ようこそ ◇ 歩く科学 ◇ へ ごゆっくりご覧ください。  
Since:1997/08/26
 このサイトは、身の回りの自然を写真で紹介します。自然は時に一瞬の輝きを見せることがあります。その時に、その場所で、カメラを持っていたからこそできる貴重な体験を記録に残せることもあります。日常身辺の出来事を科学の目で見つめます。閉じこもることなく自分の足を使って歩いて探したり、観察したり、さわってみたりします。当たり前だと思っていることの中にも不思議なことがたくさんあります。
科学の心で不思議発見!
自分が直に体験した自然の輝きを記録に残しました。どうぞご覧ください。
  
E-MAIL 


※整理中
画像をクリック
INDEX
 虹  日暈  月暈
 幻日 太陽柱
 幻日環 彩雲  薄明
 雹  月  天頂環
 太陽  雲  霜
 吊雲  花火  水平環
 流氷  氷柱 稲妻
 皆既月食 金環日食  光環 
 雪  人工雪 富士山

TOPIC 
平成27年1月1日初日の出
平成27年7月29日−虹
平成27年9月9日−虹 
平成27年9月10日−虹 







 
メダカ  野鳥  
植物の葉の気孔  
デンプン 
雨粒について 
ホウネンエビ&カブトエビ 
三宅島の火山灰 
自然科学普及活動  




■平成28年5月5日 羊山公園 芝桜の丘 
芝ザクラの便りにさそわれて
秩父市羊山公園に行ってみました。
どうもシーズン末期みたいで、花もまばらでした。
観光写真で見るような豪華さはありませんでした。
 
■平成28年5月1日   
春風に誘われて、野原には、たくさんの花が咲いています。
蜜を求めて、蝶や虫が集まっています。

 
■平成28年3月15日  
光環
今回の光環は、広範囲にしかもきれいに見られたようです。
翌日の朝日新聞朝刊には、写真付きの記事が掲載されていました。


■平成28年2月15日 
昨日は、20度を超える1日で、春一番が吹いたらしい。
一転今日は5度程度で、肌寒い1日でした。
午後には、風花が舞いました。
白梅の花も咲き始めました。赤いつぼみから、
真っ白な花弁が開きとてもきれいです。 

■平成28年2月7日(日)
未明に雪が降りました。天気予報通りとはいえ、
本当に雪が降るとは思っていませんでした。
地面一帯が1cm程度降雪があり、一面が真っ白になりました。
一面に広がる茶畑も薄化粧。
遠方には、とてもきれいな富士山が真っ白です。
早朝には、空気がとても澄んでいて、
日の出とともに、雪化粧の秩父連山が赤く染まりました。
 
■平成28年1月10日(日) 冬の大三角
冬の星座はとてもきれいに見えます。
オリオン座の3つ星や冬の大三角がとてもきれいです。 
 ■平成28年1月1日(金)
新年おめでとうございます。 



太陽が昇り始めました。
今年もよい年でありますように
■平成27年12月31日(木)
今年も今日で終わり。近くの公園に行きました。
親子連れが、お子さんに「この鳥はシベリアからやってくるんだよ。」
はるばる日本へやってきた渡り鳥もいそうです。
見慣れた留鳥もいますが、渡り鳥もいます。
名前は分からない鳥もいます。
オスは派手なので調べればわかると思いますが、
メスはどうも地味なのでよくわかりません。
番(つがい)でいる鳥で調べればメスもわかるかもしれません。 

今年はこれで終わりです。
皆様のご多幸とご健康を祈念しています。



 
■ 平成27年12月26日(土) ヤマガラ


■平成27年12月8日 月と金星
前日の早朝では、金星は月の左下に位置していたのに、翌日には、月の右上に移動していた。
昨日の夜のニュース番組で、金星探査機「あかつき」の報道をしていた。
早速翌日の早朝撮影してみた。
金星周回軌道導入に失敗したのは2010年のことだ。
再計算の結果、軌道再投入の千載一遇のチャンスを迎え、
再噴射により軌道投入に成功したようだ。
もし成功なら、今度2年間金星の観測を続けるそうだ。

 
■平成27年11月21日(土) 彩雲
 
薄い絹層雲が広がる1日でした。
太陽の周りには、彩雲が現れていたので撮影してみました。
太陽を写しているので、ゴーストがところどころ見られます。
それを差し引いても、
雲が色づいているのがわかります。









 
■平成27年11月15日(日)
 
昨日は1日中雨。
今日は曇り。午後からは晴れ間がのぞいた。
近くの畑には、大きなキャベツ畑が広がっています。
キャベツの葉1枚1枚に水滴がついています。
水の表面張力により
水滴が球状になっています。


林は秋の装いです。落葉樹の葉が地面一面を覆い尽くしています。
落ち葉の隙間からコナラのドングリが落ちています。
トトロが好きなドングリです。
中には、芽を出しているのもあります。
おそらく数十年で大人になることでしょう。
 ■ 平成27年11月3日 入間航空祭り
11月3日は、晴れの特異日。
高い確率で特定の天気になる日を特異日といわれています。
前日は雨で、とても寒い日でした。
翌日の11月3日は、みごとに快晴です。
入間航空祭の開催日でもあります。
ブルーインパルスの華麗な曲芸飛行の中には、
毎年恒例の図形があります。
今年は、青い空をバックに白煙で図形が描かれました。
弓矢が完成すると、観客からは大歓声と拍手で沸き立ちました。
多少風が強かったので、なめらかな曲線も、
次第に形が崩れていきました。



1964年の東京五輪の開会式は10月10日でした。
この日が選ばれたのは、晴れの特異日だったからだと聞きます。
2020年に東京五輪が開催されます。開催は夏頃のようなので、
晴れの心配はいらないかもしれません。でもとても暑そうです。
ブルーインパルスの編隊飛行はとても芸術的です。
等間隔でミスがありません。
長野オリンピックの開会式でも
飛行していたと記憶しているので、
2020年もきっと素敵な図形を描いてくれることでしょう。


 ■平成27年10月18日

月の立体感が感じられるのは三日月くらいの月がいいですね。

 
■ 平成27年10月10日 

10日の夜から翌日にかけて雪が降り、富士山の初冠雪が観測されました。
12日の朝刊に写真付きで掲載されていました。
下の富士山は、冠雪する前の今年最後の富士山になります。
新聞記事によると。初冠雪は平年より11日遅く、昨年より5日早いそうです。


 
 
■平成27年10月10日(土) 月と木星 

朝5時20分。下弦の三日月。うっすらと地球照が見えます。
太陽光が当たらない所は、真っ暗なのですが、
地球が反射した光の照り返しにより、明るくうっすらと見えるのです。

夕方、yahooのトップページを見ると、
朝方の月と4つの惑星の写真が掲載されていました。
確かに他にも明るい星があったので惑星だとはわかりましたが、
撮影するのが遅かったことと、この情報を知っていれば、
月と4惑星の写真を撮っていたことでしょう。残念。


 
■平成27年10月3日(土) 幻日 

太陽の約22°右側に、ちょっとした輝点が現れました。



 ■平成27年9月30日(水)

ここ最近、高積雲が空を横切っていきます。
昔の洗濯板のように、ロール状の雲が規則正しく並んでいます。
秋まっ只中です。


 
 ■中秋の名月 平成27年9月27日(日)
 
秋が深まってきました。
今日の月は、少し雲がありますが、雲の切れ間から見ることができました。
夜になると、虫たちが鳴いています。
「?虫の声」 には、5つの虫がでてきます。
「クツワムシ」は、「ガチャガチャ」うるさいです。
「ウマオイ」は、「スイッチョン」と聞こえます。



 ■高積雲 平成27年9月21日(月)

 波状のような、ロールのような雲です。



 ■天頂環 平成27年9月19日(土)

久しぶりに天頂環を見ることができた。名前のように、天頂付近を見上げないとみることができません。
弧の大きさは、そんなに大きくはありませんが、色鮮やかに見えました。



10分もしないうちに天頂環は薄れてきてしまいました。
太陽の右側に幻日が見えます。太陽から視半径22°あたりです。
さらに視半径46°あたり上空に天頂環が現れます。




 Copyright 1997-2015 Matsuo kanai. All rights reserved Arukukagaku Science Gallery.