[トップページ][平成15年一覧][地球史探訪][210.69 世界の中の大日本帝国][232 イギリス][392 国防史

■■ Japan On the Globe(315)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

        地球史探訪: 日本帝国海軍、地中海に奮戦す

             第一次大戦、同盟国イギリスの要請に応え、日本の
            駆逐艦隊は地中海でドイツ軍潜水艇と戦った。
■■■■■ H15.01.19 ■■ 38,818 Copies ■■ 965,457 Views■

■1.海軍創設以来の壮挙■

     大正6(1917)年2月18日午後1時、片岡覚太郎・中主計
    (後の主計中尉、以下、片岡中尉と略す)の乗った駆逐艦
    「松」は3隻の僚艦とともに佐世保港を出発した。港に停泊し
    ている艦船では、乗員が艦上に整列し、帽子を振って見送って
    いる。出港する4艦の乗組員もこれに答礼する。
    
     駆逐艦4隻からなる第11駆逐隊は、これからシンガポール
    に行き、南シナ海からインド洋方面を警備している巡洋艦「明
    石と駆逐艦4隻に合流する。そこからインド洋を渡り、スエズ
    運河経由で地中海に進出し、暴れ回るドイツ軍の潜水艇からイ
    ギリス・フランスの輸送船を護衛する任務に就くのである。19
    14年に始まった第一次世界大戦はすでに4年目に入っていたが、
    膠着状態が続く中で、日英同盟に基づくイギリスの支援要請に
    応えるためであった。
    
     これまでもスエズを越して地中海に入った日本の軍艦は多か
    ったが、いずれも新造艦の回航とか国際儀礼を目的としたもの
    で、実戦に向かうのは今回が初めてである。日本帝国海軍創設
    以来の壮挙に向かう艦隊の士気は高かった。
    
         何かというと二口目にはジャップと軽蔑した西洋人の鼻
        先に、ジャップが自分で拵えた艦を持って行って、骨のあ
        るジャップの腕っ節を見せてやる。[1,p29]

■2.地中海マルタ港■

     4月13日、2ヶ月近くの航海の後に、艦隊は地中海のマル
    タ島に入港した。長靴の形をしたイタリア半島のつま先にある
    シシリー島のさらに南部にマルタ島は位置する。ちょうどアフ
    リカ大陸もやや北に張り出して、地中海が最も狭くなる海峡に
    近い。東西方向では地中海の中央に位置し、まさに地中海の制
    海権を握るには絶好の要衝である。英国はこの島を1814年にフ
    ランスから獲得し、それ以来、英国海軍の地中海における一大
    基地としていた。
    
     日本艦隊はここを基地として英国海軍とともに英仏運送船の
    護送にあたる事となった。イギリス、フランス、イタリアの各
    国艦隊は、地中海の制海権を握り、オーストリアとトルコの艦
    隊をそれぞれの母港に封鎖していた。しかし、ドイツの潜水艇
    は厳重な封鎖線を突破して、輸送船を手当たり次第に沈めて、
    暴れ回っていた。そのため輸送船護送と潜水艇攻撃が、海上作
    戦の中心であった。
    
     こうして日本艦隊の8隻の駆逐艦は、護送任務や、襲われた
    輸送船の緊急救助にと、マルタ港にゆっくり停泊している暇も
    ない多忙な日々を送るようになった。
    
■3.「トーピードー(魚雷だ!)」■

     5月3日、片岡中尉の乗る「松」と僚艦「榊」は、フラン
    ス・マルセイユ港からエジプト・アレキサンドリア港に3千の
    陸兵、および大砲・小銃などを運ぶ英国運送船「トランシルヴ
    ァニア」を護送する任務に就いた。
    
     翌4日午前10時20分、イタリア半島沿岸を南下中、トラ
    ンシルヴァニアは突然、左舷に魚雷を受けた。船体中部から爆
    煙があがり、船はやや左舷に傾いて停止した。榊が周囲を警戒
    する間に、松が運送船左舷に横付けし、人員収容にかかる。
    
     トランシルヴァニアの陸兵たちは、ロープや縄ばしごを伝っ
    て、続々と松に移乗する。気の早い兵は運送船の高い甲板から
    飛び降りて、足を折る者が続出した。半数ほどが乗り移った頃、
    「トーピードー(魚雷だ!)」という叫び声。人々の指さす方
    向を見ると、一条の白い航跡を引きながら、敵の魚雷が真一文
    字に疾走してくる。松とトランシルヴァニアを串刺しにしよう
    とするかの如くである。

■4.決死の救出作業■

     松はトランシルヴァニアに横付けしているので、とっさには
    動けない。片岡中尉は命中は避けがたいと観念して目をつぶっ
    た。しかし、しばらくしても何も起こらない。はて、と目を開
    けた途端に、艦首の方で轟然たる爆発音が聞こえた。
    
     魚雷は松の艦首をわずか10メートルほどはずれて、トラン
    シルヴァニアの左舷に命中したのである。折悪しく40人あま
    りを載せた救命ボートを吊り下げている所で、ボートは運悪く
    爆風に吹き飛ばさて、影も形もなくなってしまった。
    
     松はすでに800名余りを収容したので、後進してトランシ
    ルヴァニアから離れ、敵潜水艇攻撃に移った。入れ替わりに榊
    が右舷に横付けして、5分ほどで1千人もの兵員を収容する。
    甲板はたちまち黒山の人だかりで埋め尽くされた。榊は近隣の
    イタリア・サヴォナ港に向かう。松は急遽出動したイタリアの
    駆逐艦2隻とともに、付近に浮かんでいる兵員の救助にあたっ
    た。
    
     敵潜水艇がいつまた魚雷攻撃を仕掛けてくるか分からないが、
    それを恐れていては人命救助はできない。微速でいかだや浮標
    (ブイ)につかまって海面に漂う兵員に近づいては、停止して
    艦内に収容する作業を続けた。やっとの事で引き揚げた兵員た
    ちに、ビスケットや衛生酒を与え、寒さにふるえている者には
    毛布を掛けてやる。毛布が足りなくなると、松の乗員は自分の
    服を脱いで着せてやった。
    
     やがてトランシルヴァニアの巨体は、逆立ちしてから、海面
    に飲み込まれていった。こうして3千2百余名の乗員のうち、
    約3千は救出された。

■5.総出の見送り■

     松と榊は、救助した兵員をサヴォナ港に送り届けた。片岡中
    尉が報告の電報を打とうと上陸して郵便局を探していると、大
    勢の英兵たちが取り巻き、四方から握手を求めて、「スプレン
    ディッド(天晴れ)!」などと賛辞を振りまく。道ですれ違っ
    た汚れた服のままの看護婦の一隊は、敬礼して深い謝意を表す。
    
     翌日夕刻、松と榊はサヴォナ港を出港した。海岸には救助さ
    れた英国の陸兵たちが見送りのために黒山のように集まってい
    る。海岸や山際の家々の二階、三階のベランダはことごとく住
    民たちに満たされ、帽子やハンカチを振り、小さな子供たちま
    で手を振って、松と榊を見送った。
    
     その後、駐英大使館付武官・船越少将から、英国海軍大臣か
    ら次官経由で以下のような謝辞があったとして、電報が寄せら
    れた。
    
         運送船「トランシルヴァニア」遭難の際、松、榊はすこ
        ぶる勇敢に行動し、かつ生存者の大部分は両艦によりて救
        助せられたる由、「サヴォナ」英国総領事の報告に接し、
        英国海軍大臣は、取り敢えず英国海軍および英国海軍省の
        名をもって、右両艦の勇敢なる行為と作業とに、深き謝意
        を表することを貴官に伝達ありたき旨、英国海軍次官より
        申越せり。[1,p133]

■6.榊やられる■

     6月11日、松と榊はエーゲ海のミロス島を出港して、並ん
    で航行していた。榊は左舷横約2百メートルの近距離に、敵潜
    水艇の潜望鏡を見つけ、すぐさま砲撃を開始したが、その寸前
    に敵の放った魚雷が左舷艦橋下に命中・爆発した。艦橋は吹き
    飛び、船体は少し前方に傾いて、煙に包まれたまま停止した。
    
     松は、榊の周囲を不規則に旋回しながら、敵の第二波攻撃を
    警戒した。敵の航跡らしきものを見つけて、爆雷を投ずる。約
    2百メートルの後方で爆発して、太い水柱が噴き上がった。
    
     やがて、英国駆逐艦「リッブル」「ゼッド」、フランスの水
    雷挺が救援に駆けつけた。共に戦う男たちは、国籍など問わず
    に助け合う。松が周囲を警戒する中を、リッブルは勇敢にも榊
    に近づくや、ボートを降ろして負傷者を引き取り、さらに榊を
    曳き綱で曳航し始めた。低速で進む両艦は敵潜水艦の絶好の餌
    食であるが、松やゼッドの警戒で寄せ付けなかった。
    
     榊はクレタ島スダ港に曳航され、負傷者は病院に収容された。
    夜を徹して榊の破損箇所を片づけていくと、悲惨な屍体が次々
    と出てきた。翌日昼から始めた59名もの殉職者の火葬は夜に
    なっても続き、松の艦上からも遠目に凄惨な炎が見えた。

■7.沈黙の奮闘■

     榊がやられた翌日、駆逐艦「梅」と「楠」は陸兵千五百を載
    せた英国運送船「アラゴン」を護送して、スエズ運河地中海側
    入り口のポートサイドから、マルタに向かっていた。午後7時
    15分、日没間もなくで、洋上にはまだ明るさが残っている頃、
    梅は右舷前方6,7千メートルに敵潜水艦が司令塔を海上に現
    しているのを発見。梅は全速力で近づきつつ、砲撃を開始した。
    楠はアラゴンの右舷に媒煙幕を張って、敵の視界を遮った。
    
     梅が近づくと、敵潜水艦は慌てて潜行して逃げ出したが、梅
    は左舷前方6百メートルに航跡を発見、その進路方向に先回り
    して爆雷を投下した。投下10秒後、後方100メートルの所
    で、6,7メートルの水柱があがった。梅が反転して投下位置
    に戻ると、海面に黒色の油が大量に浮遊していた。敵潜水艇を
    撃沈して、見事、榊のかたきをとった形となった。
    
     このような戦果は何度もあったが、そのためには見張り員は
    暑い日に照らされ、寒い風にさらされ、雨に打たれて、哨戒を
    続けなければならない。戦闘員も上着も脱がずに仮寝し、ラッ
    パ一声で飛び起きて、持ち場に着く。緊張の日々を何日も続け、
    ようやく港に帰ったと思ったら、すぐに次の任務に出て行かね
    ばならない。
    
     こうした「沈黙の奮闘」に、縁の下の力持ちのようだ、とい
    う不平が乗組員から漏れ聞こえてくることもあったが、片岡中
    尉はこう諭す。
    
         自分の努力が認められると、認められないとは、自分の
        知ったことではない。ただ、国民としての本分を尽くした
        という自覚が、自分にとって大なる安心である、満足であ
        る。少しでも自分の努力を認めて貰いたいと云う、さもし
        い私心が、その間に萌すと、折角の御奉公に疵がつく。
        [1,p319]

■8.大輸送船団■

     この年の暮れから大会戦の準備を進めていたドイツ軍は、翌
    1918年3月20日夜から大攻勢を始め、23日にはパリを長距
    離砲で脅かすまでに接近した。連合軍はあわてて各方面から兵
    力をかき集めて対抗を図る。英国は東南アジアやインドなど、
    東方の陸兵をエジプトのアレキサンドリア港に集結させ、そこ
    からフランスのマルセイユ港まで大型輸送船6,7隻でピスト
    ン輸送する事とした。
    
     輸送は4月から7月まで5回に渡り、そのすべてを日本の駆
    逐艦群が護送した。大きな輸送船がうち並び、日本の駆逐艦に
    守られて、堂々と洋上を進む光景は絵のように美しかった。し
    かし当然、敵からも目をつけられ、ほとんどの航海で敵潜水艇
    に遭遇した。
    
     護衛の駆逐艦は絶えず海上に目を光らせ、敵潜望鏡が浮上し
    ているのを見つけると、即座に近づいて爆雷を投下する。あた
    かも羊の一群を狼から守る番犬である。5往復のべ65隻の航
    行で犠牲となったのはわずかに2隻。1回の往復で2万ほどの
    兵員を輸送するので、合計10万ほどの大兵力を欧州戦線に送
    り込んだことになる。
    
     これらの戦力を加えたイギリス軍は8月8日、ソンムの戦い
    でドイツ軍の優勢を覆した。この後、9月から11月にかけて
    同盟国側はブルガリア、トルコ、オーストリアが次々と脱落し、
    最後のドイツも11月11日に休戦条約に調印し,ここに4年
    3ヵ月にわたる第一次世界大戦が終結した。日本帝国海軍の駆
    逐艦隊はまさに縁の下の力持ちの役割を見事に果たしたのであ
    る。

■9.平和な島の墓地で■

     [1]の編者C.W.ニコル氏は1997年7月6日にマルタを訪
    問した。その時の事を解説でこう記している。
    
         翌朝早く、ポーターに海軍墓地の場所をたずね、タクシ
        ーをつかまえた。墓地は開放されていて、敷地内はマルタ
        の管理人によってきちんと手入れされていた。日本帝国海
        軍の記念碑は、飾りけのない一本の柱で、地中海の任務中
        に亡くなった全艦隊員の名前と階級が、銅板に日本語で彫
        られている。背後には古い石壁があって、ブーゲンヴィリ
        アの緑と紫に彩られ、近くの木では何十羽もの雀がにぎや
        かにさえずっていた。眼下には、グランド・ハーバーが広
        がっている。
        
         ぼくは、日本酒の小壜と、小さな「海苔」のパックと
        「梅干し」を、記念碑の石台に供え、頭を垂れた。この男
        たちは、故郷からかくも遠く離れて亡くなった。連合軍の
        勝利に多大な貢献をした。それなのに、ほとんど忘れ去ら
        れていた。第二次大戦のために、彼らの物語は歴史にうず
        められてしまったのだ。
        
         涙が浮かんできた。この男たちのためばかりではなく、
        彼らのことを考えていたら、祖父たちの思い出がよみがえ
        ってきたのだ。祖父の一人は、あの戦争のさなか、フラン
        スの塹壕で戦った。その話を、ぼくは子供のころに聞いて
        いた。そしてもう一人の祖父、ニコルは、英国海軍の一員
        として同じ戦争に出征、彼ら勇敢な若い日本人と、同じ敵
        を相手に戦ったのだ。
        
         あたりを見回すと、イギリス人、イタリア人、フランス
        人、ドイツ人水兵の墓があるのに気づいた。敵も味方もと
        もに、静かで手入れのゆきとどいた、同じ平和な島の墓地
        に葬られているのだ。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(113) 日本・ベルギー交流史
   第一次大戦と関東大震災を機縁にした友情の歴史 
b. JOG(169) 欧州合衆国案の母・クーデンホフ光子
   欧州連合の原案を提唱したカレルギー伯爵は、日本人として誇 
   りを抱く光子に生み、育てられた。 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。
1. 片岡覚太郎、「日本海軍地中海遠征記」★★、河出書房新社、H13

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「日本帝国海軍、地中海に奮戦す」について 

                          「大正生まれのNZの隠居」さんより
    「日本帝国海軍、地中海に奮戦す」を興味深く,また感激しな
    がら読みました。嘗て海上自衛隊がマルセイユに寄港した時、
    日本海軍として心地よく歓迎されたと聞いていますが、その理
    由が分かったように思えます。

     第一次大戦中、南太平洋でも日本海軍が数隻の巡洋艦を配備
    して、ドイツ海軍の攻撃からオ−ストラリアやニュージーラン
    ド(NZ)その他の南の島国や、その国々の商船の警護、護送
    に地味な活動をしたと聞いていますが、資料が見つかりません。
    もしご存じであれば、是非とも教えて戴きたくお願い致します。

     と言いますのは、私は今ニュージーランドに住んでいますが、
    南太平洋はまだ第二次世界大戦の余韻が残っており、今になっ
    ても時々不快な反日のイヤガラセがあります。例えば、ANZAC
    dayです。この日は元々、ニュ−ジ−ランド軍が第1次世界大
    戦でトルコのトリポリで数千人の戦死者を出した悲しい日を忍
    ぶ日ですが、それが最近は在郷軍人の戦勝記念日になっており、
    彼らのマ−チングが行われます。このマ−チングには、第2次
    大戦当時連合国側にあった国国の人の参加は歓迎されますが、
    枢軸国側の国の参加は拒絶されます。
    
     更に、朝鮮戦争、ヴェトナム戦争で戦友であった韓国人の参
    加は歓迎されますが、日本人留学生の若者が参加を申し出た時、
    厳しく拒否されました。マーチングに参加したいとは思ってい
    ませんが、こうした不快な出来事に対して、少なくともニュー
    ジーランドの友人達、周囲の人達には真実の史実も話たいと思
    い資料を探しております。

                                                健一さんより
     第一次大戦での日本駆逐艦隊の働きは確かに立派で恥ずかし
    くないなものでした。太平洋戦争でも日本の駆逐艦隊は米海軍
    も舌をまく戦いをして米海軍戦史の中で輝いている事と思いま
    す。しかし問題は学習の貧しい事です。

     近代戦で海上輸送の護衛戦が国の安危に関わる事を、折角の
    機会に学習せず、太平洋戦争で海上護衛司令部が出来たのは手
    遅れの戦争末期でした。日本海軍の日露戦争での余りの活躍と
    成功に、米海軍の戦略家マハン提督は賞賛すると共に、敗戦の
    経験からは学べるが勝利からは学ぶ事が少なく危険と忠告して
    いました。地中海での苦しい経験を生かしたらば、太平洋の海
    底に無数の輸送船とともに十数万の犠牲者が未だに沈んでいる
    悲劇を避けられたにと残念です。
  
■ 編集長・伊勢雅臣より

     「大正生まれのNZの隠居」さんからご質問のあった「第一
    次大戦中に日本海軍がオーストラリアやニュージーランドを守
    った」という史実に関しては、お二人の方から情報を頂きまし
    た。

© 平成15年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.