[トップページ][平成16年一覧][人物探訪][113 人生観][253.079 アメリカ:現代][780 スポーツ]

■■ Japan On the Globe(376)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

          人物探訪: イチロー、現代の求道者
                      〜 平成16年の国際派日本人
                  イチローは宮本武蔵などの剣聖と並べてみると、
                よく似合うだろう。
■■■■ H16.12.26 ■■ 32,567 Copies ■■ 1,415,536 Views■

■1.「歴史的な偉業」■

     その瞬間、全米が興奮に包まれた。

         全米の各メディアは、米大リーグ、マリナーズのイチロ
        ーが大リーグ年間最多安打記録を八十四年ぶりに塗り替え
        たことを一斉に報じ、「歴史的な偉業」をたたえた。
        ・・・

         またニューヨーク・タイムズ紙も二日付で「ほとんど忘
        れられていた幻の記録への挑戦で、イチロー選手が最も古
        い記録のひとつを破った」と大々的に報じた。「試合中は
        めったに感情をあらわにしないイチローが、チームのメン
        バーに取り囲まれ、自分の顔が(84年前の記録保持者)
        シスラーと並んで球場のスクリーンに映し出されると、あ
        ふれんばかりの笑顔を見せた」とそのときの様子を描き、
        チーム成績は今季低迷したことに触れつつ、「スズキの挑
        戦はチームに輝きをもたらした」と称賛した。

         一方、オピニオン面には、・・・米国にも差別の歴史が
        あったとしながら、野球チームの国際化は日米双方で急速
        に進んでおり、太平洋をはさんだ信頼関係は深まっている
        と好意的に結んだ。[1]

     ニュースは台湾や韓国でも取り上げられた。

         台湾の有力夕刊紙、中時晩報は2日、イチロー選手のシ
        ーズン最多安打記録について「『大和の英雄』が記録を塗
        り替えた」と1面で報じた。[2]

         日本同様、米大リーグで活躍する選手が多い韓国では、
        イチローの知名度は非常に高い。記録更新が射程に入った
        先月からは、スポーツ紙が連日、イチローの成績を細かく
        伝えた。この日は、スポーツ専門局も韓国人選手が出場す
        る試合ではなく、マリナーズの試合を生中継。記録達成の
        瞬間に「実にすごい、大した選手です」と解説者が語るな
        ど、イチローの偉業を自国民が成し遂げたかのように称賛
        した。[3]

■2.「メジャーリーグの投手と野手では歯が立たないだろう」■

     2001年、シアトル・マリナーズがイチローと3年で約15億
    円もの契約をした時に、ほとんどのアメリカ人にとっては、そ
    れだけの価値がある選手だとはとても信じられなかった。ポパ
    イのような腕をして、特大のホームランをかっ飛ばすのが、メ
    ジャーリーグの野球なのだ。身長175センチ、体重73キロ
    の、日本人としても大柄とは言えない細身の選手が通用するだ
    ろうか?

     あるアメリカ人の野球記者はイチローの日本でのビデオを見
    てこう述べた。

         ピッチャーが投げるすべての球に反応して動き、バッタ
        ーボックスでふらついているようにも見えた。球をたたく
        ように打ち、すぐさま走り出すスタイルは、メジャーリー
        グの投手と野手では歯が立たないだろうと思われた。その
        うえ、パワーもなさそうだった。[4,p14]

     マリナーズのピネラ監督自身も、そう大きな期待はしていな
    かった。

         打率は2割8分から3割、盗塁は25から30、まあ点
        は稼いでくれるだろう。[4,p110]

■3.「ああ、こいつには通用しないな」■

     イチローは最初の数試合で、これらの芳しくない前評判を一
    気に覆してみせた。4月2日の開幕戦、相手はアメリカン・リ
    ーグ西部地区のライバルで、昨年はマリナーズを圧倒したオー
    クランド・アスレチックス。イチローは最初の2打席こそ凡退
    したが、3打席目には初安打を記録し、これが足がかりとなっ
    て2点が入り、4対4の同点に追いついた。

     8回、先頭バッターが四球で出塁した後、イチローは犠牲バ
    ントを命ぜられ、一塁線に絶妙のバントを転がした。相手ピッ
    チャーは昨シーズン一度もエラーをした事のない名手だ。しか
    し、俊足の左打者でも普通は4.2秒はかかる所を、イチロー
    は3.7秒で走る。ピッチャーが球を掴んだ時、イチローはす
    でに一塁に近づいていた。ピッチャーは焦って悪送球し、走者
    は2、3塁に進んだ。3番打者が歩かされ、4番打者が犠牲フ
    ライを打ち上げて勝ち越し、マリナーズは開幕戦を飾った。

     4月6日、テキサス・レンジャーズ相手の最初の遠征戦では、
    初回に2塁打を打ち、4点をとる口火を切った。7対7の同点
    となった10回、先頭打者が四球で歩くと、イチローは2点本
    塁打を放って試合を決めた。2塁打を打たれた投手はこう語っ
    た。

         最初の報告書には、イチローに対しては内角を攻めろと
        あった。だから最初に内角に投げたら、レフトに思い切り
        強烈な2塁打を打たれた。そのとき思ったのさ。「ああ、
        こいつには通用しないな」って。イチローは、めったにこっ
        ちの手には乗らない。ヤツの手にかかったら、うまくはい
        かないよ。それでも投げたら、イチローはボールをスタン
        ドに叩き込んで、また同じ球を待つだろう。[4,p116]

■4.「お詫びコラム」■

     イチローは「メジャーリーグの投手と野手では歯が立たない
    だろう」と書いた記者は、シーズン開幕からわずか1ヶ月半後
    の『シアトル・タイムズ』に「お詫びコラム」を書いた。

         そろそろ懺悔しなければならない。この日本から来た未
        知の選手、この「たたき打ち」タイプの細身の打者を信用
        していたアメリカ人が、いったいどれだけいただろう。そ
        のうえ、これほどの短期間でアメリカの野球界に衝撃を与
        える選手になることを、いったい誰が予想しただろう。・
        ・・

         イチローは現在、ア・リーグで打率3位(3割6分5厘)、
        安打数1位(73安打)、盗塁数1位(15盗塁)、得点
        1位(40得点)、得点圏打率1位(5割7分1厘)であ
        る。こうした数字だけでも驚異的なのに、シーズンという
        長丁場からすれば、イチローはまだウォーミングアップの
        最中らしい。[4,p15]

     イチローの活躍はそのまま続き、オールスター・ゲームでの
    ファン投票では337万票を獲得。新人の最多得票はメジャー
    初だ。しかもナショナル・リーグの最多得票は、このシーズン
    に73本のホームランを放って記録を更新したサンフランシス
    コ・ジャイアンツのボンズ選手だったが、彼よりも120万票
    も上回っていた。日本からの投票68万票を差し引いても、ま
    だイチローの方が多い。「アメリカの球界はたまげている。イ
    チローがメジャーに来てくれて嬉しいよ」とボンズは語った。

     イチローの活躍に引っ張られて、マリナーズは快進撃を続け、
    結局116勝46敗で地区優勝を果たした。勝利数116勝は
    95年ぶりの大記録である。イチローは首位打者(3割5分)
    と盗塁王(56盗塁)を同時に獲得したが、これは1949年のジャッ
    キー・ロビンソン以来のことである。守備でも失策わずか1個
    でゴールドクラブ賞を獲得。

     地区プレーオフではクリーブランド・インディアンスを下し
    たが、その後のニューヨーク・ヤンキースとのリーグ優勝決定
    戦では、イチローの前後が抑え込まれて敗退した。それでもイ
    チローは、この年のMVP(最優秀選手)に選ばれた。

■5.小学6年生の夢■

     普通の体格の選手が最高レベルの頂点に立つという、人々を
    勇気づけるイメージが、アメリカや日本の子どもたちに影響を
    及ぼすかどうかと尋ねられ、イチローはこう答えた。

         僕は細いしパワーもありませんが、MVPをとりました。
        僕でもメジャーリーグで野球をできることが証明されたの
        です。これからの世代も同じです。彼ら(子どもたち)に
        はどんどん挑戦してほしい。僕にできたのだから、できる
        はずです。メジャーリーグの選手になるという目標を持っ
        てほしいです。[4,p301]

     この答えには、イチロー自身の体験が滲んでいる。イチロー
    は小学6年生の時に、こう作文に書いた。

         僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

         そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなけれ
        ばなりません。活躍できるようになるためには練習が必要
        です。僕は三才の時から練習を始めています。三才から七
        才では半年くらいやっていましたが、三年生の時から今ま
        では三百六十五日中三百六十日は激しい練習をやっていま
        す。・・・

         去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。そして、ほ
        とんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選
        手と確信でき、打撃では県大会四試合のうちホームラン三
        本を打てました。そして、全体を通した打率は五割八分三
        厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そ
        して、僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。だ
        から、この調子でこれからもがんばります。そして、僕が
        一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世
        話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一
        つです。とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。
        [a]

     単に夢を語るだけでなく、それを実現するために厳しい練習
    に自ら取り組み、また打率やホームラン数といった具体的な数
    字を挙げて、その達成状況をチェックしている。その求道精進
    ぶりはとても子供とは思えない。

■6.猛練習の日々■

     イチローが本格的に野球を始めたのは、小学3年の時であっ
    た。それから中学卒業までの7年間、毎日、名古屋空港の近く
    にあるバッティング・センターに通い詰めた。1年に休むのは、
    バッティングセンターが休みの正月の2日間だけだったという。

     小学3年生の時は、時速100キロの球を打っていたが、6
    年では最高の120キロの球を打った。それでも物足りなくな
    ると、バッティング・センターの方で130キロまで出せるよ
    うに機械を改造してくれた。さらにはバッターボックスよりも
    2,3メートル前に出てボールを打った。

     愛工大名電高では寮に入った。練習が終わって、風呂に入り、
    夕食が終わると、夜11時までの唯一の自由時間があったが、
    この時間にもイチローは、素振りをしたり、ランニングをした。
    朝は3時に起きて、先輩のユニフォームを洗濯し、5時から朝
    食の準備をする。こんな生活をまる2年続けた。

     高校3年夏の甲子園予選の決勝で敗れ、2年以下にバトンタッ
    チされた後も、授業が終わると、たった一人で黙々と練習を続
    けた。雨の日も風の日も、一人きりの練習は卒業するまで、続
    けられた。

■7.「自分のやり方でやりたい」■

     高校を卒業すると、4位指名してくれたオリックスに入り、
    ようやく念願のプロ野球選手となった。最初のシーズン、92
    年7月に一軍に呼ばれた時は「ちょっと早すぎるから、ボクは
    まだ2軍でいいです」と渋った。まだ自分の打法が完成してい
    ない、という思いがあったのだろう。

     結局、最初の2シーズンで1軍と2軍の間を3回も往復した。
    バッティング・コーチからは「オレの言うことを聞くんであれ
    ば教えてやる」と言われたが、きっぱり「聞きません」と宣言
    して2軍に落とされた。「自分のやり方でやりたい」と涙なが
    らに2軍の河村コーチに訴えた。

     河村コーチはイチローが首位打者になる才能があると確信し
    て、その長所を伸ばすことだけを考えた。河村コーチとの二人
    三脚で「振り子打法」の完成に取り組んだ。

     3年で結果を出す、という目標通り、プロ入り3年目、94年
    のシーズンでは、210安打でシーズン最多安打の日本プロ野
    球記録を達成し、首位打者に輝いた。イチローは以後、7年、
    このタイトルを他人に渡さなかった。

     99年4月11日、日曜日、ナゴヤドームでの西武戦。9回の
    最初のバッターだったイチローは、ボテボテのセカンドゴロに
    打ち取られた。

         それで、僕は最悪のセカンドゴロだったんですが、次の
        瞬間、嘘のように目の前が晴れていったんですよ。「ああッ、
        これなんだ!」と思いました。これまで、探し求めていた
        タイミングと体の動きを一瞬で見つけることが出来た。そ
        れをあやふやなイメージではなく、頭と体で完全に理解す
        ることができたんです。[5,p195]

     翌2000年のシーズンには自己最高打率の3割8分7厘を達成
    し、マリナーズに移った。

■8.現代の求道者■

     メジャー3年目の昨シーズンは打率3割1分2厘、ア・リー
    グ第7位で終わった。3年連続200安打を達成したものの、
    最初の年に比べれば、物足りない成績だった。

    「打撃不振の原因はヒットが打てるポイントが劇的に増えた副
    作用」というのが、イチローの結論である。難しいボールを体
    が打てると判断するから打ちに行く。その結果の「低打率」で
    あるから、別に気にも留めなかったという。[5,p3]

     とするなら、今シーズンの262本という84年ぶりの大リ
    ーグ記録達成も、技の深化の結果と言えよう。昨年、打てるポ
    イントが劇的に増え、今年はそれを確実にヒットにできるよう
    になったということだろう。イチローはどこまで進化するのか。

     イチローは他の偉大なバッターのように、バッターボックス
    に歩いていく時に、相手ピッチャーを睨んだりしない。淡々と
    した表情でボックスに入る。スタンスの位置を決めた後で、やっ
    と投手の方を見るが、その表情は柔和である。そしてバットを
    一回転させ、左手でユニフォームの右肩を軽くつまむ。無心の
    境地を求める武芸者の儀式そのものである。

    「一途、一徹、一流、イチロー」という宣伝コピーがあった。
    イチローは宮本武蔵や柳生石舟斎、山岡鉄舟といった剣聖と並
    べてみると、よく似合うだろう。我が国の「求道」の伝統を引
    き継いだ「現代の求道者」なのである。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(275) イチロー少年の育て方
    現代の脳科学が明らかにする、やる気のある子の育て方、教
   育荒廃の防ぎ方。
b. JOG(325) ニューヨークのサムライ、松井秀喜
    松井の大リーグ挑戦に日本人の「誇り」がかかった。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。
1. 産経新聞「イチロー 最多安打更新 米メディア NY、ヤン
   キースより優先/地元紙は興奮」H16.10.03
2. 産経新聞「イチロー、最多安打更新 台湾紙『大和の英雄』」
   H16.10.03
3. 産経新聞「イチロー、最多安打更新 韓国でも好意的反響」
   H16.10.03
4. ボブ・シャーウィン『Ichiro メジャーを震撼させた男』★★、
   朝日文庫、H16
5. 児玉光雄『イチローに学ぶ「天才」と言われる人間の共通点』
   ★★、KAWADE夢文庫、H16

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.