[トップページ] [平成12年一覧][地球史探訪][201.751 大東亜戦争:開戦への罠][253.073 アメリカ:太平洋戦争]


-----Japan On the Globe(168)  国際派日本人養成講座----------
          _/_/   
          _/     地球史探訪:日米開戦のシナリオ・ライター
       _/_/      
_/ _/_/_/      対独参戦のために、日本を追いつめて真珠湾を
_/ _/_/      攻撃させようというシナリオの原作者が見つかった。
-----H12.12.10  3,950部------------------------------------

■1.ルーズベルトの裏口戦略■

         フランクリン・ルーズベルト大統領は、その絶大な権力
        を使って、ついに米国を日本との戦争にまきこむことに成
        功した。そのことは、米国を欧州における戦争に参戦させ
        るというルーズベルトの最終目的を達成させることであっ
        た。・・・ ルーズベルトは、われわれをだまし、いわば
        裏口からわれわれをドイツとの戦争にまきこんだのである。
        [1,p19]
        
     開戦当時の共和党下院リーダー、ハミルトン・フィッシュ議
    員が自らの著書で語った言葉である。本誌96号「ルーズベルト
    の愚行」では、このフィッシュ下院議員やアメリカ陸軍参謀本
    部ウェデマイヤー大将の著書から、ルーズベルト大統領が「欧
    州の戦争には巻き込まれない」という選挙公約を破って対独参
    戦を果たすために、日本を開戦に追い込んだ、という根強い史
    観がアメリカにあることを紹介した。
    
     真珠湾攻撃から55年、ようやく公開され始めた当時の公文
    書の山の中から、遂に日本を開戦に追い込むためのシナリオを
    描いた証拠書類が発見され、ロバート・B・スティネットの著
    書"Day of Deceit"[2]で公表された。
    
     スティネットが明らかにした陰謀と諜報の世界は凄まじい。
    米国が押しつけた日本国憲法前文は「平和を愛する諸国民の公
    正と信義に信頼して」と謳うが、当の米国大統領が何をしたの
    か、スティネットの発掘した事実から考えてみたい。

■2.海軍情報部極東課長アーサー・H・マッカラム■

     1940年夏、ヨーロッパ大陸を席巻し、英国をも打倒しようと
    いうナチスの勢いにルーズベルト政権は危機感を抱いていた。
    英国が敗北すれば、中南米諸国でもファシスト革命が起こり、
    アメリカはドイツから直接脅威を受ける恐れがある。しかし、
    国民の88%は、第一次大戦の反省から、欧州の戦争に巻き込
    まれるのを嫌っていた。
    
     この秋の大統領選では、ルーズベルトは再選の立候補の際に、
    決してヨーロッパの戦争には巻き込まれない、という公約をし
    て、かろうじて当選した有様だった。
    
     1940年9月27日の日独伊3国同盟締結に、海軍情報部極東
    課長アーサー・H・マッカラムは絶好の機会を見いだした。
    日本を追いつめて、アメリカに宣戦布告させれば、自動的にド
    イツ、イタリアも対米参戦せざるをえなくなり、ルーズベルト
    の公約を破ることなく、アメリカはドイツと戦えるのである。
    
     3国同盟締結のわずか2週間足らずの後、10月7日付けで、
    マッカラムは8項目からなるメモを作成し、ルーズベルトの側
    近に提出した。日本に生まれ、育ったマッカラムは、どうすれ
    ば、日本を開戦にまで追いつめることができるか、知り尽くし
    ていた。
    
■3.対日挑発のアクション・プラン■

     マッカラムの提案した8項目とは、以下の内容である。
    
        A 英国と交渉し、太平洋地域、特にシンガポールの英軍
          基地の利用許可を得る。
        B オランダと交渉し、オランダ領東インド(現在のイン
          ドネシア)の基地および物資の利用許可を得る。

        C 中国の蒋介石政権に可能な限りの援助を行なう。
        D 遠距離航行能力を有する重巡洋艦一個戦隊を極東、フ
          ィリピン、またはシンガポールに派遣する。

        E 潜水艦艦隊二隊を極東に派遣する。
        F 現在、太平洋に配置している米艦隊主力をハワイ諸島
          近辺に維持すること。

        G オランダが日本の経済的要求、特に石油供給に関して
          不当に屈しないように主張すること。
        H 英国による対日禁輸措置と協力して、アメリカも日本
          に対する全面的な通商禁止を行なう。
    
     このメモにはルーズベルト自身のサインはないが、その後の
    対日挑発はほぼこの提案通りに実行されていった。

■4.8項目の実行■

     項目Aの通り、英国の太平洋における軍事基地の利用許可を
    米国は得た。項目Bのオランダとの軍事協力に関しては、日本
    軍の無線盗聴に関して緊密な協力体制が築かれた。項目Cの蒋
    介石への軍事援助は一段と強化された。
    
     項目Dの極東への重巡洋艦隊派遣は、翌41年7月、豊後水
    道に2隻の巡洋艦を接近させるという形で実現した。ここは帝
    国海軍の練習海域であり、海軍の駆逐艦が発見して、日本政府
    は「国際法違反だ」と駐日大使グルーに抗議を行った。
    
     項目Fの太平洋艦隊のハワイ駐留は継続され、項目Eの「潜
    水艦艦隊二隊の極東派遣」は、マニラへの潜水艦24隻の配備
    として、年明けに実行された。Gのオランダによる石油その他
    原材料の禁輸も原案通り実施に移された。
    
     最後の項目H、米国からの完全禁輸は、1941年7月に実行さ
    れた。しかし、この完全禁輸の前の時期には、ホワイトハウス
    は石油輸出を制限しつつも、日本への輸出許可を与えていた。
    これにより、7月時点では日本は2年分の石油備蓄をしていた。
    
     1941年当時、日本の空母10隻に対して、アメリカの太平洋
    艦隊は7隻であり、当面日本の優位が続くと見られていた。し
    かし、2年後にはアメリカは100隻もの空母を建造して、反
    攻に移れると計算していた。日本に2年分の石油備蓄を許した
    のは、戦争を決意させるには十分だが、最終的な勝利を得るの
    は不可能、という周到な計算の結果であった。

■5.「おとり」の太平洋艦隊■

     項目Fでの米艦隊ハワイ駐留は、日本に軍事的威嚇を与える
    と同時に、絶好の攻撃目標を与える事を狙いとしていた。太平
    洋艦隊は、日本軍の動きも知らされずに、「おとり」としての
    運命をたどらされる。
    
     そもそも米艦隊の母港は真珠湾ではなく、西海岸であった。
    1040年4月に訓練のために、一時的にハワイに駐留したのだが、
    ホワイトハウスからは、そのまま当分ハワイに留まることを指
    示された。
    
     リチャードソン提督は、ハワイには基礎的な訓練施設も、補
    給施設も、補修設備もなく、また兵員を家族から離しておく事
    による士気低下を考えて、西海岸に戻すことを要求していたの
    だが、ルーズベルト大統領はそれを許さなかった。提督は、直
    接大統領に会って、ハワイに留まることの不合理さを訴えたが、
    大統領は耳を貸さなかった。
    
     提督は、さらに日本は軍人が支配しており、艦隊をハワイに
    置くことの軍事的意味を見抜くはずなのに、大統領と国務長官
    ハルはこの事を考慮に入れていない、とこぼしているが、実は
    大統領の戦略がまさしくこの点を考慮に入れたものであったこ
    とを、リチャードソンは気がつかなかった。
    
     これはマッカラムのメモが書かれる前であるが、米艦隊を真
    珠湾に置いて、日本を威嚇しつつ、おとりにしようという項目
    Fのアイデアは、すでにルーズベルトも抱いていたようだ。
    
     ルーズベルト大統領に逆らったリチャードソン提督は、41年
    2月の太平洋艦隊創設とともに更迭され、海軍少将ハズバン
    ド・E・キンメルが後任に指名された。キンメルは何も知らさ
    れないまま「おとり」にされ、最終的には真珠湾攻撃の責任を
    追求されて降格される。

■6.筒抜けになっていた日本の動き■
    
     帝国海軍の山本五十六提督は、マッカラム・メモの3ヶ月後、
    昭和16(1941)年1月には、日米開戦の場合はまず真珠湾の米
    艦隊を叩く、という戦略を固め、その詳細検討を始めていた。
    しかし、この情報はすぐに米大使館が掴み、1月27日には、
    駐日大使グルーが国務長官ハルに、日本軍の真珠湾攻撃計画に
    ついて情報を送っている。
    
     ハルから情報を受け取ったマッカラムは、自らの対日挑発が
    予想通り進んでいることを確認したが、キンメル提督には「海
    軍情報部は、この『うわさ』には信憑性がないと判断する」と
    いう分析を送った。「おとり」には、そのまま真珠湾で日本軍
    の攻撃を受けて貰わねばならないからである。
    
     同年3月からは、海軍のスパイ吉川猛夫が、森村正の仮名で
    ハワイの日本領事館に駐在し、真珠湾での艦船の停泊位置、お
    よび陸軍飛行場での航空機の種類などを調べ、東京に通報して
    いた。その暗号電文22通のうち、19通は傍受・解読され、
    真珠湾が日本の攻撃対象になっていることが確認されたが、ワ
    シントンは森村を開戦2日前まで泳がせ、諜報活動を続けさせ
    た。
    
     9月末には、日本は陸海軍戦力を中国から引き揚げ始め、同
    時に世界中の商船を呼び戻し始めた。これは部隊や物資の輸送
    に備えるためである。無線傍受でこれらの動きを逐一掴んでい
    たマッカラムは、日本の開戦準備が新たな段階に達したと判断
    した。
    
     11月2日の御前会議では、昭和天皇が「事態が謂う如くで
    あれば、作戦準備も止むを得なかろうが、何とか極力日米交渉
    打開を計ってもらいたい」と憂慮の言葉を述べられたが、外交
    が行き詰まって開戦に至れば、劈頭に真珠湾攻撃を行うという
    山本提督の案が了承された。しかし、この情報は翌日にはグル
    ー大使から、ハル国務長官に伝えられている。宮城にもアメリ
    カの諜報の手は伸びていたようである。
    
■7.真珠湾の「受け入れ準備」完了■

     11月25日、第一航空艦隊が真珠湾攻撃に向けて出発する
    のと同時に、ワシントンから米国、および同盟国のすべての艦
    船に対して、北太平洋の航行を禁じる、という指示が出された。
    キンメルは独断で「演習」と称して、日本海軍の動きを察知す
    るために、ハワイ北方に偵察用の艦船を配置していたが、ホワ
    イトハウスはこれを中止させた。
    
     翌26日には、キンメルは空母2隻で航空機をウェーキ、お
    よび、ミッドウェイに輸送するよう命ぜられた。2隻の空母が
    19隻の新鋭艦に護衛されて真珠湾を出発すると、残るは第一
    次大戦の遺物のような老齢艦ばかりとなった。
    
     ハワイに近づきつつある日本の第一航空艦隊は、所在位置を
    秘匿するため無線封止を命ぜられたが、実際には悪天候下での
    位置確認などのために無線発信を行っており、ワシントンは
    129件の無線を傍受して、時々刻々の位置を把握していた。
    
     ワシントンの現地時間で12月6日午後3時、日本の宣戦布
    告文が14部に分割されて、順次ワシントンの日本大使館に送
    信されたが、それらは同時に傍受・解読されて、午後9時30
    分にルーズベルト大統領のもとに届けられた。大統領は「これ
    は戦争を意味する」と語った。「先手を打って迎え撃っては」
    との側近の提案に大統領は頷きながらも「いや、それはできな
    い。我々は民主的で平和的な国民だ」と答えた。
    
     電文の最後に宣戦布告を翌7日午後1時(真珠湾では午前7
    時30分)と指定した部分は、その3時間前、午前10時に大
    統領のもとに届けられたが、ルーズベルトは別に驚いた様子も
    なくそれを読み、何のコメントもしなかった。
    
■8.リメンバー・パールハーバー■

     ワシントンでのこのような動きをまったく知らされていなか
    ったキンメル提督は、その日曜の朝9時30分からゴルフの予
    定をしていた。しかし7時45分に日本の潜航艇が真珠湾入り
    口で発見されたという電話があり、急いでオフィスに向かおう
    と自宅で運転手を待っていたキンメルの目の前で、帝国海軍の
    爆撃が始まり、戦艦アリゾナは巨大な火の玉となって爆発した。
    
     7時52分に始まった攻撃は、9時35分に終わり、米太平
    洋艦隊は艦船16隻が大破、航空機188機が破壊された。ワ
    シントンから何の情報もないまま、艦船に待機していた将兵達
    は予期しない空襲に、死者2273人、負傷者1119人とい
    う大損害を受けた。
    
     「リメンバー・パールハーバー」の声は米国全土に響き渡り、
    従軍希望の青年達が各地の陸海軍の募兵所で長い列を作った。
    米国議会は翌8日に日本に対する宣戦布告を決議し、3日後に
    はドイツ・イタリアへの宣戦布告も行った。こうして日本を追
    いつめ、真珠湾をおとりにして、第一撃を打たせ、それによっ
    て、ドイツとの戦いに参戦しようというマッカラムが描いたシ
    ナリオは、ルーズベルトによって見事に演ぜられた。
    
     著者ロバート・スティネットは、以上のような情報をワシン
    トンが今日まで秘匿してきた事は批判しながらも、対独参戦の
    ためにこのような決断をせざるを得なかったルーズベルトの困
    難な立場に同情的である。しかし、
    
         日本を挑発して、数百万人もの犠牲者を出さしめた戦争
        に引きずり込むという決定の倫理的正当性は、これから長
        年に渡って様々な立場から議論されていくだろう。本書で
        はこのようなジレンマを解決することはできない。
        [1,p259]
        
     と述べている。「リメンバー・パールハーバー」は、日本人
    の立場からも忘れてはならない言葉である。

■リンク■
a. JOG(096) ルーズベルトの愚行
 対独参戦のために、米国を日本との戦争に巻き込んだ。   
b. JOG(116) 操られたルーズベルト
 ソ連スパイが側近となって、対日戦争をそそのかした

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 「日米・開戦の悲劇」、ハミルトン・フィッシュ、PHP文庫、
   H4.12
2. "Day of Deceit", Robert B. Stinnett, The Free Press, H12
  (邦訳)「真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々」、
   ロバート・B・スティネット、文藝春秋、H13
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「地球史探訪:日米開戦のシナリオ・ライター」について
                                                   Y.Tさん

     米国でいわゆる修正主義者と呼ばれる歴史家がルーズベルト
    謀略説を唱えており,正統派の歴史家との間で盛んに論戦を展
    開していることは良く知られています。

     しかしながら,仮にルーズベルト謀略説が本当だとしても,
    その謀略に見事に引っかかった我国の指導部のだらしなさと言
    うか,レベルの低さと言うか,余りにナイーブな発想は情けな
    くなります。

     我国が数百万の犠牲を払い,明治維新以来営々と築いてきた
    国際的地位を失うと言う空前の事態になりながら,根本的なと
    ころでの反省と言うか失敗の原因の追求がなされなかったこと
    は極めて嘆かわしいことだと思います。

     失敗の原因を追求しなければ同じ失敗を繰り返すことになり
    ます。あれだけの犠牲を払いながら,我国は何一つ学んでいな
    いのではないでしょうか。

                                   Naokoさん(アメリカ在住)

     今年のクリスマス(だったと思います)に"パールハーバー"
    というタイトルのハリウッド映画がアメリカで公開になります。
    そのプレビューを見た日にさっそく友人たちと討論がはじまり
    ました。
    
     たとえRobert Stinnettの説が事実であったとしても、アメ
    リカの大半の人は耳を傾けようとはしないでしょう。アメリカ
    人のプライドの高さと、"アメリカはいつも正しい。" という
    性格にいまだにカルチャーショックを受けます。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     日本人も、アメリカ人も、歴史の事実を直視して、真の反省
    をするのはこれからなのでしょう。それだけにスティネットの
    ように歴史の事実を学問的に掘り起こそうとする姿勢には、敬
    意を抱きます。    
 

© 平成12年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.