[トップページ][平成17年一覧][The Globe Now][228 アラブ諸国][238 ロシア][253.079 アメリカ:現代][319 外交]  

■■ Japan On the Globe(382)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

           The Globe Now: 覇権をめぐる列強の野望

                     北野幸伯『ボロボロになった覇権国家
                    (アメリカ)』を読む。
■■■■ H17.02.13 ■■ 33,192 Copies ■■ 1,477,345 Views■

■1.ロシア・プーチン政権ブレーンの上機嫌■

     2003年3月18日、北野幸伯(よしのり)氏は、ロシア・プ
    ーチン政権の政策を立案する専門家グループの代表Z氏と会談
    した。それはちょうど、アメリカがフセイン大統領に対して
    「最後通告」を出した直後だった。

     ロシアとフランスはアメリカがイラク攻撃を安保理に提案し
    たら、拒否権を行使すると明言していた。そこでアメリカは安
    保理決議を諦め、国連抜きでの攻撃を決めたのだった。

     ロシアの反対はアメリカに無視されたのに、意外なことに、
    Z氏は大変機嫌が良かった。国際情勢はロシアの思惑どおり動
    いている、というのである。まず、アメリカは国連安保理の承
    認なしにイラク攻撃に踏み切ったことで、世界公認の「悪の帝
    国」となった。これはロシアとフランスが拒否権行使を明言し
    ていたからで、ロシア外交の大きな成果である、と言う。

     さらにZ氏は驚くべき事を語った。アメリカとイラクの戦争
    は、これから長く続く戦争時代の一エピソードに過ぎない。ロ
    シアはこれから、ゆっくりと時間をかけてアメリカを崩壊させ
    ていく。北野氏は、Z氏が上機嫌である理由が分かった。

■2.ロシア政治エリートのための教育を受けて■

     北野氏は1990年にゴルバチョフ大統領にあこがれてモスクワ
    に留学した。ゴルバチョフはソ連末期にペレストロイカ(政治
    経済改革)やグラスノスチ(情報公開)を主導し、結果的には
    ソ連の共産主義体制を崩壊に導いた、最後の「共産党書記長」
    である。

     北野氏が学んだのは、ソ連(後にロシア)外務省付属のモス
    クワ国際関係大学。卒業生の半分は外交官に、半分はKGB
    (政治警察)に、と言われるエリート大学で、日本人がここに
    留学するのは初めてだと言う。ここで政治学修士を取得した。

     ここに学ぶ学生はまさにエリート階級で、「ロシアの国益と
    は何か」を考えている。彼らを通じて、パワーポリティックス
    に長けたロシアの外交官やKGBが何を考えているのか、知る
    ことができた。

     留学中の1991年、ソ連邦という「国家が滅びる」のを目撃。
    その後、年率2600%というハイパーインフレ、クーデター、第
    一次チェチェン戦争、チェチェン独立派によるテロ、金融危機
    などの動乱期を体験した。

     氏は、現在、日本企業のロシア進出を支援するコンサルティ
    ング会社を運営するとともに、「ロシア政治経済ジャーナル」
    というメールマガジンを発信している[1]。その論説の切れ味
    には弊誌も着目していたのだが、それは氏のモスクワ国際関係
    大学での研究と、ソ連崩壊の実体験、さらにプーチン政権のブ
    レーンたちとの交流から生まれてきているようだ。

     特にプーチン政権のブレーンたちは、国家機密は教えてくれ
    ないが、様々な会話を通じて、国際情勢の見方、考え方を教え
    てくれたという。前節の会話はその一例だが、同じイラク戦争
    の情報でも、北野氏の解説を読むとまるで違った様相が見えて
    くるのは、政治エリート層の「個人教授」によるものだろう。

■3.各国の思惑と利害のぶつかり合いを目の当たりに■

     その北野氏が本を出した。「ボロボロになった覇権国家(ア
    メリカ)」という題で、今、大手書店でも売り切れ続出の話題
    となっている[2]。快調なテンポの語り口で、国際政治での各
    国の思惑と利害のぶつかり合いを目の当たりに見せてくれる。

     特に1991年のソ連の崩壊以降の分析が面白い。

         アメリカを心底恐怖させた国ソ連は消滅しました。この
        時、アメリカ政府は、今後のロシアをどのようにしたらい
        いだろうかと考えました。

         心優しい日本人であれば、「経済危機に陥っているロシ
        アに支援を送る」とかなんとか善意に基づいた行動をとる
        でしょう。

         しかし、「普通の国」アメリカはもちろんそのようなこ
        とは考えない。これは当然、「ロシアが二度とアメリカに
        反抗できないよう、この国を破壊し尽くそう」と考えた。
        [2,p162]

     アメリカは国際通貨基金(IMF)を通して、ロシアに「改
    革のやり方」を伝授した。[a]

     まず「政府による経済管理の廃止」。貿易が自由化され、西
    側の優れた製品がロシア市場になだれ込み、ロシアの国内産業
    は壊滅した。

     次に「価格の全面自由化」。国内産業が駆逐され、輸入に頼
    るしかない状況で、ロシアの通貨ルーブルは急落し、国内はハ
    イパーインフレーションに見舞われた。改革がスタートした92
    年のインフレ率はなんと2600%、GDP成長率はマイナス14.5
    %。ロシア経済はアメリカの思惑通り破綻した。

     さらに大規模な「民営化」。国有財産はそれを今、手元に持
    つ人の所有となった。アパートの住人は、アパートの所有者と
    なった。そして国有石油会社のトップは、その会社をほとんど
    無料で手に入れた。ここから生まれた新興財閥はエリツィン政
    権に賄賂を送って、税金をほとんど免除してもらった。当然、
    国家財政は大幅な赤字に転落した。

■4.ロシアの復活■

     アメリカの戦略は奏功して、ロシアは90年代を通じて、ほ
    とんどの年にマイナス成長を続けた。ところが98年にKGB出
    身のプリマコフが首相となって金融危機を克服。翌年、これま
    たKGB派閥のプーチンが首相に就任した年には、いきなり
    5.4%のプラス成長に転じ、大統領となった2000年にはなんと
    9%の高成長を記録した。その後も4〜7%のプラス成長を続
    けている。

     その理由の第一はルーブル切り下げの効果である。ルーブル
    の価値は、98年の金融危機以前に対して4分の一以下となり、
    輸入品の値段が高騰して、国民は仕方なく「安かろう悪かろう」
    の国産品を買うようになった。同時に輸出が急増した。これに
    より一度は市場開放で壊滅状態に陥った国内産業が息を吹き返
    した。

     第二は原油価格の高騰である。世界最大の原油供給地・中東
    の情勢不安定、中国の石油需要急増により、原油が値上がりし、
    石油大国ロシアの輸出収入が増大した。

     こうした環境の変化に上手く対応した政策も奏功した。まず
    ロシア政府は石油会社が原油輸出で得た外貨の75%をルーブ
    ルに換えることを義務づけた。これによりルーブルのさらなる
    下落が食い止められた。

     同時に、今まで税金逃れをしていた新興財閥から税金を取り
    立てるようになった。これでロシア国家財政も黒字に転換した。

■5.「他国の争いを支援する国は繁栄する」■

     こうしたソ連の崩壊とロシアの経済破綻を通じて、プーチン
    政権下のKGB軍団は、以下の事を学んだという。

     第一に「争ってはいけない。戦争は国を疲弊させる」 かつ
    て世界の中心だった欧州諸国は、第一次、第二次大戦を通じて
    没落した。後から参戦したアメリカとソ連は漁夫の利を得たが、
    両者間の冷戦を通じて、ソ連は崩壊し、アメリカ経済は破綻の
    瀬戸際まで行った。

     これだけなら一国平和主義の日本人も賛成するが、ロシアの
    トップはさらにその先を考える。

    「他国の争いを支援する国は繁栄する」

     アメリカが覇権国家として台頭したのは、第一次大戦で自分
    はほとんど戦わずに欧州を支援して経済的覇権を奪い、第二次
    大戦でも遅れて参戦した。繁栄するのは「戦争をする国」では
    なく、それを支援する国である。

     この二つを前提として、ロシアは次の戦略を立てた。それは
    アメリカと争う中東イスラム諸国には武器を、中国には武器と
    石油を、欧州には石油とガスを売って、アメリカと争わせつつ、
    自らは儲けていく。それによって、現在のアメリカ一極体制を
    崩壊させ、多極世界を構築して、ロシアがその一極になること
    を目標とする。

     冒頭で、北野氏が会談したプーチン政権高官の「国際情勢は、
    ロシアの思惑どおり動いている」というのは、まさしくこの戦
    略通りに事が進んでいる、ということなのである。

■6.ロシアとフセイン■

     イラクは原油埋蔵量で世界第二位。イラク戦争に至ったアメ
    リカの目的の一つは、ここに傀儡政権を打ち立てて、その石油
    権益を独占することだった。ロシアは02年7月頃まで「アメリ
    カとの協議により、フセイン後の石油利権を獲得する」ことを
    目指してきた。

     しかし、02年8月頃から状況が変化してきた。まずアメリカ
    が「イラクの石油権益を他国と分かつ意思はない」と明確に示
    すようになったこと。同時にフセインがロシア政府に「アメリ
    カの攻撃を止めてくれたら、総額400億ドルの石油・ガス
    ・交通・通信などの幅広い分野での協力契約を締結する」と提
    案してきたことだ。

     以後、ロシアは同じ立場の国々、すなわちイラクに石油権益
    があり、安保理の常任理事国であるフランス、中国とともに
    「アメリカのイラク攻撃を止めさせ、その見返りに石油権益を
    確保する」ことを目指した。その外交努力を評価して、イラク
    は03年1月には、ロシア石油会社4社に油田開発事業権を与え
    る契約を結んだ。

     しかし、アメリカはロシア、フランス、中国の反対を押し切っ
    て、国連安保理の承認を得ないまま、イラク攻撃に踏み切った。
    これでロシアはすでに得た油田開発事業権を失い、また80億
    ドルのフセイン政権への債権も放棄せざるを得なくなった。そ
    れでも、アメリカを泥沼の戦争に追い込んで、一極体制を崩壊
    させようという大目標には一歩近づいたことになる。

■7.「シラクがイラク戦争を起こした」■

     ロシアは、経済面でもアメリカを追いつめようとしている。
    この面でのアメリカの一極支配はすでに崩壊寸前なのである。
    アメリカは世界一の財政赤字と貿易赤字を持つ国だからだ。

     米財務省の04年10月の発表によれば、米政府の借金は約7
    兆4千億ドル(800兆円)、そのうち2.5兆ドル以上が対
    外債務である。貿易赤字は03年通期で約5千億ドル(54兆円)。
    毎月平均で4.5兆円ものドルが国外に流出していったことに
    なる。

     アメリカが通常の国だったら、とっくの昔にドルは大暴落し、
    財政は破綻していただろう。それが起きないのは、ドルが国際
    貿易の基軸通貨であり、ドル紙幣さえ印刷していれば、他国か
    らモノを買えるからである。したがって、たとえばユーロがも
    う一つの基軸通貨となり、「もうドルは受け取らない。貿易代
    金はユーロで払ってくれ」という国が増えたら、アメリカは一
    気に破産状態に追い込まれる。アメリカを「ボロボロになった
    覇権国家」と北野氏が呼ぶのは、このためだ。

     2000年9月に、イラクのフセインは「石油代金として、今後
    一切ドルを受け取らない」と宣言した。ユーロを決済通貨とす
    るというのである。当時、イラクは国連を通じてしか石油を売
    れなかったが、その国連は「イラクの意向を受け入れる」と発
    表した。

     フセインはこの時、アメリカという虎の尻尾を踏んでしまっ
    たのである。これがイラク戦争の遠因となった。しかもこのフ
    セインの宣言には、石油ドル体制を崩そうとするフランス・シ
    ラク大統領が後ろ盾になっていた。「シラクがイラク戦争を起
    こした」と言えなくもない、というのが北野氏の見方である。

■8.独仏露のアメリカ一極体制への挑戦■

     フランスはドイツとともに「ヨーロッパ合衆国」を建設し、
    アメリカ一極体制崩壊を目論んでいる。そのために通貨統合に
    よってユーロを創設し、基軸通貨の地位を奪おうとしている。

     アメリカの一極体制を終わらせようという点で、ロシアと独
    仏は利害を同じくしている。プーチンは03年10月ドイツ首脳
    との会談の席で、「私たちは、ロシア産原油輸出をユーロ建て
    にする可能性を排除していない」と発言。数日後、モスクワを
    訪れたドイセンバーグ欧州中央銀行(ECB)総裁は、「ロシ
    アがユーロで石油を売るのは理にかなっているかもしれない」
    という声明を発表した。

     石油大国ロシアの貿易相手の最大はEUで51%以上。それ
    に対して、アメリカは5%以下。ロシア−EU間の貿易で、な
    ぜドルを使わねばならないのか。ユーロ建てにするのは確かに
    「理にかなっている」のである。

■9.アメリカ幕府の天領「日本」から脱却するには■

     実はドルの暴落を防いでいる防波堤がもう一つある。日本が
    アメリカ国債をせっせと買い支えていることだ。日本は中国や
    北朝鮮などの軍事的脅威をアメリカの軍事力で守って貰い、そ
    の代償としてドルを買い支えている[b]。だから北野氏は日本
    がアメリカ幕府の「天領」、すなわち直轄地であるという。

     アメリカ幕府のもとで平和に慣れた日本人は、その天下とそ
    れによる平和が永久に続くと考えている。だから、独仏露中が
    アメリカの一極体制に挑戦しているなどという事には考え及ば
    ない。

     しかし日本はいつまでもアメリカの天領でいるのか。アメリ
    カ一極体制が崩壊したら、一緒に没落するのか。それとも新し
    い覇権国の天領となるのか。真の独立への道はないのか。

     これは日本人一人一人が考えていくべき問題であろう。その
    ためにも我々は国際政治の冷厳な覇権争いの実態を見抜く力を
    もっと身につけなければならない。この点で北野氏のような眼
    力を持つ論者の登場を歓迎したい。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(280) 世界を不幸にするIMF
    諸国民の富を使って「市場原理主義」を押しつけ、失敗して
   も責任を問われない不思議な国際機関。
b. JOG(078) 戦略なきマネー敗戦
    日本のバブルはアメリカの貿易赤字補填・ドル防衛から起き
   た。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。
1. メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
2. 北野幸伯「ボロボロになった覇権国家(アメリカ)」★★★、
   風雲社、H17

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「覇権をめぐる列強の野望」について 

     メールを拝読後、時間も時間でしたが、さっそく、深夜1時
    まで開いている近所の書店に北野氏の書籍を探しに行きました。
    残念ながらありませんでしたが、翌日、大手書店に出向いて入
    手しました。

     さっそく読み終えました。ところどころ、つっこみたいとこ
    ろもありましたが、それぞれの分析の結論は、全く同感で、共
    感しました。しかし、それ以上に、自分の見えなかったことが、
    分かることができました。

     日本と日本人は、よく言えば善良篤実。悪く言えば平和ボケ
    の国です。もちろん、それほど、他国に比べてよい国である証
    しでもありますし、これはこれで、実に素晴らしいことであり
    ますが……。

     そこで、これを維持していくためにも、政治から企業からメ
    ディアまで、主要なポディションに、すぐれた人物を配置でき
    るかだと思います。結局は人次第ですし。これさえしっかりし
    ていれば、最低、何とかなると考えます。そのためにも、より
    多く立派な人物を輩出していくことが重要と思います。(これ
    も本音では心配ですが)

     湾岸戦争時の海部内閣で、トータルで130億ドル(1.3兆円)
    の支出。また、金だけだして、血を流さないという非難。さら
    にその後、海部総理直々に、アメリカに渡って謝罪。

     小泉内閣は、自衛隊を派遣しましたが、トータルで何十億程
    度。まあ、大きな感謝と評価。非難なし。もちろん、もっと多
    面的に検証を要しますが、節税という点でさえ、これだけの違
    いを生むと思いますと怖くなります。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     世界各国の野望のぶつかりあいの中で、日本はいかに道義と
    国益を追求していくのか、そこに真の叡智が求められます。  

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.