English page
ジャグリング動画集



ボール(07/7/28)
クラブ(07/10/5)
リング(06/1/17)
デビルスティック(06/3/4)
デビルロープ(もののけ紐)
シガーボックス(05/10/22)
ディアボロ(05/11/6)
ポイ(05/1/1)
傘回し(06/7/22)
けんだま(07/3/21)
試作品デモ(07/7/28)
空想系(FLASH)(07/3/12)


ボール編
バターン系
sebas_b1.mpeg(252kb) エリックスエクステンション(01/07/21)
普通の技。
sebas_b2.mpeg(240kb) クローキャッチエリックスエクステンション(01/07/21)
ややマニアックな技。
肩にくるので、柔軟は忘れずに。
sebas_b3.mpeg(191kb) クローキャッチからだの横カスケード(01/07/21)
ちょっとマニアックな技。
最後失敗しちゃった。
sebas_b5.mpeg(195kb) スミタズスクリーム(勝手に命名)(01/07/21)
ただし、完全ではなく、片側折り返しのみ。
まだ、1往復は成功していないのだ。
sebas_b30.mpeg(339kb)
5ボール名古屋カスケード(05/3/6)
おそらく、あらゆる5ボールの技の中で最も見栄えのしない技ナンバーワン
何で名古屋かっていうと、パチンコ発祥の地だから。
普通の5ボールよりははるかに簡単だけど、それなりには難しいですよ。
サイトスワップ的には[32](ただし、3と2は常に入れ替わる)。
sebas_b31.mpeg(306kb)
4ボール名古屋カスケード(05/3/6)
上の技の片側版。まずはこちらの技を左右練習してから5ボールに移行すると良いでしょう。
サイトスワップ的には[32]3(ただし、マルチ内の3と2は常に入れ替わる)。
トリック系
sebas_b4.mpeg(303kb) オーバーザヘッド ビハインドザバック クロー 
リバースハンドキャッチ フィニッシュ(ガルウイングキャッチ)
(01/07/21)
とりあえず、まだフィニッシュでしか出来ない。
ちなみに、2回連続で成功しているのはたまたま。
sebas_b7.mpeg(185kb) 体の横カスケードからトレブラ(01/09/14)
まだ単発しか出来ないけど、そのうち・・・(野望)
sebas_b10.mpeg(405kb)
クロスレッグアルバート(01/11/18)
クロスした後ろの足を通すのがこの技の真骨頂。
まあやってみそ。足腰ガタガタになるから。
sebas_b35.mpeg(313kb)
ボディースルーカスケード(05/6/29)
カスケードが体を通りぬけている・・・ように見えたらいいな、
と言うノリで作った技
もちろん、サイドからノーマル方向にも出来ます。というか、最初は
そっちから練習していました。
sebas_b45.mpeg(318kb)
3ボール背中の後ろ1upハーフピルエット(06/4/28)
楽しい楽しい背中の後ろ系の技。これが出来たら結構バリエーションが増える
とおもいますよ。
投げる軌道としてはビハインドザバックとほぼ同じなので、わりととっつきやすいのでは。
sebas_b46.mpeg(599kb)
3ボール背中の後ろ1upピルエット(06/4/28)
実はこれが初成功です。
とにかく、真っ直ぐ投げ上げるのが難しいです。それさえ出来たら
もう成功したも同然ですね。
普通のピルエットと違ってスポッティングの必要がないので、
もしかしたらある意味こちらのほうが楽なのかもしれません。
sebas_b48.mpeg(847kb)
足通し(06/5/21)
1upバージョン。
3upこそ真の足通しといえようが、むずいっての、そんなの。
まあコツさえつかめばさほど難しくはないです。
よっこたってよっこよっこのリズムですね。
3ball cascade
sebas_b6.mpeg(454kb) リバースマトリックス(01/07/21)
マトリックスの逆だからリバース。
他愛の無い技ですね。
sebas_b12.mpeg(485kb)
ジョン・ダニエル式後ろ回り(02/05/04)
我が心の師匠、ジョン・ダニエル様の必殺技の一つ。
これを最初に見たときには目が特異点になってしまいました。
私がやるとまだぎこちないですが、本物はもっと美しく奇妙にねじくれています。
ちなみに、ダニエル様の必殺技の中では一番簡単だと思いますが、それでも
初成功までに1年以上かかりました。
sebas_b13.mpeg(468kb)
寝返り(02/05/04)
それほど難しくは無い技。
ゆえに、見た目もそれなり。
ちなみに、この技を練習したきっかけは、ドーナツの教本で
オーバーヘッドカスケードが寝転んだ状態で出来るほとんど唯一の手法、
とか書かれていたので、なんとなく反逆したくなったからだとかなんとか・・・
sebas_b14.mpeg(509kb)
キャタピラー(02/08/29)
難易度高し。
このままゴロゴロと前に進んでいきたいですね。
sebas_b17.mpeg(274kb)
サイドルーレット(03/1/10)
からだの横でカスケードを360度回す技。
後ろから見たほうが分かりやすいのかな・・
sebas_b20.mpeg(330kb)
マトリックス(03/6/27)
きちんとブリッジの形にもっていくのは結構難しかったり。
最初はとにかく背中で着地できれば十分。
オーバーヘッドカスケードをいろんな手の位置で練習するのが上達の早道かと。
sebas_b28.mpeg(198kb)
うつ伏せ背中の後ろカスケード(05/2/25)
肩の柔軟性があればできるんじゃな〜い。
三角筋がとっても疲れます。
コツ?・・・・無い。
sebas_b29.mpeg(448kb)
パーフェクトブラインドカスケード(05/2/25)
まったく見えません。
本人はもとより、回りの人も。
まさにパーフェクトブラインド!

・・・・って、なんでこんな技練習したんだろう・・・・・・
sebas_b32.mpeg(324kb)
フリッパーカスケード(05/3/6)
ジュンヤカスケードをV字型にして、高速化したような技。
自分で言うのもなんですが、速すぎてボールの軌道が分かりませんな。
だいたい分速450ぐらいだと思われます。早送りでない証に時間表示を
入れておきました。1秒間に7〜8キャッチしているのが分かると思います。
サイトスワップ的には[12](ただし、1と2は常に入れ替わる)。
sebas_b37.mpeg(292kb)
ベンチの下カスケード(05/9/18)
秋の休日、ねっころがってひなたぼっこしながらジャグリングしたい。
でも、だるいので腕を持ち上げてオーバーヘッドなんてとんでもない。
そんな貴方にオススメなのがこれ。
コツは・・・練習、練習、練習!
sebas_b38.mpeg(280kb)
ホリゾンタルカスケード(05/11/14)
別名「菩薩掌」(古)
カスケードの軌道を90度傾けてやるとごの形になります。
上から見たらちゃんとカスケードに見えます。
それにしても、秒間9キャッチって。
ちなみに、さらに90度回転させると倒立カスケードになります。
sebas_b39.mpeg(844kb)
カスケードまたぎ(05/11/14)
目の前に、邪魔なカスケードがあったらまたぎ越えればいいじゃな〜い。
結構いろんな技術がいるので習得には時間がかかるかも。
sebas_b40.mpeg(233kb)
ホリゾンタルカスケード(上から撮影)(05/11/20)
要望がありましたので、ホリゾンタルカスケードを上から撮影してみました。
自分がやっている気分になりたければ、PCのモニタを逆さにしてご覧下さい。
こうして、撮影してみてみると、なんかボールが5個ぐらいあるように見える・・・
sebas_b41.mpeg(489kb)
頭の回りカスケード(05/12/6)
正確には、頭の周りではなくて頭の後ろをぐるりと回しているだけなのですけどね
コツとかないです。
sebas_b42.mpeg(539kb)
背中の後ろで頭の上なカスケード(05/12/6)
ビハインドザバックとオーバーザヘッドを同時に出来ないだろうか、という発想から
生まれた技。
なんというか、手だけ見てると異世界の生き物のように見えて、自分で言うのもなんだが
気持ち悪い。
sebas_b43.mpeg(593kb)
頭の後ろカスケード腹筋運動(05/12/6)
ジャグリングの練習をしながら体が鍛えられて、ついでにテレビなんかも見れちゃう
一粒で3倍美味しい夢のような技。
もうちょっと慣れたら、ツイストとかも入れる予定。
sebas_b44.mpeg(337kb)
リアルリバースカスケード (オールシャッフル)(06/1/27)
カスケードを、時間軸でなく、空間的にひっくり返してみたら・・・
こうなりました。
全てのボールを下方に投げるトスジャグリング、長年の夢が1つかないました。
ちなみに、大変難しいです。
sebas_b47.mpeg(1053kb)
怠惰なブラインドカール(06/5/21)
けだるい午後には最適の技。
やる気ねー、って感じを前面に押し出すのがよいでしょう。
寝たままでカールが出来ればそれほど難しくは無いでしょう。
あえてコツを言えば、円を描くように腕を動かせばカールは出来ますよ。
sebas_b49.mpeg(955kb)
ブリッジカール(06/7/22)
思いついたのはずいぶん前ですが(十八番のころ)技術がなくて今まで出来ませんでした。
でも手の使い方とかだけ考えると、実は普通のカールよりも簡単なのかも知れません。
まあなにはともあれ、ブリッジした状態でのカスケードを存分に練習してください
sebas_b50.mpeg(465kb)
前〜後 カール(06/7/22)
カールで、頭上に行かずに直で頭の後ろにもってこうかなとかそんな
単純な考えが頭をよぎったのでやってみました。
まあ、思った通りこんなモンでした。
バウンスパターン系
sebas_b8.mpeg(464kb) 3ボール、フォース&リフト。(01/10/25)
シンクロパターンで、フォースとリフトを同時に反対の手で交互にやる技。
いずれは5ボールで同じことをやりたいのだが・・・
ちなみに、延々やっているだけなのでちとファイルがでかすぎたかな。
マニア以外には理解できないかも。
コンタクトトリック系
sebas_b9.mpeg(101kb) 3ボールお嬢様ロール(垂直パームロール)(01/11/09)
普通、パームロールの技はボールが離れたまま回りますが、この技は引っ付いたまま
回ります。
連続で出来たら凄いんだけどね〜
ちなみに、50回に1回ぐらいしか出来ないので、実際にやって見せてといわれても困ります。
自分で練習してください。
名前の由来は、縦ロールだから(笑)
sebas_b11.mpeg(806kb)
ソールブリッジパームロール(02/2/28)
足の裏で橋渡ししたパームロール。
ま、見るべきところはそこではなくて、何かで橋渡しする、というアイデアが重要
sebas_b15.mpeg(162kb)
セバス式バックハンドロール(旧タイプ)(02/12/15)
やっと正式に載せます。のパックハンドロール。
最近は下の中北式ばっかりやってますが、基本はこっちなので載せておきます。
はじめて挑戦する方はまずこちらから練習したほうがイイでしょう。
練習方法は講座を参考にしてください。
sebas_b16.mpeg(270kb)
中北式バックハンドロール(新タイプ)(02/1 2/15)
中北君が開発した手法。
中指で手の甲に跳ね上げることによって、手の角度を水平に保ったまま、回せるという
利点があります。また、2つのボールを接触させずに回すことも熟練すれば可能です。
但し、いきなりやるのは難しいので、まずは旧タイプを練習して、手の甲でボールが
転がる感覚を身につけてからこちらに移行したほうが習得の近道だと思われます。
sebas_b18.mpeg(188kb)
キャットハンドホールド(03/6/9)
見たまんま。猫の手の形で止めるだけの単純な技ですね。
そんなに難しくないです。
猫の手にするときには必ず「にゃん」と鳴いてください。
sebas_b19.mpeg(288kb)
バックハンドカール(03/6/21)
手の甲側を上にしてカール。
もちろん、他の道具でもできま・・・
腕の動きだけでは回しきれないので、体全体を使ってひねるのがコツといえばコツ。
sebas_b21.mpeg(246kb)
EEバタフライ(03/8/29)
バタフライしながら手を2重に交差させるというただそれだけの技。
でも、思っていたよりも美しい技だ・・・うっとり
sebas_b22.mpeg(557kb)
ダブルハンドくねくねイヤン(03/8/29)
お名前募集中・・・
バックハンドカールの応用です。こっちのほうが簡単ですが。
sebas_b23.mpeg(211kb)
2ボールバーチカルバタフライ(04/3/20)
あんまりきれいでないけど、とにかく縦なんです。
コツは、スイッチバックの要領。
sebas_b24.mpeg(558kb)
スイングとか(04/7/4)
一応、握っているのは青いほうだけね。
ま、こういう技好きなんです。
コツとかは、箱のほうを参考にしていただければ・・・
sebas_b25.mpeg(1458kb)
パームロール式アイソレーションカール(05/2/6)
パームロールしながらカールするときに、ボールを静止させる技。
なんとなく楽しい
sebas_b26.mpeg(1722kb)
片手カスケード・その他(05/2/6)
片手3個の技をいくつか。ほかにもバリエーションはあります。
手がつります。
sebas_b27.mpeg(444kb)
クローパームロール(05/2/6)
この技を練習中にバックハンドロールを思いついたので、実はかなり古い技です。
ついでなので載せておきました。ボールの慣性を利用して入れ替えます。
結構難しい。
sebas_b33.mpeg(683kb)
犬の喜び(05/5/22)
すんません、技名に意味はないです。
両手で扇子のようにシュルンと移動する技、アレの応用に過ぎません。
というか、あの技、名前なんていうの?
コツはまあ、箱を扱うときのように・・・
sebas_b34.mpeg(379kb)
リバースバタフライ(05/5/22)
バタフライを上下逆にした、ただそれだけの技。
コツは、スイッチバックのように・・・
sebas_b36.mpeg(750kb)
三つ指スイング(05/7/17)
いわゆるトリポッドの状態で振りまわしているだけです。
もちろん、遠心力だけで支えています。
sebas_b51.mpeg(514kb)
つるつるで回せないよこの棒(06/10/16)
っていうイメージです
思いついて1日で出来るようになったので多分簡単。
動画はロシアンでやってるけど、普通の詰まったボールでも
難易度は変らないです。
sebas_b52.mpeg(520kb)
バックハンド アイソレーション(07/7/28)
ボールの下で手をくるくる動かすあれを、手の甲でやってみただけです。
どうやら、回すよりこうやってスライドさせたほうが簡単なようです。
sebas_b53.mpeg(693kb)
1動2静カール(07/7/28)
名前は適当です。いいのが思いつかなかったので見た目そのまま。
ところで誰ですかぁ!きもちわるいとかいってる人は!
先生怒らないから正直に手を挙げなさい。
クラブ編
sebas_cl1.mpeg(183kb)
バックキックアップ(03/3/2)
キックアップで背中の後ろを通します。
既にある技かもしれないけど、一応載せておきましょう。
コツは、通常のキックアップのように足を曲げつつも横には蹴り上げず、逆脚側に
引き寄せるような気持ちでクラブを引き寄せ、上がり始めたあとはペンデュラムの
要領でリリースしてやるとパッククロスのような軌道で1回転して前に戻ってきます。
バリエーションとして、腋の下(左右どちらでも)を通して前に飛ばすことも出来ます。
sebas_cl2.mpeg(121kb)
アンダーザレッグキックアップ(03/5/4)
キックアップで足の下を通します。
最初に少し普通のキックアップの要領で上げかけてから、体側にクラブを引き込むように
してから足を蹴り上げると、クラブが足の下を通ってまたの間から前に飛んできます。
瞬発力があれば、フットパッグのダブルレッグオーバーのようにすることも可能かも。
私自身はまだキャッチできたことはありません。
sebas_cl3.mpeg(182kb)
フローティングキックアップ(03/5/4)
床に落ちたクラブを走りぬけざまにキックアップする技。
最初にカカトで踏みつけて、上がったところを反対側の足で蹴り上げます。
踏み込むときの足の位置がかなり重要です。
もっと低く上げるとスピード感が出るでしょう。
sebas_cl4.mpeg(130kb)
スライドキックアップ(03/5/4)
足の上を滑らすだけでキックアップする技。
クラブの形状を利用しているので、魚や太クラブでは多分難しいでしょう。
蹴るほうの足は、端のほうを軽く踏みつけて横に押すだけです。
上手く蹴れば垂直に上がって、あごを直撃することも可能。
sebas_cl5.mpeg(193kb)
シザーズキックアップ(03/5/4)
両足でクラブを挟んでキックアップする技。
上の足を離すタイミングが結構難しいかも。
飛ぶ直前まではきっちり持って、飛んだ瞬間にはもう放してる、ぐらいがよさげ。
sebas_cl6.mpeg(144kb)
スタンプキックアップパス(03/5/4)
パスとか言いながら一人でやってるという寂しい動画。
真上からスパーンと踏みこんでやれば綺麗に前に飛びます。難しくはないです。
ただし、足に当たらないようにはしないといけませんけどね。
あと、きちんと補強しておかないとヘッドのゴムも飛びます。悲しいです
sebas_cl7.mpeg(123kb)
フローティングin-inセルフ(03/6/9)
フローティングキックアップのバリエーション。
イン側で踏みつけて、同じ足のインキックで蹴り上げるパターン。
他にもいろんなパターンがあります。
sebas_cl8.mpeg(114kb)
タップスタート(バランス)(03/6/9)
地面に置いたクラブを別のクラブで上から叩いて反発力で拾い上げる技。
そのままトスにも移行できますが、今回はパランスに移行するパターンで。
クラブの当てかたで回転が変わります。

NEW!
sebas_cl9.mpeg(586kb)
ドリブルタップアップ(07/10/5)
ドリブルからアイドリングにはいって、そこからカスケードに繋げる技。
やってみればすぐ出来るでしょう。

NEW!
sebas_cl10.mpeg(444kb)
2枚刃で根こそぎタップアップ(07/10/5)
JJF2007で、ジェイ・ギリガンの動きを見て思いついた技。
というわけで、勝手に捧げておきます。
2枚目の刃は、一度地面を叩くとタイミングがとりやすいかと思われます。

NEW!
sebas_cl11.mpeg(272kb)
タップアップシザーズキャッチ(07/10/5)
もう解説も要らないかと思いますが、普通のシザーズキャッチと要領は一緒です。

NEW!
sebas_cl12.mpeg(492kb)
ゾンピーキックアップ(07/10/5)
ノブをグニーっとすりつぶすように踏みつけて、ほぼ垂直にたちあがったところを
まきこむようにキックアップ。
上手くやると、そのまま膝の裏に挟めたりもします。

NEW!
sebas_cl13.mpeg(297kb)
フローティングin - in クロス(07/10/5)
逆の足でクラブの頭を撫でてハンドルの下に隙間を作ってからねじ込むように
足を入れて蹴り上げる技
出来るだけヘッドのほうを蹴ったほうが綺麗に上がります。

NEW!
sebas_cl14.mpeg(586kb)
タップ^2アップ(07/10/5)
これもジェイ・ギリガンの動きから生まれた技。
リカパリー技としては一番使いやすいのでは?
リング編
sebas_ri1.mpeg(346kb)
バズソー(対クラブバージョン)(06/1/17)
コツは、とにかく通常のバランスとは違って下のほうを見ること。
そんなに難しくはないです。ディアボロと違って大きい分だけ。
フットバッグ編
sebas_f1.mpeg(110kb)
パラサイト(ハーフスピンワープ?)(02/11/11)
ワープの手順を、ハーフスピンしながら遠心力をかけて行う技。
ちょっと分かりにくいかもしれないけど、パッグはインサイドに遠心力で貼りついたまま
クリッパーの体勢に持ちこまれます。
コツは、左足で行う場合はまず左斜め前に振って、パッグに遠心力を発生させてから
右に回していくことでしょうか。
デビルスティック編
sebas_ds2.mpeg(616kb)
デビルフープ(02/2/28)
デビルスティックとフラフープを組み合わせてみたら。
そんな発想から生まれたアイデア。
sebas_ds3.mpeg(615kb)
頭の後ろアイドリング(04/3/20)
久米氏の技の応用。
フラワーだと簡単なんだけど、デビルでやると多分非常に難しい。
sebas_ds4.mpeg(408kb)
無音アイドリング(04/3/20)
デビルだと難しいかも。
シガーでスイッチバックができれば簡単。
下半身ですね。
sebas_ds5.mpeg(230kb)
アイドリングザワールド(04/3/20)
アラウンドザワールドのアイドリング版。
楽しい。
sebas_ds6.mpeg(368kb)
上トラピーズ(ハッピーベイビー)(04/3/20)
トラピーズを水平にして上でやっただけ。
端っこの飾りは使ってないのでデビルでもできます。
いや、ほんと
sebas_ds7.mpeg(263kb)
スピンカール(04/3/20)
カールをしながら同時に自分も回ってしまうとかいう技
1回転で一回りなカールですね。
こつはとにかくえぴぞること。
sebas_ds8.mpeg(291kb)
アウトサイドフリップ(04/3/20)
腕よりも外側でセンターを扱おうという企画。
いや、名前がセンターだからってだけで堂々と真ん中に居座ろうという
その根性が許せなかったので。
sebas_ds9.mpeg(124kb)
エンドタップ(04/3/20)
ハンドスティックの先であれしてるだけです。
はい、忘れてください。
sebas_ds10.mpeg(208kb)
スピンバックバス(04/3/20)
スピンしながら背中の後ろでパスする技。
シガーやボールのビルエット中に良くやられている手法ですね。
もちろん、アイドリング以外でもできます。・・出来る人なら。
コツは・・・左右の腰の振りでしょうか??
sebas_ds11.mpeg(365kb)
ロールオーバー ういず ハンドスティック(04/4/4)
ロールオーバーしながら、ハンドスティックをセンタースティックの動きに合わせて
投げる技。もちろん逆方向もできます。
コツはできるだけハンドスティックの中心をセンタースティックに乗せることでしょうか。
sebas_ds12.mpeg(202kb)
2個同時投げ風プロペラスタート(04/4/4)
シガーボックスの2個同時投げにフェイクを入れた奴のような技。
これも、ハンドスティックの中心あたりをセンタースティックに当てて
えいやっと持ち上げるとハンドスティックが回転せずにきれいにそのまま中心に
とどまります。
sebas_ds13.mpeg(246kb)
アンダーハーフカール(04/4/4)
腕の下でハーフカールをするだけ。
フロントサイドでもできますが、バックサイドのほうがきれいにできるので
今回はこちらで。
sebas_ds14.mpeg(261kb)
アームプロペラ(04/4/4)
腕の周りでプロペラをするだけ。
腕といっても、実際には腕に沿わせたハンドスティックのバックハンド部分で
叩いています。できるだけ腕に触らないように回すのがコツかのう。
sebas_ds15.mpeg(297kb)
ステアー(納豆まぜまぜ)(04/4/6)
デビルフープをハンドスティックで再現したら、というテーマに沿って
開発した技。
コツは、最初の遠心力のかけ方にあります。
反対のスティックで十分に慣性をかけて回すほうのスティックに貼りつける力を
あたえてやることです。あとはセンタースティックを常に接線方向におしやる
感じで力を与えつづけます。
フラワーでも難しいですが、デビルだとはたしてできるかどうか・・・
sebas_ds16.mpeg(701kb)
バックツイスト(04/4/6)
要するに背中の後ろでEEをやってしまうというものですね。
でも、背中の後ろで腕を2回交差するのは難しいので、その代わりに体全体で
360度スピンをいれて腕の交差の代りにしているわけです。
この動きは、多分ボイやクラブスインギングにも応用できるはずです。
というかある?
ボールでもできますが難易度は恐ろしく高くなるはずです。
sebas_ds17.mpeg(333kb)
ワンウェイミルズメス(04/5/7)
手の動きはミルズメスで、でもセンタースティックは一方向に回転して、
というコンセプトで。
特に難しくもないです。コツもこれといっては。
sebas_ds18.mpeg(195kb)
ダブルリリースウインドミル(04/5/7)
ようするに、ハンドスティックを次々に離しながらウインドミルするわけですね。
まあ単発ならそんなに難しくはないです。でも連続してやろうとすると
手が追いつきません・・・くぅ
sebas_ds19.mpeg(189kb)
巻き込みスクランブル(04/5/7)
スクランブルとカールを混ぜたような技。
ようするに、カール状に巻きこんで両ハンドスティックを自分のほうに向けた状態で
スクランブルの上をやるような感じ。
sebas_ds20.mpeg(176kb)
フックロール(04/5/7)
一度腕にかけた状態から、片手だけで上腕の周りを回す技。
回転をかけた後、すばやくハンドスティックを抜くのがコツかな。
引っかかりやすいので。
sebas_ds21.mpeg(534kb)
アームロール(04/5/7)
レッグロールと同じ事を腕の周りでやっているだけ。
それだけ。
sebas_ds22.mpeg(370kb)
レッグロール往復(04/5/7)
レッグロールを左右交互に行う技。
センタースティックを浮かせるタイミングが少々難しい。
センタースティックを押さえこみ始める瞬間に膝で軽く蹴り上げるようにすると
上手く斜め上に抜けて足に絡まないようです。
sebas_ds23.mpeg(231kb)
レッグストリーム(04/5/7)
レッグロールにスピンを加えた技。
ホントは、最後のキックでもプロペラ回転を維持したかったんだけど、
そちらのほうが難易度が高いので成功しませんでした。
とにかく上手く浮かせることがコツです。ええ。
sebas_ds24.mpeg(226kb)
ブーメラン(04/5/22)
右足の下から左足の下に移行してそのあと両足の上を飛行してまた右手に戻ってくる
という技。スティックで叩くのは最初に右足の下にいれるときだけ。
あとは左足の動きだけでセンタースティックをコントロールします。
sebas_ds25.mpeg(235kb)
ジグザグ(04/5/22)
太もも、ふくらはぎ、足の甲と、足をジグザグに動かしながら転がしていく技。
足の回しかたを上手く工夫すれば勝手に転がっていきます。
小さくやると足に引っかかるので、大胆に大きく動かしましょう。
あと、最初の足に引っ掛けるときの厚みも重要です。
sebas_ds26.mpeg(191kb)
ニーロール(04/5/22)
普通のレッグロールと特にやり方は変わりません。
そんだけ。
sebas_ds27.mpeg(503kb)
インサイドキック(04/5/22)
はい、足のインサイドで蹴るだけですね。
まあけるといっても実際には足で持つような感じです。
普通のアイドリングと同じ。
sebas_ds28.mpeg(183kb)
ジグザグ2(04/5/22)
ジグザグの別バージョンで、今度は太もも、すね、カカトと転がしていきます。
最後前に持っていくぶんだけ、こっちのほうがちょっと難しいです。
もちろん、物理的に正しいから出来るんです。
sebas_ds29.mpeg(242kb)
ロダンズ・ローテーション(04/6/4)
ヘリコプター系で、考える人風にぐるりと回る技。
足に乗せるときには既に回り始めているのがコツかな。
上手く回転が合えばそんなには難しくないです。
sebas_ds30.mpeg(238kb)
チキンウイング(片羽根)(04/6/4)
うむ、私が小学生の頃はちょうどプロレスブームで(以下略
コツ的には普通のハーフカールと特に変わりはないかと。
最後はぐっとすればひょっと落ちてきます。
sebas_ds31.mpeg(277kb)
ルーベンシュタインズ、リベンジ(04/6/4)
ぎりぎりなんとか見える・・・よね?ね?
スピードがつきすぎないようにすればまあなんとかコントロールできるはず
それなりに難しいかも。
sebas_ds32.mpeg(379kb)
クリッパーキック(太ももから)(04/6/4)
レッグロールからのクリッパーキック。
トゥーキックからのほうが遥かに見栄えがするんだけど、とりあえずこっちから
割りと簡単。
sebas_ds33.mpeg(316kb)
片足アイドリング(04/7/4)
読んで字のごとし、片足でやるアイドリング。
コツはフットパックと同じく、体重を支えているほうの足の膝で勢いを吸収すること。
sebas_ds34.mpeg(218kb)
バタフライ(04/7/4)
フットパックのバタフライをそのままパクリました。
もうちょっと高く蹴ったほうが見栄えするんだけど、なかなか回転数が合いません
今後の課題。
sebas_ds35.mpeg(218kb)
ダブルアンダーザレッグパス(04/7/4)
フットバッグのダブルレッグオーバー風の技。
センタースティックの回転を上手く殺して足の動きに合わせるのがコツ。
そんなに難しくは無い。
sebas_ds36.mpeg(148kb)
ボースサイドアンダーザレッグパス(04/7/4)
アンダーザレッグパスを単に連続でやっただけ。
まあついでに載せておきます。
sebas_ds37.mpeg(310kb)
ペアーオフ(05/1/1)
アイドリングをしながら、センタースティックの回りにハンドスティックを
巡回させる技。
まあそれだけ。
sebas_ds38.mpeg(290kb)
アトラクティブスクランブル(05/1/1)
スクランブルの途中でスティックを離して、もう一方のハンドスティックの回りを
回す技。
ハンドスティックとセンタースティックは90度の関係を保つときっと綺麗。
下側で出来るかどうかはわかりません。
sebas_ds39.mpeg(461kb)
ヒールスクープ、モス(06/3/4)
何の芸もなく足技系。
ヒールスクープのほうは太ももの真ん中あたりに乗せて、落ち始めたあと
一拍待ったぐらいでカカトに絡めると上手く上がります。・・・はずです。
モスは、乗せたセンタースティックを腿でまきこむようにすると、
上手く蹴り位置に会わせられます。・・・はずです。
sebas_ds40.mpeg(199kb)
アイドリングヒールスクープ(06/3/4)
ヒールスクープを、センタースティックを回転させないで行う技。
センタースティックが、ちょうど良い位置まで落ちてくるのをじっと我慢する心が
平常心。なむなむ
デビルロープ(もののけ紐)
sebas_mo1.mpeg(628kb)
アイドリング(04/11/21)
説明不用の基本技。
sebas_mo2.mpeg(652kb)
プロペラ(04/11/21)
説明不用の基本技。でも、もうちょっと上手くなったら撮り直したいな。
sebas_mo3.mpeg(417kb)
ソー(04/11/21)
説明不用の基本技。適度に滑らすのがコツ。だと予想。
sebas_mo4.mpeg(638kb)
コンストラクトソー(04/11/21)
1重巻きつけて行うソー。こっちのほうが簡単。
sebas_mo5.mpeg(449kb)
ミルズメス(04/11/21)
ちゃんと出来てるのは1往復だけだけど、まあいいか。
sebas_mo6.mpeg(311kb)
ロールオーバー(04/11/21)
叩きかたによっていろんな動きが出来ます。複雑です。
シガーボックス編
遠心力系スイング技
sebas_cb3.mpeg(314kb)
四角グルグル(01/07/21)
お名前募集中。
いいなまえが思いつかなかったのだ。
見た目よりは簡単

sebas_cb4.mpeg(208kb)
スピニングアラウンドザワールド(01/07/21)
まだ不完全だけど、まあとりあえずのせておこう。
もっとぐるぐる回りたい。
sebas_cb6.mpeg(188kb)
カメレオン(01/07/21)
ま、普通の技ですね。
ぐるん、ぐるーん。です。
sebas_cb9.mpeg(257kb)
3個積みアラウンドザワールド。(01/09/14)
既存の技ですが、一応ね。
ま、出来るってことを自慢したかったらしい。
sebas_cb10.mpeg(158kb)
エンドグリップアラウンドザワールド。(01/09/14)
端っこを握ってやるバージョン。
やや難しい。
sebas_cb11.mpeg(131kb)
リバースアラウンドザワールド。(01/09/14)
あんまり違いが分からないね。(;_;)
特にみるぺきものなし。
飛ばしても可。
sebas_cb12.mpeg(176kb)
ビハインドザバックアラウンドザワールド(01/09/14)
背中の後ろでやるパージョン
左右にぶれないように遠心力をかけるのが結構難しいので、
難易度は少々高し。
sebas_cb13.mpeg(194kb)
背中の後ろとノーマルの連続アラウンドザワールド。(01/09/14)
これぞ、スイングの定番。
連続してやるのはなかなか上手く行きません。
sebas_cb14.mpeg(266kb)
レギュラーグリップレッグミルズメスアラウンドザワールド。(01/09/14)
親指側を上にして、足をミルズメスのように動かしながら行う技。
やってる本人はめちゃ楽しいです。

ちなみに、通常のリバースグリップでも出来ます。
sebas_cb15.mpeg(226kb)
ゆらゆら(仮名)(01/09/14)
ふわり、ふわりといった感じでやりましょう。
楽しいです。
さほど難しくないです。
sebas_cb18.mpeg(145kb)
カール。(01/09/14)
これも難しい。
やってることは、他の道具でやるカールとまったく同じ。
上手く遠心力をかけましょう。
sebas_cb20.mpeg(124kb)
ハーフアラウンドザワールド落し。(01/09/14)
簡単。
sebas_cb21.mpeg(156kb)
4個積みアラウンドザワールド。(01/10/21)
目一杯です。
こま送りで見ると、まさに絶妙のパランスで成り立っている技だということが
よくわかるね。
ちなみに、戻しはまだ出来ません。

まあ、3個が余裕で出来るようになった人は挑戦してみましょう。
sebas_cb22.mpeg(213kb)
アラウンドザワールドスタート。(01/10/27)
地面に摘んだ箱を、そのまま直接アラウンドザワールドで持ち上げる技。
現在のルーティンのスタートに使っている技です。
sebas_cb24.mpeg(124kb)
3個積みハーフアラウンドザワールド落し。(01/10/27)
3こでやっただけ。
sebas_cb40.mpeg(205kb)
バタフライ(02/1/5)
水平にアンブレラをやるような感じ。
遠心力を感じていれば、それほど難しくはないです。
sebas_cb41.mpeg(143kb)
水平アラウンドザワールド(02/1/5)
アラウンドザワールドを水平にやる技。
落下に逆らわず、遠心力は回転だけに使うようにすれば結構上手く行きます。
sebas_cb45.mpeg(149kb)
つむじ(02/2/24)
オーパー遠心ターンとフルスピンの連続技。
sebas_cb91.mpeg(489kb)
3個積みつむじ(05/9/18)
そりゃ難しいですよ。
頭上の返しはゴブァッ!と大胆に回してやると結構上手く行きます。
回るのはそんなに難しくないので。
sebas_cb54.mpeg(171kb)
クロスアームターン(03/1/10)
ターンを左右連続でやる技。
左右入れ替え系にしようか迷ったけど、2工程で1セットなのでこっちに。
sebas_cb55.mpeg(287kb)
ターニング背中通し(03/1/10)
クロスアームターンの応用技。
一度逆方向に慣性をかけてから回してやるのがコツ。
sebas_cb56.mpeg(143kb)
スピニングターニング背中通し(03/1/10)
自分で言うのもなんだが結構かっこいい。
遠心力のかけ方さえ会得していればさほど難しくは無い。
でも、会得して無かったら難しい。多分
sebas_cb73.mpeg(687kb)
背中の後ろ四角グルグル(04/3/20)
四角グルグルを背中の後ろでやってるだけ。
遠心力さえ十分に感じれば、コツは前でやるのとまったく同じ。
sebas_cb76.mpeg(175kb)
大宇宙で回る中抜き(04/6/4)
3箱スイングから入る回る中抜き。
ハーフスイング落しの形から入るバージョンもあり、そちらは宇宙で回る中抜き。
sebas_cb77.mpeg(228kb)
一方通行スイング(04/6/4)
連続でやるとかなりいい感じだと思うのですが、難しくてまだそこまでは。
滑らすように離すと箱がばらけません。
遠心力系スイング技(左右入れ替え系)
sebas_cb26.mpeg(208kb)
クロス入れ替え。(01/10/27)
左右の入れ替え技その1。
そのまま、反対の手の3個積みに移行するパターンもあります。
sebas_cb27.mpeg(229kb)
ノーマル入れ替え。(01/10/27)
一番スムースに入れ替えるやりかた。
折り返さずに、そのままスピニングに移行すると美しいかも。
sebas_cb28.mpeg(243kb)
リバースハンド入れ替え。(01/10/27)
一番クネクネ。個人的には一番好きな入れ替え方。
sebas_cb30.mpeg(325kb)
持ち替えアラウンドザワールド(01/11/18)
本来は3個で出来なければ意味の無い技。
練習はしてるのでちょっと待ってね。
sebas_cb31.mpeg(233kb)
持ち替えアラウンドザワールドターン(01/11/18)
これも本来は3個で出来なければ意味の無い技。
反身になったほうが綺麗かな〜
sebas_cb50.mpeg(222kb)
切り返し(カットパック)(02/11/11)
もとはピアニストと呼んでたんだけど、実際動画にしてみたら見た目はそれに程遠かったので
この名前に急遽変えました。
コツは、体重移動かなぁ、やっぱり。あと、ひっつけるときはなるべくソフトに。
sebas_cb58.mpeg(141kb)
前渡しハーフ&ハーフ(03/3/2)
前渡しというのは体の前で渡すということ。ハーフ&ハーフというのは
渡す前と渡す後にともにハーフスピンが入るという意味です。
sebas_cb72.mpeg(139kb)
ふくろう(03/12/23)
「十八番」の中の「はやぶさ」という技の応用技。
回転数さえ合えば結構なんとかなります。
sebas_cb79.mpeg(287kb)
はやぶさ(04/6/5)
こっちのほうがフクロウよりも先に出来た技です。
投げるほうの箱の回転を頂点で上手く振るほうの箱の面に合わせるように
投げるのがコツです。難しいです。
非遠心力系スイング技
sebas_cb1.mpeg(350kb)
体の周りウインドミル(01/07/21)
これをやると腰が痛い。
普通の技ですね。
sebas_cb25.mpeg(246kb)
なめらかウインドミル。(01/10/27)
セバ式と呼んでいたやつ。
練習すれば、もちっとなめらかになるはず。
sebas_cb49.mpeg(257kb)
回転ウインドミル。(02/11/11)
さほど難しくない。
あちこち回転する妙。それがイイ感じ。
コツは、これと言ってないです。滑らかウインドミルができていれば問題無し。
sebas_cb51.mpeg(195kb)
足の下回転ウインドミル(03/1/10)
上の技の足の下バージョン。
アラウンドザワールドから入ってますが、別の入りかたもあり。
sebas_cb71.mpeg(425kb)
回転ウインドミル完全版(03/12/23)
もう、ぐるぐる回ります。他にも回すところは有ると思うけど、これが標準
ということで。
非遠心力系スイング技(左右入れ替え系)
sebas_cb43.mpeg(351kb)
縦背中通し(02/1/5)
背中の後ろを縦に通過させる技。
簡単そうだが、感覚を掴むのが意外と難しいのです。
慣性系・スローイング系スイング技
sebas_cb5.mpeg(234kb)
スイッチバック(01/07/21)
ま、普通の技ですね。
足で操るのがコツ
sebas_cb16.mpeg(152kb)
片手ウインドミル。(01/09/14)
めちゃめちゃ難しい技。
3個積みアラウンドザワールドより数倍難しいかも・・・
この技に挑戦するなら、まず、3個積みアラウンドザワールドを
鼻歌を歌いながら出来るようにして、更にスイッチバックも習得しておくべきでしょう。
sebas_cb17.mpeg(167kb)
2個片手ウインドミル連続。(01/09/14)
上の技よりもこっちのほうが簡単です、もちろん。
でも、連続してやるのは結構難易度高し。
sebas_cb69.mpeg(233kb)
4個積み片手ウインドミル(03/8/29)
初成功のとき、「まじっすか!」と、自分で自分に突っ込みをいれてしまった技。
というか、ほんの冗談のつもりで試してみたらいきなり成功してしまったという・・・
でもそれからまったく出来なかったのですがね。
とにかく、3個を余裕で出来るようにしましょう。話はそれから。
sebas_cb23.mpeg(287kb)
連続スイッチバック。(01/10/27)
もう笑うしかない。
sebas_cb36.mpeg(197kb)
頭の後ろ通し(01/11/18)
ボディ通しのバリエーション。
まず足の下を通して片手をリバースハンドにしておくのがポイント。
sebas_cb37.mpeg(117kb)
スカイフック(セバ式オールリリース)(02/1/4)
箱を引っ付けたままでオールリリースする、という発想の元に作られた技。
3個の高さをそろえるのが難しい。
sebas_cb46.mpeg(139kb)
リキャプチャー(02/2/24)
ディアボロのリキャプチャーをシガーに応用するとこうなります。
箱の投げ出しを真っ直ぐ行うのが成功の秘訣。
sebas_cb52.mpeg(224kb)
スピニング足の下通し(03/1/10)
回転しながら足の下をやっちゃう技。
正面に戻るときに上手く斜め上方に慣性をかけるのがコツ。
sebas_cb53.mpeg(237kb)
スピニング背中の後ろ通し(03/1/10)
上の技の背中の後ろバージョン。
こっちのほうがやや簡単か。
sebas_cb70.mpeg(139kb)
スイッチひっつけ(03/12/23)
スイッチバックの途中でひっつけを入れる技。
sebas_cb81.mpeg(305kb)
コンベアのまわり(05/6/5)
昔、ジャグリングドーナツのHPの動画集に「エレベータークロス」という
技があったのですが、この技はその応用です。
エレベータークロスの場合は、途中、手がクロスする段階で挟みこむのですが、
この技はそこからさらに箱を投げて、合計1周半してからはさみ込みます。
ちなみに、エレベータークロスは宮田君が発案したのですが、彼は今何処に
sebas_cb82.mpeg(165kb)
リキャプチャーからのバックトス<(05/6/5)
リキャプチャーのあと、後ろにスイングして箱を投げ、前で挟みこむ。そんな技。
動画では分かりにくいですが、手に持っているほうの箱を投げています。
上に乗せている穂の箱を投げるのは多分かなり難しいでしょう。
慣性系・スローイング系スイング技(左右入れ替え系)
sebas_cb35.mpeg(121kb)
持ち替えスイッチバック(01/11/18)
スイッチバックによる左右持ち替えの一番基本的な技。
ここから、いろんな発展が考えられるのだ。
sebas_cb47.mpeg(168kb)
スイッチ中抜き(02/2/24)
スイッチバックと中抜きを組み合わせた技。
なんか、どっかのドラゴンのカラフルなわざと似てるね。
sebas_cb48.mpeg(140kb)
スイッチ外抜き(02/2/24)
スイッチバックと外抜きを組み合わせた技。
sebas_cb74.mpeg(241kb)
乗せ替えスイッチバック(04/3/20)
クロススイッチアイドリングとクロスアームスイッチ手渡しを複合したような技。
あ、この二つの技は「十八番」に入ってます。
sebas_cb80.mpeg(326kb)
スイッチ手渡し(05/6/5)
基本技。
正直、載せるの忘れてました。系
sebas_cb83.mpeg(456kb)
こじょりシフト(05/9/9)
JJF2005でこじょり君が開発したこじょり積みの応用技。
ぐっと、持ち上げるようにすると結構そろう。
デビル系シガー技
sebas_cb32.mpeg(242kb)
アイドリング(01/11/18)
御存知、デビルスティックのアイドリングを、
シガーでやったもの。
スイッチバックの応用だけど、こっちのほうが簡単。
sebas_cb33.mpeg(188kb)
アンダーザレッグパス(01/11/18)
結構難しいよ
ま、まだ納得のいく技にはなってないけど、一応紹介ということで。
sebas_cb68.mpeg(854kb)
基本バリエーション(03/8/29)
アイドリングが安定したらやってみたい技数種。って感じ。
ハーフフリップ→90度回し→180度回し→片手離し→スイッチバック→スイングスイッチ
まあ基本ですね。
sebas_cb87.mpeg(558kb)
ハーフフリップ(05/9/9)
ハーフフリップの連続です。
それだけ。

sebas_cb88.mpeg(380kb)
片手ハーフフリップ(05/9/9)
ハーフフリップから片手ハーフフリップへ。
連続は難しいので勘弁してください。
複合技
sebas_cb19.mpeg(128kb)
月面大回転。(01/09/14)
上抜き大回転と、上回しを組み合わせた技。
最後、浮き上がるような動きがあるので、月面。

ちなみに、この動画は、静かの海で撮影しました。(うそ
sebas_cb34.mpeg(294kb)
小回転+α(01/11/18)
ま、一応こっちに入れておこう(笑)
EEが出来なくても、手の形さえ作れるなら大丈夫。
後半には、JJF2000の時のあの伝説の技も・・・
sebas_cb39.mpeg(155kb)
ツインストール(02/1/5)
アラウンドザワールドと、クロスキャッチの複合技。
上で上手くスピードを殺すのがコツ。
sebas_cb57.mpeg(155kb)
スイング世界一周(03/3/2)
スイング手渡しの前に外抜きを加えた技。
スイングに入る瞬間に引っ張り込むような感じで載せる箱にテンションをかけるのが
コツ。手渡し前のリリースも同じようにからだ全体でテンションをかけてやります。
sebas_cb61.mpeg(125kb)
スカイラブ(03/7/13)
猿と杯のさとう氏がシェーカーでやった「似非ラッキョ剥き」をシガーに転用した技。
かなりムズいです。
真ん中の箱を抜くタイミングが肝です。
sebas_cb84.mpeg(291kb)
一寸刻み(05/9/9)
回る中抜き、戻し、外抜き、スイッチひっつけ、外抜き、スイッチの連続技。
(s;;r)(;s;r)(Bs1;1,r)(-1;As-1;r)(rr;s;)(;s;Ar)(rr;s;)(s;;ar-1)
余ったのを取る前に、十分に横慣性をかけるのがコツといえばコツ。
それほど難しくはないでしょう。
sebas_cb85.mpeg(183kb)
外ひっつけ外抜きスイッチ(05/9/9)
(s;;r)(;r;As)(r,;s)(s;;Ar)
まあ、普通の連続技。特に解説はないです。
普通系
sebas_cb59.mpeg(177kb)
またの下1-2-3(03/7/11)
ごく普通の技を連続でやっただけですね。
コツは、上向きの成分よりも水平方向の成分に十分気を使うことでしょうか。
シガーを上げようとすると必ず足に当たりますので、体の上下動とシンクロさせる
心積もりで。
sebas_cb62.mpeg(105kb)
バックキャッチ大回転(03/7/13)
大回転しながら、体だけハーフピルエットする技。
箱は出来るだけ体の近くで上げたほうが最後キャッチしやすいです。
かなり普通。
sebas_cb64.mpeg(120kb)
手の中3種回転(03/8/29)
手の中回転、手の中ひっくり返し、手の中裏返しを連続でやる技。
コツもへったくれも無いです。ひたすら練習してください。見なくても自動的に
3種類が次々炸裂するようになったら完成。
アイデア的には普通。
sebas_cb65.mpeg(290kb)
リリースxyz(03/8/29)
手の中回転、中裏返し、手の中ひっくり返しを同時にやる技。
コツは、中の箱が完全に宙に浮いてから、手の中動作を行うこと。
本人が見ても理解不能なぐらい普通。
sebas_cb66.mpeg(100kb)
バックドロップ(03/8/29)
落すだけ。落ちてくる位置とタイミングさえ掴めば誰でも出来ます。
なんだか物悲しいほど普通。
sebas_cb67.mpeg(200kb)
背中の後ろ3upピルエット(03/8/29)
背中の後ろからはじめて背中の後ろで終わる3upピルエット。
動画では箱が回ってますが、別に意図的にやってるわけでもないです。
コツは、とにかく箱を綺麗に上げること。スポッティングの必要が無い分、
綺麗に上がりさえすれば後はやたらと難しいというほどではないです。難しいですが。
成功したら踊ってしまうぐらい普通。
sebas_cb75.mpeg(142kb)
フェイク大回転(04/5/7)
大回転の前半部分をフェイクでごまかすただそれだけの普通の技。
これの応用でやってみたい技があるので、とりあえず練習してみました。
sebas_cb89.mpeg(194kb)
Double center place on(05/9/9)
中ひっつけヲ2回連続でやっただけ。本当に普通。
sebas_cb90.mpeg(149kb)
空中外ひっつけ(05/9/9)
普通系というよりアイドリング系かもしれない。
まあ、外ひっつけっぽいということで普通系に。ね。
sebas_cb92.mpeg(221kb)
コンベアハーフターン(05/10/22)
とにかく、背中の後ろで終わろうぜ、系の基本技。
結構難しいけど、これが出来ないと話にならないのだ。
こつは、とにかくしっかり乗せること。
sebas_cb93.mpeg(218kb)
コンベア中抜きハーフターン(05/10/22)
上の技に中抜きを加えただけ。
中抜きする前に既に横回転をつけておくのがコツ
普通バランス系
sebas_cb63.mpeg(290kb)
斜めバランス1回転(03/8/29)
指回しが出来るんだから、こういうのだって出来るはず。
と思っていろいろ思考錯誤してたらできた技。
コツは、面を常に頂点に対して正対させるように動かすこと。
だいぶ普通。
sebas_cb78.mpeg(480kb)
一夜城(05/3/6) 多分、3シガーのパランス技の中では別格に難しい技。
JJF仙台のときに初成功したんだけど、思わず踊り叫び狂ってしまいました。
十八番の目玉技の1つなんだけど、まあそろそろ公開しても良いでしょう。
コツは、とにかく積むときのずらし加減と、リリースの角度、タイミングを
上手く計算して、箱が空中で縦1直線に並ぶ瞬間を作ること、これが成功の最低
条件です。
逸脱系
sebas_cb2.mpeg(519kb)
540度端回し→リバース端回しエクステンション(01/07/21)
これをやると、前腕がピキピキ言います。
準備運動の後やるように。
sebas_cb7.mpeg(430kb)
ダウンサイジング版、筋肉手渡し(01/07/21)
逆立ちしてやるのが正式バージョンだけど、わしにはそんな筋力は無い。
わりと簡単。
落したときのフォローなどにどうぞ。
sebas_cb8.mpeg(1252kb)
9シガー中抜け。(01/07/21)
ほとんどジョークなので、気の短い人は見ないように。
ちなみに、種もしかけもありません。
普通のシガーで出来ます。
sebas_cb29.mpeg(311kb)
パントマイム(01/11/18)
なれればもっと綺麗に美しく華麗に出来るはず。
ま、これからの技ですな
ちなみに、いわゆるカールの応用。
sebas_cb38.mpeg(863kb)
パントマイム2(02/1/5)
背中の後ろで止めるバージョン。
イカレ度大。
sebas_cb60.mpeg(1335kb)
パントマイム3(03/7/13)
頭の上?で止めるパージョン。
っても、止まってませんね・・・
いや、死にそうにきついのでこれで勘弁してください。
ショートルーティン
sebas_cb42.mpeg(194kb)
3種複合(02/1/5)
アラウンドザワールド、スイッチバック、垂直持ち替え、アラウンドザワールド。
多少変化のあるスイング。
sebas_cb44.mpeg(372kb)
アドリブスイング(02/1/5)
まったく何も考えずに、アドリブで振りまわしてみました。
スイッチ、スロー、ドロップ系は一切ナシで、遠心力のみを使ったアドリブスイングです。
結構キモチが良いです。これくらい続くと。
ディアボロ編
sebas_di1.mpeg(213kb)
片手エレベーター(風鈴)(02/08/29)
ポイントは、更にもう1重まくこと。
そっと手を離すと勝手に上がっていきます。
ただし、回転を付けすぎると絡まるので要注意。
sebas_di2.mpeg(229kb)
片側連続リキャプチャー(ひとりテニス)(02/08/29)
リキャプチャーとクロスアームリキャプチャーを繰り返すだけの技。
sebas_di3.mpeg(290kb)
風神(02/08/29)
ようするに逆さアラウンドザネック。
リキャプチャー連続で逆テニスとかもやってみてください。腕があれば。
いや、私に期待するのはやめましょう。がっかりするから。
sebas_di4.mpeg(252kb)
ネックレス(カウベル)(02/08/29)
以外と難しい。
輪っかは出来るだけ小さくしたほうが回しやすいです。
sebas_di5.mpeg(227kb)
ストップアンダー(02/08/29)
すでにあるらしいけど、せっかく撮影したからのっけとく。
ストップオーバーを上下逆にしてください。それで正解。
sebas_di6.mpeg(320kb)
逆トス(クラウド)(02/08/29)
普通のトスを上下逆にしてください。
アンブレラと似てるけど、それはいわない約束よ。
sebas_di7.mpeg(487kb)
風神バリエーション(03/12/30)
サンから風神に入って、途中で小技を仕込んでます。
そんなに難しくは無いです。本とはもっと逆テニス風にポンポン跳ねさせたいんだけどね。
sebas_di8.mpeg(538kb)
逆トス足の下通し(03/12/30)
逆トスの途中で足の下パスを入れています。
ふわっと落すようにしてやれば上手くいくようです。
sebas_di9.mpeg(391kb)
ビハインドザネック(04/1/18)
首の後ろで往復させる技。
リキャプチャーの形でアンブレラをやるのを、首の後ろでやれば良いだけ。
ただ、力の加減がややむずかしいけど。
sebas_di10.mpeg(148kb)
アウターエッジグラインド(04/1/18)
普通のエッジグラインドとは逆に外側でグラインドする技。
まだ完全には出来ないのでそのうち撮り直すかも。
sebas_di11.mpeg(1032kb)
ループ縄跳び→背中の後ろスピードループ(04/1/18)
スピードループを続けながらいろいろやってみよう、という企画。
ちなみに、ループ縄跳びは普通のディアボロだとかなり難しいので、
今回はスーパースピンを使っています。
コツは、背中を通すときの手首の返しのタイミングかな。
sebas_di12.mpeg(457kb)
マジックスロー(05/6/29)
マジックと言ってもタネがあるわけではなくて、何で片手で投げれるのか、
とか、そういうノリです。
どうやって片手でリリースして居るかを解説しておきます。
まず、両方のスティックを利き手で持ちます。
そのまま、逆手側に、紐がカップに対して斜めになるような位置に振り上げます。
そこで、逆手側に持っていたほうのスティックの糸を若干緩めます、
すると、糸はやや緩んだ状態でカップに接触し、カップの回転によって
自然とディアボロから外れるように動きます。
いずれは、この技術を使って2in1ディアとかやりたいのですが、技術が追いつきません。
というか、誰かやってください。
sebas_di13.mpeg(395kb)
イリュージョン(背中の後ろマジックスロー)(05/6/29)
上の解説がないと、多分何やってるか分からない技
片手で背中から投げて、前で取ってます。
紐を外すタイミングがひじょーに難しい。
決まるととっても気持ちいい技。お気に入り。
sebas_di14.mpeg(434kb)
上ウインドミル(05/7/17)
本来夢描いていた上ウインドミルは、腕でストールしないでそのまま空中で
くるくる回し続けるものだったんだけど、多分一生夢のままで終わりそうなので
こっちの技を上ウインドミルと呼ぶことにしました。
糸がとてつもなく長いですが、短いと出来ないわけではありません。
難しいだけです。ええ、とっても。
言うまでもないと思いますが、腕にかかった状態では、両方ともリキャプチャーの
形になっています。
とにかく、この技は上系の基本なので、ぜひ習得してください。
sebas_di15.mpeg(396kb)
雷神(05/6/29)
2個のディアボロを、雷様の太鼓に見たてた、そんな技。
分かりやすく言うと、上アラウンドザネック。
雷神も上ウインドミルも、上手く行うコツは、とにかく、ディアボロを
平面から外さないことです。打ち上げるディアが、2本のスティックよりも
前や後ろに反れてしまうと、下で投げ渡すディアの軌道も狂ってしまい、
上手く受け取れなかったり、ストールできなかったりします。
さあ、めくるめく上系の世界へようこそ!
sebas_di16.mpeg(503kb)
水平線(05/7/20)
片方をリキャプチャーした状態にして、紐の上と下で別の技をやる、
そんな技をやってみたくなったのでやってみました。
やや上系
sebas_di17.mpeg(329kb)
ハイローサンズ(05/7/20)
コンプリートディアボロの解説で、サンの時は2つのディアボロは
入れ替わりません、と言っていたので、なるほど、じゃあ途中で入れ替えなきゃ、
と思ってやってみたら出来ました。
ちなみに、普通のビッグサンズはまだ成功したことがありません。
これもまあ、上系といえば上系
sebas_di18.mpeg(920kb)
ダブルスピードループ(05/7/30)
2ディアボロの加速技は、どれもこれも一度に1つしか加速できないので、
そんなまどろっこしいこと出来るかぁ!と言う気分になって考えた技。
正直最初は冗談のつもりで練習していました。
まさか本当に出来るなんて・・・
コツとしては、左手は左のディアボロだけ、右手は右のディアボロだけを
操作するつもりで動かし、体重移動で左右のディアボロの位置関係のバランスを
取ってやる感じですか。
ちなみに、逆手側はリキャプチャーしています。
多分、固定軸のディアボロでは出来ないのではないでしょうか。

NEW!
sebas_di19.mpeg(1532kb)
ディアコプター(05/11/6)
イや、技でもなんでもないんですけどね。
とりあえず目標は成層圏なんですが、なかなかそこまでは回転が続きません。
dia_b1.mpeg(395kb)
ディアボロバズーカ(映像1)(04/1/18)
dia_b2.mpeg(633kb)
ディアボロバズーカ(映像2)(04/1/18)
ディアボロのスタート用の補助器具「ディアボロバズーカ(仮名)」。
ペダルを踏むことによってきれいに回転を付けられたディアボロが飛び出します。
発案は、大津ジャグリングクラブ技術開発委員会with大道芸人Ichi
dia_b3.mpeg(777kb)
ディアボロバズーカバージョン2(04/7/25)
改良版。
マガジンはオプションです。
あとはペダルを改良すればもちっと高く飛ぶようになるはず。
ディアボロバズーカの構造図
ポイ編
sebas_po1.mpeg(491kb)
デビル・ウイング(リバースオーバーヘッドバタフライ)(04/10/18)
エンジェル・ウイングは体の前→頭の後ろ
なので、逆に体の後ろ→頭の前
という手順をやってみただけです。
まだ連続では出来ません。
あ、試すときは肩と腰を壊さないように気をつけてね。
sebas_po2.mpeg(468kb)
5ビートウィープ(EE風)(04/10/18)
5ビートウィーブですが、手の形が通常の肘を張るタイプではなくて
EE風に絡ませるやり方になっています。
実を言うと、個人的にはこちらのほうがやりやすかったり・・・
一応、普通のタイプも出来ます。いやホント
sebas_po3.mpeg(475kb)
7ビートウィーブ(SS風)(04/10/18)
7ビートウィーブですが、手の形が通常(といっても7ビートは実物見たことはないのですが)
の形ではなくてSS風に絡ませるやり方になっています。
右側→左側はまあまあですが、左側→右側はポイがきちんとスプリットされてないですね。
要練習ですな。
やるならまず素振りから・・
sebas_po4.mpeg(489kb)
ショルダーブレードフラップ(羽ばたく肩甲骨)(04/11/21)
どうしても良い名前が思い浮かびませんでした。チョッピングバタフライのほうが
良かったかなぁ・・・
3回転で一周ですが、リズムがやや変則的かも。
まずショルダーが上から入り、半回転遅れてからウエストラップが入り、
ショルダーがさきに前に戻って、半回転遅れてからウエストラップが
前に戻ってくる、という手順さえ理解すれば多分それほど難しくないはずです。
正直すでにありそうな技だけど、やってて気持ち良い技なのでもう動画にしちゃえ
てな感じです。もしもある技なら名前教えてね。誰か。
(12/3訂正:やっぱり4回転でした。)
sebas_po5.mpeg(458kb)
リパース タックターン(04/11/21)
もうそのまま、背中側からのタックターンです。
これも多分誰かやってるけど見た事無いので上げときます。
sebas_po6.mpeg(465kb)
アイソレーションパタフライターン(04/12/3)
バタフライは空中に固定したままで、自分だけがターンする手順。
この動画ではゆっくり回っていますが、ターンの速度は自由に変えれます。
最初にくぐる側の手(この場合は左手)が難しいので、まずは片手だけで練習するのが
良いでしょう。
sebas_po7.mpeg(235kb)
ウィーブエアターン(04/12/7)
ウィーブの途中で片手を足の下にもっていき、そのポイの回転に合わせてぐるりと いっかい回る技
一見、飛ぶ必要はまったく無いように見うけられますが、実は飛んだほうが
簡単だったりします。
飛ぶと、ポイを回す空間が大きく取れるのと、タイミングが取りやすいのが
多分原因かと。
ま、飛んだほうが楽しいしね。
sebas_po8.mpeg(595kb)
ライザウエストラップ(04/12/19)
ウエストラップの途中にターンを入れる、ただそれだけの技
最初のターンはバックサイドウィーブターン、
2回目のターンはバックサイド5ビートウィーブターンをやっているのと同じです。
WWWと呼んであげて下さい。
sebas_po9.mpeg(270kb)
プリセッション(04/12/19)
ウィーブで足の下をやりながらターンする技。
技名はまあ・・・分かる人には分かるかと
タイミング良く入れば、自然に回ります。
ただ、抜け出たあとは5ビートの形にしないと難しいかも。
sebas_po10.mpeg(639kb)
オーバーヘッド5ビートウィーブ(05/1/1)
頭の上で5ビートウィーブをやっている・・・つもりでいる。本人は
まあ、5ビートなのは間違い無いです。どうやっているのかは私にも
分かりません。こつとか聞かないで下さい。
傘回し
sebas_ks1.mpeg(341kb)
浮嶽三十六景(06/3/15)
吊り系(勝手に命名)でおそらく最も簡単な技。
まずは、ボールを使わずに傘だけで、持ち替えの練習をじっくりやることが
習得の秘訣。
sebas_ks2.mpeg(449kb)
足の下通し(06/7/22)
吊り系の長所は、こういう技が出来ることですね。
ちなみに、足がうんと長ければアルバートとかも出来ます。
私自身試したところギリギリ通りましたが、ボール乗せたままだと先は長そうです。
sebas_ks3.mpeg(374kb)
見かえり美人(06/7/22)
3D系の技の中では、おそらく最も簡単な技。ホットスタートからだとなかなか
綺麗に行かないので、今回はコールドスタートからにしてみました。
コツは、ボールにしっかりと慣性をかけて、かさに張りつくような力を
与えて上げることです。
けんだま
sebas_k1.mpeg(321kb)
スイッチバック(07/3/21)
もう説明不用のスイッチパックですよ。
けんだまでやるのはすんごい難しいです。
めげたかったら挑戦してみてください。
sebas_k2.mpeg(326kb)
飛びつき腕十字(07/3/21)
まあこれもそのまんまですね。
腕が太いとやりにくいらしいです。
sebas_k3.mpeg(753kb)
イワツパメE(07/3/21)
なんかがけっぷちに飛びついてるようなイメージなのでそんな名前に。
ちなみに飛行機パージョンもあります。
試作品デモ
sebas_de1.mpeg(863kb)
モーニングポイ(04/11/21)
ボイの中間に、クラブのグリップみたいなのがついているポイ。
普通のポイの動きはほとんど出来ますし、普通のポイでは出来ない技も出来ます。
結構将来有望なアイテム。
sebas_de2.mpeg(665kb)
スライダースタッフ(04/11/21)
持ち手がついていて、それが長さ方向に自由に動くスタッフ。
私自身がスタッフについてはまったくやったことが無いので、まともなデモが出来ません。
あしからず。
sebas_de3.mpeg(665kb)
ボールマシンガン(04/11/21)
とりあえず、機構だけ。
まだ調整が上手くいっていないので、安定して投げれません。
ま、ゆるりとね。
sebas_fu1.mpeg(1751kb)
空気ジャグリング(2扇風機)(07/7/28)
夏なので、扇風機で気軽に遊べるジャグリングを。
多分子供でも出来ます。夏休みの自由研究などにいかがでしょうか。
まあそれはともかく、これは結構バリエーションありそうです。
外で遊べないのが欠点ですが。
空想系(FLASH)

NEW!
ALLCARRY.html(7kb)
ALLCRRRY(ball)(07/3/12)
3ボールで、握ったボールは全部キャリーしたい、そんな思いが
込められた技。
いや、難しすぎます。誰かやって。
動画のあるサイトを探せ!
素敵デビルスティックデビルスティックこれでもか!初心者から上級者まで幅広く対応
Juggling Donuts正統派からマニアまで
ドラゴンの挑戦超絶やったるぜ系。そこまでやりますか、あーた。
ディアリズムディアボロが凄いらしいが、あたしゃディアボロのことに付いては良く分からんのです。とほほ
MISS-SULLIVAN.NET見てないので知らんのです。だって、なんか変なファイル落せとか言って来るんだもん。しくしく
岡田琢身のホームページマニアから超越逸脱系まで、幅広く対応。新しい時代はすぐそこ。
ジャグリング小事典オーソドックスな技もあるが、やはりパームロールのうねうねを楽しめ。
九州良児技団
ボール、ディア、クラブなど正統系テクニック
もちろん、マニアックなのもちゃんと?あります。
琉球大学公開講座
んー、動画は参考資料のところにあるのだよ。
なんか、パッシングが恐いね。
ホゴノプロフィス
あの有名な彼の動画が
contactjuggling.org
コンタクトの動画が見たければここ。めっさあるでよ。
DIABOLO解体新書
ディアボロ初心者のわしには良く分からん構造の技が

JugglerShu.Net
難しめの技の練習法を動画で解説。
猿と杯
君たち!シェーカーカップについてなにか誤解していないか?
本物のシェーカーカップとは、こういうものを言うんだよ!
・・・・多分
ザ☆信玄餅
待て、待ってくれ!
俺を置いていかないでくれぇ〜〜〜

・・ま、一言で言うと「この道はどこへ行く道?」
いろんな道具の動画があります。
Contact Juggling in Japan
コンタクトの動画。まだ少ないので今後に期待。
Vova & Olga Galtchenko.com
凄すぎ。分野は正統派。
JT CREAT
ボールとディアボロ。
じゃグ部
ボール。
街の風に吹かれて
ボール、クラブ、シガー、デビル。がんばれ
understand
いまんとこボール。今後に期待。
Alan Plotkin Festival Videos
まだ見てないけど凄いらしい。
Media Circus
ビデオのでもですが、これがまた
趣味のジャグリング
ディープ&マニアックジャグリングのページにプチ仙台マトリックスが
www.peapot.net
説明不用。あのパーポットのページ。
GREG KENNEDY: innovative juggler
1996年のあの人。うひょ
The Bounce Page
なんかいっぱい跳ねてるよ〜〜恐いよ〜
THE PIANO JUGGLER
ダン・メネンデスのページ。ボールでピアノを
Juggler on the Ball
Duo Borzykine のページ。あ、あんたスゲーよ!
JAM
パフォの動画。まだ見てない・・
Gandini Juggling Project
まだ見てない。
Dreamers
まだ見てない。
Sonic Flower
フラワースティックのページ。フラワー独特の技とかもあります。
passing et diabolo par JiBe
おフランスざます。
The Encyclopaedia of Cigar Boxes Page
シガーボックスの基本的な技から応用までずらっと。
It's showtime!
をを!
フランソワーズ・ロシェ
↑様のページ。のひょ〜。
juggler teru
さんたまでヤバイ映像を披露していたあの人。
え?見てない?それならほら





ジャグリングのページへ
トップページへ