[トップページ] [平成11年下期一覧][人物探訪][210.78 高度成長期][332.1 日本経済]


         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (103)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成11年9月4日 12,550部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/          人物探訪:下村治
_/_/      〜高度成長のシナリオ・ライター〜
_/_/
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/    1.日本の爆発的なエネルギーを見てください
_/_/    2.綱渡り状態の日本経済
_/_/    3.日本経済は美しい白鳥になる
_/_/    4.投資と需要とのスパイラル・アップを
_/_/    5.ノーベル賞級の経済成長理論
_/_/    6.高度成長のシナリオ
_/_/    7.バブルの失敗
_/_/    8.日本人による日本人のための政策を
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.日本の爆発的なエネルギーを見てください■

   昭和39(1964)年9月、東京で初めてのIMF総会が開催され
  た。102ヶ国からの参加者の前で、池田勇人首相が演説を始めた。

     IMFの皆さん。日本の爆発的なエネルギーを見てください。
    皆さんから借りた資金は、国民の頭脳と勤勉によって立派に生
    きて働いています。明治維新以来、先人の築き上げた教育の成
    果が驚異的な日本経済の発展の秘密なのです。

     アジアの諸国の人々よ、あなたたちが今、独立にともなって
    うけつつある苦難は、敗戦以来、20年、われわれがなめつくし
    た苦難でした。そこから一日も早く抜け出してください。その
    手がかりを見いだすことこそ、IMF東京総会の意義なのです。

   池田の演説は好評だった。「低開発国の代表が多いから、彼ら
  を鼓舞したのだろう」(シュバイツァー専務理事)の言葉に代表
  されるように、各国は日の出の勢いで台頭してきた日本に拍手を
  送っていた。[1,p169]
  
   この年、アジアで始めてのオリンピック開催、東海道新幹線開
  通、そしてOECD加盟。池田内閣の所得倍増計画のもとで、日
  本経済は驚異的な高度成長を遂げ、先進国の仲間入りをしつつあ
  った。そのシナリオは、一人のエコノミストが、自ら生み出した
  最先端の経済成長理論をもとに、描いたものであった。

■2.綱渡り状態の日本経済■

   そのエコノミスト、下村治は明治43年佐賀市に生まれ、東大
  経済学部を卒業後、大蔵省に入省。当時のことを次のように語っ
  ている。

     私は昭和9年の大学卒ですが、そのころ国民みなが失業と貧
    乏で困っていました。・・・日本は明治以来百年もたっている
    のに失業と貧乏の重圧から逃れることができない。その重圧が
    社会的な、あるいは政治的な混乱を生み、間違って戦争に駆り
    立てられるようなことになってしまった。そういったことをな
    くしたいと思っていました。高度成長になると、そのような重
    圧から解放されると信じていたのです。[1,p243]

   昭和27年、日本は独立を回復したが、経済的にはお先真っ暗
  の状態だった。朝鮮戦争の特需が呼び水になって、景気がよくな
  ると、すぐに輸入が激増する。一方の輸出は、日本製品の「安か
  ろう、悪かろう」というイメージが残り、先進諸国は差別的な輸
  入制限を設けていて、なかなか伸びない。結局、貿易収支は3億
  ドルの赤字、外貨準備高が29年6月末には、6億ドルまで落ち
  込むという綱渡り状態だった。
  
   今まではGHQが外貨管理をし、ドルが足りなくとも穴埋めし
  てくれたが、独立後はそうはいかない。IMFからの22百万ド
  ルの緊急借り入れで急場をしのぐありさまである。景気が過熱す
  るたびに、日銀は、一定額以上の資金を借りる銀行から特別高い
  金利を取る「高率」適用や、輸入金融の廃止などで、ブレーキを
  かけていた。

■3.日本経済は美しい白鳥になる■

   しかし、下村はこのような現状の先に、まったく別の未来を見
  ていた。
  
     日本経済はいま歴史的転換期にある。勃興期を到来させるこ
    とができるかどうかの岐路に差しかかろうとしている。
    [1,p99]
    
     日本経済についてありとあらゆる弱点を言いつのり、いまに
    も破局が訪れるような予言をする人々を見ていると、アンデル
    センの醜いアヒルの子を思い出す。その人々は日本経済をアヒ
    ルかアヒルの子と思っているのではないか。実際の日本経済は
    美しい白鳥となる特徴をいくつも備えているにもかかわらず
    [1,p100]

   下村は大蔵省の記者クラブにいた経済記者たちに、「やがて日
  本のGNPは、西独並みになります」と予言して、彼らの度肝を
  抜いた。そんなことを考える人間は皆無に等しかったのである。

■4.投資と需要とのスパイラル・アップを■

     投資には市況の良しあしに触発される感応投資と起業家の将
    来ビジョンによって実施される独立投資とがある。・・・今の
    投資は日本の企業家が将来に向かって明るい見通しを抱き、果
    敢にチャレンジしている独立投資なのだ。経済の成長段階では
    この独立投資が原動力になる。[1,p87]

   下村は、貿易赤字のための金融引締めは、日本経済の潜在的な
  成長力を阻害していると見た。人々は豊かな生活にあこがれ、有
  効需要は十分にある。
  
   問題は、生産能力だ。生産能力を急速に拡大すれば、企業の売
  上は上がり、収益も増える。その結果、従業員の所得が増え、さ
  らに需要は盛り上がり、企業は設備投資を続ける。こうして、設
  備投資と需要とが、相互に刺激し合って、スパイラルアップの成
  長を実現する。
  
     借金の元利払いに困るというが、日本のように成長する経済
    が借金をするのは当たり前で、成長の果実によってやがて元利
    は返せる。[1,p131]

   下村の見方からすれば、貿易赤字を心配して、設備投資にブレ
  ーキをかける日銀の政策は、お客さんが店頭で長蛇の列を作って
  いるのに、借金が怖くて、店の拡張に踏み切れない弱気の経営者
  のようなものである。

■5.ノーベル賞級の経済成長理論■

   当時このように設備投資を組み込んで、経済成長のメカニズム
  を理論化した人間は、世界でも珍しかった。経済学者の宇沢弘文
  は、この分析が英文で世界の学会に紹介されていたら、ノーベル
  賞を取ってもおかしくなかったと述べている。
  
   下村は昭和23年から3年間、結核で病床に臥していた。終戦
  直後の食事にもこと欠く時代に激務を続けたのがたたったのであ
  る。そんなある日、突然下村は夫人に大学ノートを買ってきてく
  れと言い出した。医者は絶対にダメだと首を振った。
  
   しかし下村は「頭の中でどんどん考えが出てくるんだ。今書か
  ないと消えてしまう。書かせてくれ」と聞かなかった。これが後
  に下村理論として知られるようになった経済成長理論の出発点で
  ある。

   しかし独創的な経済理論に基づき、日銀の緊縮路線を真っ向か
  ら批判する下村は、周囲からの理解を得られなかった。日銀の代
  表的なエコノミスト吉野俊彦、東大、一橋大の経済学者、そして
  ついには重鎮・都留重人までが登場して、いっせいに下村の説を
  批判した。
  
   孤立無援のままでも、下村は決して屈せず、論争を続けた。そ
  のうちに、下村の主張に耳を傾ける人々が少しづつ現れ始めた。
  その一人が後の首相・池田勇人である。
  
■6.高度成長のシナリオ■

   池田に求められ、下村は畳半畳ほどの大きな表を作成した。輸
  出、輸入、設備投資など85項目に及ぶ経済指標が縦に並び、横に
  は昭和36年から46年まで10年間にわたる数字がびっしりと書きこ
  まれていた。下村が簡単な計算機を回しながら、ほとんど独力で
  作った高度成長の計画であった。そこでの成長率は10%以上にも
  なっていた。
  
   昭和34年に誕生した池田勇人内閣は、翌年から10年間で日本の
  GNP(国民総生産)を2倍にしようという所得倍増計画をスタ
  ートさせた。それに基づき、道路5カ年計画など社会資本の充実、
  優遇税制の実施による産業構造の高度化、貿易・為替自由化によ
  る貿易と国際経済協力の推進、工業専門学校の増設等による科学
  技術の振興など、矢継ぎ早の対策を打ち出した。

   企業経営者も、10年後には今の倍の市場が生まれる、貿易自由
  化で外国企業に負けてはならない、と奮い立ち、設備投資や技術
  導入を猛烈な勢いで進めた。臨海工業地帯には、巨大な鉄鋼、石
  油化学、火力発電などの巨大プラントが続々と作られた。国民の
  生活水準も急速に上昇して、カー、クーラー、カラーテレビの
  「3C」が花形商品となった。

   昭和43年、日本のGNPは西ドイツをついに追い越し、アメリ
  カに次いで世界第2位となった。所得倍増計画の10年間のGNP
  は年平均11.3%の伸びを示し、倍増どころか、3倍となった。設
  備投資は14.8%、住宅建設15.1%、輸出は15.6%、輸入は14.5%
  と非常にバランスのとれた成長を遂げた。これは、この計画が日
  本経済の潜在的成長力を自然に引き出した事を物語っている。

   高度成長について下村は、次のような評価をしている。

     現在のような不信と対立のあふれた国際社会の中で、日本人
    が権威ある発言をしていくにはその土台となる経済的基盤を固
    め東洋人としてただひとつの先進工業国を作り上げていく以外
    にない。それは何よりも経済で勝負した池田氏の時代にこそ日
    本人に対する世界の視線が注がれ、日本が国際社会への復帰を
    完成した事実が雄弁に物語っている。[1,p176]
    
■7.バブルの失敗■

   高度経済成長は、まさにこの時期の日本にとって最適なシナリ
  オであった。しかし、十分な経済成長を遂げ、また世界の状況が
  変われば、次のシナリオは当然変わらなければならない。

   昭和49年、オイルショックに襲われた日本経済に対し、下村は
  突如、ゼロ成長を主張して、世間を驚かせた。世界の原料の供給
  力そのものが低下すれば、その中で日本だけが成長を続けられる
  わけはない。下村はゼロ成長の中で物価を安定させ、財政を均衡
  させることを主張したのである。

   昭和50年代後半に入ると、アメリカのレーガン政権は積極的
  財政拡大政策をとった。58年から60年の3年間で、アメリカの輸
  入増加は1千億ドルを超え、その結果、日本の輸出増加も3百億
  ドル前後となりった。明らかにアメリカの輸入増加が、日本およ
  び他の国々の輸出増加を引き起こしたのである。
  
   しかしアメリカ側はこの不均衡の責任を転嫁して、日本の輸入
  不足によるものと非難し、その主張に沿って、日本が内需拡大を
  通じて貿易均衡を図るべき、という前川レポートが出された。

   下村はすでに日本経済には大幅な消費増加の可能性はないこと、
  その上で無理やり内需拡大をすれば、増強した設備による製品の
  売り場はなくなり、必ず破滅すると予測した。[2,p169]

   果たして、アメリカの要求に基づいた異常な金融緩和は、巨大
  なバブルとその後の生産能力過剰による長期的な景気低迷をもた
  らした。明らかな経済政策の失敗である。
  
  ★ JOG(78) 戦略なきマネー敗戦
  http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_1/jog078.html

■8.日本人による日本人のための政策を■

   日本経済は、下村のシナリオに従って高度成長に成功し、アメ
  リカの要求に従うことによって、狂乱バブルとその後の長期停滞
  に陥った。正しい経済政策が、いかに経済的繁栄にとって大切な
  ものかを示す実例といえる。それでは、正しい経済政策はどうし
  たら生まれるのか?

   たとえば、現在でもアメリカの主張に従って、無条件に貿易自
  由化やグローバルスタンダードを礼賛する人がいるが、それは手
  段と目的とを取り違えた議論だと下村は主張する。経済政策の目
  的は、一億二千万人が幸福に生きていくという「国民経済」の繁
  栄を実現することである。そして、各国が自国の国民経済を健全
  に運用して、相互に交流を深めていくところに、国際経済の正常
  な発展がある。
  
   アメリカは自国の行き過ぎた消費経済を棚に上げて、「貿易の
  拡大均衡」を日本に要求したが、アメリカの美辞麗句に踊らされ
  て、日本の「国民経済」のあるべき姿を考えなかったのは、わが
  国自身の失敗である。
  
   下村の描いた高度経済成長政策は、日本人が、日本人のために、
  主体的に次代の国民経済のビジョンを描き、それを実現したもの
  である。このようなたくましい主体性は、その前の占領時代にも、
  また、バブル以降にも見られなかった。今後の日本経済の再生は、
  まず下村の示したような政策の主体性を回復するところから始め
  なければならない。

■ 参考 ■
1. 「エコノミスト三国志」、水木楊、文春文庫、H11.3
2. 「日本は悪くない」、下村治、文芸春秋、S62.4

© 1999 [伊勢雅臣]. All rights reserved.