Japan on the Globe  国際派日本人養成講座  〜平成16年〜

376 人物探訪: イチロー、現代の求道者  〜 平成16年の国際派日本人 イチローは宮本武蔵などの剣聖と並べてみると、よく似合うだろう。 375 Common Sense: イギリス病を克服した教育改革 サッチャー政権が打ち出した教育改革から、イギリス病が克服されていった。 374 国柄探訪: いのちの結び〜 現代科学と日本文明 現代科学の自然観は、日本古来からの世界観に近づいている。
373 地球史探訪:上海 〜「偽りの正面」 石造りの高層ビル街は、西洋諸国に屈服した近代中国の歩みを象徴している。 372 Common Sense: 密室の中の独裁者 偏向教師は自分の考えに従わない女子中学生を登校拒否にまで追いつめた。 371 人物探訪: 豊田佐吉の産業報国 40年におよぶ苦難の発明家人生を生き抜いた原動力。
370 国柄探訪:ニッポン人には日本が足りない〜 老舗温泉旅館の女将になった米人女性奮闘記 我慢強さと親切心。これこそが、日本人に備わっている素晴らしさ、価値ではないかと思います 369 Common Sense: 独立国家とコモン・センス 〜 「国際派時事コラム」泉幸男氏との対話 福沢諭吉曰く「独立の気力なき者は、国を思うこと深切ならず」。 368 人物探訪:大野耐一 〜 トヨタ生産方式の創造 8倍以上の生産性を持つ米国にいかに追いつくか、大野耐一の闘いはそこから始まった。
367 地球史探訪:「日中友好2千年」という虚構 日本は、中国の冊封体制と中華思想を拒否し、適度の距離感を保ってきた。 366 人物探訪: 昭和の哲人・安岡正篤 「終戦の詔書」と「平成」の元号に込められた祈りとは。 365  地球史探訪:ポーツマス講和会議  国民の怒りを買うことを覚悟して、小村寿太郎は日露講和会議に向かった。
364 国柄探訪:「神話による国家主義」という神話 「かつての日本では、天皇は神として礼拝されていた」というのは、事実だろうか? 363 The Globe Now:「大義ある国益」とは? なぜ大義なきイラク戦争を支持する事が、日本の国益に適うのか? 362 Common Sense: 英語力再建 北朝鮮並みまで崩壊した英語力を、国力にふさわしいレベルに再建するには。
361 国柄探訪: 麗しの島の幸福な日々 もしもタイムマシンで元に戻れるなら、もう一度日本時代に戻りたいです。 360 Common Sense: 金メダル以上の幸せ レスリング浜口京子選手は「国民のみなさんとともに金メダルへ向かってともに戦えたことが幸せ」と語った。 359 人物探訪:島秀雄 〜 新幹線の生みの親 それまでの常識を覆した新幹線は、世界の高速鉄道を再生させた。
358 Common Sense: フェミニズム 対 民主主義 怨念と闘争で革命を目指すフェミニズムは、民主主義と相容れない。 357 地球史探訪:同胞4万救出作戦 内蒙古在住4万人の同胞をソ連軍から守ろうと、日本軍将兵が立ち上がった。 356 The Globe Now: 作られた「反日」  サッカー場の過激な「反日ファン」は、江沢民政権の歴史教育とマスコミ統制が作った。
355 地球史探訪:ノモンハン 〜 大平原での日ソ激戦 日本軍は侵入してきた数倍のソ連軍を痛撃して、スターリンの野望を打ち砕いた。 354 国柄探訪: 道徳力と経済力 経済発展の原動力は「正直、信頼、助け合い」の道徳力にある。 353 人物探訪:セブン-イレブン・鈴木敏文〜 原則居士の独創性 世界18カ国、2万5千店に広がるコンビニエンス・チェーンを生み育てた独創性。
352 人物探訪:山谷えり子 〜 お母さん議員、奮闘す 行きすぎた性教育から子供たちを守り、家族が支えあう育児・介護制度を目指すお母さん議員の戦い。 351 Common Sense: 歴史に感応する心 片山先生の歴史の授業に、生徒たちの心は揺り動かされた。 350 Media Watch: ダイオキシン騒動〜 「魔女狩り」騒ぎのメカニズム 事実はいかにねじ曲げられ、煽動に使われたか。
349 人物探訪:山田方谷 〜「正直安五郎」の国作り 藩士藩民に「誠」を発揮させる事が政治の大本だと信じて、方谷は藩政改革に取り組んだ。 348 Common Sense: 手足を縛られた自衛隊 様々な手かせ足かせにも関わらず、イラクに派遣された自衛隊は、黙々と復興支援に取り組んでいる。 347 地球史探訪: 日系米兵の二つの戦い 人種偏見をはね返すには、戦場で勇敢に戦い、アメリカのために血を流すしかない、と彼らは信じた。
346 Common Sense: 国連幻想  国連の実態は各国のエゴのぶつかりあいの場である。 345 国柄探訪: 危機に立ち向かう日本文明〜 中西輝政著「国民の文明史」を読む危機に立ち向かうには、「我々らしさ」に立ち戻る必要がある。 344 Common Sense: 人格を磨けば学力は伸びる〜 江戸川学園の「人づくり」革命 生徒たちが仲間意識を持って、勉強に、スポーツに打ち込む「人づくり」の場がここにある。
343 国柄探訪: 神話は先祖からの贈り物 神話は大和朝廷が自らの政治権力を正当化するための「政治宣伝文書」か? 342 社説対決 〜 イラク人質事件 大新聞4紙がそろって「テロに屈するな」と主張す る中、朝日新聞のみが孤軍奮闘の論陣を張った。 341 国柄探訪: 農耕民族と騎馬民族 〜 日中相互理解の難しさ
 
これほど外見は良く似ていながら、性格の異なる隣人関係も珍しい。
340 人物探訪:松永安左ヱ衛門 〜 自主独立と民営化の精神
 電力事業の民営化を推し進め、戦後復興の基盤を 作った「電力の鬼」。
339 人物探訪: 安倍晋三 〜 この国を守る決意
 
政治家は「国民の生命と財産を守る」という ことを常に忘れてはいけないと心に刻みました。
338 地球史探訪:大東亜会議 〜 独立志士たちの宴
 
昭和18年末の東京、独立を目指すアジア諸国のリーダー達が史上初めて一堂に会した。
337 人物探訪: 岸信介 〜 千万人といえども吾往かん
 
日本を真の独立国とするための構想に邁進した信念の政治家。
336 地球史探訪: 日墨友好小史
 遠くて近い国、メキシコとの友好は4百年前の 海難事故から始まった。
335 The Globe Now: 道路公団との戦い 
「北朝鮮と戦っているようなものですよ」と民営化に取り組む猪瀬直樹氏は語る。
334 Media Watch: オウム裁判と床屋の怒り
 
「人権派」の新聞や弁護士によって、国民の人権は危機にさらされている。
333 国柄探訪: 長寿企業の言い伝え
 数百年も事業を続けてきた長寿企業に学ぶ永続的繁栄の秘訣とは。
332 The Globe Now: 奥克彦氏の「イラク便り」
  犠牲になった尊い命から私たちが汲み取るべきは、テロとの戦いに屈しないと言う強い決意ではないでしょう
331 地球史探訪:日比友好小史
   独立を求めるフィリピン人と、それに共鳴する日本人の間に、幾多の友情の物語が生まれた。
330 国柄探訪: ハイテクを生み出す産霊(ムスヒ)の力
  
多くの日本企業がいまだに守り神を祀っている理由は?
329 Common Sense: 障害者の経済的自立を目指して  クロネコヤマト小倉昌男の第二の挑戦
 社会主義的福祉体制から障害者を救うために、小倉昌男は第二の挑戦を続ける。
328 地球史探訪: 同盟とは何か
 英国との互恵と信頼の関係が崩れた時、日英同盟は消滅し、日本外交は漂流を始めた。
327 Common Sense: オヤジたちの教育改革
 オヤジたちが教育の正常化のために、連帯して立ち上がった。
326 国柄探訪: 日本人の一年(ひととせ)
 我々の祖先は四季折々おりおりに神々に祈り、感謝しつつ、一年を送ってきた。

jogbd_h16/index.html 最終更新日: 2006/05/05 .
Copyright 2002 [伊勢雅臣]. All rights reserved.