[トップページ][平成14年一覧][Media Watch][070.14 朝日新聞の病理][221 北朝鮮]

________Japan On the Globe(273)  国際派日本人養成講座_______
          _/_/   
          _/     Media Watch: 社説読み比べ 〜 対北朝鮮外交
       _/_/      
_/ _/_/_/         北朝鮮の核、拉致、ミサイルに関する朝日新聞
_/ _/_/          と読売新聞の社説を読み比べてみれば。
_______H14.12.29_____39,760 Copies_____673,468 Views________

■1.恐喝、ふたたび■

         核開発の疑惑を持たれている朝鮮民主主義人民共和国
        (北朝鮮)が、国際原子力機関(IAEA)からの即時脱
        退を宣言し、あらゆる査察を受けないとの声明を発表した。
        これで核疑惑はいっそう深まり、朝鮮半島の緊張は高まら
        ざるをえない。まことに憂慮すべき事態の悪化である。
        [1]

     今から8年前、平成6(1994)年6月15日の朝日新聞の社説
    であるが、核施設を再稼働すると脅している現在の状況と見ま
    がばかりの内容である。

     当時の事の発端は、北朝鮮は「燃料棒交換」という核開発に
    つながる行為を、IAEAの制止を聞かずに強行していた事だ
    った。金日成はそれを材料にして、「米国との対話により、国
    交正常化を含む一括解決が実現し、軽水炉への転換の支援が得
    られれば、現在の原子力開発計画を凍結する用意がある。」と
    要求したのである。
    
     教室にナイフを持ち込んだ不良生徒が、クラスの皆から小遣
    いを分けてくれるなら、ナイフは持ち込まない、と恐喝してい
    るようなものである。

■2.朝日: 北朝鮮の真意をよく確かめ、、、■

    「まことに憂慮すべき事態の悪化」にどう対応すべきなのか。
    朝日の社説はこう主張している。
    
         北朝鮮の真意をよく確かめ、その発するシグナルを敏感
        に捕らえる必要がある。ちょうどカーター米元大統領が訪
        朝する。日本も社会党に続き自民党議員が平壌へ行く。真
        意を探る良い機会だ。
        
         北朝鮮が最終的に米国との交渉による解決を切望してい
        る以上、米国は北朝鮮との対話のパイプを閉ざすべきでは
        ない。[1]
        
    「不良生徒を皆で追いつめてはならない、何を望んでいるのか、
    良く話を聞いてやれ」と言っているようなものである。まさに
    人権派の主張とそっくりではないか。
    
     朝日の期待どおり、米国クリントン政権は宥和政策を決定し、
    原子炉関連施設の凍結、将来の解体と引き替えに、核兵器への
    転用が難しい軽水炉建設の援助、その完成までの毎年50万ト
    ンの重油供与を約束した。この結果はどうだったか。
    
■3.読売: 冷静に、かつ毅然と対処を■

     本年10月4日、核開発が続いているという証拠を米国が突
    きつけると、北朝鮮はそれを認めたため、米国は重油供給を停
    止。北朝鮮はこれを非難して、核開発の凍結解除を宣言した。
    自ら約束を破ってナイフを隠して持ち込んだのを見つかって、
    小遣い供給をストップされたあげく、約束違反だから今後おお
    ぴらにナイフを持ち歩くぞと脅かすという、まことに身勝手な
    理屈である。

     結局、ナイフをちらつかせて小遣いをせびろうという無法な
    要求を聞いてしまったがために、不良少年がそれに味をしめて
    また同じ恐喝を始めたのである。

     最初の恐喝の際に、読売新聞の社説はこう述べていた。
    
         北朝鮮が望むように米朝協議が再開されれば、緊張は一
        時緩和されるだろうが、北朝鮮の勝手な行動を認めること
        になりかねない。何よりも、米朝協議再開へまとまる話も
        壊してしまったのは、燃料棒交換という北朝鮮自身の横紙
        破りだった。・・・
        
         北朝鮮が誠意を行動で示してこそ、米朝協議への展望も
        開け、米朝関係改善の話もできるだろう。順序を間違えて
        はならない。利害得失の計算をしなおすべきだ。十五日に
        はカーター元米大統領も訪朝し、金日成主席と会談する予
        定だ。主席が正確な状況認識を持つよい機会である。
        
         国際社会は冷静に、かつ毅然と対処しなければならない。
        あらゆるパイプを通じて説得努力を続けるとともに、段階
        的制裁によって、北朝鮮に態度変更を促す以外にないだろ
        う。いかなる事態にも備えるべきは言うまでもない。[2]
        
     読売の主張するように、国際社会が毅然として、不法な恐喝
    には屈しないという姿勢を貫いていたら、今日のような再度の
    恐喝には至らなかっただろう。

■4.朝日: 援助をしつつ、拉致疑惑解明を■

        「日本側が求めている人物は、わが国領土内には存在せず、
        過去に入国もしくは一時滞在したこともない」
        
         朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作員に拉致され
        た疑いがある、と日本の捜査当局が認定した日本人男女十
        名の行方について、北朝鮮側の調査結果が伝えられた。疑
        惑の全面否定である。
        
         行方不明者の身を思う家族はむろんのこと、この回答を
        そのまま受け入れることができる人はいないのではないか。
        [3] 
    
     朝日の平成10(1998)年6月7日付け社説は、もっともな疑
    問から始まっている。しかし、そこからまたもや急旋回して、
    次のように結ぶ。
    
         行方不明となっている人々の家族の間には、日朝間の国
        交正常化交渉や北朝鮮の支援に賛成できないという声があ
        る。肉親の情としては当然かもしれない。
        
         しかし、朝鮮半島の緊張をやわらげるには、構造的な食
        糧、経済危機をかかえる北朝鮮に必要な援助を続けつつ、
        軍事的な暴発を防ぎ、開放を促していくしか道はない。そ
        れがもうひとつの現実である。・・・
        
         拉致疑惑の解明は急がなければならない。朝鮮半島の安
        定は損なってはならない。ふたつの目標は、あれかこれか
        ではない。あれもこれもなのだ。[3]
    
    「あれもこれも」を実現するために、援助以外の具体策は何も
    示していない。経済援助によって北朝鮮を安定させつつ、日本
    側がねばり強く拉致疑惑の解明を働きかければ、相手もいつか
    は改心してくれると期待しているのだろうか。
    
■5.読売:誠意ある取り組みなければ、、、■

     読売の主張はまたもや正反対である。
    
        ・・・日本として重要なことは、二つの問題(拉致疑惑と
        日本人妻の帰国)について、誠意ある取り組みがなければ、
        正常化交渉も、食糧の追加支援も困難だという明確なメッ
        セージを北朝鮮に送り続けることだ。[4]
    
     4年後の今年、ようやく北朝鮮は拉致を認め、被害者のうち
    生存者5名が帰国できた。それは追いつめられた北朝鮮が、日
    本からの援助欲しさに拉致を認めたからである。朝日の言うよ
    うに日本が気前よく経済援助をしていたら、北朝鮮は追いつめ
    られることもなく、国際社会に恥をさらしてまで拉致を認める
    ような事は決してしなかっただろう。
    
     読売の主張が正しかったのである。そして、日本政府がもっ
    と早くもっと明確に、読売の主張に沿った態度をとっていれば、
    北朝鮮は早期に拉致を認め、その結果、生存者はもっと多かっ
    た可能性がある。現実にレバノン政府が拉致された自国民を無
    事取り戻した事実もある。[b]
    
■6.朝日: ミサイルのお返しに10億ドルと食糧支援を■

     この年、平成10年の9月には、北朝鮮は日本列島越しにミ
    サイルの発射実験を行った。周辺空域には7機の民間機が飛行
    中であり、また着弾した三陸沖は有数の漁場である。こんな事
    件に対しては、朝日も強い非難で社説を始めている。
    
         この隣国と、いったいどうやって付き合っていったらい
        いのであろう。・・・
        
        「我々の自主権に属する」「日本がせん越に口出しする性
        格の問題ではない」。北朝鮮当局の声明は、実験をそう論
        評した。日本政府の抗議や衆参両院の決議を無視し、あえ
        て日本人の感情を逆なでするかのような姿勢である。
        
         それどころか、再びミサイルの試射を行うのではないか
        という観測もある。とても容認できることではない。[5]
        
     しかし、一般国民の怒りに理解を示しておいた挙げ句に、一
    転して独自の主張に急旋回する朝日の得意パターンはこんな事
    件でも健在である。社説はこう続く。
    
         同時に考えなければならないのは、1994年の米朝合
        意に基づく軽水炉の提供事業は、北朝鮮の核開発を押しと
        どめるためのものだ、という事実である。日本が10億ド
        ルを分担することが決まっている。その枠組みを壊すこと
        は許されない。北朝鮮のミサイルには、核の搭載も想定さ
        れているだろう。核開発に向かう口実を与えては、元も子
        もない。
        
         また、構造的な食糧危機にあえぐ北朝鮮への支援をいつ
        までも止めておくこともできないだろう。支援をやめ、対
        話を閉ざすことが、かえって軍事的に危険な行動に誘うか
        もしれないからだ。[5]
        
     ミサイルのお返しに10億ドルと食糧支援を、というのが、
    朝日の結論である。

■7.読売: 北の暴挙に毅然と対応せよ■

     読売は、「北の暴挙に毅然と対応せよ」というタイトルで、
    こう主張している。
    
         政府は発射を事前に察知し、外交ルートを通じ中止を求
        めていたという。にもかかわらず、これを無視してミサイ
        ルを発射した挑戦的な行動に改めて強い怒りを覚える。北
        朝鮮に説明と謝罪を求めたい。
        
         ・・・アジアや中東地域への輸出など拡散も懸念されて
        いる。核開発疑惑と合わせ、周辺地域はもちろん世界の平
        和と安定にとって重大な脅威である。日本をはじめ国際社
        会は、毅然とした対応をしなければならない。
        
         政府は北朝鮮への対処方針として、国交正常化や食糧支
        援を当分見合わせることなどを決めた。当然の措置である。
        ・・・
        
         もちろん、「国際的な問題児」が暴発的な行動に出るこ
        とは防止しなければならない。周辺各国にとって今後とも
        大事なことは、「北」を反省させたうえで国際社会の一員
        として軟着陸させることだ。[6]
        
     その後、日本などの強い反発で、北朝鮮はミサイル発射実験
    こそ凍結したものの、読売の懸念どおり、開発は着々と進め、
    今日では有数のミサイル輸出国になっている。朝日の言うよう
    に食糧支援までしてやっていたら、北朝鮮は思うままに開発を
    進め、命中精度をさらに向上させて、日本の安全は一段と脅か
    されていたであろう。

■8.北朝鮮に匹敵する朝日の「剛直・一徹」■

     核開発、拉致、ミサイル実験と、わが国の安全を脅かした北
    朝鮮の3つの行動をテーマに、朝日と読売の社説を読み比べて
    みた。
    
     読売の論説委員会では「30年後の批判に耐える社説を」を
    合い言葉にしているそうだが、その主張は現時点から見てもそ
    のまま首肯しうる内容である。「30年後の批判」を意識して
    いれば、常に過去の主張の妥当性を事実に照らして検証しよう
    という謙虚さにつながる。その謙虚さがあれば、一時的な間違
    いはあっても、長い間には、事実に基づいた知恵と経験が蓄積
    され、その質は上がっていくだろう。

     逆に朝日新聞の主張は、いずれもわずか数年で馬脚を現して
    いる。核開発については、朝日の望んだクリントン政権の宥和
    政策が失敗したことは明白となった。拉致については、朝日の
    主張するとおり食料援助を続けていたら、北朝鮮は今でも拉致
    を認めず、一人も帰国できなかったろう。ミサイル開発と輸出
    もさらに大規模になっていただろう。
    
     驚くべきは、今日に至っても、朝日はその基本的な主張を変
    えていない事だ。
    
         苦境の北朝鮮が徐々に国内改革と対外開放へ向かおうと
        している兆しはあった。それを促すのだ。そうすれば、時
        間はかかっても体制の転換へと結びついていく。

         経済援助もからむ国交交渉を、そのためにこそ利用すべ
        きではないか。加えて北朝鮮に核開発の放棄を求めるテコ
        ともしなければならない。・・・
        
         拉致への日本国民の怒りは、北朝鮮にとっては大きな誤
        算だったろう。日本政府にとっても予想を超えるものだっ
        た。世論が外交を突き動かす。それは必ずしも悪いことで
        はない。しかし、感情的な世論にあおられて冷徹な国際感
        覚を失うなら、外交は失敗する。それを歴史が繰り返し証
        明している。[7]

     自らの主張に沿わない国民の怒りを「感情的な世論」と切り
    捨てる剛直さは見上げたものである。そして、その主張が誤り
    であったことを「歴史が繰り返し証明している」事にも決して
    目を向けない一徹ぶりは例を見ない。
    
     その剛直さ、一徹さは、国際社会の非難を馬耳東風に聞き流
    しつつ、身勝手な横紙破りを続ける北朝鮮の外交姿勢といい勝
    負である。
    
     ひょっとして両者は同じ根っこから生まれた「同志」なのだ
    ろうか。こう思いついた途端、「なるほど、同志だとすれば、
    朝日が常に北朝鮮に優しい暖かいまなざしを向け続けている理
    由が、見事に説明できる」などという妄想がふと浮かんできた。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(137) 金正日の共犯者
    核武装に突っ走る北朝鮮・金正日政権を育てた責任はアメリカ
   と日本にある
b. JOG(031) 北朝鮮に拉致された日本人少女
    平和も愛さず、公正も信頼も持たないテロリスト国家から、
   いかに我々は「基本的人権」や「国民主権」を守るのだろうか?
c. JOG(259) どうする?日朝交渉
    拉致犠牲者8人死亡。それで も国交正常化交渉を進めるべき
   なのか? それとも、、、
d. JOG(052) 今、そこにある危機
    北朝鮮ミサイル報道の比較

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 朝日新聞、「北朝鮮は何を考えているのか」、H6.06.15
2. 読売新聞、「北朝鮮は何を考えているのか」、H6.06.15
3. 朝日新聞、「北朝鮮の姿勢を憂える」、H10.06.07
4. 読売新聞、「誠意が欠落する北朝鮮の姿勢」、H10.06.12
5. 朝日新聞、「国際協調による関与こそ」、H10.09.05
6. 読売新聞、「『北』の暴挙に毅然として対応せよ」、H10.09.03
   以上は、読売新聞社論説委員会編、「読売 vs 朝日 社説対決 
   北朝鮮問題」★★、中公新書ラクレ、H14 より再引
7. 朝日新聞、「体制転換を望めばこそ 北朝鮮と国交交渉」、
   H14.12.08

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「社説読み比べ」について               なおみさんより

     日本社会はその歴史的経過から本質的に村社会なのでしょう
    か? 政治の世界でも、選挙に際しては本音を言えば落選する
    とも言われ、なかなか正しい国策が打ち出されません。それが
    故に戦前の朝日新聞の態度は軍部に迎合した大本営発表となり、
    戦後はGHQに迎合して戦前の日本攻撃、贖罪思想の普及に加
    担したのでしょう。

     これは一朝日新聞だけの問題ではなく、要は、少なくともわ
    が国を代表するマスメディアは国益を前提にした国民の意思統
    一の基本を醸成していく事が大切であると言う事です。新聞の
    社説を書き、外に向かって発表する執筆者に思想的偏向があっ
    てはならないのです。どうか、今後のわが国の進む方向を誤ら
    せない為にも、その責任ある立場をよく理解されん事を願うば
    かりです。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     こういう意味でも、新聞が社説どうしで論争をするのは良い
    と思います。

© 平成14年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.