最新稽古


23日(土)

サントリー ジャパンプレミアム 高山村シャルドネ 2015
名称サントリー ジャパンプレミアム 高山村シャルドネ 2015
生産者サントリーワインインターナショナル
価格頂きもの (参考価格:4,104円)
購入店 (サントリーさんから)

 本日は、師範代と次女はみなとみらいまでバレエを見にお出かけ、 長女は裏のおばあちゃんに誘われてご近所のお茶会にお出かけ。 師範以外は大変文化的な生活を送っております。

 そういうことで夕食の調理担当は師範。 メニューは、刺身(炙りサワラ、〆サバ、生シラス)、金目鯛の西京焼き、モヤシとクラゲのナムル、オクラの酢の物、ヒラメのアラの味噌汁という豪華版。 こういう魚メインの献立に合わせたのは、サントリーさんから頂いた日本ワインのシャルドネ。 なんでも本場フランスのワイン・コンクールで銀賞を受賞したんだとか。 昨日も書いたように師範はあまりコンクールを信頼していなかったりするんですが、 サントリーの中の人は大喜びされていたので、コンクールによっては権威があるのかもです。

 色は非常に薄く、ほぼ無色で清酒に近いような淡いレモン色です。 香りはなるほどシャルドネ、はちみつレモン的な柑橘類と蜜の香りをまず感じて、その奥に軽くバタークッキーのような香ばしさを感じます。 そして口に含むと香りの厚みが増して、メロンやモモ、リンゴみたいな甘さのあるフルーツの香りを感じます。 味もたいそう良い感じ。ブルゴーニュだとシャキッと硬質系の地域、 シャサーニュやピュリニー・モンラッシェ的なバランスと言うと褒め過ぎかもだけど、 厚みのある味わいでとても良いバランスです。

 確かにこれは賞を取ってもおかしくないワインだなぁ、と感じました。 これまで頂いたサントリーさんの白(コレとか)と比べると、 樽の使い方が素直でストレートにブドウの個性を引き出している印象です。 お値段4,000円強なので残念ながら道場の稽古範囲を超えてはいますが、この内容なら納得です。 やっぱり日本ワインはある程度出費を覚悟しないとその良さが味わえるワインには出会えない、 ということかも知れません。

点数82点

以降の今月分へ