SINCE:98/03/05 LAST UP:13/03/24 PM

Profile Diary VideoGame Higashide Ukagaka Link

News/Diary
 sawadaspecial
 Info. Jam!
 ちゆ12歳ポータル
 HK-DMZ PLUS .COM
 カトゆー家断絶
 変人窟
 MOON PHASE
 好き好き大好きっ
 野良犬の塒
 Side だよもん

伺か
 うさださくら
 Open KEEPS
 何かゴーストマネージャ
 何かLink.com
 Encyclopedia of 伺か

 Baseball
 濃恋鯉
 習慣ベースボール
 鞘師組(仮)
 Baseball Junky!
 広島カープ

Mass Media
 スポニチ
 ニッカン
 サンスポ
 ZAKZAK
 中日スポーツ
 中国新聞カープ情報
 RCC

新潟
 ガタケット
 niigata-boro.net
 新潟国際情報大学
 asahi.com新潟
 新潟日報
 新潟県出身の有名人!!
 アルビレックス新潟
 新潟アルビレックスBC
 HARD OFF ECOスタジアム
 新潟市歴史博物館

Others
 Production I.G
 川井憲次
 ゲームセンターCX
 GALAXY'S CHILD HOMEPAGE
 ストラトス・フォー

2013年3月24日(日)
パトレイバー実写版プロジェクト「PATLABOR」起動、2014年公開かGIGAZINE

 → 公式サイト

 3日前の情報だけど、今日友人らと会ったときに聞いた話しだったのでチェック。
 何年も前から「実写化するとしたら配役は誰がいい?」というシミュレーションはネタになっていたが、今の芸能界だと適役の想像は難しいかもしれない。

 個人的にはシバシゲオが登場するなら千葉繁氏しかありえないと思っていたんだが、今更だと年齢的にキツいだろうもんな。

 パトレイバーが原案になったという「踊る大走査線」を手がけたスタッフとかが製作するなら作品への愛情もあるもんだろうけど。仮に原作スタッフがほとんど絡まないのだとしたら、期待することはほとんどないんだろうな。



2013年3月10日(日)
川崎ハーフマラソン

 ひとり箱根路を終えて、最初のレースがこの日であります。

 3月初旬にしては気温はやや高め。
 川崎市の多摩川沿いは強風が吹き、関東地方はこの日午後の空が真っ黒になるという天候でございました。


 結果的に、完走なれど記録は…2時間8分40秒。

 ハイ、まったくダメダメです。

 前半10kmを力を貯めながら53分30秒ほどで通過したので、スピード的には数年前(初めてケガする前)の水準まで戻れていたんではないかと考えていましたが。
 1時間50分切りを狙おうと欲を出して、やや速いペースのランナーの後ろについていって15kmほどまできたところで、それまで何の前触れもなかった右足ふくらはぎが突如けいれん。そのままこむら返りを起こしそうだったところ、素早くコースを外れてお尻をつき、足を伸ばして危うく難を逃れます。

 しかしながら、それ以上ここまでのペースで走るのも怖くてできず、あとは歩きとジョギングペースの走り方を繰り返してゴールまで目指しました。スタートがゆっくり目だったので、中盤の5km〜15kmの間には多くのランナーを抜いていったのですが今度は逆に多くのランナーに抜いていかれる(しかも、もう追いつけない)光景をまたも今回繰返し見ることになったのは悔しいばかり。


 日記の記録にはないのですが、私は2009年秋に出場した厚木市のハーフマラソンで何度も足をけいれんさせながらも我慢して走り続けた結果、最終的に肉離れを起こして初めてレースを途中棄権しています。
 そのケガから復帰以来、10レース以上ハーフマラソンやフルマラソンに出場してきましたが、いずれもレース中にけいれんを発症させてしまい、ゴールまでを満足に走りきれたことがありません。

 けいれんが完全にクセになっています。


 でも、練習で走る分にはけいれんしないんだよね。
 多分、レースで「タイム」を気にすることが、肉体的にマイナスに働くんだろうなあ。

 ここ数年の課題になっています。



2013年2月22日(金)
古葉竜史勤続10周年記念企画 ひとり箱根路の旅 〜千秋楽〜

 今日の天気もまあまあ。でも気温は低い。
 ラストの9区、10区は都心部に近づくにつれて信号ストップが多くなるコースなだけに前半で元気なうちにとばして行きたいところ。
 しかも本日は休暇中の身でありながら18:00から新横浜で会社イベントがあるため、それまでに終わらせて行かなければならないという制約があるため少し焦るかもしれない。

 

 09:35 戸塚中継所スタート。
 これでも予定よりスタート地点到着が遅くなってしまった。

 全体的に下り傾向なので走りやすさはまあまあなんだが、やはり足の痛みは気になるわけで…。

 

 11:30 横浜駅前到達。
 この時点ではまずまずのペース。しかしここから足が動かず遅れてくる。

 その後、神奈川新町近くの定食屋にて昼食。昼食終了時点で12:30。
 まだ鶴見にも着いてない!

 

 とりあえず鶴見につかなくては話にならない…と痛む足に鞭打ち鶴見川を越えて13:10に鶴見中継所に到着。
 日本橋到着目標を16:00ごろに置いていたため、ペース的にはあまりよろしくない。
 こっからはまた赤信号ストップが増えていくのだ。

 

 13:45 多摩川通過。
 5日ぶりに東京都内へ戻ってきた。とにかく信号がないところでどんどん進んでいかないと。

 

 14:10 京急蒲田駅前。
 足の痛みも一歩一歩に激痛を感じるので我慢して走ることがほとんどできない。
 そして今日はよく汗をかくため、水の消費も早い。すでに1リットル飲んでいる。

 

 14:55に青物横丁駅を通過し、15:15に品川駅を通過。
 ペースは回復してきたように見えたが田町駅を通過したのが15:45とまたペースダウン。
 田町駅を越えて日比谷通りに入るところにそびえるのはNECビル。

 日比谷通りも新橋エリアに入るとさらに信号が多くなる。
 ひとつ交差点を差し掛かるたびに赤信号でとめられるため焦る焦る。

 

 帝国ホテルを通過して見えてくる皇居前を馬場先門で右折し、いったんJRの線路をくぐる。

 地下鉄・京橋駅のあたりで左折する。
 16:25 ついに銀座エリアを通過。ゴールはもうすぐだ。

 

 16:30 日本橋へ。
 この先の三越を左に曲がればあとは真っ直ぐである。

 

 最後は数十メートル先の信号に止められないように気力でスパートをかけて5日前のスタート地点を目指す。

 16:40 サンケイビル脇にてゴール。

 最終日は昼休みの休憩を抜いて6時間40分という所要時間でございました。

 これで6日間に渡るチャレンジは終了です。
 初日走っただけで足を痛めたり、雪の箱根を上り下りしてみたり、汗掻いた上に寒風吹きすさび激しく寒い状況に苦しんだり、毎晩の風呂が貴重な時間だったり、色々でしたがまあ大変な経験になったかと思います。個人的にも2日連続で40km超のラン+徒歩を実施したのは今回が初めての体験だったのでいかに体へ負担がかかるものかも理解しましたし、それでもやればできてしまうことを実証できました。

 後日、体調が回復したら再びちゃんとハーフマラソンなりフルマラソンなり走ってみて、自分が今回のチャレンジを通してどう変わってきたか見直してみたいと思います。
 ありがとうございました。



 なお、このあと東京駅から横浜駅に戻り、ロッカーの荷物を拾って近くのネットカフェでシャワーを浴びて着替え、新横浜に向かった結果20分遅刻で済みました。

 もーなんか、フラフラだったんですけどね。



2013年2月21日(木)
古葉竜史勤続10周年記念企画 ひとり箱根路の旅 〜五日目〜

 風祭の鈴廣蒲鉾本店前。
 今日はすっかりいい天気。箱根にはちょっと雲がかかっているみたいだけど。

 

 09:45 スタート。

 

 足の状態はまずまず。平地中心の今日のコースはどこまで我慢して走れるのか。
 とにかく中間地点となる平塚までは淡々と走れるならそうしたいところ。

 

 10:25 酒匂川を渡る。汗がガンガンと吹き出る。
 二ノ宮駅前でジャージを脱いでシャツ一枚になったが、今度は風で寒い。
 天気予報では晴れになるも、気温はかなり低いと言っていたかな。

 

 12:15 大磯駅前交差点通過。(駅側から撮影)
 往路では海側からこの交差点に入るが、復路ではまだ直進して平塚中継所手前で海に出るのだ。

 

 12:30 平塚中継所着。

 

 13:00 相模川越え。
 この日は茅ヶ崎で食事がしたいと思っていたため、そこまでは何としても補給を我慢。ランニングに力も入る。

 茅ヶ崎側には、新湘南バイパスの入り口にアーチが見える。これが普段、相模川沿いを走るときによく目にしているのだが、セントルイスのゲートウェイアーチかなんかの真似なのかと思ってしまう。

 

 13:25 茅ヶ崎のサザンビーチ周辺。ここで昼休憩です。普段より長く1時間くらいの昼休み。

 

 14:30 腹ごなしに少し海岸を歩きます。
 サザンビーチのC字型モニュメント。この向こうに見えるドットが烏帽子岩なのだが。

 ここから海岸を右手に走り出す。浜須賀交差点に着いたのは14:55。

 

 なんか足が痛くなっては歩き、痛みが鈍っては走り出し…を繰り返してきたが。
 藤沢市中心部も通過してとうとうこの日のクライマックス。

 15:45 遊行寺坂。
 足の裏だけでなくヒザまで悲鳴をあげてきたが、その横から子供を乗せた自転車のお母さんがスイスイ座りこぎで登っていくのを目にして驚愕してしまった。電動自転車にも見えなかったが…。

 

 その後、一号線に戻り目指す進路は東京一本。
 16:30 戸塚中継所へ到着。
 昼休憩分をひいた所要時間は5時間45分という感じですね。

 明日はいよいよ最終日(のはず)です。







古葉竜史 Tatsushi Koba : leaf-pro@mx5.mesh.ne.jp (アットマークを半角にして下さい)