[トップページ][平成18年一覧][人物探訪][070 ジャーナリズム、新聞]

■■ Japan On the Globe(466)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

         人物探訪: 徳富蘇峰 〜 文章報国70余年
    
                 近代日本最大のオピニオン・リーダーは、
                なぜ忘れ去られたのか。
■転送歓迎■ H18.10.08 ■ 35,124 Copies ■ 2,246,143 Views■


■1.忘れ去られた我が国最大のオピニオン・リーダー■

     明治・大正期のベストセラー作家と言えば、まずは夏目漱石
    が挙げられよう。明治38(1905)年に出版された『我が輩は猫
    である』は、大正6(1917)年の大蔵書店版で1万1500部も
    売れている。

     しかし、同時期に出版されて約100万部も売れた本がある。
    徳富蘇峰(そほう)の『大正の青年と帝国の前途』である。蘇
    峰は500点を数える著書があるが、そのほとんどが当時のベ
    ストセラーか、グッドセラーとなった。

     蘇峰が明治20年、25歳にして発行した雑誌『国民之友』
    は、創刊号からたちまち売り切れ、再刊、三刊と重ねて1万部
    を超えた。普通の雑誌の発行部数がせいぜい千部以下の頃であ
    る。明治23年に念願の日刊紙『国民新聞』を創刊すると、た
    ちまち当時の5大新聞の一つになる勢いを示した。

     大正7(1918)年、55歳にして執筆を始めた『近世日本国民
    史』は、昭和27(1951)年までの実に34年間、88歳まで書
    き続け、100巻を数えた。10巻まで出たところで帝国学士
    院から恩賜賞を授与され、国史学界の大御所・黒板勝美博士か
    ら「国史学界における画期的一大事業」と賞賛された。個人著
    述の史書としては質量ともに世界有数のものとされている。

     徳富蘇峰は、明治初期から昭和前期までの期間において、我
    が国の最大のオピニオン・リーダーであった。これだけの人物
    が現在、ほとんど忘れ去られているのは、どうしたわけだろう。

■2.「言論によって国民同胞を導きたい」■

     蘇峰の名が世に知られたのは、明治19(1886)年、23歳に
    して『将来の日本』を自費出版した時だった。東京英語学校
    (第一高等学校の前身)に入学したり、同志社英学校に学び、
    また父親の関係から勝海舟との知遇も得ていたので、官僚や学
    者となって立身出世の道に進むことは容易だったはずだ。

     しかし蘇峰の志は新聞記者となり、自らの言論によって国民
    同胞を導きたい、という事だった。英国の「タイムズ」を理想
    としたのだろう。しかし日本で本格的に新聞の発行が始まった
    のは明治5(1872)年だから、まだ十数年ほどの歴史しかない。
    新聞記者の社会的地位など日本ではほとんど認められていなかっ
    た頃である。

    『将来の日本』の根底には、欧米列強のアジア侵略への危機感
    があった。「今日に於いて東洋諸国が欧州より呑滅せらるる所
    以(ゆえん)のものは他なし、唯(ただ)我は貧にして野蛮な
    る国にして、彼は富んで文明なる国なるが故なることを」

     列強が誇る軍備は、彼らの「富と智力」の結果である。旧来
    の少数独裁の軍事型国家では対抗できない。広く産業を起こし、
    平民が中心の政治、すなわち今日流に言えば民主主義社会によっ
    て独立を保つことが「将来の日本」の姿である、と蘇峰は主張
    した。英国をモデルとした近代化を目指したのである。

     この主張は世間の注目を集め、蘇峰の名は一躍世に知られる
    ようになった。

■3.「国民的驕傲を否定す」■

     翌明治20(1887)年、蘇峰は月刊誌『国民の友』を創刊した。
    タイトルは同志社時代に愛読していたアメリカの週刊誌『ネー
    ション』から取ったという。

     明治23(1890)年には、いよいよ本来の志であった『国民新
    聞』の発行を開始した。この時、蘇峰はまだ27歳の青年であっ
    たが、ジャーナリズムの世界ではすでに無視できない存在になっ
    ていた。

     明治27(1894)年7月に始まった日清戦争において、極東の
    小国日本が清国に勝利すると、蘇峰はこう論じた。「吾人は清
    国に勝つと同時に、世界にも打ち勝てり。吾人は知られたり。
    ゆえに敬せられたり、ゆえに畏(おそ)れられたり、ゆえに適
    当の待遇を受けんとしつつあるなり」

     西洋列強が跋扈する当時の国際社会において、日本が「眠れ
    る獅子」と恐れられていた清国を打ち破ることによって、国際
    的な認知を受けた事の喜びが弾んでいる。

     しかし、それは夜郎自大の腕力自慢ではならなかった。「孤
    立を否定す、排斥を否定す。国民的驕傲(きょうごう、おごり
    たかぶること)を否定す。満足を否定す」(『国民新聞』明治
    27年11月7日)として、「世界の文明」と協調した謙虚な
    姿勢こそ、大国民への道だと主張した。

■4.「速やかに日英同盟を組織せよ」■

     ロシア・ドイツ・フランスからの三国干渉に屈服して、清国
    から割譲された遼東半島を返還する、という報に接したのは、
    蘇峰がちょうど現地を視察中の時だった。そして日本軍が占領
    していた旅順口の小石をハンカチに包んで持ち帰ったという。

     蘇峰は「戦争によりて一夜のうちに巨人となりし国民は、平
    和談判のために、一夜に侏儒(しゅじゅ、こびと)となれり」
    (「日本国民の活眼目」、『国民の友』第263号)と描写し
    た。弱肉強食の国際社会の中で、日本はまだまだ非力であるこ
    とを思い知らされたのである。

     三国干渉から1年後、蘇峰は1年余の欧米歴訪の旅に出る。
    欧州に向かう船中で「速やかに日英同盟を組織せよ」との社説
    を『国民の友』に掲載し、ロンドンでは英国の新聞界とさかん
    に接触して、根回しを行った。日英同盟が締結されたのは、こ
    れから6年後のことである。

     モスクワではトルストイを訪問し、この世界的文豪が「人道
    と愛国心は背反する」と述べたことに対して、反論した。蘇峰
    は日本が国際社会において「相当の位地」を占め、列国と対等
    の立場に立つことが大事だとする。日本国民として、国家を通
    じて世界に寄与するのが自分の本願であり、ロシアのようにみ
    だりに他国を侵略する国の国民であるトルストイとは、意見が
    異なるのは当然だと考えた。

■5.「引き際が大切なのである」■

     三国干渉とロシアの満洲侵攻から、蘇峰は日露の衝突に備え
    て海軍を強くする必要があり、そのために増税政策を掲げた松
    方・大隈内閣を支援して、勅任参事官にまでなった。不人気な
    政策を説く上に、新聞人が内閣に加わるとは何事ぞという反感
    から、『国民新聞』はあっという間に発行部数が6分の一に落
    ちてしまい、新聞社は破産の危機に見舞われた。

     しかし、蘇峰はこの苦境にもめげずに、艦隊増強案を持つ政
    府を支持し続けた。日露戦争が始まるや、蘇峰の主張が正しい
    ことが明らかになり、購読者数は飛躍的に増大した。

     しかし、戦勝後の講和条件には賠償金もなく、領土割譲も樺
    太の南半分だけという事に、国民は激高した[a]。蘇峰はこう
    反論した。

         講和条件が日本国民の理想でないにせよ、しかし宣戦布
        告の趣旨はすべて達成されているのである。樺太全部と沿
        海州を取り、バイカル湖を国境として、更に30億以上の
        償金までもらおうなどというのは、勝利にのぼせ上がった
        空想であり、そういう理想が実現されないからとてすぐに
        講和条約を呪うなどと言うのは正気のさたではない。図に
        乗ってナポレオンや今川義元や秀吉のようになってはいけ
        ない。引き際が大切なのである。[1,p232]

     講和に賛成したのは、4千万人の日本人中ただ16人、内閣
    ・元老・全権委員の15人と徳富蘇峰ぐらいだと、他の新聞は
    書き立てた。東京朝日など各紙は一斉に蘇峰と『国民新聞』を
    売国奴と罵り、暴徒が国民新聞社に押しかけて焼き討ちを図っ
    た。社員は二日間も棒や日本刀で防戦に務めた後、ようやく軍
    隊が出動して囲みが解かれた。しかし、新聞の購読者数は市内
    で十数分の一まで激減したと言われ、その回復に数年を要した。

     蘇峰は国民の受けなどを意に介さずに、常に自ら正しいと考
    える所を主張して止まなかった。
    
■6.日米の親交が世界平和の「中枢」■

     第一次大戦の後、急速に大国として浮上したのは、アメリカ
    と日本だった。そのアメリカは、ハワイ併合、フィリピン領有
    と太平洋に進出し、日本も朝鮮、満洲に勢力を広げたので、両
    国の衝突は不可避の様相を呈していた。

     日米の確執は、明治39(1906)年サンフランシスコにおける
    日本人学童隔離事件に始まり、日系移民の土地所有を禁止する
    排日土地法を経て、大正13(1924)年の排日移民法によって決
    定的となった。

     排日土地法は、ヨーロッパ移民には認められていた帰化と土
    地所有を、日系移民には認めない、としたものだった。「世界
    の一等国」となったと自負していた日本国民は、面目をつぶさ
    れた。

    『国民新聞』は、当初、日米の親交が世界平和の「中枢」であ
    ると述べて反米ムードを抑える論調だったが、排日土地法の成
    立に至って、蘇峰は、大和民族が人種と宗教による差別を甘受
    している事実を直視し、自恃(じじ、自分自身を頼みとするこ
    と)の精神を持てと論じた。

     それでも日米戦争不可避の世評を否定して、日米は経済的に
    は「共存共栄」だと強調し、「日米戦争」の音楽にみずから踊
    り出す愚を犯してはならない、と戒めた。

     蘇峰がもっとも困難な敵と見なしていたのはソ連だった。日
    中戦争の真の敵も中国自体でなく、その背後にいるソ連である
    と考えた。この見方が正しかったことは、その後の歴史研究が
    明らかにしている。[b]

■7.「百敗院泡沫頑蘇居士」■

     大東亜戦争が始まると、蘇峰は大日本言報国会の会長に就任
    して、『興亜の大義』『必勝国民読本』など、戦意高揚を意図
    した書物を次々に出版した。戦いが始まってしまったからには、
    勝つために全力を尽くす、というのが、蘇峰の「言論報国」の
    姿勢だったのだろう。

     昭和20(1945)年8月15日に敗戦を迎えると、82歳の蘇
    峰は一切の公職から退き、自ら「百敗院泡沫頑蘇居士」との戒
    名を名乗った。「百敗」して、興国の夢が「泡沫」に帰した、
    という無念の思いが込められている。

     しかし「頑蘇」すなわち頑固な蘇峰は健在である。東京裁判
    弁護団に依頼されて執筆した宣誓供述書は『宣戦の大詔に偽り
    なし』との題名をつけた。

     戦争は日本が望んだものではなく、強いられたものだった。
    米国は日露戦争後、「賭け馬」を日本から中国に変えた。そし
    て日本に対しては、移民問題、パリ講和会議、ワシントン会議
    など、事あるごとに力づくの「懲戒」じみた行動をとった。追
    いつめられた日本は「乾坤一擲(けんこんいってき)の策」に
    出た。隠忍しなければならないところで我慢できず、相手の
    「策謀」に乗って敗れたのは日本の「自業自得」だ、と言う。

     蘇峰は8月15日の玉音放送のとき、徳川家康に思いをいた
    したという。家康は小藩の領主として、強大な信長に隠忍自重
    しつつ、攻守同盟を結び、ついに天下を手に入れた。「家康を
    して今日に在らしめたならば、彼はあらゆる苦情、あらゆる反
    対に眼を瞑(つぶ)って、米国と攻守同盟を締結したであろう」
    (『勝利者の悲哀』)と述べた。

     そのような偉大な政治家を持ち得なかった日本の敗戦は、ま
    さに「自業自得」だった。この言葉には自らの言論で、この
    「自業自得」を避け得なかった無念の気持ちも籠もっていよう。

■8.米国の引いた貧乏くじ■

     一方、勝った米国は、東欧から中国までを勢力圏とするソ連
    との冷戦に陥り、「世界中の心配を一手に引き受けねばならぬ
    ような貧乏籤(くじ)」を引いた。

     日露戦争後に、「もし米国が日本に手を差し出し、日本がそ
    の手を握って」いたら、日本は東アジアで一流国として安定し、
    米国もそんな「貧乏くじ」を引かずに「商売繁盛」していたろ
    う、と推測する。

     米国が「貧乏籤」を引いた原因は、日本をここまでに追いつ
    めた自身のアジア政策の失敗にある。

     今後、占領下の日本を第二のハワイのような属国にするこ
    とは、日本人の反発を招き、共産陣営に追いやる道につながる。
    一君万民の日本的民主主義の発展を支援し、日米提携の道をと
    るべきだ、と主張した。

     この見方は、米軍の高官や共和党の政治家にも共有化されて
    いたもので[c]、冷戦下において米国の対日政策はこの日米同
    盟路線に転換された。

■9.70余年に及ぶ「言論報国」の人生■

     蘇峰は、昭和31(1956)年6月まで最後の著書となる『三大
    人物史』を書き続け、翌年94歳にして、明治19(1886)年以
    降、70余年に及ぶ「言論報国」の人生を閉じた。

     戦後、蘇峰は「平民主義者から国家主義者に変節した」とか、
    「戦時中に時局便乗のお先棒担ぎをした」などと罵倒され、や
    がて黙殺と忘却のうちに葬り去られた。

     戦後のこうした罵倒は、ちょうど日露戦後の講和賛成を各紙
    がこぞって「売国奴」と非難したのと同じようなもので、蘇峰
    の思想が間違っている事を立証するものではない。その時代の
    迷妄が解ければ、どちらが正しいかは自ずから明らかになって
    くる。

     今頃、蘇峰は草場の陰で、かねてから主張していた「日米同
    盟」「日米の共存共栄」が現実のものとなっている事を喜んで
    いるであろう。いかに罵倒されようと、忘れ去られようと、蘇
    峰にとってはどうでも良いことであったろう。その志はあくま
    でも「日本が強くなることはとりもなおさず日本国民の幸福」
    [1,p237]という所にあったからだ。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(365)  ポーツマス講和会議
    国民の怒りを買うことを覚悟して、小村寿太郎は日露講和会
   議に向かった。 
b. JOG(446) スターリンと毛沢東が仕組んだ日中戦争
    スターリンはソ連防衛のために、毛沢東は政権奪取のために、
   蒋介石と日本軍が戦うよう仕組んだ。 
c. JOG(096) ルーズベルトの愚行
    対独参戦のために、米国を日本との戦争に巻き込んだ。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 渡部昇一『腐敗の時代』★★★、文藝春秋、S50
2. 米原謙『徳富蘇峰―日本ナショナリズムの軌跡』★★
 

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.