[トップページ] [平成13年一覧][人物探訪][210.755 大東亜戦争:特攻隊員の思い]

-----Japan On the Globe(214)  国際派日本人養成講座----------
          _/_/   
          _/     人物探訪:ジャネット・デルポートと関行男大尉
       _/_/      
_/ _/_/_/         オランダ人女性ジャネットは不思議な体験から
_/ _/_/          特攻隊員の心の軌跡を辿っていった。
-----H13.11.04----36,267 Copies----344,826 Homepage View----

■1.人生最期の朝■

     南アフリカ生まれのオランダ人女性ジャネット・デルポート
    はかつて仏教に帰依する尼僧として日本に滞在していた。平成
    元(1989)年の12月のある朝、まだほの暗い中で目を覚まし、
    天井を見上げていると、自分の心が物悲しい気持ちで一杯にな
    っていた。
    
     それはこの朝が自分の人生最期の朝だと思っているからなの
    だ、と気がついた。とにかく起きなければ、起きて飛行服を着
    なければ、と思った。そう思いながら内心、私は何故こんなこ
    とを思わなければならないのだろうか、といぶかしく感じても
    いた。
    
     自分は誰なのか。起きあがって座りなおしてみると、私は私、
    ジャネットなのであった。しかしまた横になると、私は若々し
    く健康な軍人であるような気がした。そして自分が両膝の間に
    操縦桿を握りしめて、煙と炎の中を突っ込んでいく姿が心に浮
    かんだ。
    
     ジャネットはこの不思議な体験から、いろいろと調べていく
    と、自分が感じたのは神風特別攻撃隊のパイロットだ、と思い
    至り、その第一号が関行男大尉であることを知った。関大尉率
    いる敷島隊5機は昭和19(1944)年10月25日フィリッピン
    のマバラカット飛行場を飛び立ち、レイテ近海にて敵艦隊を急
    襲、空母1隻撃沈、3隻に損害を与えるという戦果を上げた。
    
     ジャネットは遠く離れた南アフリカで自分が母の胎内に宿っ
    たのは、関大尉が戦死したのとちょうど同じ年、同じ月だった
    事を知る。

■2.愛する妻を守るために死ぬんだ■

     ジャネットは特攻に関する研究を続けた。
    
         6年にわたって特攻隊関係の資料をさがしあつめ、同時
        に仏教の尼僧として心をこめてお経をとなえつづけ、しか
        もあちこちの特攻戦没者を祭ってある神社やお寺を訪れて
        いると、はじめは研究をしていたのに、いつのまにか特攻
        隊員の心の軌跡をたどっていくようになりました。
        [1,p95]

     ジャネットのたどった関大尉の心の軌跡は次のようなものだ
    った。

     関行男大尉が、特攻の計画を知らされたのは、10月19日
    の夜だった。その隊長に選定されたと言われ、返事を求められ
    た時、それほど戦況が悪いのか、と疑問を抱き、また一人暮ら
    しの母や、5月に結婚したばかりの妻の事を一瞬思ったが、
    「はい。ぜひ私にやらせて下さい」と答えた。江田島の海軍兵
    学校に入った時からずっと、自分は戦死するだろうと考えてい
    し、フィリピンに赴任する前には、従弟に、私は多分戦死する
    だろうから、その場合は母のことをよろしくと頼んでいた。母
    や妻への遺書を一気に書き上げた。
    
         満里子殿
         何もしてやる事も出来ず散り行く事はお前に対しては誠
        にすまぬと思って居る
         何も言はずとも 武人の妻の覚悟は十分できている事と
        思ふ 御両親様に孝養を専一と心掛け生活をしていく様 
        色々と思出をたどりながら出発前に記す
         恵美ちゃん(妻の妹)坊主も元気でやれ  行男
        
     翌20日の夜は、妻に送ってもらうための写真をとってくれ
    た同盟通信記者の小野田政記者と川のほとりを散歩したが、気
    を許して、僕は天皇陛下や帝国のために死ぬんじゃなくて愛す
    る妻を守るために死ぬんだ、と少し冗談めかして話した。

■3.一瞬でも目をつむったら、命中できないだろう■

         血気にはやって敵中に突っ込むことは簡単だ。そんなこ
        とは誰にでもできる。要は、つねに頭を冷やし、何事にも
        冷静に対処することだ。

     関大尉はこう語っていたが、ジャネットが何度もの夢と、調
    べた資料から思い描いた関大尉の最期は、まさにこの言葉通り
    だった。
    
     21日、出発したが、悪天候のために敵機動部隊を発見でき
    ずに帰還した。決意も固く飛び立ったのに、生還したのはとて
    も苦痛だった。
    
     25日の朝、今日が最期の日だと分かって、ほっとした気持
    ちだった。私の大切な家族と故郷の安危がかかっているのだ。
    操縦には自信がある。きっと命中してやるぞ。
    
     午前7時25分、離陸。このとき初めて私は泣けてきた。
    「お母さん。満里子・・・」とつぶやきながら、涙を、生きて
    流す最後の涙を、ぬぐいもせずに飛び続けた。
    
     敵のレーダー電波を避けるために低く飛ぶ。そして3千メー
    トルまで上昇してから、機体をひねって急降下に移る。敵は対
    空砲火を打ち上げてくる。目をしっかりと見開いていなければ
    ならない。一瞬でも目をつむったら、命中できないだろうと先
    輩パイロットは教えてくれた。しっかりと空母の飛行甲板に狙
    いをつける。猛烈な弾幕を突破する。恐怖心など、とっくの昔
    に突破した。
    
■4.甲板には大穴があき、火災が発生した■

     空母カリニンベイの戦闘記録によれば、関大尉と思われる一
    番機は胴体下の爆弾を投下して急上昇するものとの予想を裏切
    って、そのまま飛行甲板前部に体当たりした。
    
         突入と同時に、火炎が噴き上げ、激しい熱気が飛行甲板
        にみなぎった。しかしながら、それは爆弾の破裂によるも
        のではなかった。甲板には大穴があき、火災が発生した。
        体当たりした零戦は粉々になったが、胴体部分は飛行甲板
        前方をくるくる転がって行き、左舷側から海に転落した。
        
     250キロ爆弾は胴体下から離れ飛び、炸裂しなかったので
    ある。2番機、谷暢夫一飛曹は、関大尉による第一撃が十分な
    効果を上げなかったのを見るや、最初からの指示通り、ほぼ同
    じ処に突入し、空母は炎上して炎と煙を噴き上げた。
    
     他の一機に突っ込まれた空母セントローは、格納庫内の飛行
    機が次々と誘爆して、5分ほどで沈没してしまった。残る2機
    はそれぞれキトカンベイとホワイトプレーンズに命中して、損
    傷を与えた(ただし、どの機がどの戦果をあげたかについては、
    諸説ある)。この史上最初の神風特攻は豊田連合艦隊司令長官
    によって全軍に布告され、関大尉は中佐へと二階級特進の栄誉
    を与えられた。
    
■5.穏やかでクール■

     ジャネットは欧米人の書いた文章のなかにも、特攻隊員の心
    情に共鳴したものが少なくないことを知る。

         入手できた記録文書、日記、手紙、写真などすべてを見
        て感じることは、彼らが物静かで真面目で、教養の面でも
        判断力の面でも優れた人たちであったということである。
        日本の資料には、彼らのことを「冷静であった」と書いて
        あることが多い。冷静とは、現代ふうにいえば穏やかでク
        ールなことを意味する。(イワン・モリス、「失敗の高
        貴」)
        
     そのクールさで、彼らは何のために自らの生命を捧げたの
    か? ジャネットは次のように指摘する。
    
         しかし、特攻戦法が実行に移されたときに、それは勢力
        圏の拡大、領土獲得、あるいは栄光の夢のためだったので
        はなく、侵攻を阻止し祖国を守るための最後の手段であっ
        たことは、歴史的にあきらかである。[1,p123]

■6.報恩のこころ■

     特攻は自殺ではない。死ぬことは手段であって、目的ではな
    いからだ。ジャネットはこの点に関して、コルトという人の書
    いた論文の一節を引用している。
    
         よく知られているように、犠牲死は紀元2世紀のころ、
        荒れ狂う海の神を鎮めて、夫である日本武尊(やまとたけ
        るのみこと)の舟がぶじに航海できるようにと、海に身を
        投じた后の弟橘姫(おとたちばなひめ)の例が記録に残る
        最古のものである。[1,p93]

     紀元2世紀のころの弟橘姫から、20世紀の特攻隊員までに
    共通する日本人の心情を思いやったイワン・モリスの次の文章
    をジャネットは自著の冒頭に掲げている。
    
         戦闘における戦士の心理を説明したり、納得したりしよ
        うとする際によく言われる、敵愾心や戦死した戦友の仇討
        ちをしたいという願望は、特攻隊員の心の中に重きをなし
        ていなかったように思われる。・・・
        
         むしろ彼らの言葉は、日本人として生まれてこのかた受
        けた恩恵にたいして、報恩をしなければならないという気
        持ちを表現しているのではないだろうか。恩恵を受けてき
        た、今も受けているという気持ちと、いざという時に必要
        とあればどのような犠牲を払っても、その恩に報いたいと
        いう気持ちが、平戦時を問わず何世紀にもわたって、日本
        人のモラルの力強い底流をなしていたと思うのである。
        
■7.報恩の心は戦後日本の再建に向けられた■

     特攻隊員の示した報恩の心は、戦後日本の再建に向けられた、
    とジャネットは思い至る。終戦当時、広東省海南島にいた特攻
    艇「震洋」の隊長は次のような言葉を残している。
    
         終戦の際、私の隊は悲しみに沈んだが、別に変わったこ
        とは起きなかった。これを見て私は、いつものとおり訓練
        の続行を命じた。これは、隊員の士気を維持する効果があ
        ったと思う。
        
         訓練の終わりに全員を集め、これからどうするか、皆が
        対等の立場で議論することにした。そして、命令に服従せ
        ず戦い続けるか、全員自決するか、それとも他の特攻隊で
        死んでいった戦友の犠牲を無にしないよう生きて日本のた
        めに働くかの三つの道がある、と話した。
        
         思ったとおり、部下たちは三番目のいき方に賛成したが、
        このような人たちの献身的な活動が、戦後日本の迅速な復
        興に大きく寄与したと確信する。・・・
        
         日本が戦後に偉大な復興をとげることができたのは、戦
        死した多くの人たちのおかげだと、私は信じている。
        
    「きっと、英霊の御霊が戦後の復興に力を添えて下さったので
    しょう。」とジャネットは語る。
    
■8.あなたの御霊に、語りかけた■

     一人残された関行男中佐の母サカエさんは戦時中こそ「軍神
    の母」ともてはやされたが、戦後は一転して、世間の冷たい視
    線を受け、日々の生活にも困窮して、昭和28年に亡くなられ
    た。「せめて行男の墓を…」との遺言によって、翌29年、よ
    うやく関大尉の墓ができた。

     カナダに移り住んでいたジャネットが「四国の愛媛に行け」
    という内なる声に従って関中佐の生まれ故郷西条と墓のある伊
    予三島を訪れたのは、平成7年5月のことだった。伊予三島で
    は関中佐が幼い頃遊びに来た事もあるという親戚の家にあがり、
    手紙や写真を見せて貰った。その中には、結婚写真もあった。
    
         何とすてきなカップルでしょう! あなたは海軍の黒い
        軍服に剣をつって、すらりと立っており、日本髪に角隠し
        をつけた婚礼衣装の満里子さんは椅子にかけています。
        
         写真のカバーには、筆字で「結婚記念、昭和十九年五月
        三十一日」とありました。これは多分、あなたの筆跡でし
        ょうね。
        
         ああ、関中佐。お二人の若々しい、かしこまったお顔を
        見ていると胸が迫り、またもや泣き出しそうで、息をひそ
        める私でした。[1,p185]
        
     さらにジャネットは関中佐の墓を訪れる。[a]
    
         恥ずかしくてはっきり声に出してあなたに話しかけるこ
        とはできませんでした。でも、あなたはわかって下さった
        でしょう? 私が心の中であなたに、あなたの御霊に、語
        りかけたことを。
        
         そして私はあなたの戒名を書き写しました。カナダに帰
        ってからも、あなたにお経を上げて差しあげることができ
        るようにと。[1,p186]
    
■9.人間の偉大さ、気高さ■

     ジャネットは、バーナード・ミロットの特攻隊に関する著書
    の次のような結びを引用する。
      
         特攻隊員の犠牲は、他の戦争での生命の犠牲と同様に無
        駄であったかもしれないが、あの日本の英雄たちは、世界
        に向かって純粋なかたちで大きな教訓を与えてくれた。彼
        らは歴史の深みの中から、忘れていた人間の偉大さ、気高
        さを掴み出して見せてくれたのである。
        
     カナダに帰ったジャネットは、著書のエピローグを次のよう
    な関中佐の言葉で結んでいる。
    
         今度、西条へ行ったら、雨が降ったりしていなければ、
        川のほとりの武丈公園へ行って、私のことは考えずに星空
        を見上げなさい。私はそこの桜の木の間にいる。ただし、
        私を知るには、まず星空を見上げなくてはならない。
        
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. 「祖国日本」、「第一部 殉国の碑」
    の中の「神風特攻隊」-「関行男」
  関行男中佐の遺影、マバラカット飛行場で現地人の建てた
 神風慰霊碑など、写真多数。
b. JOG(080) ミラー大尉の残したもの
c. JOG(153) 海ゆかば〜慰霊が開く思いやりの心

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. ジャネット・デルポート、「関大尉を知っていますか」★★★、
  光人社、H9
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「ジャネット・デルポートと関行男大尉」について

     関大尉のことですが、私の記憶が間違っていなければ、城山
    三郎さんが最新著作で取り上げていると思います。それによれ
    ば、関大尉は最初、自分が指名されたことを大変不満に思った
    とあったとはずです。「自分のような優秀な搭乗員をこんなこ
    とに使うとは」とういうような吐露があったとも記録され、最
    後は、自分は妻のために死ぬと納得したということだったとお
    もいます。

     私が読んだり聞いた話では喜んで特攻に参加した若者はむし
    ろ少数だったとの印象があります。大半は軍の無策と愚劣を知
    りつつ、自分の死によって、肉親や無心に遊ぶ子供らがいくら
    かでも長く生きられると、自分を納得させて逝ったのではない
    かと感じます。(masahiroさん)

■ 編集長・伊勢雅臣より

     文中でもご紹介したように、イワン・モリスは特攻隊員たち
    が「物静かで真面目で、教養の面でも判断力の面でも優れた人
    たち」であったと言っています。家族への愛情や軍の無策への
    不満など様々な矛盾を乗り越えて、静かに自己犠牲という決断
    をした、そこにこそ欧米人の共感をも呼んだ隊員たちの偉大さ
    があると思います。
    
============================================================
mag2:27633 pubzine:3712 melma!:1965 kapu:1701 macky!:1256 

© 平成13年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.