[トップページ] [平成14年一覧][地球史探訪][210.67 日露戦争][500 技術・工学・工業]

________Japan On the Globe(236)  国際派日本人養成講座_______
          _/_/   
          _/     地球史探訪: 日本海海戦
       _/_/      
_/ _/_/_/         世界海戦史上にのこる大勝利は、明治日本の
_/ _/_/          近代化努力の到達点だった。
_______H14.04.14_____37,065 Copies_____431,478 Views________

■1.完全な大勝利■

     1905年(明治38)年5月27,28日の日露両艦隊による日
    本海海戦の結果に、欧米諸国は驚嘆した。英国の著名な戦史家
    H・W・ウィルソンは、次のように語った。
    
         ああ、これ何たる大勝利か、陸戦に於いても、海戦に於
        いても、歴史上、未だかつて、このような完全な大勝利を
        見たことがない。実にこの海戦は、トラファルガー海戦と
        比較しても、その規模、遙かに大である。[1,p368]
        
     バルチック艦隊38隻の大陣容のうち、撃沈19、捕獲5、
    逃走中の沈没・自爆・他国抑留10隻で、ロシア艦隊が失った
    艦船合計34隻の排水量19万5162トン。日本側の沈没、
    水雷艇3隻、255トンはその0.13%に過ぎなかった。
    
     ちょうど100年前のトラファルガー海戦が、それまで世界
    海戦史上もっとも勝敗の際だったものだったが、ネルソン率い
    るイギリス艦隊が沈没・または捕獲したのは、フランス・スペ
    イン艦隊33隻中22隻に過ぎず、また名提督ネルソンも戦死
    している。「このような完全な大勝利を見たことがない」とい
    うウィルソンの言葉は決して誇張ではない。
    
■2.30分の御用のために10年■

     もう一つ、欧米を驚かせたのは、その大勝利が極東の開国し
    たばかりの非白人小国によって達成された、ということである。
    たとえば、アメリ新聞「ニューヨーク・サン」は、5月30日
    の社説でこう述べた。

         日本艦隊がロシア艦隊を潰滅したことは、海軍史のみな
        らず世界史上例のない大偉業である。日本が鎖国をといた
        のはわずか50年前であり、海軍らしい海軍を持ってから
        10年にもたたぬのに、早くも世界一流の海軍国になった。
        [2,p408]
        
     これに照応するのが、連合艦隊参謀として全作戦を指導した
    秋山真之(さねゆき)の次の言葉である。
    
         三笠以下主力の12艦は、いずれも我が海軍の当局者が
        多年の惨憺たる経営に依りて製艦されたるものなるが、而
        (しかも)も之を用ゐるは主として僅々30分の決戦にて
        ありし。吾人が十年一日の如く武術を攻究錬磨しつゝあり
        しも、亦此の30分間の御用に立つ為なり。されば決戦は
        僅かに30分なるも、之に至らしむには十年の戦備を要せ
        しものにて取りも直さず連綿10年の戦争なり[1,p347]

     日本海海戦は劈頭の30分で勝負が決まってしまったが、そ
    の30分のために10年にわたる軍艦建造と作戦・技量の錬磨
    があったという。さらに近代海軍を持つためには、開国後50
    年の国をあげての近代化の努力があった。「ニューヨーク・サ
    ン」が「海軍史のみならず、世界史上例のない大偉業」という
    のは、世界海戦史上、最高最大の勝利をもたらした日本民族の
    この50年の努力を指している。その努力の内容を見てみたい。

■3.ロシア艦隊優勢■

     まず近代海軍には、巨大な軍艦が必要である。蒸気機関、大
    砲、船体建造と、軍艦こそは近代科学技術の結晶である。我が
    国が西洋近代文明の威力をまざまざと体験したのは、アメリカ
    からやってきた「黒船」であった。
    
     しかし、我が国の当時の近代技術では、世界最新鋭の軍艦は
    いまだ国産できず、戦艦はすべてイギリスで建造された。しか
    も貧弱な国力では購入できる軍艦の数も限られる。日露開戦前
    の戦力は戦艦6隻であり、ロシアは竣工寸前のものも含めれば、
    18隻もの戦艦を有していた。
    
     この6隻でも、明治天皇が宮廷費の10分の一を軍艦建造の
    ために下賜され、「文武百官恐懼(きょうく)感激して」こぞ
    ってその俸給の10分の一を献納する、という国を挙げての辛
    苦の末に築き上げたものであった。
    
     日本艦隊は黄海海戦、旅順港攻略などで、戦艦7隻を中心と
    するロシア太平洋艦隊を撃滅したが、自らも2隻を失い、わず
    か4隻となっていた。そこに戦艦8隻を擁するバルチック艦隊
    が、はるばるバルト海から来航してきたのだった。
    
     アメリカの雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」は迫
    りつつある日露両艦隊の激突を前に、戦艦については、ロシア
    側が日本側に倍する隻数をもち、しかも海戦の運命を決するも
    のが主として戦艦であることからロシア側優勢であると判断し
    ている。

         大口径の砲の総数では日本軍にまさっている。海戦にお
        いては砲の威力が戦局を決するものである。[1,p329]
        
     と、バルチック艦隊のロジェストヴェンスキー司令長官は言
    った。30サンチ、20サンチの主力砲は33門と、日本側の
    17門の約2倍の戦力を頼んでいた。

■4.日本人の自ら工夫せしもの■

         日本人は事苟(いやしく)も海軍に関するものは悉(こ
        とごと)く西洋の指導を仰ぐを常とせりと雖(いえど)も、
        又一方に於ては自ら新機軸を出だせり
        
         日本人は艦隊の編制に於ても一定の方針を樹立したがそ
        の方針は大体に於ては日本人の自ら工夫せしものなり
        [3,p159]
        
     当時の英国軍事評論家の言うように、戦艦や大砲の数という
    物量では圧倒的に劣勢な日本は、「自らの工夫」によって、そ
    のハンディを乗り越えようとしていた。その一つに、開戦前の
    戦艦6隻、巡洋艦6隻が、等しく15、6ノットの高速航行が
    可能で、一体として連合運動を出来るようにしていた点がある。
    これが日本海海戦で、敵艦隊の前面で180度旋回して、敵の
    進路をT字型に押さえ込む戦術を可能にした。

     一方、バルチック艦隊は16〜18ノットの最新鋭高速戦艦
    5隻が中心だったが、12〜14ノットの旧式戦艦、10ノッ
    トの輸送船と一緒に編制されていたため、艦隊としては9ノッ
    ト程度しか出せなかった。

         我が艦が速力で日本の艦に劣ることは事実であるが、戦
        闘において速力は重大な要素ではない。われわれは遁走す
        ることは考慮しないからだ。[1,p329]

    と、ロジェストウェンスキーは言ったが、速度が「遁走」時に
    しか役立たない、というのは、海戦が装甲堅牢な戦艦どうしで
    大砲を撃ち合い、先に沈めた方が勝ちという旧来の思想によっ
    ている。それに比べれば、高速の艦隊運動こそ攻撃力の源泉で
    ある、という日本海軍の独自の「工夫」は、時代を先取りした
    ものだった。

■5.大砲の威力10倍■

     大砲についても、日本側は数よりも質で勝負する工夫を凝ら
    していた。日本艦隊の射撃速度はロシアの3倍、すなわち、同
    じ1門でも、単位時間に3倍の砲弾を撃ち込める。さらにバル
    チック艦隊来航を待つ間の猛訓練によって、その命中率も3倍
    に達していた。
    
     さらに砲弾の違いもあった。バルチック艦隊の砲弾は装甲部
    を貫いて一定の深さまで達しなければ炸裂しなかったが、日本
    の砲弾は、榴弾型で敵艦に当たりさえすれば、弾殻を3000以
    上の破片にして、飛び散らせる。この弾丸に当たったロシアの
    軍艦の甲板や舷側は、蜂の巣のようになった。
    
     しかも海軍技師・下瀬雅允によって発明された下瀬火薬を使
    っており、それによって気化したガスは3千度にも達し、鋼鉄
    に塗ったペンキはそのガスによって引火して火事を起こすとい
    うものだった。この砲弾に襲われた旗艦スワロフの司令塔の模
    様は次のように記録されている。
    
         砲弾は榴弾で、これが炸裂すると、何千というこまかな
        破片になって飛び散り、物凄く大きな火焔と、息もつまる
        ような黒色か淡黄色の煙の渦巻がパッとひろがったと思う
        と、可燃物という可燃物は総なめで、鉄板に塗ったペンキ
        さえ、みるみる燃えてしまった。・・・
        
         司令塔内にいた者は一人のこらず震えあがり、意外の惨
        状に度を失ってしまった。みんな恐怖におそわれて、垂直
        の装甲壁のかげに匿れる者や甲板に逃げる者もあった。
        [1,p348]

     射撃速度3倍に、命中率3倍、さらに砲弾の威力を加えると、
    日本艦隊の砲一門は、ロシアの砲10門に匹敵する性能を備え
    ていた。主力砲ロシア側33門に対し、日本側は17門であっ
    たが、実はその攻撃力は170門にも匹敵するものであった。

■6.誓ってこれを撃滅し■

     つぎに戦略・戦術面を見てみよう。日本艦隊を率いる東郷平
    八郎司令長官は海戦前に明治天皇に拝謁した際に「ロシア本国
    より新来の敵艦隊に対しては、誓ってこれを撃滅し、陛下のお
    心を安んじ奉ります」と奏上した。日頃、誇張の嫌いな東郷が、
    戦力でははるかに優勢な敵艦隊に対して「撃滅」などという言
    葉を使ったことで、周囲の者を驚かせた。
    
     しかし、日露戦争全体に勝つためにはロシア艦隊を全滅させ
    なければならない、というのが当時の情況であった。一つには
    日本の国力は限界に達しており、日本が有利なうちに何とか講
    和に持ち込む必要があった。そのためにも、ロシア側の最後の
    頼みの綱バルチック艦隊を撃滅して、ロシア側を諦めさせなけ
    ればならない。単なる「優勢勝ち」程度では意味がなかった。
    
     また、もし、バルチック艦隊を撃滅できずに、一部を撃ちも
    らしてしまったら、満洲で戦う陸軍への物資輸送船に対し、残
    存ロシア艦船はゲリラ的な攻撃をしかけることができる。その
    消耗戦に持ちこまれたら、シベリア鉄道で物資・人員の補給を
    続けられるロシア陸軍は息を吹き返す。
    
     東郷司令長官は敵艦隊撃滅を唯一の戦略目的として、全艦隊
    を佐世保軍港内外に集結させ、日本全土の海岸線はがら空きに
    してしまった。ウラジオストック軍港には、装甲巡洋艦2隻が
    おり、それが出撃して日本本土に砲撃を加える恐れもあったが、
    東郷長官はそれをあえて無視し、あくまでバルチック艦隊撃滅
    に戦力を集中させたのである。

■7.「肉を斬らせて骨を断つ」T字戦法■

     敵艦隊撃滅のための戦術が、上述したT字戦法であった。日
    本海を北上する敵艦隊と南下する日本艦隊がすれ違いの形で撃
    ち合っても、撃ちもらした敵艦船はそのままウラジオストック
    に逃げ込んでしまう。敵前で日本艦隊がターンをして、T字の
    横棒となり、縦棒をなす敵艦隊の頭を押さえつける形で進路を
    阻む。そして横棒となった日本艦船から縦棒の先頭部分に一斉
    射撃を集中し各個撃破を行う。縦棒のロシア艦隊の後半部分は
    距離が遠く、有効確実な砲撃はできない。
    
     しかし、T字に持ち込むためには、日本艦隊がある一点で順
    次ターンを行わなければならない。その一点にロシア側が集中
    砲火を浴びせれば、逆に日本側が次々とやられることになる。
    まさに「肉を斬らせて骨を断つ」の大胆かつ独創的な戦術であ
    った。
    
     明治38(1905)年5月27日午後2時過ぎ、旗艦三笠の最上
    艦橋の前面中央にすっくと立った東郷長官が無言のまま、右手
    を挙げて左側に振り下ろすと、三笠は左舷に回答し始めた。距
    離8千メートルの射程圏内で旋回を始めた三笠を見て、旗艦ス
    ワロフの参謀は「心中、しめたっ、と思った。こんなところで
    急に変針するとは、おかしな東郷だな、と仲間とささやきあっ
    た。」
    
     ロシア艦隊はこの好機を逃さず、先頭の三笠に集中砲撃を加
    えた。三笠の周辺に巨大な水柱が次々とあがり、そのうちの数
    弾が命中、そのたびに艦は激しく振動した。しかし、この間も
    東郷は応戦を許さず、すっくと艦橋に立ったまま身じろぎもし
    なかった。東郷は黄海海戦でのデータから、ロシア艦隊の砲撃
    の命中率は8千メートルの距離ではきわめて低いという分析結
    果を得ていたのである。

■8.日本人の合理主義的精神■
    
     日本艦隊先頭の4戦艦が回頭を終え、ロシア艦隊の進路を遮
    る形となった所で、東郷は「打ち方はじめ」と平静な声で告げ
    た。距離6500メートルの至近距離から、ロシア艦隊の先頭
    に向けて一斉射撃を開始した。30分後には先頭の戦艦オスラ
    ビアに大火災が発生し、ロジェストウェンスキー座乗の旗艦ク
    ニージャ・スヴォーロフも航行の自由を失って、戦列を離脱し
    た。後続するロシア艦隊は大混乱に陥り、勝敗の大勢は決した。

     ちりぢりになったロシア艦船を、今度は夜陰に乗じて、駆逐
    艦と水雷艇が魚雷攻撃を行う。あたかも傷ついた熊に、無数の
    猟犬が襲いかかるように。こうした戦術も世界に例のないこと
    であった。水雷艇のような小型艦船は沿岸防御に使うのが当時
    の常識であって、外国の専門家は外洋でロシア艦隊を攻撃する
    には不適当だと忠告していたが、下瀬火薬で攻撃力を失わせた
    敵艦船にとどめを刺すには、これらの小型艦船による魚雷攻撃
    はまことに効果的だった。

     世界海戦史上最高最大の勝利は、日本海軍の10年におよぶ
    装備面・戦略戦術面の独創的な研究努力の結晶であった。東郷
    長官が静かに左手を降ろして、戦史にのこる「東郷ターン」を
    命じたとき、すでに勝敗は決していたのである。日本艦隊の敢
    闘精神は凄まじかったが、それは決して勝利の最大要因ではな
    い。闘志の面ではロシア艦隊も決して負けてはいなかった。そ
    れは多くの艦船が沈没まで戦い、投降したのは38隻中、わず
    か5艦に過ぎなかった事にも示されている。
    
     日本人の合理主義的精神は、明治維新以降に近代西洋科学技
    術を急速に吸収し、さらに独自の工夫を加えて、時代の先端を
    切り開く独創的な技術・思想を生みだしていった。「海軍史の
    みならず世界史上例のない大偉業」は、こうした明治日本の全
    国民をあげての近代化努力の到達点であった。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(007) 国際派日本人に問われるIdentity
b. JOG(048) 「公」と「私」と
c. JOG(218) Father Nogi
d. JOG(176) 明石元二郎〜帝政ロシアからの解放者

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 真木洋三、「東郷平八郎 下」、★★★、文春文庫、S63
2. 吉村昭、「海の史劇」★★★、新潮文庫、S56
3. 下村寅太郎、「東郷平八郎」★★★、講談社学術文庫、S56
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「日本海海戦」について                     一読者さんより

     日露戦争後の戦勝祝賀園遊会に招かれた米国海軍の士官候補
    生だったチェスター・ニミッツは、東郷司令長官に会って感激
    し、いつか東郷の弟子達と太平洋で雌雄を決する事を心に誓い
    ます。後に太平洋艦隊司令官となったニミッツは見事に誓いを
    太平洋戦争で果たします。一方「出て来いニミッツ、マッカー
    サ。出てくりゃ地獄に逆落とし」と歌い、相手を蔑んだ日本は
    無残な敗北を喫します。

     米国の初代ルーズベルト大統領は東郷大将が戦後に海軍軍人
    に与えた言葉に感激し、全文を皆に示します。その言葉の末尾
    は「勝って兜の緒を締めよ」でした。

     太平洋戦争中、日本では「ルーズベルトのベルトが切れて、
    チャーチル散る散る国が散る・・・」と相手を馬鹿にした歌が
    私達子供にも歌われました。 勝って奢るものは滅び、冷静に
    観察して学び、努力してそれを実行するものは勝利する。今も
    昔も変わらぬ教訓です。
    
                                                山崎さんより

    「日本人の合理主義的精神」がいつの間に「精神至上主義」に
    摩り替り、ソ連との「ノモンハン事件」に繋がったのでしょう
    か。もちろん、貧乏国の日本ですから、軍備に割くお金は充分
    でなかったでしょう。しかし、ソ連の戦車に火炎瓶で立ち向か
    うだけで、日露戦争の203高地のような肉弾攻撃を同じよう
    に繰り返していたとは。その後の太平洋戦争の「ガダルカナル
    戦」も同様でした。陸軍ばかりではありません。合理的と言わ
    れた海軍ですら、小史を紐解きますと「精神注入棒」なるもの
    が出で来ます。日露戦争以来、戦勝気分に浮かれて戦訓を忘れ
    たことが、「精神至上主義」を生み出し、果ては「神国」なる
    日本国像が形成されたのでしょうか。不思議でなりません。

     そして現在の政治・経済にしても、依然としてバブルの幻想
    を引きずっているようで、状況こそ違いますが、いつも同じ愚
    を繰り返しているような気が致します。これが「島国農耕民
    族」である日本人の本質でしょうか。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     我々は歴史からの学び方をもっと、研究しなければなりませ
    んね。単なる自虐史観でも、真実は学べませんし。

■「日本海海戦」について          HNさん(高一)より

     この一文を読み、あることを思い出しました。小説家の山岡
    氏が、鹿児島の神雷部隊のひとりである学鷲に、「この戦争に
    負けたら悔いは無いのか?そこまでの(特攻をする)心境にど
    のようにしてなったのか」と、尋ねたといいます。
    
     すると、相手である西田中尉は「我々はインテリであり、そ
    う簡単に戦争に勝てるとは思っていません、しかし、負けたと
    しても、その後はどうなるのでしょう? お分かりでしょう、
    我々の命は講和の条件にも、その後の日本人の運命にもつなが
    っていますよ、そう民族の誇りに」と答えられたそうです。

     現代の日本人で、これだけの決意を述べる事のできる人間が
    どれほどにいるでしょうか。日露戦争であろうと、大東亜戦争
    中であろうと、その中で戦った人々で死が怖くなかった人はど
    れほどいたでしょうか? 己の命を捨ててでも、愛する国を守
    る事、其れができる人間であらねば、とそう思う今日この頃で
    す。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     現在の自衛隊にも「愛する国を守る」気概に溢れた方はたく
    さんいらっしゃいますが、それを生かすにも、国民一般の理解
    と支持が必要です。有事法制の整備などはその一端でしょう。

============================================================
mag2:26552 pubzine:5412 melma!:1974 kapu:1615 macky!:1512 

© 平成14年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.