[トップページ] [平成10年下期一覧][地球史探訪][210.761 戦後:占領下の戦い]
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/   Japan On the Globe 国際派日本人養成講座(49)
_/_/            平成10年8月15日 発行部数:2,697
_/_/
_/_/        地球史探訪:終戦後の戦い
_/_/   
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/     1.終戦後の戦い
_/_/     2.重光外相の恫喝
_/_/     3.言論統制:ポツダム宣言第10条違反
_/_/     4.改憲:第12条違反
_/_/     5.情報戦によるマインド・コントロール
_/_/       
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.終戦後の戦い■

 昭和20年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、戦闘を停
止した。しかしこれは「戦闘」の終了であって、日本と米国占領軍
との武器なき「戦争」はその後も続いていた。しかもこの過程で、
戦後の日本の政治やマスコミの歪みが作り出されたのである。その
過程をたどってみよう。

■2.重光外相の恫喝■

 9月2日、日本政府はマッカーサー司令部から、日本全域に渡っ
て軍政を布告する旨の命令を受け取った。重光外相は翌3日早朝、
マッカーサー総司令官に面会し、軍政を思いとどまるよう交渉した。

 重光外相の主張は、日本全域に渡って軍政を敷くことは、日本政
府が受諾したポツダム宣言の諸条件以上の要求であり、もしそれを
強行するなら、「日本政府の誠実なる占領政策遂行の責任を解除し、
ここに混乱の端緒を見ることとなるやも知れぬ。その結果に対する
責任は、日本側の負うところではない」というものであった。
[1,p33]

 ポツダム宣言第7条には「連合国の指定すべき日本国内の『諸地
点』は、・・・占領せらるべし」とあり、全域を占領する事は明ら
かに宣言の違反となる。また第8条には、「日本国の主権は本州、
北海道、九州、及び四国並びに吾等の決定する諸小島に局限せらる
べし」とあり、政府の主権の存在を前提にしている。日本全域に渡っ
て軍政を敷くことは、あきらかにこれらの条件を破ることであった。

 重光外相は、アメリカが自分で言い出した停戦の条件を勝手に破
るなら、日本政府がそれを守る義務もなくなり、その後、どうなっ
てもすべてアメリカの責任だと脅したのである。

     当時日本本土には陸軍二百二十五万三千、海軍百二十五万、
    計三百五十万余の兵力が依然として温存されていた。また陸海
    軍を合せて一万六十機の保有航空機のうち、少くとも六千機以
    上は特攻作戦に使用可能と考えられていた。・・・
     海軍こそ戦闘可能の戦艦は皆無で、空母二隻、巡洋艦三隻、
    駆逐艦三十隻、潜水艦五十隻という劣勢に追い詰められていた
    が、この温存兵力の無言の圧力は無視することができない。
    [2,p16]

 マッカーサーは、重光外相の主張をただちに承諾し、軍政の方針
を撤回した。しかしこの緒戦の敗北で、米軍は日本人を精神面から
も占領しなければならないと決意したようだ。以後、アメリカの占
領政策は、巧妙に情報戦を展開していく。

■3.言論統制:ポツダム宣言第10条違反■

 その第一弾は、言論統制であった。ポツダム宣言第10条の「言
論、宗教及び思想の自由並びに基本的人権の尊重は確立せらるべ
し」という条項を無視して、秘密裏に検閲と言論統制を開始した。

 朝日新聞が、昭和20年9月18日から、48時間の新聞発行停
止を命令されたのが、その始まりだった。その理由とされたのは、
次の二つの記事であった。

 第一に、占領軍将兵による暴行事件に触れた記事。現実に13日
から14日にかけて、米兵が拳銃を使って現金を強奪したなど、3
2件の事件が発生している。

 第二は、鳩山一郎氏の談話記事で、次のような発言を紹介した部
分。

    「正義は力なり」を標榜する米国である以上、原子爆弾の使用
    や無辜の国民殺傷(本誌注:本土空襲を指すものと思われる) 
    が病院船攻撃や毒ガス使用以上の国際法違反、戦争犯罪である
    ことを否むことは出来ぬであらう。

 業務停止命令が解除された後の朝日新聞の論調は、180度転換
した。たとえば、次の二つを比較されたい。

     戦ひはすんだ。しかし民族のたゝかひは、寧ろこれからだ。 
    ...国民は敗戦といふきびしい現実を直視しよう。しかし正当
    に主張すべきは、おめず臆せず堂々と主張しよう。単なる卑屈
    は民族の力を去勢する。[9月10日]

     今や我が軍閥の非違、天日を覆ふに足らず、更に軍閥の強権
    を利用して行政を壟断したる者、軍閥を援助し、これと協力し
    て私利を追求したる者などの罪科も、ともに国民の名において
    糾弾しなければならぬ。[9月22日]

 前者は占領下でも精神的独立を維持しようと呼びかけたものだが、
後者は完全に米軍の情報戦に荷担したものである。同じ新聞でわず
か2週間足らずの間にかくも論調が一転したのである。
[1,p61-p68]

■4.改憲:第12条違反■

 翌昭和21年2月13日、総司令部ホイットニー准将は幕僚と共
に、外務大臣吉田茂の官邸を訪れた。そして、今まで日本政府が検
討していた憲法改正案をまったく不適当であるとし、総司令部の作
成した憲法草案を手渡した。吉田の顔はショックと憂慮の表情を示
していた。

 ホイットニーは吉田が草案を理解し、検討するための時間を与え
ると言って、約30分間、庭に出た。その時、米軍機が一機、家の
上空をかすめて飛び去った。15分ほど経った頃、外務大臣秘書官
の白洲次郎が庭に出ると、ホイットニーは言った。

    「われわれは戸外に出て、原子力エネルギーの暖をとっている
    ところです。」

 太陽をわざわざ「原子力エネルギー」と言ったのは、あきらかに
原爆を暗示しての恫喝である。庭から戻ったホイットニーは、もし
総司令部の草案に日本が同意しない場合は、マッカーサーは日本政
府の頭越しに草案を国民に提示するだろう、その場合には総司令部
は「天皇の御身柄」を保証しかねる、とも明言した。

 さらにホイットニーは、日本側の記録によれば次のように語った。

     改正案は飽くまで日本側の発意に出つるものとして発表せら
    れる事望ましく、万一米国案が世間に漏れるときは甚だしき双
    方の不為なれば秘密保持に甚大の注意を払われたく

 これはポツダム宣言12条の「日本国民の自由に表明せる意思に
従い」、および、さらに国際法たるハーグ陸戦規則第43条の「占
領地の法律の尊重」への違反を隠蔽するためであった。

 こうしてマッカーサー総司令部の手になる憲法草案は、あくまで
日本側の発意によるものとして制定された。マッカーサーは後に、
「どんなに良い憲法でも、日本人の胸許に銃剣をつきつけて受諾さ
せた憲法は、銃剣がその場にとどまっているだけしか保たないとい
うのが自分の確信だ」と述べているが、その確信を裏切って、マッ
カーサーが「銃剣」でつきつけた憲法は、一文字も改正されずに5
3年後も残っている。[3,p33-p43]

■5.情報戦によるマインド・コントロール■

 53年後の今日、我々は今なお、次のような虚構を信じ込んでい
る。

・日本は無条件降伏をした。
    →すでに示したように、ポツダム宣言の8項目の条件を受け入
    れた上での条件降伏であった。

・「進駐軍」は言論の自由を回復した。
    →占領軍は検閲自体を秘匿する従来以上の徹底的、かつ高度な
    検閲を行った。

・憲法は日本側の草案によるものである。
    →原爆の恫喝のもとに、押しつけられたものである。

 これらは終戦後に占領軍が展開した情報戦の成果である。日本は
ポツダム宣言の諸条件を承認して降伏したのに、いつのまにか、そ
れらは骨抜きにされ、条件があった事すら、検閲により忘れさせら
れた。武力による敗北は、被害も目で見える。しかし、こうした情
報戦の敗北は、敗者自身が気がつかないようにマインドコントロー
ルすることによって、永続的な隷従状態におく。

 このマインド・コントロールから脱却しない限り、戦後は終わっ
たとは言えないであろう。

[参考]
1. 「忘れたことと忘れさせられたこと」、江藤淳、文春文庫、H8
2. 「敗者の戦後」、入江隆則、徳間文庫、H10
3. 「一九四六年憲法−その拘束」、江藤淳、文春文庫、H8

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/  LINK _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■JOG(34) 敗者の尊厳
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogboard/978057861328125.html
「日本破れたりとはいへ、その国民性は決して軽視することができ
ぬ。例へば日本国民の皇室に対する忠誠、敗戦後における威武不屈、
秩序整然たる態度はわが国の範とするに足る」(中華民国国民政
府・王世杰外交部長)

■ おたより: 八紘一宇さんより

細かいことで恐縮ですが。

>■1.終戦後の戦い■
> 53年前の8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、戦闘を停
>止した。しかしこれは「戦闘」の終了であって、日本と米国占領軍
>との武器なき「戦争」はその後も続いていた。

たしかに、8月15日、我が軍は戦闘終結を受諾しました。しかし、
それにも拘わらず、当時のソビエト連邦はこれを無視して戦闘・侵攻
を続け、多くの尊い命が奪われました。
北方領土の占領は、実に9月になった後のことです。

ソビエト連邦による「火事場泥棒」(トレチャラス・アタック)と
「戦後」に「戦死」された英霊を忘れないためにも、記憶に残り
やすい表現だけに、お気をつけいただければと存じます。

今後とも良い記事に期待いたしております。

■編集長より

 おっしゃる通り、戦闘を停止したのは、日本側だけでした。ソ連は、日ソ中立条約を
踏みにじり、さらに日本側の降伏を無視して、一方的な攻撃を続けました。これは
侵略以外の何者でもありません。


© 1998 [伊勢雅臣]. All rights reserved.