腱鞘炎・肩こりなどに整体・鍼灸(針灸)にて治療|東京都文京区/鍼灸・マッサージ・整体の総合治療院


サイト詳細

治療のご案内
スタッフ紹介


マッサージ・ストレッチ
スポーツ傷害
はりきゅう治療
整体治療
適応症状






東京都鍼灸師会

ウェルネス広小路治療院  鍼灸・マッサージ・整体の総合治療院(東京都文京区)
【新しいサイトへ】

OAストレスによる障害−腱鞘炎(けんしょうえん)

コンピューターを使っての入力作業が長時間続くと首、肩、腕、手指などに疲れが溜まり、時にいたみを発することがあります。その中でも特に手関節にピリッと痛みが走ったり、うまく指が伸びなかったりするのが腱鞘炎と呼ばれているものです。

悪い姿勢が続くと身体の負担が弱い所にかかってきます。人によってはそれが腕に現れたり手指に現れたりします。痛みを長引かせない為にも適切な処置と日常生活の予防がポイントになります。

腱鞘炎イラスト

腱鞘炎とは

筋肉の一端は、ひも状の腱(けん)となって骨についています。腱鞘はその腱を包む鞘(さや)で、なかに滑液を満たし腱の動きを滑らかにしています。この腱と腱鞘間の滑らかな動きが障害され炎症を起こしている状態を狭窄性腱鞘炎といいます。

腱鞘炎の症状

ド・ケルヴァン病
(de Quervain)

橈骨(とうこつ)茎状突起付近の痛みを主症状とする。局所を中心として、脹れ、発赤を伴い、強い圧痛がある。手作業をする人に多く、物を握る、つまむ、タオルをしぼるなどの動作で痛みが増強する。母指を中にして握り手首を小指側に曲げると橈骨茎状突起付近に強い痛みを感じる。

腱鞘炎-ド・ケルヴァン病

ばね指(弾発指)

中年以降の女性で手を良く使う人に多く、母指、中指、薬指によくみられる。指を屈伸させるとばね仕掛けのように動き(弾発現象)、指の付け根に痛みを生じる。ひどくなると曲げた指を自動的にはのばせなくなる。

腱鞘炎-ばね指(弾発指)

腱鞘炎の原因

OA作業において、同じ姿勢をとりながらキーボードを叩き続けているとその負担が手指にかかってきます。その機械的反復刺激により炎症が起こり腱と腱鞘との間の滑らかな動きが障害され痛みを発します。これが腱鞘炎です。
ドケルヴァン病においては母指を繰り返し使用する結果、長母指外転筋および短母指伸筋の腱鞘に慢性炎症が起こり、肥厚、瘢痕化、腱と腱鞘間の狭窄、癒着をきたし痛みを発します。

腱鞘炎の原因

ばね指は、指節関節の運動機能障害を主徴とするものであり、指屈筋腱の膨隆または腱鞘の肥厚により腱鞘入口部において通過障害を起こし弾発現象を呈します。

腱鞘炎の治療

腱鞘炎の治療においてまず第一に大事な事は、患部をアイシングして炎症を抑え安静を保つ事です。機械的反復刺激が慢性炎症の原因になっているわけですから、使わない、、常に冷やすといったことを心がけましょう。また余計な力が入り腕や肩といった所の前後、左右のバランスも崩れているものです。鍼灸やマッサージにより使いすぎている筋肉をほぐし、バランスを調えてあげる事も必要です。

ただ、手指はどうしても毎日使ってしまいますので、腱鞘炎の痛みがとれるまでに時間がかかることがあります。普段痛みの無い状態でも、こまめに使いすぎたらアイシングをしたり、張りがある所にマッサージをして早目はやめに予防することが大切です。


腱鞘炎の施術について

当院では、腱鞘炎の効果的な機能回復の為に、週2回ほどの通院をおすすめしております。症状の重さにより個人差がありますが、施術結果は期待できます。

施術の方法は、局所から前腕部へのマッサージ及び鍼灸施術になります。
(だいたい20分から30分かかります)

 施術料金: 3,150円 

戻る