FUJIKI INDOOR SWIMMING POOL INFORMATION

プール名
多摩スポーツセンター(公共)

2010年12月オープン

情報提供者

【情】“のぶ”さんから頂きました。ありがとうございます。(2011年7月)
全【情】“カズン”さんから頂きました。ありがとうございました。(2010年2月)

【水夢王国】ご利用に際して

このページの情報は、参考材料として【水夢王国】が独自に情報収集し掲載したものです。現時点では変わっている可能性もあります。掲載内容に関してまで責任を持つものではありません。ご利用前には必ず公式サイトで確認してご利用ください。

掲載事項の変更や間違い、他の情報、ご感想等ぜひ掲示板メールでお知らせ下さい。お待ちしております。

公式
サイト
http://kawasaki-tamaspo.com/

【注】公式サイトが変わった場合は
>>こちらで検索して下さい

住所 神奈川県川崎市多摩区菅北浦4丁目12番地5号
電話

044-946-6030

交通機関

JR南武線稲田堤駅・京王相模原線京王稲田堤駅・小田急線読売ランド前駅から徒歩20分

小田急バス南菅中学校前下車徒歩1分

駐車場 140台(有料)
施設・
付帯施設

屋内温水プール

 25m×6コース(公認)
 (2分割可動床)

他の施設/

 大体育室

 小体育室

 トレーニングルーム

 武道室1

 武道室2

 アーチェリー練習場

 野球場(既設改修)

 テニス場(既設改修)

営業時間
・料金

【注】ご利用前には必ず公式サイトで確認してご利用ください。

プールの営業時間/

 午前9:00~午後0:00

 午後...午後1:00~午後4:30

 夜間...午後5:30~午後9:30

 全日...午前9:00~午後9:30

休館日/

 毎月第4月曜日
  (祝日の場合は翌営業日)

 12月29日~1月3日

  水抜き清掃のため、年に1度4日間程度、休館します。

  上記の他、管理上等の理由により臨時休館する場合があります

料 金

 専用利用料:
1コース1回2時間まで3,000円

 個人利用料:
15歳以上
⇒1人1回2時間まで500円
 (超過時間30分毎に125円)

3歳以上15歳未満
⇒1人1回2時間まで200円
 (超過時間30分毎に50円)

※水泳帽の着用は常識です。

印象

このプールに関しての口コミ、ご意見、ご感想、掲載事項の変更や間違い、リンク切れ等がありましたら>>こちらにメールをお寄せ下さい。お待ちしております。
下記は実際に利用された方から頂いた情報です。個人の主観もあることをご了解ください。

構造・規模 地上2階、地下1階、鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造。

【情】“のぶ”さんからのコメント
(2011年7月)
いつも拝見・活用させていただいております。のぶと申します。
オープンは結局のところ、2011年3月26日でした。震災直後の日程となってしまい、柴田亜衣さんを迎えての式典も予定されていましたが中止となり、静かにスタートしました。
オープン後の数日間は無料開放となり、私も早速行ってきましたが、距離は大したことないのですが、何しろ山の上にあるので、行くまでが大変です。最寄の駅(京王稲田堤)から徒歩15~20分です。巡回バスがあるのですが、肝心の最寄り駅からは出ていません。かつ、有料ですし。車で行っても、駐車場1台2時間まで200円掛かります。(1時間までは無料)しかも、プールの利用料も500円ですから、結構掛かります。

本題のプールですが、短水路で6コース、出来たばかりなので、当然キレイはキレイです。深さは2分割可動床になっているようですが、浅いです。水温は高めです。ちょっと泳ぐと汗ダクです。
コース割りは、一番手前のコースは歩く人用で、次の2~3コースは自由、4,5コースは一方通行の完泳、最後はコース内の往復だったと思います。当初、時計回りだったので、泳ぐとキモチ悪くなりましたが、係員に云って直してもらいました。
コースの両端のカベがザラザラで寄りかかると痛いです。教室が開催される時は、6コースの内、半分の3コースを持っていかれるので、非常に狭くなります。
シャワー個室区切りになっているのですが、3基しかなく、多少待たされることもあります。
更衣室は、フローリングむき出しで、出入り口に足拭きがあるわけではないので、 床全体がビショビショです。
簡単に結論を言いますと、泳ぎづらい、高い、使いにくい。正直“スイマー”には不向きです。以上。後ろ向きな情報ですが。ご報告まで。

【情】“カズン”さんからのコメント
(2010年2月)
指定管理者は(株)多摩オールフラッツ。この事業者は、多摩スポーツセンター事業のために設立された特別目的会社です。この特別目的会社は様々な業種の事業者で構成されていますが、運営を主に担うのは、「株式会社日本水泳振興会」です。
以下は教育委員会の話です・
スポーツセンター条例上の利用料の上限設定や基本的な供用方法は決定しておりますが、具体的な利用方法や料金設定等の詳細は、現在、事業者と協議中でまだ決まっておりません。
なお、コース貸し(専用利用)については、料金設定は行いますが、日常的に一般利用に提供するものではなく、大会やイベント等の特別な場合(個人の利益ではなく、公共の利益となる利用の場合)に限定しております。したがいまして、日常的な一般利用は、個人利用(自由遊泳や教室事業、ショートプログラムなど)が主となります。

「コース貸しについては、年に数回のイベントや大会などを想定しており、毎月といったような定例的な使用については予定していない」とのお返事でしたので、もっと開かれた体制を再度検討いただくようお願いしました。「前向きに検討いたします」とのことでした。
今年末までには、運営の詳細が決まります。川崎市教育委員会スポーツ課に確認したところによりますと、今年12月の開館予定が、1~2ヶ月遅れて来年のオープンになりそうだとのことでした。

地域別索引『水夢王国』TOP