[トップページ] [平成14年一覧][地球史探訪][210.63 近代国家の建設][323 憲法]

________Japan On the Globe(242)  国際派日本人養成講座_______
          _/_/   
          _/     地球史探訪:大日本帝国憲法
       _/_/                   〜アジア最初の立憲政治への挑戦
_/ _/_/_/         明治憲法が発布されるや、欧米の識者はこの
_/ _/_/          「和魂洋才」の憲法に高い評価を与えた。
_______H14.05.26_____37,525 Copies_____459,292 Views________

■1.欧米で高く評価された明治憲法■

     明治22(1889)年2月11日、紀元節を期して、大日本帝国
    憲法(明治憲法)が発布されると、明治政府は早速その英訳を
    欧米の著名な政治家や学者に見せて意見を聴取した。その評価
    は極めて高いものだった。社会進化論学者として当時の日本に
    も広く名を知られていたイギリスのハーバード・スペンサーは
    次のように語った。
    
         日本の憲法は日本古来の歴史習慣を本とし、漸進保守の
        主義をもって起草されたりと。然からばすなわちこの憲法
        は余の最も賛成する所なり。
        
     アメリカの連邦最高裁判官オリヴァー・ウェンデル・ホーム
    ズは、いくつかの具体的な点を評価しながら、最も感心した点
    として、
    
         この憲法につき、予が最も喜ぶ所のものは、日本古来の
        根本、古来の歴史・制度・習慣に基づき、しかしてこれを
        修飾するに欧米の憲法学の論理を適応せられたるにあり。
        
     19世紀ヨーロッパにおける政治・社会学の権威、ウィーン
    大学のローレンツ・フォン・シュタイン教授は、日本の憲法は
    ヨーロッパの憲法と比べても大変出来がよいが、憲法はその国
    の歴史の産物であり、さらに憲法発達の歴史を編纂して示すこ
    とが急務であると助言した。
    
     これらの評価に共通しているのは、明治憲法が単なる欧米の
    憲法の引き写しでなく、日本の歴史・伝統に根ざしつつ、「欧
    米の憲法学の論理」を適用した、まさに「和魂洋才」の産物で
    あったという点にある。

■2.憲政実現は国民的課題■

     明治維新後の日本は、不平等条約のもとで、国内で外国人が
    犯罪を犯しても日本の法律では裁けない、という二流国扱いを
    されていた。欧米諸国と対等な関係を築くためにも、まず近代
    的な憲法とそれに基づく法体系を作って見せる必要があった。
    
     しかし、欧米諸国以外で、まだ憲法政治を実現した民族はな
    かった。1870年代後半にトルコが立憲政治を始めたが、わずか
    一年足らずで憲法停止・議会解散に追い込まれた。キリスト教
    白人国家以外では立憲政治は不可能というのが、当時の世界常
    識だった。その常識に挑戦したのが、明治日本だったのである。
    
     憲法発布は条約改正だけの問題ではない。慶応4(1868)年3
    月、新しい国造りの大方針として発表された五箇条のご誓文で
    は、冒頭に「広く会議を興し、万機公論に決すべし」と謳われ、
    近代的な立憲議会政治を国家統治の基本とする事が定められて
    いた。国家の自由と独立を維持し、欧米諸国の発展に追いつく
    ためためには、欧米諸国と同様に国民を広く主体的に国造りに
    参加せしめて、国民全体のエネルギーを結集することが必要と
    考えられていたのだろう。
    
     明治9(1876)年には「朕ここに我建国の体に基き広く海外各
    国の成法を勘酌し以て国憲を定めんとす」という「国憲起草の
    勅語」が下され、元老院で第一次草案が作られた。民間からも
    その後、憲法草案が続々と発表された。明治14(1881)年には、
    「明治23年を期し、議員を召し国会を開き以て朕が初志を成
    さんとす」との国会開設の勅諭が出され、立憲政体樹立は期限
    付きの公約とされた。まさに憲政の実現は近代化を目指す明治
    日本の国民的課題であった。

■3.退っ引きならぬ状況■
    
     明治15(1882)年3月14日、明治政府のホープとも言うべ
    き伊藤博文が欧州の憲法政治の論理と実際を調査するために、
    横浜港を出発した。
    
     それまでに元老院で作られた草案は、伊藤によれば「各国の
    憲法を取り集め、焼き直し」、「欧州の制度を模擬するに熱中
    し」たものに過ぎなかった。また参議の大隈重信はイギリスを
    モデルにした議院内閣制を中心とした提案を行っていたが、こ
    れは欧州各国を一足飛びに抜いて、最先進国に並ぼうというも
    ので、日本で安定的に機能しうるか大いに疑問だった。また在
    野の勢力は伊藤に言わせれば、「実に英、米、仏の自由過激論
    者の著述のみを金科玉条のごとく誤信し、ほとんど国家を傾け
    んとする勢い」だった。
    
     伊藤の懸念は根拠のあるものだった。トルコの失敗のみなら
    ず、その後20世紀に入ってからでも、中南米、アジア、アフ
    リカの諸国の多くは、独立後、アメリカかイギリスの制度を採
    用しているが、そのほとんどが一度は失敗して、何らかの形の
    軍事、警察の独裁制を経験している[2,p58]。
    
     いくら立憲政治の理想は高くとも、欧米先進国の憲法をそれ
    だけの土壌ができていない所にいきなり持ち込んだら国内が混
    乱し、近代化の歩みが停滞してしまう。それでは不平等条約の
    改正どころか、他のアジア、アフリカ諸国と同様、自由と独立
    を失う事にもなりかねない。
    
     日本が独立国として欧米諸国と伍してやっていくためには、
    立憲政治に挑まざるを得ず、しかしそれに失敗すれば維新後の
    近代化努力が水泡に帰すかもしれない。そういう退っ引きなら
    ぬ状況に、明治政府は追い込まれていた。
    
■4.まず日本の歴史を研究せよ■

     その伊藤がヨーロッパで師事したのが、冒頭に引用したウィ
    ーン大学のシュタイン教授だった。伊東はシュタインから「法
    は民族精神・国民精神の発露」であり、国民の歴史の中から発
    達していくものとする、当時ヨーロッパを席巻していた歴史法
    学の説明を受けた。その主張の正しさは、英独仏3国の政治体
    制・立憲政治の比較からも明らかに見えた。

     イギリスは安定した議会政治を行っていたが、それは無血革
    命以来、200年にわたる「臣民」の「古来の自由と権利」を
    追求してきた着実な歩みの結果であった。一方、フランスは
    18世紀末のフランス革命で、普遍的・理想的な「人権宣言」
    を発したものの、凄惨な革命闘争の中で200万人もの犠牲者
    を出し、さらにその後も共和制、帝政、王政、共和制、帝政と
    迷走を続けていた[a]。ドイツは多くの小国が分立した状態だ
    ったのを、独自の立憲君主制のもとで隆々たる発展を見せるプ
    ロシアが統一していた。
    
     日本の憲法は何より日本の歴史と文化に根ざしたものでなけ
    ればならない、その上で、ヨーロッパで学んだ知識を接ぎ木し
    ていく事が必要だ、まず日本の歴史を研究せよ、とシュタイン
    は伊藤に説いた。「心私(ひそか)に死処を得るの心地」と伊
    藤は憲法起草に大きな自信を得た。

■5.国家の機軸は?■

     日本の歴史と文化に根ざした憲法とは、どのようなものであ
    るべきか? 伊藤はシュタインとの議論を続けた。シュタイン
    は宗教を通じて国家と国民との精神的一致をはかるために、国
    教の制定を勧めた。確かに英国もドイツもキリスト教が国民統
    合の「機軸」となっている。
    
     しかし、ヨーロッパでの悲惨な宗教戦争を見れば、国教制定
    は文明に逆行する制度に思われた。この点ではかえって日本の
    方が多様な宗教宗派が自由かつ平和的に共存してきた先進的な
    歴史がある。
    
         信教の自由はこれを近世文明の一大美果として看(み)
        るべく、しかして人類のもっとも至貴至重なる本心の自由
        と正理の伸長は、・・・ついに光輝を発揚するの今日に達
        したり。けだし本心の自由は人の内部に存するものにして、
        もとより国法の干渉する区域の外にあり。
        
     シュタインの「一国の歴史に根ざした憲法」という原則に忠
    実であればこそ、伊藤は師の「国教を」という具体的提言を受
    け入れるわけにはいかなかった。
    
■6.「知(し)らす」と「領(うしは)く」■

     それでは宗教に替わる、日本の歴史に根ざした「機軸」とは
    何であるべきか? 伊藤がヨーロッパで研究を進めていたのと
    同時期に、国内に残って、古事記や日本書紀など日本の古典研
    究に打ち込んでいる男がいた。井上毅(こわし)である。井上
    は岩倉使節団の一員としてフランス、ドイツを中心に法制の調
    査を行ったこともあり、明治日本形成期最大のブレーンであっ
    た。
    
     井上は古事記の中に「知(し)らす」と「領(うしは)く」
    という二つの異なる統治概念を発見した。「領く」とは、国家
    を私物化するという意味で、中国で「民を御す」「民を牧す」
    とあたかも家畜を扱うように言うのは、人民を牛馬の如き私有
    財産と考えているからである。ヨーロッパでも、王が3人の子
    供に、国家を三つに分けて相続させたりするのは、国土国民は
    王の私有財産という考えの現れである。
    
     それに対して「知らす」とは、天皇が鏡のような無私の御心
    に国民の思いを映し、その安寧を神に祈る、という事であった。
    国土国民は天皇の私有財産ではなく、その安寧を祈ることが皇
    室の先祖、天照大神から代々受け継がれてきた使命であった。
    井上はこれこそが我が国の国家統治の根本理念であるとして、
    その憲法草案の第一条を「日本帝国は万世一系の天皇の知らす
    所なり」と定めた。[b]

■7.日本の伝統と西洋近代思想の接ぎ木■

     一方、伊藤はシュタインから、行政権力が上から社会改革に
    乗り出し、国民の福祉を増進させるべき、という学問を学んだ。
    彼の学問は福祉国家思想の先駆といわれ、フランス革命以来活
    発化していた階級分化・対立の問題に対応すべく、自由民権派
    が依拠していたルソーやミルの思想を時代遅れにしてしまう先
    進的なものだった。そして、同時にこの学問は、井上が日本古
    来からの伝統に発見した「知らす」の理念と共鳴しあうものだ
    った。

     伊藤は帰国後、井上毅、さらにハーバード大学で歴史法学を
    学んだ金子堅太郎らと共に、憲法の起草作業を進めた。このメ
    ンバーを見ても、欧米最先端の学問を学んだ日本最高の頭脳が
    明治憲法起草に結集されていたことが分かる。
    
     井上毅の草案第一条は「大日本帝国は万世一系の天皇之を統
    治す」と改めらた。今日ではこれを天皇の絶対的専制政治を表
    すかのように誤解されているが、それは正しくない。天皇はあ
    くまで「国民の安寧の実現を目的とする」という国家統治理念
    の体現者であり、その理念を国務大臣や議会が行政や立法を通
    じて実現を図る、というシステムが考えられたのである。
    統治理念は日本の伝統に根ざしたものであり、その実現手段と
    して立憲君主制という西欧近代思想が接ぎ木されたものであっ
    た。
    
■8.天皇は専制権力を持たなかった■

     たとえば、憲法第5条の「天皇は帝国議会の協賛を以て立法
    権を行う」、第6条の「天皇は法律を裁可し其の公布及び執行
    を命ず」は、議会が議決した法案は、天皇の裁可によって公
    布・執行に移されるが、天皇が議会の同意なく勝手に法律を公
    布する事も、さらに議会が議決した法律を裁可しないことすら、
    憲法違反であると考えられていた。
    
     行政面でも、第55条(1)「国務各大臣は天皇を補弼して其
    の責に任ず」とあるが、そのすぐ後に(2)「凡(すべ)て法律
    勅令其の他国務に関る詔勅は国務大臣の副書を要す」と続く。
    国務大臣の同意ないままに、天皇が勅令を発することはできな
    いのである。
    
     天皇はあくまで「国民の安寧を追求する」という国家理念の
    体現者であり、天皇が独裁的に立法や行政を行って、失政の責
    任を追求されるという事態は注意深く避けるように政治システ
    ムが作られた。第3条の「天皇は神聖にして犯すべからず」と
    は、天皇は神聖な理念の体現者として、現実の政治には関わら
    ないので、政治的責任は追及できない、という事である。
    
     たとえば明治天皇は日清戦争に賛成されず、開戦時には「閣
    臣らの戦争にして、朕の戦争にあらず」と言われた[2,p332]。
    開戦という国家最重要事ですら、内閣独自の意思決定によって
    行われたのである。明治憲法は天皇主権で、天皇が絶対的な専
    制権力を持っていたかのような言説があるが、それが誤りであ
    ることは、この事実だけで明らかであろう。

■9.明治憲法がもたらした立憲政治の定着・発展■

     明治22(1889)年に発布された明治憲法によって、昭和5(1
    930)年、浜口雄幸内閣の時までは立憲議会政治は順調に定着・
    発展してきた。大正デモクラシーと呼ばれる時代には、政党政
    治が実現し、英米との協調的海軍軍縮とともに、陸軍4個師団
    削減まで文民内閣の手で行われた。さらに浜口雄幸首相は政党
    政治家出身の文民ながらも、陸海軍両大臣代行まで努め、軍の
    文民統制まであと一歩の所までたどり着いたのである。[c]
    
     その後、軍が統帥権理論を持ち出して、内閣がコントロール
    できなくなる時代となるが、この問題については稿を改めたい。
    ただ、明治憲法が軍国主義を生んだというような意見に関して
    は、昭和20(1945)年までの明治憲法の56年の歴史の中で、
    最初の41年間は立憲議会政治が定着・発展を続けた、という
    事実を指摘しおけば良いだろう。41年も立派に機能したもの
    が、その後の環境激変に対応できなかったからと言って、そこ
    まで憲法に欠陥があったと批判するのは非論理的であろう。
    
     問題があったとすれば、その憲法を時代の変遷と歴史の積重
    ねに合わせて、成長・発展させることができなかった後輩たち
    の責任である。この点では、現行憲法も半世紀以上も改正され
    ておらず、我々も偉そうな事は言えない。
    
     明治憲法は明治の先人たちが我が国の伝統と西洋近代の政治
    理論を融合させ、それによってアジア最初の近代的立憲政治を
    見事に成功させた智恵の結晶であった。欧米の識者が「和魂洋
    才」の憲法として高い評価を与えたのは故ないことではなかっ
    たのである。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(188) 人権思想のお国ぶり
b. JOG(213) 民主主義・再考
c. JOG(237) 浜口雄幸〜改革の獅子

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 八木秀次、「明治憲法の思想」、★★★、PHP新書、H14
2. 岡崎久彦、「陸奥宗光 下」、★★★、PHP文庫、H2
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「大日本帝国憲法」について 小林さん(小学校教員)より

     憲法の草案にかかわるドラマには感銘を受けました。トルコ
    の失敗を教訓とし,和魂洋才の憲法を創り上げた先人の努力に
    敬服せざるを得ません。また,古事記に記されていた「知ら
    す」という統治理念。日本ならではのものと拝察いたします。
    この理念を憲法草案の第一条に記したという事実を今まで 認
    識していませんでした。

     小学6年の社会科教科書には,この部分が次のように記載さ
    れています。

         一方,政府は,伊藤博文を中心に,皇帝の力の強いドイ
        ツの憲法を参考にして,憲法草案をつくりました。この草
        案は国民に公開されないまま,1889(明治22年),明治天
        皇が国民にあたえるというかたちで大日本帝国憲法として
        発布されました。

     日本,明治政府が国際的にどれだけ追い込まれていたかの記
    述は教科書の他の部分にも見あたりません。草案にかかわるド
    ラマもなく,国民に押しつけた憲法という印象を与えるのみの
    記述です。

     当時の国際情勢や伊藤博文,井上毅の気概,日本古来の統治
    理念である「知らす」,天皇に専制権力がなかった事実,そし
    て明治憲法が日本の立憲政治の定着・発展に寄与したことを子
    供たちに伝えます。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     明治憲法の真の歴史を知る所から、国民の間で自分たち自身
    の憲法を作り、育てていくという気概が生まれれば、と思いま
    す。
============================================================

© 平成14年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.