[トップページ][509 モノづくり大国日本]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

                 日本は特許出願“三冠王”

                                                   伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1253 ■ H19.02.26 ■ 8,816 部 ■■■■■■■


     昨日配信した「国際派日本人養成講座」485号では「田中久
    重 〜 日本近代技術の開祖」[a]を取り上げたが、現代日本の
    技術力は、国際社会の中でますます重みを増している。

     世界知的所有権機関(WIPO)が昨年10月16日に発表
    した特許に関する初の包括的な統計リポート「WIPO特許報告」
    では、日本は2004年の特許出願件数で、「国内」「国外」「人
    口100万人あたり」の3部門でいずれもトップを占める“三
    冠王”となった事が報告されている。[1]

     それによると、国内特許出願件数(居住者による出願分)の
    上位は
        〈1〉日本 36万8416件
        〈2〉米国 18万9536件
        〈3〉韓国 10万5250件
        〈4〉中国  6万5786件

     国外での出願件数も日本(約13万7800件)がトップで、
    2位以下は米国、ドイツ、韓国の順だった。

     人口100万人当たりの出願件数の順位は、
        〈1〉日本 2884件
        〈2〉韓国 2189件
        〈3〉米国  645件
        〈4〉ドイツ 587件

     WIPOによると04年の世界の特許出願総件数は約160万
    件ということなので、日本の国内外合計約40万件は、世界の
    四分の一にあたる。日本の技術大国ぶりをいかんなく示してい
    る。

     学校教育での学力低下が懸念される中で、これだけの特許件
    数を誇っているのは、おそらく企業内での教育や盛んな技術開
    発活動のお陰だろう。

     早く学校教育を再建して、この技術大国の地位を維持・強化
    したいものだ。

■リンク■
a. JOG(485) 田中久重 〜 日本近代技術の開祖
   「精巧な機械を造って新しい日本の建設に役立ちたい」

■参考■
1. 読売新聞「日本、特許出願“三冠王” 国内、国外、100万
   人あたりでトップ」、H18.10.16、東京夕刊 

© 平成19年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.