感染者の累計は7183人に達したが、前
    日よりの増加分130人のうち中国本土だけで118人とほと
    んどを占める。世界全体の死者は506人。中国本土・224
    人、香港・208人とで全体の85%に達する。

     SARSの第一号患者が発見されたのは、半年も前の昨年
    11月だった。広東省仏山市で「これまでに見たことがないよ
    うな病気にかかった」患者が見つかり、診察した医師は病名を
    「非典型肺炎」と名づけた。
    
     その後、今年一月に入って広東省の各地で同様な症状を訴え
    る患者が続出し、2月10日の段階では広州市だけで192人
    の患者がいると公表された。このうち84名が医師や看護婦だ
    った。
    
     広州市当局は2月11日に記者会見を開いて、副市長ら市幹
    部が「広州市は、いかなる病気にも対処しうる能力がある」と
    楽観的な姿勢に終始し、患者数も過少報告した。この一週間後
    に、SARSの治療に当たっていた広州市の大学病院の医師が
    香港に出張し、宿泊したホテルから香港での感染が始まった。
    またこの医師が入院した香港の病院でもスタッフや入院患者ら
    百人が感染し、被害を拡げた。[1]
    
     広州市が事実隠しをせずに適切な隔離措置をとっていれば、
    香港で200人以上もの死者が出る事もなかったはずで、まさ
    に人災と言える。
    
■2.政府ぐるみの患者隠し■

     過少報告は広州市ばかりではない。中国衛生省は4月20日、
    北京市の感染者数が346人、死者は18人に達したと発表し
    たが、これまでの報告では感染者数40人、死者数4人として
    いた。
    
         中国筋によると、虚偽統計の責任を問われ、張文康衛生
        相と孟学農北京市長が二十日までに更迭された。・・・

         中国政府は北京市内の軍病院医師の内部告発に加え、世
        界保健機関(WHO)からの指摘を受け、虚偽統計を認め
        ざるを得なくなった格好。政府ぐるみの患者隠しの実態が
        明らかになったことで、発足から一カ月余りの中国新指導
        部の国際的信用が大きく傷つくのは避けられない情勢とな
        った。[2]

■3.HIV感染者数でも過少報告■

     中国での過少報告はエイズ(AIDS、後天性免疫不全症候
    群)に至るHIV感染の場合でも見られた。2001年末の中国の
    公式報告ではHIV感染者・患者数は3万736人、うち患者
    数は1,594人で、684人が死亡したとされていた。しか
    し翌年9月、中国衛生省は突如、2001年末までの感染者・患者
    の累計は85万人を超え、うち10万人以上がすでに死亡と発
    表し直して世界を驚かせた。
    
     さらに同省は02年上期ではすでに感染者・患者数は100万人
    を突破したと推定し、「対策が不十分だと、2010年には感染者
    は1千万人に達する」との危機感を示している。[3]
    
     エイズとSARSでは同じくウィルスによる感染症ながら感
    染経路も発病に至る過程も大きく違う。しかし両者の爆発的な
    蔓延と、政府側の過少・虚偽報告ではそっくりである。事実解
    明の進んだHIV感染から、その実態を見てみよう。
    
■4.麻薬と売春と■
    
     中国でのHIVの爆発的な広がりは3つの感染ルートによる
    ものと考えられている。

     第一は麻薬ルートである。中国南部のミャンマー、タイ、ラ
    オスとの国境地域は麻薬汚染地帯で、一つの注射針で複数の中
    毒患者が麻薬を打つ「回し打ち」が広く行われていた。そこに
    一人のHIV感染者が加われば、その注射針から次々と感染が
    広まってしまう。
    
     西北の新疆ウイグル自治区も麻薬の売買ルートであり、ここ
    にも回し打ちによるHIV感染が広がっている。中国政府は国
    内の麻薬中毒患者を86万人としているが、その実数は何倍あ
    るのか分からない。

     第二のルートは売春である。HIV感染者が不特定多数の相
    手と性交渉を持つことにより、感染が急速に広がる。毛沢東時
    代には麻薬と同様、売春も根絶されたと言われていたが、1980
    年代以降の開放政策によって息を吹き返し、いまや警察当局の
    推定によると現代中国には約4百万人もの売春婦がいる。(こ
    れまた過少報告かもしれないが。)
    
     特に香港との境界近くの広東省や、台湾の対岸の福建省など
    の沿岸部では、めざましい経済発展によって内陸の貧困地域や
    東北諸省から女性が引き寄せられて、ナイトクラブ、マッサー
    ジ・パーラー、カラオケバーなどで性サービスを提供している。
    
     麻薬と売春という中国文明の伝統が、開放政策で急速に復活
    し、HIV蔓延の温床になっている。

■5.第3のルート:売血■

     HIV感染の第3のルートは売血だ。中国の輸血用血液の多
    くは売血によるもので、内陸部の貧しい農民たちは現金を得よ
    うと自らの血を売る。年間数万円の収入しかない貧しい農民た
    ちにとって、一回数百円の売血はかなりの収入なのである。
    
     特に通常の採血でなく血漿採血にすれば、貧血になることも
    なく、より頻繁に売血できる。これは血液を遠心分離器にかけ
    て血漿と血球・血小板を分離し、後者を再び採血者の体内に注
    射器で戻す方法だ。この分離作業を効率よく行うために、複数
    の採血者からの同型の血液を混ぜ合わして一緒に分離処理し、
    残った血球・血小板を採血者たちに分けて注入する。ここに一
    人でもHIV感染者が混じっていれば、自動的に感染が広がっ
    てしまう。
    
     また採血のための注射器もコスト削減のために、同じものが
    繰り返し使用されている。これも麻薬の打ち回しと同じメカニ
    ズムでHIV感染を広げる。
    
     さらに売られた血液がHIVで汚染されていれば、輸血を受
    けた人も感染してしまう。病院では血液を使用する際にHIV
    汚染を検査することもない。それどころか輸血が必要な人は医
    療費を低減するために、こうした危険な血液を安く入手できる
    採血所に直接行くよう勧められる有様だ。
    
■6.一番深刻なのは中国が現実を認めないこと■

    「中国のエイズ蔓延(まんえん)は相当に深刻だ。でも、一番
    深刻なのは中国が現実を認めないこと、隠そうとする点だ」と
    は、北京のHIV感染者支援活動家・万延海氏の言である。

     万延海氏は中国農村部でHIVが売血により広まったことな
    どを国際社会に発信し、一時は中国当局に拘束された経験を持
    つ。そして中国全体で100万人という衛生省の推計を疑い、
    農村の売血集団感染が発覚した河南省だけで100万人いるの
    ではないかとみている[2]。メディアで報道された河南省の
    「HIV村」では、住民の80%がHIVに感染し、60%以
    上がすでにエイズを発病している。
    
     政府系メディアによるHIVに関する報道は増えているが、
    売血ビジネスをめぐるスキャンダルについては、ほとんど報道
    されていない。
    
     準独立系メディアである週刊誌「南方週末」は、その調査報
    道によって河南省でずさんな採血が行われていることを暴き出
    したが、省当局は発行元の新聞社に報道を控えるよう圧力をか
    けた。また地方の役人たちは、売血ビジネスへの自らの関与が
    明るみに出ることを恐れ、記者や政府の公衆衛生専門家が、H
    IV感染者の聞き取り調査のために自分の村や町にやってこな
    いように画策している。
    
     地方役人の「現実を隠そうとする」姿勢は、効果的な予防対
    策を遅らせ、HIV蔓延に歯止めのかからない一因となってい
    る。

■7.政府の情報統制■

     もっとも官僚が自分のミスを隠そうとする事は、どこの国で
    もあることだ。わが国の薬害エイズ事件も同類のケースであろ
    う。血友病の患者が出血を止めるための特効薬として用いられ
    た非加熱の血液製剤のなかにHIVが含まれていたために、全
    血友病患者の約4割にあたる1800人がHIVに感染し、う
    ち約400人以上が死亡したとされる事件である。
    
     数千人の血液を混ぜ合わせてつくる非加熱血液製剤の危険性
    が米国で明らかになってからも、製薬企業は輸入販売を続け、
    厚生省はなんの対策もとらなかったとして、血友病患者、家族
    が国と製薬会社を訴えた。平成8(1996)年2月16日、菅厚
    相は患者ら200人と会い、原告の一人が「これまで国や企業
    の責任が指摘されていたにもかかわらず、一切反省することも
    なく責任を認めようとしない」と厳しく批判したのに対し、国
    の責任を全面的に認め謝罪した。

     行政がミスを隠そうとしても、ジャーナリズムや研究者が事
    実を暴いて批判することで、その責任を追及しうる。薬害エイ
    ズ事件で政府責任を追求できたのも、桜井よしこ氏らジャーナ
    リストの事実報道があったからである。
    
     政府が都合の悪い情報を隠してしまうのは、程度の差こそあ
    れどこの国にもある事だが、大事なのはそれを暴き出し、広く
    社会全体に告発する自由なジャーナリズムの存在である。中国
    においては、言論の自由が限られ政府が情報統制をしている所
    に、HIVやSARSの対策が後手後手に回る一因がある。

■8.HIV感染の巨大な温床■

     HIV感染であきらかになった中国のもう一つの問題点は、
    麻薬、売春、売血など社会の暗部が感染拡大の温床になってい
    る点だ。そしてさらに恐ろしいのは、「民工」というより巨大
    な温床の存在だ。

     民工とは貧しい農村での戸籍住所を捨て、豊かさを求めて都
    市部に移住してきた出稼ぎ農民である。これに赤字だらけの国
    有企業から解雇された4千万の都市失業者が加わって、一億人
    と言われる民工が発生している。
    
     民工の多くは文字が読めず、方言しか話せない。戸籍から抜
    け出し、不法労働に従事し、建設現場や町外れのみすぼらしい
    小屋に暮らしている。当然、医療保険、衛生管理、教育などの
    行政サービスの対象外となっている。
    
     こうした民工の間で、注射による麻薬使用が流行りだしてい
    る。不遇の中の絶望と疎外感から、麻薬によって現実から逃避
    しようとするのであろう。また民工の多くは20代から30代
    という性的にもっとも活動的な年齢層にあり、いきずりの性交
    渉を持つ可能性も高い。
    
     さらには国有企業の労働者たちは血液不足を緩和するために
    献血を義務づけられているが、「血頭」と呼ばれる違法血液ビ
    ジネス組織に金を払い、自分の代わりに血液を提供してくれる
    民工を紹介してもらう、という闇取引もあるそうだ。
    
     中国政府が実態すらよく把握していない、こうした1億人も
    の民工の間にHIVが広がりつつある。「対策が不十分だと、
    2010年には感染者は1千万人に達する」という中国衛生省の警
    告は、決して大げさなものではない。
    
■9.SARS感染の恐怖の中で働く民工たち■

     民工はSARSに関しても温床だと考えられている。建築現
    場では大勢の民工が共同生活をしているからである。5月8日
    までに北京で集団感染のために封鎖された建設現場は4カ所に
    のぼる。
    
     北京市当局は一時、感染リスクが高いとして建設現場の作業
    を一時停止させたこともあったが、北京オリンピックを控えて
    建設スケジュールに余裕がないため、4月末頃から工事が再開
    された。またすでに完売した高級マンション建設工事では、完
    工が遅れると契約違反で多大な損害を被りかねないという事情
    もあった。
    
     このマンション建設現場で働く民工の一人は「いくら消毒薬
    をまいても感染が怖い。他の現場では患者がつぎつぎ出てい
    る」と語る。北京では民工の脱走と外部からの感染を防ぐため
    に一般社会から隔離し、厳しい監視のもとで現場作業にあたら
    せている。[5]

■10.「万国の労働者よ、団結せよ!」■

     カール・マルクスはその著書「資本論」の中で、19世紀の
    英国では13歳の児童までが12時間も働かされている状況を
    紹介している。こうした労働者階級の悲惨な状況から、マルク
    スは「万国の労働者よ、団結せよ!」と呼びかけた「共産党宣
    言」を発表した。
    
     しかしSARS感染の恐怖のもと、脱走しないように工事現
    場に隔離されて働かされる民工たちの悲惨さは、19世紀イギ
    リスの労働者階級とさほど違わない。マルクスが21世紀の北
    京を見たら、やはり「万国の労働者よ、団結せよ!」と訴えよ
    うとするのではないか。

     しかしマルクスがそんな事を訴えたら、たちまち中国政府に
    逮捕されてしまうだろう。19世紀の英国には「共産党宣言」
    を出版する言論の自由があったが、中国「共産党」が支配する
    21世紀の中国には新たに「共産党宣言」を出す自由はない。

     中国の開放経済体制は「社会主義市場経済」と呼ばれている
    が、それは19世紀的資本主義の労働者搾取と、20世紀的共
    産主義の言論統制という両者の「悪い所どり」をしたものでは
    ないか。HIVもSARSもこれが温床となっているのである。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(224) 「油上の楼閣」中国経済
   経済発展する壮大な楼閣は、一触即発の油の海に浮かんでいる。 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 産経新聞「開龍1 序章SARSの脅威」H15.05.07
2. 共同通信「北京の感染者346人に 邦人1人に初の疑い
   衛生相と北京市長を更迭」H15.04.20
3. 産経新聞「HIV感染 中国100万人 衛生省試算、公式報
   告の30倍」H14.09.07
4. 産経新聞「中国のHIV感染者支援活動家 万延海氏に聞く 
   政治危機はらむエイズ拡大」H14.10.17
5. 産経新聞「隔離建設現場 五輪へ リスク覚悟の中国流」
   H15.05.09夕刊
6. ベイツ・ジル他「中国に蔓延するHIVの脅威」★★、
   「次の超大国・中国の憂鬱な現実」朝日文庫、H15
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「AIDSとSARSの温床」について

                                            シンイチさんより
     私は今から12年くらい前に北京に行ったことがありますが街
    の汚さに唖然とした覚えがあります。大通りは一見綺麗に見え
    ますが、少し裏通りに入ると今にも抜け落ちそうな汲み取り便
    所や舗装されていない土埃の舞う路地など立ち入るのを躊躇し
    てしまう雰囲気がありました。
    
     北京駅も薄汚く、線路には無数の食べた後のスイカの皮で埋
    まっていました。列車で地方の都市に行っても、石炭の煤煙で
    街がスモッグでかすみ煤煙の臭いには閉口しました。こんな所
    に長くいると体に悪いだろうなと思いました。さらに内陸の砂
    漠地帯に行くと、煉瓦を積み上げただけの粗末な家におそらく
    電気もない状態で暮らしているのが痛々しかったです。

     私が一番嫌だったのは、どこでもかしこでも唾、痰を吐きま
    くる事です。モラルという言葉は中国にはないのでしょうか?

■ 編集長・伊勢雅臣より

     躾とは身を美しくすることですが、それはSARSにも効き
    そうですね。

© 平成15年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.