[トップページ][平成16年一覧][地球史探訪][210.759 大東亜戦争:和平への苦闘][222.07 中国:中華民国時代][238 ロシア]

■■ Japan On the Globe(357)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

               地球史探訪:同胞4万救出作戦

              内蒙古在住4万人の同胞をソ連軍から守ろうと、
             日本軍将兵が立ち上がった。
■■■■ H16.08.15 ■■ 33,209 Copies ■■ 1,266,553 Views■

■1.蒙古での玉音放送■

     昭和20年8月15日、張家口第2国民学校6年生の富田豊
    は、強い日射しの照りつける校庭に級友たちと土下座していた。
    夏休みだったが、正午に天皇陛下の玉音放送があるというので、
    登校を命じられていたのだった。

     張家口は蒙古連合自治政府の一都市で、北京から2百キロほ
    ど北西、万里の長城の関門にあたる。8月9日、ソ連軍が日ソ
    中立条約を破って、満洲と同時に北方から内蒙古にも侵入して
    くると、これらの地域に住んでいた邦人が、内蒙古の最南部に
    ある張家口に逃げ込んできていた。

     玉音放送は雑音が多く、言葉も難しいので、小学生にはよく
    分からなかった。校長先生も沈痛な面持ちで「大変な事態にな
    りました」と言っただけだった。訳がわからないまま、不安を
    抱きつつ家に帰ると、母のいとが泣きながらミシンを踏んでい
    た。「どうしたの」と豊が聞くと「日本が戦争に負けたのよ」

■2.「これに対する責任は一切司令官が負う」■

     その15日夜、駐蒙軍司令官・根本博中将は、張家口の宿舎
    で眠れない夜を過ごしていた。ソ連軍はその前日には張家口北
    西44キロの張北にまで迫っていた。満洲に侵入したソ連軍に
    関する情報ももたらされていた。

         ソ連軍は、在留邦人に対して、婦女子は手当たり次第に
        暴行したり、着ている衣服や腕時計まで掠奪している。拒
        否するものは容赦なく射殺するなど、暴虐の限りを尽くし
        ているらしい。

     日本は降伏したが、このまま手を拱いていて、ソ連軍が張家
    口に侵入すれば同じ地獄絵図が繰り広げられる。北方27キロ
    にある丸一陣地にてソ連軍を食い止めつつ、時間を稼いで、邦
    人4万人を北京・天津方面に脱出させなければならない。

     日本の降伏後、ソ連軍に抗戦したら、罪に問われるであろう。
    その時は、一切の責任を負って自分が腹を切れば済むことだと、
    覚悟が決め、根本中将は丸一陣地の守備隊に対して、命令を下
    した。

         理由の如何を問わず陣地に侵入するソ軍は断乎之を撃滅
        すべく、これに対する責任は一切司令官が負う。

    「軍司令官は、たとえ逆賊の汚名を受けても4万人の同胞を救
    うためには、断乎としてソ連軍を阻止する決意だそうだ。」そ
    ういう噂が口伝えに広がると、陣地内の将兵の士気は、一挙に
    高まった。

■3.ソ連軍、現る■

     迫りつつあるソ連軍は、外蒙騎兵を含め、総員4万2千。戦
    車・装甲車4百輌、砲6百門を持つ機甲部隊である。それに対
    して丸一陣地を守るのは約2千5百名。重火器としては迫撃砲、
    速射砲など数門づつあるのみだった。陣地とは言っても、小高
    い丘を利用して所々にコンクリート製の機関銃座を設け、その
    前面には幅6メートル、深さ4メートルの対戦車壕があるだけ
    だった。

     8月19日、未明。細雨のなか、低くたれ込めた朝霧の彼方
    から無数のエンジン音が響いてきた。煌々ととライトを照らし
    た敵装甲車軍が朝霧の中から現れた。

     陣地前面の鉄条網付近には「ワレ抗戦セズ」という意思表示
    の白旗が掲げられていたが、それを無視してソ連軍は戦車砲、
    迫撃砲、機関銃による猛射を始めた。

     日本軍陣地の方は積極的戦闘は禁止されているので、応射は
    厳禁していた。第一線将兵のはらわたは煮えくりかえっていた。
    参謀の辻田新太郎少佐が停戦交渉をしようと、4人の軍使に大
    きなシーツで作った白旗3本を持たせて陣地から送り出すと、
    その白旗をめがけて撃ってくる。軍使の一人が耳たぶを打ち抜
    かれて倒れた。「何という軍紀のない敵か」と辻田少佐は激怒
    して、軍使たちを引き返させた。

■4.「一時避難」のニセ命令■

     20日午後、富田家に隣組を通じて通達が来た。「今晩一晩、
    情勢が悪いので一晩分の非常食を持って、国民学校の校庭に集
    まれ」という「一時避難命令」だった。いとは、わずかな着替
    えと1食分の弁当を持って、豊と清美(8歳)、章三(5歳)
    の手を引き、2歳の伊久代を背負って、夕方、差し回しのトラッ
    クに乗った。夫は市内警備に動員されていたが、どこの家も同
    様に男手は徴集されて女子供だけだった。

     トラックは学校でなく、駅に向かった。何千というほとんど
    母子のみの群衆が押し合いへしあい、貨物車に乗り込んでいた。
    子供はみなで尻を押し、引っ張りあげた。実は「一時避難」と
    はニセ命令だった。引き揚げ命令を出せば、少しでも多くの家
    財道具を持って逃げようとする。そのために集合が遅れ、また
    持ち込んだ荷物で駅前は大混乱になる。短期間で4万人を脱出
    させるための駐蒙軍の苦肉の策であった。

     満洲では関東軍が8月10日、居留民の緊急輸送を計画した
    が、居留民会が数時間での出発は不可能と反対し、11日になっ
    ても誰も新京駅に現れず、結局、軍人家族のみを第一列車に乗
    せざるをえなかった。これが居留民の悲劇を呼んだのである。

     夜になっても、なかなか列車は出発しない。雨のそぼ降る中、
    無蓋汽車にすし詰めの母子たちは濡れ鼠になって出発を待った。

     その頃、張家口から数十キロ南方の線路では、八路軍(中国
    共産党軍)に爆破されて脱線した機関車と客車数両を日本軍の
    一隊が必死になって取り除こうとしていた。4,5時間かかっ
    て、車両を線路横の谷間に落とした。「これで汽車が通れるぞ」
    「居留民たちが、やっと帰れるぞ」 疲れきった兵士たちの中
    から声があがった。

     夜10時頃、北の大地の遅い夕闇の中を居留民を満載した一
    番列車が通る。線路際に立って見送る兵士たちに、無蓋汽車の
    上から両手を合わせて頭をたれる婦人の姿が、シルエットとなっ
    て浮かんだ。

■5.白兵戦■

     その頃、丸一陣地にソ連軍が侵入を開始していた。約2百人
    が対戦車壕の西端を回り込んで、背後に回ろうとした。その近
    辺を守っていた増田中尉は、ただちに中隊の先頭に立って、
    「突撃」と大声で呼号した。

     そのとたんに、機関短銃を打ちながら前進してきた敵兵と鉢
    合わせとなり、反射的に軍刀を横になぐと、敵兵の首はころり
    と落ちた。それから後は無我夢中だった。倒れた敵兵の死体を
    飛び越えて突進し、血刀を振るって斬りまくった。

     8人目を斬り伏せた時、その後ろにいた敵の中隊長らしき人
    物が何か叫んだ。「後退せよ」とでも言ったのだろう。敵は潮
    の引くように一斉に退却した。増田中尉がほっとして腰をおろ
    したとたん、全身に激痛が走り、立ち上がれなくなった。身体
    の数カ所に銃弾が貫通して、血だるまになっていた。軍刀はひ
    んまがって、鞘に入らなかった。

     陣地最右翼からも、ソ連軍が侵入してきた。手榴弾の投げ合
    いのあと、日本軍は白ダスキをかけた銃剣突撃で、敵を撃退し
    た。

■6.「元気で帰れよ」■

     豊の弟、5歳の章三は出発前から風邪気味だったが、列車の
    中で40度もの熱を出した。母のいとは夜は自分の身体で雨か
    ら守り、昼は手ぬぐいを顔にかけて烈日を少しでも遮ろうとし
    た。持参した弁当もすでにない。

     駐蒙軍の野戦鉄道司令部は、引き揚げ列車への食料供給に苦
    心していた。17日頃から軍の倉庫にあった米や乾パンを沿線
    の各駅にトラックで大量に輸送していた。(これが「軍が先に
    逃げたとの誤解を与えたらしい。)

     トラックに乾パンを満載して、陸橋の上で待ちかまえ、通過
    する列車に次々と乾パンを投げ入れた。駅で停まると国防婦人
    会の人たちが炊き出しのおむすびを差し入れた。

     豊の乗った列車が、一面のリンゴ畑を通ると、警備の日本兵
    たちが駆け寄って、「元気で帰れよ」と口々に叫んでは、リン
    ゴをもいで列車に投げ入れてくれた。豊はその一つを受けとめ
    た。赤いリンゴを噛みしめると、甘酸っぱい果汁が歯に染みた。

■7.「兵隊さん、これ食べて頑張って下さい」■

     八路軍の鉄道襲撃は執拗だった。周囲の山から居留民を満載
    した無蓋汽車に銃を撃ちかけてくる。北京から急遽、救援にか
    けつけた第118師団の将兵も、防戦に駆けずり回った。

     8月21日、張家口から約40キロ東南の宣化の駅では、広
    い駅構内の何本もある引き込み線に引き揚げ者を満載した列車
    20本ほどが一時停車していた。物資輸送のために山本義一軍
    曹と部下20人がそこを通りかかった時、八路軍が襲撃してき
    た。

     山本軍曹は「こりゃ、エライこっちゃ。どうせ死ぬなら、日
    本人のために死のう」と部下たちに呼びかけ、応戦。やがて3
    百メートルほど離れた川岸まで撃退した。

     しかし、八路軍は何度も襲撃してくる。撃ち合って二日目、
    疲れ果てて、もう持ちこたえられん、とあきらめかけた時、
    5、6歳のイガグリ頭の男の子が、大きなカバンをひきずるよ
    うにして小走りに走ってきた。その子を目標にして、八路軍の
    追撃砲弾が周囲に炸裂する。山本軍曹は思わず、その子を横抱
    きにして窪地に飛び込んだ。

    「兵隊さん、これ食べて頑張って下さい」と、男の子はカバン
    の中からいくつもの焼きお握りを取り出した。山本軍曹の顔は
    泥と涙で、目の下が真っ黒になっていた。男の子の励ましに疲
    れも吹き飛んで、まもなく八路軍を撃退させた。

■8.堂々たる行進■

     20日夕刻から始まった張家口からの4万人脱出は駐蒙軍と
    鉄道関係者の必死の努力で、21日夕刻にはあらかた完了した。
    丸一陣地にもその知らせがあり、辻田少佐はその夜、闇にまぎ
    れて撤退しようと決心した。19日未明からのまる3日間ソ連
    軍を食い止めて、消耗の極みに達し、もう一日ともたない状況
    だった。

     まずトラックで、負傷者を送り出す。その後、1箇小隊づつ
    隠密に陣地を離脱した。幸いにもソ連軍はすぐには追撃してこ
    なかった。夜間の白兵戦で日本兵の強さに恐怖感を抱き、その
    夜も夜襲を恐れて、前線から後退していたために、日本軍の撤
    退に気がつかなかったのである。また3日間の戦闘で予想外の
    大損害を受け、積極的進撃の意欲を失っていた。

     一行は山中を歩き、ようやく6日後の8月27日に万里の長
    城にたどり着いた。長城のもとでは、一行の到着を知った中川
    ・駐蒙軍参謀総長以下の将官等が出迎えた。一行は疲労を隠し、
    堂々と胸を張って行進した。戦死者約70人の遺体から切り取っ
    た遺髪や小指を、飯ごうや図のうに入れての行進である。出迎
    えた中川参謀総長はこう手記に書き残した。

         暫くの後、後衛(帰着した一隊)、整々たる縦隊を以て
        帰着す 士気旺盛なるも、長き頭髪と髭とは無言に長期の
        労苦を示す 小官感極まり落涙あるのみにして、慰謝の辞
        を述ぶる能わず

■9.緑したたる森に赤い鳥居■

     富田母子を乗せた列車は、ふだんなら10時間ほどで着く所
    を3昼夜もかけて24日午後、天津に着いた。そして日本租界
    の中の小学校に収容された。熱を出していた章三は、市内の病
    院で手当を受けたが、翌日、亡くなった。9月に入って、よう
    やく合流した父は、それを聞いてがっくり力を落とした。

     蒙古政府の日本人官僚たちは、天津でも引き揚げ者たちへの
    食料や衣服などの供給に必死の働きをした。丸一陣地で戦った
    将兵の一部も、武装解除された後に、天津で帰国の船を待って
    いたが、旧日本軍の物資倉庫に忍び込んでは、米や毛布を盗ん
    で、引き揚げ者たちに差し入れた。警備のアメリカ兵たちは見
    て見ぬふりをしてくれた。

     10月に入って、引き揚げ者たちの間で発疹チフスが流行し、
    富田家でも栄養失調で体力の弱っていた清美(8歳)と伊久代
    (2歳)が相継いで亡くなった。

     10月16日、引き揚げの第一船、江ノ島丸に乗船。弱って
    いた豊は父の背におぶわれてタラップを登った。船中でも安心
    感から、急速に病状を悪化させて水葬に付される人が相継いだ。
    豊が「ボクも死ぬんだろうか」と母に聞くと、「何を言ってま
    すか。もうすぐ内地ですよ。日本ですよ。」と励まされた。

     江ノ島丸が対馬沖にさしかかると、緑したたる森に赤い鳥居
    が見えた。引き揚げ者たちはデッキに鈴なりになって泣いた。
    生きて帰れた、という実感が湧いた。

■10.35年目の初対面■

     昭和56年1月25日、愛知県豊川市。古い農家の一室から、
    耳慣れぬモンゴルの歌声が響いた。

        アルバン トングル チルクデ ナルジョー

     歌っているのは、47歳になった富田豊。ピンと背筋を伸ば
    してそれに聴き入っている老人は、元陸軍少佐・駐蒙軍独立混
    成第2旅団参謀、辻田新太郎、71歳だった。昭和20年8月
    20日の夕刻、豊は母に連れられて、張家口の駅の引き揚げ者
    の渦の中にいた。辻田少佐はその時、丸一陣地の戦闘司令所で、
    どうしたら引き揚げが完了するまでの3日間を持ちこたえるか、
    考えてあぐねていた。

     それから35年目にして、ふたりは始めて出会った。辻田が
    旧陸軍軍人の親睦雑誌に書いた記事が、偶然、富田の目にふれ、
    一読、感動を抑えきれずに、辻田への感謝の手紙を書いたのが
    きっかけだった。

         いや、下手な歌をお聞かせいたしました。こんな歌を今
        うたえるのも、あの時、辻田さんたちに頑張って頂いたお
        かげですよ。

     歌い終わって深々と礼をして、こう言う富田に、辻田は答え
    た。

         いえいえ、私どもは、軍人としての義務を果たしただけ
        です。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(203) 終戦後の日ソ激戦
    北海道北部を我が物にしようというスターリンの野望に樺太、
   千島の日本軍が立ちふさがった。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 稲垣武、「昭和20年8月20日 内蒙古・邦人4万奇跡の
   脱出」★★★、PHP研究所、S56

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「同胞4万救出作戦」について 

                                       しらゆきひこさんより
    「同胞4万救出作戦」を驚きと感動で読ませていただきました。
    実は、文章に紹介されている冨田豊は私の義父であり、70歳
    になりますが、元気です。母のイトも94歳で健在です。引き
    揚げの苦労話は今までも聞いたことはありましたが、それを命
    がけで護ってくださった方達の御存在を初めて知り、深い深い
    感謝の念でいっぱいになりました。

     義父をはじめ、家族も大変、喜んでおりました。義父や祖母
    の、孫やひ孫への慈悲に満ちたまなざしの奥には、命がけの脱
    出、逃避行があり、幼くして逝った者達への哀惜の念があるの
    かもしれません。祖母の長寿なのは、幼くして亡くした3人の
    子供の分も生きようとしているからかもしれません。

     義父や祖母を助けてくれた方達のお働きなくして、今の自分
    の家族の存在さえ考えられないことに、あらためて思いをいた
    しています。歴史を築いてこられた先人への感謝、身を捧げて
    同胞を護ってくださった英霊への感謝を決して忘れてはならな
    いと思いました。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     奇しき縁(えにし)に驚かされるとともに、我々は歴史につ
    ながっている、との思いをあらたにしました。

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.