[トップページ][平成14年一覧][国柄探訪][114 武士道][210.4 中世]

________Japan On the Globe(264)  国際派日本人養成講座_______
          _/_/   
          _/     国柄探訪: 楠木正成 〜 花は桜木、人は武士
       _/_/      
_/ _/_/_/         その純粋な生き様は、武士の理想像として、
_/ _/_/          長く日本人の心に生きつづけた。
_______H14.10.27_____40,109 Copies_____609,938 Views________

■1.正成一人いまだ生きて有りと聞こしめされ候はば■

         鎌倉武士の近ごろの悪逆非道ぶりは、すでに天道のとが
        めを受けるほどでございます。その衰え乱れ、弱りはてた
        のに乗じてこれに天誅を加えるのに、何の困難がございま
        しょう。ただ天下統一の業が成功するには、武略と智謀と
        のふたつが必要です。・・・
        
         勝敗は合戦のつねでございますから、一時の勝負を必ず
        しもお気にかけられるには及びません。この正成(まさし
        げ)ひとりがまだ生きているとお聞きくださいましたら、
        帝の御運は必ず最後には開けるものとお考え下さい。[1]
        
     元弘元(1331)年8月27日、再度の倒幕計画が漏れ、後醍醐
    帝は奈良北東山中の笠置寺に逃れられた。そこで夢の中に大き
    な常磐木の南に伸びた枝が勢いよく張って、玉座を守っている
    という夢を見られた。木に南と書けば、「楠」となる。「この
    あたりに楠と称する武士はおらぬか」とお尋ねになって、早速
    召し出されたのが、河内の国金剛山の西麓に領地を持つ楠木正
    成であった。
    
     すぐに参上した正成が、天下統一のための策略について問わ
    れ、申し上げたのが冒頭の答えであった。最後の一節のみ太平
    記の原文で味わっておこう。
    
         正成一人(いちにん)いまだ生きて有りと聞こしめされ
        候はば、聖運つひに開かるべしと、おぼしめ候らへ。
        
     地方の一豪族からの天下の鎌倉幕府への大胆不敵な宣戦布告
    と言えよう。それから2年後の元弘3(1333)年5月の鎌倉幕府
    滅亡を経て、5年後の延元元(1336)年5月の湊川での自刃まで、
    正成のこの言葉通りの獅子奮迅の戦いぶりは、武士の理想像と
    して、その後の日本人の心に長く生き続けた。

■2.赤坂城の戦い■

     笠置寺は幕府の京都数万の大軍に攻められ、後醍醐帝は幕府
    に捕らえられてしまった。正成は河内の領内に聳える赤坂山に
    城を構えて5百の兵とともに立て籠もって旗揚げしていたが、
    関東からはるばるやって来た数万の軍勢が残る赤坂城に迫った。
    
     急拵えの赤坂城は堀も満足になく、わずか1,2町(1〜2
    百m)四方にやぐらを2〜30ほど建てただけの粗末なものだ
    った。寄せ手は、せめて一日たりとも持ちこたえてくれれば、
    恩賞に預かれるものを、と願った。
    
     寄せ手の侍千人ほどが崖をよじ登り、塀にとりついて乗り越
    えようとした所、塀が倒されて崖下に転げ落ち、さらに上から
    大木大石を投げられて、7百余人が討たれてしまった。塀は二
    重になっていて、外側は見せかけだったのである。
    
     翌日は用心して残る塀に熊手を投げかけて破ろうとした所、
    上から長いひしゃくで熱湯をかけられ、2、3百人が負傷した。
    寄せ手は攻めあぐんで、兵糧攻めに切り替えた。包囲が20日
    も過ぎると、正成は城内に大きな穴を掘り、先の戦いで塀の中
    で倒れた2、30の死体を中に入れて、10月21日の風雨の
    夜に城に火を放って、脱出した。
    
     「城が落ちたぞ」と勝ちどきを上げて、城内になだれこんだ
    寄せ手は「なんと哀れなことだ。正成はとうとう自害して果て
    た。敵ながら弓矢とる武士として立派に死んだものだ」と褒め
    称えた。

■3.正成、再起■

     こうして死んだと思われていた正成が突如、姿を現したのは、
    それから1年以上も経った元弘2年12月であった。すでに後
    醍醐天皇は隠岐に流され、側近たちの多くも死罪流罪に処せら
    れていた。
    
     そこに突如現れた正成は近隣の幕府方地頭を襲い、降伏した
    武士たちを自軍に従えた。さらに年が改まると、紀伊や河内和
    泉の幕府方所領を襲って、降伏するものはすべて麾下につけ、
    たちまちに2、3千騎の勢力に膨れあがった。正月19日には
    難波にまで進出して、幕府方5千の軍勢をさんざんに破った。
    
     正成は謀略の面でも優れた才能を発揮した。近畿の交通の要
    所にはそれぞれ数名単位の山法師姿の部下を送り、聖徳太子の
    「未来記」には、「後醍醐帝が戻られて幕府が滅びる」と予言
    されている、と触れ回らせて、人心を動揺させた。
    
■4.天嶮・千剣破城■

     正成の再起に、鎌倉方は動揺した。ほっておけば、幕府に不
    満を持つあちこちの輩が蜂起して、手に負えなくなるであろう。
    そうなる前に正成を討たなければならない。幕府は5万の大軍
    団を正成討伐のために送り込んだ。
    
     正成はかねて準備していた千剣破(ちはや)城に立て籠もる。
    赤坂城からさらに10キロもの山奥にある金剛山の支峰であっ
    て、四方を50mから100mの深い断崖に囲まれた険阻な孤
    峰であった。周囲4キロばかりの頂上に、本丸、二の丸、三の
    丸、四の丸と階段状に何重もの砦が築かれていた。
    
     食糧は十分貯え、空き地には野菜を作ってある。水は自然の
    湧水以外にも、大木をくりぬいた水槽を2、3百も作って、陣
    屋の雨樋から雨水を貯めこむ。籠城が何百日続こうと、水と食
    糧に関しては困らない用意が出来ていた。

■5.千剣破城の攻防■

     このような奥まった所に、5万もの大軍が津波のように押し
    寄せ、周囲4キロにも足りぬ孤峰をぐるりと取り囲んで、千剣
    破谷を埋め尽くした。先手の一群が、まるで蟻の大群が砂山を
    登るように、びっしりと崖一面を埋め尽くして這い登り始めた。
    しかし城中からは何の防戦もしてこない。やぐらに翻る楠木の
    菊水の紋がはっきり見える所まで近づいて、「よし、一番乗り
    じゃ」と言った所で、大岩数十個が土煙を上げて転がり落ちて
    きた。
    
     わざと各所に登りやすそうな道筋を拵え、そこに大岩を貯め
    ておいたのだから、たまらない。圧死し、あるいは負傷した者
    の数は6千人にも上ったという。寄せ手は警戒して、兵糧戦に
    出た。城内から必ず水を汲みに降りてくるだろうと、名越(な
    ごや)越前守が手勢3千人で近くの谷川に陣を張って待ちかま
    えたが、一向その気配がない。3日経って気も緩んで寝込んで
    いる所を、早朝の濃霧に紛れて、正成の手勢が急襲した。
    
     たちまち数百人の死傷者が出て、他のものは命からがら逃げ
    延びた。その後、城中のやぐらに名越の紋所を染めた旗が立っ
    て、「やよ、寄せ手の方々、これこそ名越殿より頂戴つかまつ
    った旗でござる。名越家の方々、これへおいで候うて、お持ち
    帰り願いたい」と大音声で呼びかけて来た。
    
     名越越前守は「たとえ一族全滅するともこの恥辱をそそがぬ
    わけには参るまい」と、大将以下5千人がまたもや断崖を上り
    始めた。そこに今度は直径3尺(1m)もありそうな大木が何
    十本となく降ってきて、4、5百人が押しつぶされ、浮き足だ
    ったところを上から矢が降り注いで、大半が討ち取られてしま
    った。

■6.兵糧攻め、梯子攻め■

     寄せ手は再び兵糧攻めの戦術に戻った。しかしいまだ4万も
    の大軍である。持参した米俵が次第に乏しくなってきて、河内
    の国のあちこちで現地調達をしようとしたが、売ってくれる者
    がいない。すでに正成によって買い占められていたのである。
    
     やむなく、隣国の大和の国で糧食を調達して、千剣破まで運
    ぼうとすると、正成のあやつる山伏などに襲われる始末。かえ
    って包囲している幕府方の方が、兵糧不足で苦しめられること
    となった。
    
     そこへ鎌倉の執権から急使が来て、「怠けておらず早々に城
    を攻め落とせ」という叱責の声が伝えられた。単なる力攻めで
    は犠牲を重ねるだけだ、何か良い戦術はないか、と軍(いく
    さ)評定をしていると、中国の戦史に出てくる雲梯(うんてい、
    雲のかけはし)を作って、直接山上に突入しようという案が出
    た。移動式の巨大な梯子(はしご)なら、どこに架けるか分か
    らないので、敵も大石や大木を準備する時間がないはずである。
    
     早速、京から5百人ばかりの工匠を呼び寄せ、幅1丈5尺
    (4.5m)、長さ20丈余(60m)もの大梯子を作らせた。そ
    れを何十本という太綱で吊り上げ、木車を使って、絶壁にかけ
    る。「それっ」と寄せ手が一気に駆け上がろうとした所を、城
    内から大きな水鉄砲で油を浴びせかけた。滑って転落するもの
    が続出した。そこに城内から火矢が浴びせかけられて、雲梯は
    たちまち燃え上がって、寄せ手の勇士たちを炎で包んでしまっ
    た。

■7.各地で宮方の旗揚げ相継ぐ■

     しかし、こうしていくら堅固な城に立て籠もっていても、い
    ずれは大石・大木も無くなり、矢種も尽き、食糧も食べ尽くし
    てしまう。籠城戦には時間を稼ぐことで達成される戦略目的が
    なければならない。
    
     正成は千剣破城で、じっと待っているものがあった。これだ
    けの幕府の大軍が、千剣破城に集結している事で、日本の各地
    の防御は手薄になる。そこを狙って、後醍醐天皇に心を寄せる
    もの、幕府に恨みを持つものが立ち上がるに違いない、という
    のが、正成の籠城戦に出た読みであった。
    
     幕府方の大軍が攻め寄せたのが2月22日だったが、その翌
    日、山陰地方の交通交易を握って隠然たる勢力を持つ名和一族
    が後醍醐帝を密かに隠岐の島から救出して、船上山に設けた行
    在所(あんざいしょ)にお迎えしたという急報が届いていた。
    
     雲梯が燃え上がった数日後には、帝をいただいた東征軍が京
    への進軍を開始したという知らせが届いた。また播磨の国で宮
    方の命を受けた赤松則村の軍勢は、幕府軍を打ち破って、京都
    に迫った。四国では伊予の豪族・土居道増、得能通綱が兵を挙
    げて、瀬戸内海の航路を押さえた。こうして西国での宮方の旗
    揚げが続くと、千剣破城を包囲していた幕府軍にも動揺が広が
    った。

■8.鎌倉幕府滅亡■

     この中で宮方の勝利に決定的な働きをしたのが、足利高氏で
    あった。足利氏は代々、将軍家・北条氏と婚を通じ、幕府にお
    ける最高の一族として遇せられていたが、源頼朝の系統が絶え
    て後はほとんど唯一の源氏の嫡流であり、代々天下を取ること
    の宿願としていた。

     赤松の軍が京都に迫って、高氏は京の防衛を命ぜられたが、
    後醍醐天皇に使いを派遣して帰順を近い、密書を各地の豪族に
    送って協力を求めた。そして赤松と連携して、京都六波羅の幕
    府の館を襲って、討ち滅ぼした。

     六波羅陥落の報が届くと、千剣破城を包囲していた幕府軍は
    退却し、正成の軍はここに百日以上に及ぶ籠城から解放されて、
    今度は意気盛んに追撃戦に入った。

     さらに関東では、これまた源氏の一族、新田義貞が兵を挙げ
    て、鎌倉を襲った。これにより、鎌倉幕府150年、北条氏9
    代の権勢は滅び去った。

■9.正成の一途さ■

     わずか千人程度の手勢で、幕府数万の大群を千剣破の山奥に
    おびき寄せ、百日余にわたる籠城を成功させた正成は、まさに
    天才的な武将と言うべきであろう。

     しかし、それよりも顕著なのは、時代の趨勢を見通す政治的
    見識であった。北条氏が元寇の際に示した無私な為政者として
    の姿勢を失い[a]、尊大にして富貴に驕(おご)り、その政治
    は腐敗して公正を失っていた。天下の人心は鎌倉幕府から離反
    して、政治の刷新を期待していた。正成はこの情勢を正確に見
    通していた。笠置寺に逃れられた後醍醐帝の召命に即座に応じ、
    帝が隠岐に流されて、倒幕の見込みもまったく失せたと思われ
    た時にただ一人反抗の狼煙を上げたのも、この正確な情勢判断
    があったからであった。

     しかし、正成がその後の日本人の心に長く生き続けたのは、
    その軍事的才能と政治的見識もさることながら、自らの名誉も
    富も顧みることなく、後醍醐帝に仕えた一途さにあった。
    
        埋もるゝ身をばなげかずなべて世のくもるぞつらき今朝の
        初霜
        
     とは、後醍醐帝が隠岐に流された時の御歌であろう。遠島に
    埋もれる御身よりも、世の曇りがつらいと、ひたすらに民を思
    う後醍醐帝の大御心に仕えまつることこそ、乱れた世を直し、
    民の安寧を実現する道と正成は信じたのであろう。

■10.七生報国■

     後に、高氏が後醍醐帝に背き、九州に落ちた時、正成は高氏
    との和解を勧めた。源氏の頭領として、やがて高氏が権力を握
    るだろうとの、これまた正確な情勢判断だった。この献策が入
    れられず、京都に迫る高氏の軍を、正成は兵庫・湊川にて迎え
    撃つ。それは死を覚悟した戦いだった。
    
     もし正成が名利を思ったら、この時に高氏について、室町幕
    府の大豪族として、栄華富貴は思うがままであったろう。しか
    し、正成の誠忠はそれを許さなかった。数万の高氏の軍と6時
    間余に渡る激戦を続けた後、正成は弟・正季と差し違えて自刃
    する。二人がからからと笑いながら交わした最後の会話は、次
    のような内容だった。
    
         七生までただ同じ人間に生まれて、朝敵(朝廷に敵対す
        るもの)を滅ぼさばや(滅ぼしたい)とこそ存じ候らへ
    
     この七生報国の精神は、太平記に語り継がれ、遙か後代の吉
    田松陰や坂本龍馬など幕末志士、そしてさらには特攻隊員に受
    け継がれていく。正成の国を思うまごころは幾たびも日本人の
    心の中に生まれ変わってきたのである。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(207) 元寇 〜鎌倉武士たちの「一所懸命」
    蒙古の大軍から国土を守ったのは、子々孫々のためには命を 
   惜しまない鎌倉武士たちだった。 
b. JOG(167) 国柄探訪: 三島由紀夫と七生報国
    自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自決をするという三島の「狂気」 
   は緻密に計画され、周到に実行された。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 山崎正和訳、「太平記 上下」★★、河出書房新社、S63
2. 「太平記」全5巻、新潮日本古典集成、S63
 (なお、小説版としては以下の2つをお勧めする)
3. 吉川英治、「私本太平記」全8巻★★★、吉川英治歴史時代文庫、
   講談社、H2
4. 山岡荘八、「新太平記」全5巻★★★、山岡荘八歴史文庫、
   講談社、S61
5. 植村清二、「楠木正成」★★、中公文庫、H1
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「楠木正成 〜 花は桜木、人は武士」について

     今回のお話を読んで、真っ先に思い出したのが、以前この講
    座で読んだ栗林中将の話でした。それにしても、私など生まれ
    てから平和な時代に育ったのでこのような状況は想像もつきま
    せん。死の恐怖をどうやって克服したのかとか、自分が同じ立
    場に立ったら小便ちびるだろうなと思いますね。
    
     確か以前谷沢永一さんが本で書かれてましたが戦後なぜ誰も
    責任をとろうとしない、勇気のない社会になったのかその原因
    をこう分析されてました。

     BC級戦犯として処刑された人の中には、自分は無実だがこ
    こで私が逃げると他の人に迷惑がかかるからと言って、処刑さ
    れた人が沢山いるそうです。このような勇者を尊敬せず、唯の
    要領の悪い人間として切り捨ててきたつけが今の無責任社会と
    なっているのではないだろうか?

     楠木正成が最近あまり話題にならないのも、上記のような事
    が原因なのだろうかと考えてしまいますね。
                                        (匿名希望さんより)
■ 編集長・伊勢雅臣より

     過去の歴史を断罪しようとするあまり、過去の偉人たちの生
    き様まで否定したことが、今日の道徳崩壊につながっているの
    でしょう。歴史と道徳はつながっています。

■「楠木正成 〜 花は桜木、人は武士」について 

     前回の大楠公・楠木正成、正行の話は母がよくしていました。
    青葉しげれる桜井の里のわたりの夕まぐれーー子供の頃よく歌
    ったものです。日本人の魂が歌われていると思います。日本弱
    体化政策ーー忠臣蔵も楠公さんも曽我兄弟も話されなくなって
    久しいですね。本年神戸ーー湊川神社、盛大まつりが行われま
    した。
    
     伝統が復活される事はうれしいです(商業主義はこまります
    が)。拉致被害者をささえる故里のみなさんに日本の古き良き
    時代を再現してくださり、私達までこころやすらぎます。あの
    ような日本をとりもだしたいです。
    
     自衛隊での体験搭乗・体験乗艦の体験記をホームページに掲
    指しました。
    http://homepage3.nifty.com/47576-inaka/
                                              美智子さんより

■ 編集長・伊勢雅臣より

     私も、拉致被害者の故郷での様子を伝えるニュースに、心安
    らぐ日本の故郷を思い出しました。

© 平成14年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.