[トップページ] [平成13年一覧][人物探訪][210.67 日露戦争][234 ドイツ・中欧][238 帝政 ロシア][319 国際謀略]

-----Japan On the Globe(176)  国際派日本人養成講座----------
          _/_/   
          _/    人物探訪:明石元二郎〜帝政ロシアからの解放者
       _/_/                       
_/ _/_/_/        レーニンは「日本の明石大佐には、感謝状を出し
_/ _/_/        たいほどだ」と言った。
-----H13.02.11----32,546 Copies----214,349 Homepage View----

■1.レーニンと明石■

        「レーニンさん! 私はあなたを見そこなっていました
        ぞ!」
        
     陸軍大佐・明石元二郎はこう言い切った。明治37(1904)年
    秋、場所はスイス・ジュネーブの労働者向け住宅街の一角。ロ
    シア民権社会党の幹部、そして後のソ連邦の創設者レーニンは
    ここに潜伏して、各国反露活動家の中心的存在となっていた。
    
     日露戦争の最中で、来年2月にはバルチック艦隊が極東に到
    着する。それまでに何としてもペテルブルグで過激派の反乱を
    起こして、ロシア軍のかなりの部分を後方に釘付けにし、国内
    に反戦機運を醸成したい。そのためにはレーニンを動かさねば
    ならない。
    
     しかし、レーニンは戦争の相手国・日本から援助を受けたら、
    ロシア民衆から非難されるのではないか、とためらっていたの
    である。
    
         あなたはロシアの帝国主義に侵略された人々を糾合して、
        ロシアに革命を起こして、社会主義の国を建設しようとし
        ている。私は日本の自衛のために、ロシアに対する戦争を
        支援しようとしている。どちらもペテルブルグの政府を倒
        すという目的では同じではありませんか?
        
     レーニンは煙草に火をつけようとしたが、マッチを持つ手が
    ふるえて、火は消えた。レーニンは狼狽していた。これほど言
    いたいことを言う男に会ったのは初めてだ。結局、レーニンは
    極秘のうちに明石の援助を受けることを承知し、10月に開か
    れる反露活動家大会への協力を約束した。
    
     明石の反露活動支援はレーニンをして「日本の明石大佐には、
    感謝状を出したいほどだ」と言わしめるほどの影響力を発揮し
    ていく。

■2.日本の勝利を祈る■

     この年の2月5日、日露は国交断絶となり、明石を含むペテ
    ルブルグの日本公使館員はスウェーデンのストックホルムに移
    ることになった。2月22日、公使団がストックホルム駅に着
    くと、民衆の歓迎は異常なほどであった。スウェーデン王オス
    カル2世も、南の離宮に移るのをわざわざ延期して、日本公使
    に会い、堅い握手をして「いまは多くをいわぬ、ただ日本の勝
    利を祈る」と言った。18世紀末にロシアとの戦争に敗れたス
    ウェーデンは、フィンランドを奪われ、それ以来、ロシアの威
    圧下にあったのである。
    
     当時のストックホルムは北欧の反露活動の中心地であった。
    明石は、早速、活動を開始した。ストックホルムの旧市街はバ
    ルト海に面したスターデン島という小さな島にあり、中世の狭
    い曲がりくねった石畳の道が上り下りしながら続いている。そ
    の一角に住むフィンランド憲法党党首カストレンのアパートを
    訪ねた。フィンランド革命党党首シリヤクスも一緒である。
    
     カストレンの個室に入った明石は驚いた。明治天皇の肖像が
    掲げられている。明石が理由を聞くと、こう答えた。
    
         われわれフィンランド人は、この皇帝を尊敬しています。
        東洋の一島国日本をして、巨大な清国を圧倒せしめ、日本
        の近代化を実現し、世界の一流国に仕立て上げました。か
        つわれわれの宿敵であるロシアと戦うまでに国力をつけて
        きたのです。
        
         フィンランドは、残念ながらロシアの属国です。しかし、
        日本はそうならずに、堂々と戦っています。われわれは、
        この皇帝を尊敬し、日本の勝利をいのるのみです。
        
     明石から資金提供を受けた二人は、欧州各国の反露活動家と
    連絡をとりあった。明石がレーニンを訪ねたのも、シリヤクス
    からの紹介である。

■3.各地の反ロシア活動■

     シリヤクスはまた、ポーランド国民党総裁のドモスキーの話
    を伝えた。ポーランド王国はかつてロシアと東ヨーロッパの覇
    権を争う宿敵だったが、1772年から95年に至るプロシアとロシ
    アの共謀による分割により、国家としては消滅していた。
    
     満洲にいるロシア軍にはポーランド人もたくさんいるので、
    ドモスキーの名で反戦のビラを撒けば、効果があるという。明
    石はこの案を、満洲軍参謀本部に伝えると、6月には実行され、
    ロシア軍の士気喪失に役だった。
    
     明石がシリヤクスを後押しして計画している10月1日の反
    ロシア勢力の集会前に、南のキエフ、黒海に臨むオデッサで、
    反ロシアの暴動が起こった。これらは明石自身がルーマニアの
    首都ブカレストや、コンスタンチノープルを廻って、反露活動
    勢力に資金援助をしてきた結果であった。
    
     ルーマニアは北部のベサラビアをロシアに奪われ、同地出身
    のルーマニア人が、祖国復帰を願って、反露活動を展開してい
    た。コンスタンチノープルは、ロシアの宿敵トルコ領で、農奴
    生活を嫌って逃亡したロシア農民や、革命運動で追放されたロ
    シア人学生などが住んでいる。さらにはロシアの侵略で土地を
    奪われたり、肉親を殺されたトルコ人も多い。明石はこれらの
    人々に会って、暴動、テロなどの計画を聞き、資金援助をして
    きたのである。ロシアの帝国主義は、国内外で多くの人民を抑
    圧し、あちこちに敵を作りだしていた。

■4.反ロシア勢力の大会開かる■

     10月1日の反露活動家の大会をめざし、明石とシリヤクス
    は精力的に各地の活動組織に接触し、参加を呼びかけていった。
    アルメニア社会党、グルジア社会党、ロシアの革命党、自由党、
    ユダヤ社会党、等々。
    
     反露活動大会は10月1日から5日間にわたって、パリで開
    かれた。シリヤクスが議長となり、明石もオブザーバーとして
    出席した。レーニンこそ仇敵革命党との同席を嫌って参加しな
    かったが、多くの党派の幹部が出席した。そして、暗殺、テロ、
    ストライキ、デモ、ロシア軍の動員妨害、反戦運動など、各党
    の得意な戦術を展開することが決められ、明石はその詳細を聞
    いて、それぞれの党に十分な資金を提供した。
    
     10月中旬以降、ポーランドでは社会党の指揮する大がかり
    なストライキが頻発して、ロシア軍が派遣されるまでになった。
    明石から資金提供を受けたレーニンの民権社会党も、ペテルブ
    ルグで、暗殺や工場のサボタージュを頻発させ、11月から翌
    年の1月にかけては、ロシア全土も騒然としてきた。
    
     ロシア暦1月6日のキリスト洗礼祭では、冬宮のネバ河対岸
    から21発の礼砲が発射されたが、そのうちの1発が実弾に変
    えられており、冬宮上空で炸裂して、散弾の破片が降り注いだ。
    ガラス窓が割れ、女官たちが悲鳴を上げた。皇帝も驚いたが、
    無事であった。これは大阪城冬の陣で家康が本丸に大砲を打ち
    込み、淀君を脅かして講和にもちこんだ、という故事にヒント
    を得て、明石がロシア革命党に指示し、軍隊内の党員が実施し
    たものであった。

■5.血の日曜日■

     砲撃の3日後の1月9日、今度は数万の労働者が、待遇改善
    を求めて冬宮への大行進を開始した。先頭に立つのはガボンと
    いう神父だった。彼は「ロシア正教最高の司祭者であるロマノ
    フ皇帝は、決して民衆の幸福を忘れてはいない。民衆が直接、
    皇帝に会って、苦境を直訴すれば、皇帝はかならず理解してく
    れるに違いない」と述べ、皇帝への直訴状を高く掲げて群衆の
    先頭に立った。群衆は賛美歌を合唱しながら、後に続く。
    
     歩兵1万2千、コザック騎兵3千が空砲で威嚇したが、群衆
    は冬宮の前につめかける。コザックの部隊長が突撃を命ずると、
    騎兵たちは馬上から剣をふるって、群衆の中に斬り込んだ。数
    百人の死傷者が出て、冬宮の前の雪が赤く染まった。ロシア革
    命の前奏曲となった「血の日曜日」事件である。
    
     事件を伝える新聞記事をストックホルムの安宿で読んだ明石
    は、とうとうやったか、とほくそ笑んだ。この事件の前に明石
    はモンゴル人になりすまして、ペテルブルグに潜入し、社会革
    命党の幹部とガボン神父に会っていた。「革命は成功する。神
    は私に民衆の犠牲になるようお命じになった。」と言うガボン
    神父にかなりの金額を渡していたのである。

     この事件で負傷したガボン神父は、一躍、反ロシア帝政運動
    の英雄となり、各地を遊説して廻り、活動家としての名声を高
    めていった。
    
     行進の際に、負傷して倒れた一人の職工は、「ああ、ここに
    日本軍の一個大隊でもいてくれたら、こんな惨めな死に方はし
    ねえぞ!」と叫んだという。反ロシア勢力の間で日本の人気は
    高まる一方であった。

■6.全国に拡がる暴動■

     「血の日曜日」事件の3週間ほど後、宮廷の有力者セルゲイ
    大公が暗殺された。セルゲイはアレクサンドラ皇后の姉エリザ
    ベスの夫で、若いころ、ニコライ皇帝の後見役をもって自任し
    ていた。優柔不断の皇帝よりも専制的、高圧的な存在と言われ
    ていた。
    
     そのセルゲイ大公が、自宅から馬車で外出しようとした所を、
    爆弾を投げつけられ、その肉体は四散した。下手人は社会革命
    党で暗殺専門のグループを指揮するデカノージーで、明石とも
    すでに面識があった。このグループは皇帝の乗った列車を爆弾
    で転覆させることにも成功したが、皇帝はかすり傷を負っただ
    けだった。しかし、宮廷はあいつぐテロの恐怖に襲われていた。
    
     大公の死によって、ロシア全土に民衆の暴動が起こった。オ
    デッサでは港湾労働者のストが続き、近くのセバストポリでも
    黒海艦隊の水兵8千人が暴動を起こし、海軍工廠を焼いた。鎮
    圧のために派遣された軍隊も、民衆への発砲を拒否した。全国
    の大学では、反戦、反ロシア帝政の演説会が毎日のように開か
    れた。
    
■7.日本人が悪魔退治の応援をしてくれている■

     4月下旬、反ロシア帝政勢力の第2回大会がジュネーブで開
    かれた。議長はロシア社会革命党の老女性元老プレシュロフス
    カヤ。彼女は明石の活動をこう評していた。
    
         私たちはロシア民族のために、現ロシア政府という悪魔
        と数十年戦ってきたが、何一つ満足な打撃を与えたことが
        ない。それなのに、ロシアの敵であるはずの日本人が、わ
        れわれに力をかして、悪魔退治の応援をしてくれている。
        まことに恥ずかしい話だ。
        
     この会議の最中に、満洲のロシア軍が奉天で負けたという報
    も入り、帝政打倒ももう一息というムードが盛り上がった。会
    議では、ロシア皇帝を暗殺して、ロマノフ王朝を抹殺し、社会
    革命党はロシアに独立自治の政体を確立し、各州は連邦制度を
    布く。またフィンランドとポーランドは独立する、という画期
    的なロシア帝政処分案を発表して、世界的なセンセーションを
    巻き起こした。

■8.ロシア全土に■

     5月28日、日本海海戦で日本海軍はバルチック艦隊を潰滅
    させ、参謀本部からは対露講和を進めるために、いっそうロシ
    ア国内の社会的不安を増大せしめよ、という指令が明石に下っ
    た。明石は、セルゲイ大公暗殺の立て役者デカノージーにオデ
    ッサで暴動を起こすよう指示した。
    
     6月29日、黒海艦隊の戦艦ポチョムキンで下士官兵の反乱
    が起こった。デカノージーの部下2名が水兵になりすまして、
    扇動したのである。これが後にエイゼンシュテイン監督により
    映画化されて有名になる「戦艦ポチョムキンの反乱」である。
    同時にデカノージーは陸上で呼応し、壮絶な市街戦が行われた。
    
     明石はスイスの商人から小銃5万挺を購入し、ペテルブルグ、
    モスクワ、ヘルシンキなどに送り込んだ。ペテルブルグでは、
    冬宮前で市街戦が行われ、ガボン神父がリーダーらしい、とい
    う情報が入った。ヘルシンキではフィンランド憲政党、急進党
    がロシア提督の官邸を占領して、フィンランド国旗をあげた。
    バルト海沿岸、コーカサス地方、モスクワ、ポーランドなど、
    ハチの巣をつついたようにロシア全土に暴動、反乱が広まった。
    その火は、日露の講和条約が9月5日に結ばれても、ますます
    燃えさかるばかりであった。

■9.帝政ロシアからの解放闘争■

     明石が任された機密費は総額10万円、現在の貨幣価値にし
    て100億円を超える。明石は活動家にはふんだんに資金提供
    したが、宿や食事など自らのためには出費を惜み、3割の資金
    を戦争後に返却した。
    
     明石の謀略活動は、世界史的に見ても最も成功したものの一
    つであろう。それは日露戦争の勝利に貢献しただけではない。
    第一次ロシア革命を起爆し、そのエネルギーが1917年の第二次
    ロシア革命で遂に帝政打倒を実現した。
    
     当時のロシアの帝政は内に多くの民族を隷従させ、外にフィ
    ンランド、ポーランド、バルト3国などを属国とし、さらに日
    本やスウェーデン、ルーマニア、トルコなど周辺諸国を威圧し
    ていた。日露戦争と、明石の支援した反帝政活動は、ロシア内
    外の諸民族の独立解放運動として、一括することが出来よう。
    
     日本はその旗手として、日露戦争を戦ったのである。幸い、
    フィンランド、ポーランド、バルト3国は、第二次ロシア革命
    の機を逃さず、悲願の独立を遂げた。しかし革命後に成立した
    ソ連は再び膨張主義国家として、内外諸民族に重くのしかかっ
    ていくのである。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. 007 国際派日本人に問われるIdentity
   中国の国父孫文:ところが、日本人がロシア人に勝ったのです。
  アジアの全民族は、大きな驚きと喜びを感じ、とても大きな希望
  を抱いたのであります。
b. 117 フィンランド、独立への苦闘
   ヒットラーのドイツとスターリンのソ連にはさまれ、フィンラ
  ンドは孤立した。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 「情報将軍 明石元二郎」★★、豊田穣、光文社NF文庫
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■成田さん(ヘルシンキ在住)より

     こちらへ来るまで私も他の多くの日本人と同じようにアメリ
    カ=一番正しい国(?)と勘違いしていました。しかし、日本
    を離れていろいろな国籍の人々と会ううち、自分が今まで受け
    てきた教育、また日本人の考え方等などに疑問を感じるように
    なりました。それまでは米国がすることがすべて正しく、日本
    が戦争中行ったことが恥ずかしいと思うよう、どうやらパター
    ンとして刷り込まれていたように感じるようになりました。
    
     また、こちらへきてから、多くの国の方が日本に対して良い
    印象を持っていることに感激しました。

     今は「国のためなんか古いよ」という若者があまりに多いの
    に残念でなりません。「日本のため=日本人一人一人の幸せの
    ため」と気付いてほしいものです。
    
■ 編集長・伊勢雅臣より

    「フィンランドと日本は隣国である。間には1つしか国がない。
    」という親日感あふれるジョークを、私もヘルシンキで聞きま
    した。
------------------------------------------------------------
まぐまぐ28,081部 Macky!822部 Pubizine800部 カプライト1065部

© 平成13年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.