[トップページ][519 環境保全]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

                世界を驚かせた東京都の水道

                                                   伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1289 ■ H19.05.21 ■ 8,953 部 ■■■■■■■


     5月15日、石原慎太郎知事は米ニューヨークで開かれてい
    る「大都市気候変動サミット」での水資源に関するパネルディ
    スカッションで、都の取り組みについて報告した。

     その中で、東京都が水道管の材質改善などで、過去50年間
    で漏水率を20%から3・6%に下げた実績を報告すると、会
    議の出席者から驚嘆と質問が相次いだ。

     水道管から漏れる「漏水率」は、メキシコ市で約35%、ロ
    ンドンでは約26%などで、世界の大都市の平均は10%前後
    とされる。漏水率の低下は配水に必要な電力を削減するほか、
    浄水処理などに伴い排出される大量の二酸化炭素(CO2)の
    削減につながる。

     石原慎太郎知事は、会議終了後、記者団にこう語った。

         3%の漏水率は外国にとって驚異だろうね。東京は、
        350万人程度の大都市が1年間に使用する水道量と同じ
        量の漏水を食い止めてきた。中世で上水道があったのは東
        京だけ。そういう文化を受け継いできたのだから、水道世
        界一は当たり前。日本の歴史が残してくれた大きな遺産だ
        と思う。

     日本は「水の豊かな国」だと日本人は思っているが、それは
    事実ではない。確かに年降雨量は1700mmと世界平均900mm
    の2倍近いが、国土が狭く人口が多いため、一人あたりで使え
    る水の量は33百立米と実はイラクと同程度である。特に関東
    地方は900立米とエジプト並みだ。[a]

     そうした中で、50年間、営々と水道の改善を続けてきた人
    々に感謝と敬意を表したい。
    
■リンク■
a. JOG(469) 人類を襲う水飢饉
    水飢饉から人類を守るために、日本の「緑と水」の技術が求
   められている。 

■参考■
1. 産経新聞「漏水率わずか3% 大都市サミット 知事“都の驚
   異”紹介」H19.05.17、東京朝刊、27頁 

© 平成19年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.