[トップページ][平成15年一覧][Common Sense][239 バルカン諸国][311 地球史における共同体]

■■ Japan On the Globe(299) ■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

        The Globe Now: ルーマニア革命 〜 
                    共産主義独裁政権はいかに打倒されたのか?
         危険を顧みずに立ち上がった青年たちと、国民を守ろう
        とした軍の力が、独裁者を倒した。
■■■■■ H15.06.29 ■■ 39,696 Copies ■■ 856,365 Views ■

■1.ルーマニアの田舎景色■

     車は2車線のでこぼこ道を80キロほどのスピードで突っ走
    っていた。身体が激しく揺すられる。時々よたよた走るオンボ
    ロトラックに追いつくと、左車線にはみ出しては追い抜いてい
    く。対向車が近づいているのに、無理矢理追い抜くので、ひや
    ひやさせられる。時には2頭立ての荷馬車も追い抜いていった。
    
     車窓から見るルーマニアの田舎景色は、地平線まで続く緑の
    畑だった。なだらかに起伏する沃野に6月の陽光がさんさんと
    降り注ぐ景色は、ワインの産地として有名なカリフォルニア北
    部のナパ・バレーを思い起こさせる。ただその広大さだけを何
    十倍かにしたようだ。
    
     この豊かな国土で共産主義政権の末期には経済的に行き詰ま
    り、都市部の人民は食糧確保に疲れ果て、冬には暖房すらでき
    ずに多くの凍死者まで出したという。この広大な沃野を見てい
    るととても信じられない。しかし中国では毛沢東の「大躍進」
    政策で2千万人が餓死し、また現在の北朝鮮でもすでに2、3
    百万人が飢え死にしたと伝えられている事を思いあわせると
    [a,b]、共産主義独裁政権の恐ろしさ、愚かしさが実感できる。
    
     その共産主義独裁政権をルーマニア人は1989年に自力で打倒
    した。ルーマニア人の祖先ダキア人は、古代にはローマ帝国と、
    中世以降はオスマン・トルコ帝国と独立をかけて何世紀も戦い
    続けてきた。独裁政権打倒を呼びかけたビラの中でも「ダキア
    人のごとく立ち上がろう」というスローガンが使われた。自由
    と独立を求める民族精神が独裁政権打倒に大きな力を発揮した
    のだろう。
    
■2.共産党一党独裁の始まり■

     第2次大戦中、ルーマニアはドイツ軍に占領され、軍事傀儡
    政権が樹立されて、ドイツの同盟国としてソ連と戦った。1944
    年8月、東部戦線でのドイツ軍の敗走を追うように、ソ連軍が
    ルーマニア国境を越えて侵入した。この機をとらえて王室派か
    ら共産党まですべての勢力が一斉に蜂起して、ドイツ軍を駆逐
    した。
    
     ルーマニアは立憲君主制に戻ったが、ソ連軍の圧力のもとで
    行われた1946年1月の国会選挙で共産党と社会民主党が圧勝し、
    翌47年12月、国王ミハイル一世は退位を強いられ、ルーマニ
    ア人民共和国が発足した。この年に「ソ連軍帰れ」という大規
    模な市民運動が起き、多数のルーマニア人が逮捕されていたの
    だが、ソ連駐留軍のヴァシンスキ司令官が国王に「退位して国
    外に去れ。さもなくば逮捕者を殺す」と迫り、国王はやむなく
    国を去ったと伝えられている。
    
     これが共産党一党独裁の始まりだった。北朝鮮の場合も、ソ
    連は朝鮮人ソ連軍大尉・キム・ソンジュを伝説の英雄・金日成
    に仕立て上げ、共産党独裁政権を押しつけたのだが、その手口
    は同工異曲である。[c]

■3.「国民を守る守護者」■

     1968年夏、ソ連を中核とするワルシャワ条約機構5カ国の軍
    隊がチェコスロバキアに侵入し、民主化運動「プラハの春」を
    戦車で潰しにかかった。「チェコの次は自分たちの番だ」とル
    ーマニアは、チェコへの侵入に反対して出兵しなかったばかり
    か、ソ連との国境線に国防軍を配置した。
    
     この時、チャウセスクはブカレストの共産党本部前の宮殿で、
    初めての市民集会を開き、バルコニーから群衆に叫んだ。
    
        私は、ソ連軍の一兵たりとも、わが祖国ルーマニアの土地
        に足を入れさせない。片足たりとも入れさせない!
        
     ルーマニア国民はこれを聞いて熱狂し、「ウラー、ウラー」
    とチャウセスクに向かって歓呼の叫びをあげた。先祖譲りの勇
    猛な独立精神が呼び起こされたのであろう。これ以降、チャウ
    セスクは「ソ連の脅威」をちらつかせては、国民を守る守護者
    として自らを宣伝し、共産党書記長、大統領、軍の最高司令官
    と、次々に権力を握っていった。
    
     1973年には東欧諸国で初めて米国大統領を受け入れ、市民は
    ニクソンを歓呼して迎えた。チャウセスクはさらに日本をはじ
    めとする諸外国を歴訪して、多くの借款を手に入れ、西側から
    石油精製、石油化学、製鉄などの大型プラントを買いあさって、
    工業化路線を突っ走った。

■4.暗黒の始まり■

     1974年に世界を襲った石油危機に、チャウセスクの工業化路
    線はあっけなく崩壊した。77年、石油価格の高騰する中で、ル
    ーマニアは石油の輸出国から輸入国に転落。対外債務も急増し
    ていった。79年2月に伊藤忠商事のブカレスト駐在員として赴
    任した松丸氏は、空港も市内への道路も宿舎のホテルも、電力
    の節約のために真っ暗だったのに驚いた、と語っている。
    
     本来ならここで工業化路線の見直しをすべきだったが、すで
    に独裁者となっていたチャウセスクは自分に異議をとなえる者
    は左遷し、イエスマンばかりで周囲を固めていた。
    
     たとえば松丸氏が81年に日本からの大型工作機導入に携わっ
    た時の事である。機械の据え付けのために日本から技術者が来
    たが、据え付け地として指定された場所は地盤が弱く、機械が
    傾いてしまう。場所を変更しなければ工作精度が出ないと日本
    の技術者が主張したが、現地人技術者は「変更できない」の一
    点張り。
    
    「どうして技術的に駄目なことが分からないのか」と日本人技
    術者が詰め寄ると、実はチャウセスクが工場視察した時に、こ
    こに機械を据え付けよ、と命令したので、変更できないという。
    その時も工場長がチャウセスクにここは適地ではない、と反対
    したが、その場でクビにされたという。
    
     こんな調子では、石油ショックがなくとも、工業化路線はい
    ずれ頓挫したであろう。独裁者が有能な人間を遠ざけ、無能な
    イエスマンばかり周囲においたら経済が破綻するというのは、
    現代の北朝鮮にも共通する現象である。
    
■5.「もう一つの暗黒」■

     77年は「もう一つの暗黒」の始まりだった。国家保安委員長
    パチェパはチャウセスクにクビを切られ、米国に亡命。チャウ
    セスクは自ら秘密警察を作り始めた。
    
     松丸氏は赴任した当初、前任者から「1ヶ月は尾行されるか
    ら、注意せよ」と言われていた。その言葉通りに、3週間もあ
    る男につきまとわれた。レストランでもバーでも、その男は松
    丸氏の近くに座り、様子を窺っている。
    
     89年2月に再赴任した際は、以前、6年間も勤務した元運転
    手が自宅に招待してくれた。自家製のワインとパンをふるまっ
    てくれたが、肉料理はない。そのうちに一人の婦人がやってき
    て、ワインを飲みながら談笑の環に入り、しばらくして帰って
    いった。「誰?」と松丸氏が聞くと「隣のおばさんが、誰がお
    客に来ているのか調べに来たのよ」と元運転手の妻が説明して
    くれた。
    
     秘密警察の情報提供者であった。こういう手先を含め、秘密
    警察が200万人いると言われていた。ルーマニアの人口23
    00万人の1割近い人数である。経済がうまくいかなくなると、
    独裁者は秘密警察を使って、人民の不満を押さえ込もうとする。
    そして秘密警察のような非生産的な仕事に人口の1割も使って
    は、経済はますます困窮していく。そういう悪循環にはまりこ
    んでいった。
    
     1984年は厳冬で零下20度に下がった。チャウセスク政権が
    債務返済のために暖房に必要な燃料まで輸出に回したため、凍
    死者が続出。多くの外国人は西側に避難した。チャウセスクに
    対する国民の不満は爆発寸前であった。そんな時、妙な噂が街
    中に広がった。「チャウセスクが重病で、死にそうだ」という。
    もう少しの辛抱だ、と多くのルーマニア人は信じて、厳冬を堪
    え忍んだのであろう。これは秘密警察が意図的に流した噂であ
    った。

■6.「青年たちが撃たれた」■

     1989年12月21日、ブカレストの宮殿広場でまた官製の集
    会が開かれ、チャウセスクが演説を始めた。その途中、パン、
    パンと爆竹が破裂したような音がした。同時に堰を切ったよう
    に広場から群衆が逃げ出した。うずくまって動けなくなる人が
    いる。「人殺し、人殺し」と叫ぶ声が聞こえる。
    
     群衆の一部、学生・青年を中心とした数百人の集団が、1ブ
    ロック離れたニコライ・バルチェスク通りに集結すると、また
    たくまに多くの群衆が加わって通りを埋め尽くした。
    
     先頭に立った青年たちは、群衆を率いて共産党本部へ向かっ
    た。戦車2台、装甲車3台、完全武装の兵隊20名ほどが現れ、
    青年たちの前に立ちはだかる。ドーン、ドーンと爆弾が破裂す
    るような音が二度して、「青年たちが撃たれた」という叫び声
    がした。顔中に血を流した青年が護送車に引きずり込まれる。
    若い女性が髪を引っ張られて連れ去られていく。発砲を命じら
    れても撃たなかった兵隊は、その場で銃を取り上げられ、路上
    に腹這いにさせられている。
    
     しかし群衆は「独裁者を倒そう!」「自由を!」と叫びなが
    ら戦車や兵隊に向かっていく。5時を過ぎて暗くなると、私服
    の秘密警察がデモ隊の人間をごぼう抜きにして、建物の中に連
    れ込み、ナイフで刺し殺した。12時を過ぎると、戦車が群衆
    を蹴散らしにかかった。逃げる群衆を反対側から護送車から逮
    捕していく。逮捕者は2千人に及んだという。群衆は「明日ま
    た集まろう」と声をかけあって、散っていった。

■7.「人民に発砲はできない」■

     翌22日、朝早くから通りはデモ隊であふれかえり、その先
    頭は軍隊と対峙していた。戦車の砲がデモ隊の方に向いている。
    11時過ぎに「国防大臣が自殺した」というニュースが入った。
    その直後、「軍隊が市民の側についた」との知らせが流れ、実
    際にデモ隊と対峙していた戦車が砲身の向きを180度変えた。
    市民が戦車の上に鈴なりになって、一緒に共産党本部に向かっ
    た。
    
     実はこの前日の会議で、チャウセスクはミレア国防大臣に人
    民への発砲を命じたのだが、大臣は「国防軍は人民を守るため
    の軍隊であり、人民に発砲はできない」と命令を拒否。チャウ
    セスクは激怒して部屋を出て行った。そして翌朝の会議でチャ
    ウセスクは「ミレア国防大臣は自殺した」と発表した。国防大
    臣は自らを犠牲にして国民を守り、これが契機となって軍が反
    チャウセスクに立ち上がったのである。
    
     軍が反旗を翻しては、勝ち目はないと思ったのであろう。チ
    ャウセスクはヘリコプターで共産党本部を逃げ出した。しかし
    その晩、子飼いの秘密警察がブカレストのみならず、国内の各
    都市で反撃に転じ、軍との戦いが始まった。ブカレスト市内で
    も「秘密警察が水道に毒を入れたので、水道水は飲むな」とい
    う注意が流された。

■8.チャウセスクの最期■

     チャウセスクはヘリコプターでブカレストの南80キロのボ
    テニィに行き、そこの地下秘密飛行場から国外脱出しようとし
    ていた。しかしヘリコプターは軍のレーダーに捉えられ、着陸
    しなければ撃墜すると警告を受けた。着陸したチャウセスク一
    行は、車を奪って逃走する所を警察に逮捕され、近くの軍事基
    地内に収容された。23日の事である。
    
     ところがチャウセスクの時計と奥歯には特殊な発信装置が仕
    組まれており、その居場所は秘密警察に伝わっていた。秘密警
    察側はチャウセスクを奪還しようと、ヘリコプターで落下傘部
    隊を送り込み、戦車まで繰り出した。
    
     12月25日、銃撃戦の中でチャウセスクは軍事裁判にかけ
    られ、エレナ夫人とともに銃殺刑に処せられた。6万人にのぼ
    るルーマニア国民を殺した事、国民経済を崩壊させた事、10
    億ドル以上を外国銀行に預金し国外逃亡を企てた事などが罪状
    としてあげられた。当初はブカレストに連れてきて、まともな
    裁判をする予定だったが、チャウセスク奪還を目指す秘密警察
    の攻撃のもとではその余裕はなかった。27日に裁判の一部が
    テレビ放映され、独裁者の最期が全世界に伝えられた。
    
■9.ブカレストからのテレックス■

         私たちの自由な国から、最初のテレックスをお送りする
        この幸せ! その名はルーマニア----簡素で、清らかで、
        美しい名。もう共産主義とも社会主義とも付かないのです。
        
         私たちはみな、目に涙を浮かべ、悲喜こもごもです。6
        万4千もの人々が、あの世界一凶悪なテロリスト、チャウ
        セスクの放ったテロリストたちに殺されたのですから。
        
         今や、共産党の首脳部は一掃され、複数の政党で来年4
        月に自由選挙が行われます。
        
         すでにご承知のように、チャウセスクと彼の"最愛の"妻
        は裁判にかけられ、処刑されました----クリスマスの日、
        1989年12月25日に。あたかもイエス・キリストが、神
        の敵にみずから罰を下されたかのようです。
        
     12月28日、ウィーンに避難していた松丸了氏に、事務所
    の秘書たちが連名で送った英文テレックスの出だしである。喜
    びが弾んでいる。

     この喜びをもたらしたのは、生命の危険を顧みずにデモ隊の
    先頭に立った青年たちと、国民を守ろうと立ち上がった軍の力
    である。彼らがいなかったら、たとえ経済は完全に破綻しても
    チャウセスクの独裁はまだまだ続いていたであろう。ちょうど
    今日の金正日・独裁政権のように。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(109) 中国の失われた20年(上)
    〜2千万人餓死への「大躍進」 
b. JOG(072) 温室の隣の飢餓地獄
    人口2300万人の北朝鮮で、すでに3百万人の国民が餓死、
   病死したと推定されている。 
c. JOG(281) 金日成 〜 スターリンのあやつり人形
    スターリンは、朝鮮人のソ連軍大尉を伝説の英雄・金日成に 
   仕立て上げ、朝鮮戦争を仕掛けた。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 松丸了、「ルーマニア革命」★★、東洋経済新報社、H2
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■前号「ルーマニア革命」について Szagami(さがみ)さんより

     私の住むハンガリーもルーマニア同様に旧共産圏でしたが、
    私利私欲ためだけに共産主義を利用しつくした独裁者、チャウ
    シャスクが行った経済失策の深い痛手を未だ負ったままのルー
    マニアは、ハンガリーやその他東欧旧共産国と経済的に益々離
    されてしまい、痛々しく見えます。

     大義名分を失って指導者の都合のいいように解釈された“主
    義主張”は共産主義であろうと資本主義であろうといったん崩
    壊すれば、その枠内で暮らす人々が最終的に今までのつけを払
    うことになります。そのインパクトの大きさが際立っていたの
    が、ルーマニアであり、旧ユーゴではなかったかと感じます。

     幸いにもハンガリーは一部指導者たちに国民の利益を搾取さ
    れつくされていなかったために今のところ順調に経済は回復し
    ておりますが、経済白書や大企業のレポートでは見られない市
    井レベルでの弊害は、本来のハンガリー人の力をまだまだ押さ
    えつけたままです。

     来年5月のEU加盟後も、既存国の生活レベルまでハンガリー
    が追いつくまで100年かかると試算されているほど、共産主
    義時代の空白の40年の痛手は大きなものでした。EU加盟も今
    回は見送られたルーマニアの未来はまだまだ暗澹とするものが
    あるのでしょう。

    追伸:弊メールマガジンでルーマニアのことも配信しましたの
    で(12,14,16,18,20号)、お時間があるときにでもご一読して
    いただければと思います。

    ホームページ: ハンガリー良いとこ一度はおいで!
    メールマガジン:我が愛すべきハンガリーのジレンマ
    

■ 編集長・伊勢雅臣より

     旧東ドイツやルーマニアなど旧共産圏諸国を訪れて、わが国
    が共産化されなかった事の幸福をしみじみと感じました。これ
    も左翼勢力に屈しなかった我等が父祖のお陰です。

© 平成15年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.