[トップページ][平成16年一覧][人物探訪][210.63 近代国家の建設][509 モノづくり大国日本]

■■ Japan On the Globe(371)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

              人物探訪: 豊田佐吉の産業報国

                          40年におよぶ苦難の発明家人生を
                         生き抜いた原動力。
■■■■ H16.11.21 ■■ 32,488 Copies ■■ 1,377,996 Views■

■1.「これほどお国の為になるものはない」■

     明治20(1886)年、浜名湖西岸の吉津村(現在の湖西市)。

         その時分は今日の様に紡織業が盛んに行われているで無
        し、ただ各自の家で婆さんたちが手織縞(じま)を織る位
        のものであった。農家ばかりの自分の村でも戸毎にみな手
        織機を持っておった。その環境に支配されるというものか、
        自分の考えは段々とこの織機の方に向いて来た。

         ある時は近処の婆さんの機を織るのを、終目立ち暮して
        見ておった事もある。機の動く調子が段々判って来る。織
        り上げられる木綿が段々捲き上げられてゆく。見れば見る
        ほど面白くなって来る。趣味も起って来る。

         この機は日本中みな使っている。これを改良して動力で
        動かすことになれば、たしかにこれまでのよりも早く織り
        上げられることになる。沢山に織れる。安く織り上げるこ
        とになる、買う人が安い木綿が買えることになる。そうな
        ると、大変に世の中の為になる。これほどお国の為になる
        ものはないと、考えはそれからそれへと進んで、遂に織機
        の改良発明ということに方向を決めてしまった。[1,p19]

     この青年こそ21歳の豊田佐吉であった。近くの納屋に材料
    や道具を持ち込み、佐吉の発明生活が始まった。貧しい大工の
    父親は反対し、村人は嘲笑する中で。

■2.狂人扱い■

         朝から晩まで毎日毎日こつこつと何か拵(こしら)えて
        は壊す、造ってはまた造り直す。・・・まるで狂人じみた
        やり方さ。傍人が眺めて狂人扱いにし、変り者扱いにした
        のも、もっとも至極の事さ。・・・唯一人労(いた)わっ
        てくれる者もない。労るどころか、謗(そし)る者ばかり
        である。それもその筈じゃ。田舎の小百姓と言いながら、
        田畑の少しはあったものを、ぼつぼつと売り減らして、あ
        てどもない発明に皆つぎこむのだから、とても周囲の人達
        が良く言うてくれそうな筈がない。[1,p30]

     東京で内国勧業博覧会が開かれた時は、すぐに上京し、安宿
    に泊まり込んで、15日間も朝から晩まで機械館で当時の最新
    鋭の機械を眺め続けた。しかし工学的な知識のない佐吉には理
    解できない所が多かった。

     こんな苦闘を3年ほども続けて、明治23(1890)年11月、
    最初の木製人力織機が完成した。発明というよりは、従来の手
    機の改良というべきもので、4、5割の能率向上は図れたが、
    世の中に評価されるほどのものではなかった。最初の特許を取
    得した喜びにひたる間もなく、佐吉は動力織機の発明に向かっ
    た。

     明治26年3月、最初の妻たみを迎えたが、生活に行き詰まっ
    た佐吉が一人、伯父の所に転がりこんでなおも発明に没頭した
    ため、たみは翌年6月に生まれた長男・喜一郎[a]を残して、
    姿を消してしまった。

■3.木製動力織機の完成■

     明治30(1897)年夏に、ようやく木製動力織機が完成した。
    日本で最初の発明である。従来の人力織機ではとうていできな
    かった品質の均一な織布が作れるようになり、また独仏から輸
    入されていた動力織機に比べ、機械スピードは半分にも満たな
    かったが、価格が数分の一ときわめて安かった。

     三井物産がこの動力織機の価値を認め、援助の手を差し伸べ
    たことから、佐吉は発明家として広く世に知られるようになっ
    た。この機械は中小織布工場を中心に急速に普及し、その近代
    化に貢献した。

     三井物産が機械の生産と販売を助け、佐吉はもっぱら織機の
    技術的改良に力を注いだ。小工場に適した石油発動機の開発、
    糸の送出装置、運転中の緯(よこ)糸補給装置などが相継いで
    完成し、中小工場のニーズによく応えたため、需要が盛り上がっ
    て、生産が追いつかないほどであった。このように利用者の視
    点から絶えず改善・改良を続ける姿勢は、富や名声を目当てと
    する発明家にはないものだった。心底に自らの発明で広く「お
    国のために尽くしたい」という志があったからだろう。

     当時、日清戦争の際に日本軍が満洲で大量発行した軍票(軍
    隊が通貨の代用として発行した手形)を回収するために、日本
    から綿布を大量に輸出することとなり、三井物産も協力しよう
    としていたが、当時の手織機ではとうていそれだけの生産量を
    こなせなかった。ここにちょうど登場した佐吉の動力織機が、
    この問題を解決した。「お国の為」の最初の奉公であった。

■4.豊田式織機会社の設立と辞職■

     明治39(1906)年12月、豊田式織機会社が設立された。そ
    れまでは豊田商会という家内企業で織機を製作していたのだが、
    三井物産からの申し入れで、東京・大阪・名古屋の大資本を集
    つめた株式会社が設立された。佐吉は技師長として、巻取装置
    など自動織機を目指した開発を続けていった。

     この時期に開発された中に「緯(たて)糸切断停止装置」が
    あった。経糸が一本でも切れたまま、自動的に作り続けると不
    良品が大量に出来てしまう。だから異常を検知して、すぐに設
    備が停まるという機能が必要だと佐吉は考えた。この機能は今
    日のトヨタ生産方式でも「自働化」と呼んで、重要視されてい
    る。[b]

     同時に動力織機のさらに広範な普及のためには、耐久性が必
    要であると考え、木製織機の破損・摩耗しやすい所から、順次
    鉄製部品に変えていき、ついに鉄製織機を完成させた。

     佐吉の目指す自動織機は今やほとんど完成の域にあったが、
    販売を開始する前に、完全な営業試験をすることを主張し、自
    費で試験工場を設けて、自動織機の完璧を期した。しかし、佐
    吉の姿勢は、利益主義に走る会社経営陣から批判を浴び、つい
    に明治43(1910)年4月の緊急重役会で、佐吉は辞職を強要せ
    られるに至った。

■5.工場経営と研究開発と■

     辞職の翌月、佐吉は急に思い立って、翌年1月までアメリカ
    とイギリスの織機メーカーを見て回った。すでにアメリカのメ
    ーカーが自動織機を開発していたが、佐吉は自分の発明したも
    のより速度も遅く、機構が複雑で故障が多く、織布の不良や品
    質がよくない事を知った。

     帰国した佐吉は、不得手な金策に奔走して、名古屋市内に織
    布工場を新設した。その利益をもって自動織機の開発を続けよ
    うとしたのである。佐吉は家族とともに、この工場に移り、従
    業員と寝食をともにして、工場経営と研究開発に全勢力を傾け
    た。朝は誰よりも早く起きて研究室に入り、作業が始めると織
    機の間をかけまわって、細かい作業にも注意を与えた。夜はふ
    たたび研究室に閉じこもって、おそくまで研究に没頭した。

     しかし当時の原糸では品質が粗悪で自動機には不向きである
    ことが分かると、佐吉は自ら高品質の原糸を製造することを思
    い立った。そこで再びあちこちから資金を借りて大正3(1914)
    年2月に小規模な紡績工場をスタートさせた。その年7月に第
    一次大戦が勃発し、未曾有の好況に恵まれて設備を次々と増設
    し、大正7年には豊田紡織株式会社を設立するに至った。

     佐吉は事業経営にあたっては、大家族主義をとり、労使協調
    を基本とした。佐吉の奉仕・感謝の精神がよく浸透していたた
    めか、昭和初期の恐慌時でも工場内にはきわだった労使対立は
    見られず、それがまた事業の発展に貢献した。

     紡織事業の経営から巨大な利益を上げるにいたったが:

         さて、その利益をどうされたかと言うと、公債も買わな
        ければ土地も買わぬ。よその会社の大株主や重役にもなら
        れぬ。ただ次から次へと自分の紡織業の拡張につぎこまれ
        る。そうして日本の綿糸布の総高の何割は自分の力ででき
        るようになった。これが今一歩も二歩も進んで、ここまで
        ゆけばだいぶ御奉公になるがなあと言って、一人で喜んで
        おられる。[1,p195]

     大正10年には中国に進出して、上海に約1万坪の大規模な
    紡織工場を建てた。日貨排斥の中で、苦労は大きかったが、そ
    の狙いをこう語っている。

         しかして、紡織の事業は常に多数の人を要する。これを
        みな支那人を用い、それらの多くの人々に、多少なりとも
        事業の経営より生ずる利得を獲(え)せしめ、しかしてそ
        の製品が内地(日本)製品よりも、ないしは外国製品より
        も、安くできるという事になれば、いわゆる日支親善の立
        場からしても、また事業の経営ないし商売の上から言って
        も、すこぶる良策であって、すなわち我が日本にとりては
        一挙両得の策ではあるまいか。[1,p113]

■6.「これならば恐らく米英織機に負けはとるまい」■

     豊田紡織の事業により、潤沢な研究費が得られるようになっ
    て、自動織機の改良は順調に進み、大正12年7月には完璧に
    近いものとなっていた。そこで佐吉は愛知県刈谷に約10万坪
    の土地を購入し、まず200台の自動織機を据えて、実地試験
    を始めた。各部の緻密な実地試験の結果、次々に新しい発明考
    案が施され、改良が加えられていった。その結果として、多く
    の特許も獲得した。この徹底した改良改善は、今日の日本のモ
    ノづくりのお家芸である「カイゼン」を思わせる。

     佐吉が「これならば恐らく米英織機に負けはとるまい」と十
    分な確信を得たのは、大正15(1926)年3月であった。従来の
    動力織機では一人でたかだか4、5台のしか動かすことができ
    ないのに比較して、完成した自動織機では50台の運転が可能
    であった。実に10倍以上の人生産性である。

     時に佐吉60歳。織機の発明を志した21歳の春から、40
    年の星霜を経ていた。この年の11月、豊田自動織機製作所が
    創設され、自動織機の製作・販売が開始された。

■7.「世界の織機王」■

     佐吉の発明した動力織機、自動織機は国内に広く普及していっ
    た。昭和7(1932)年までに、豊田式織機会社から動力織機13
    万台が出荷され、豊田自動織機製作所から販売された自動織機
    も2万台に達した。これらの優秀な国産織機により、海外から
    の織機の輸入はなくなった。逆に国産織機は、中国・インド
    ・アメリカ・カナダ・メキシコなどにも輸出されるようになっ
    た。

     佐吉の自動織機は、欧米の織機を模倣したものではなく、まっ
    たく異なった系統から発明されたものであった。そして、そこ
    には前述の「自働化」など、後の日本のモノづくりを導く幾多
    の独創的な考えが込められていた。

     昭和4年には、世界の織機の母国と言うべきイギリスのプラッ
    ト社の技術者が来日して、自動織機を見学し、世界一の織機と
    賞賛した。そして、プラット社からの申し入れで、欧州・カナ
    ダ・インドで登録されていた特許をそして10万ポンド(邦貨
    100万円)で譲渡する交渉がまとまった。佐吉の織機は、つ
    いに先進国イギリスをも凌駕するものであることが実証され、
    佐吉は「世界の織機王」として名声は世界的に高まった。

■8.日本人の白人に対する智能の挑戦■

     佐吉は自ら自動織機の発明を志すばかりでなく、日本人の発
    明能力の開発にもつとめた。大正12、3年頃には蓄電池発明
    奨励の目的で、帝国発明協会に100万円もの寄付を行った。
    その狙いを佐吉は次のように説明している。

         第一のねらいは、日本人の白人に対する智能の挑戦とい
        うことであった。この頃、またアメリカにおいて日本人排
        斥の声がやかましいが、甚だけしからぬ、憤慨に堪えぬ。
        しかしこれも結局は日本人の智能が白人よりも劣っている
        と見ているからだ。・・・

         それで日本人は非常に大なる覚悟をもってこれに対抗せ
        ねばならぬ。別に喧嘩をしようと言うのではない。・・・
        自己の智能の優秀なることを証拠立てて、自らこの人間と
        しての大恥辱をそそがねばならぬと言うのじゃ。・・・
        動かすべからざる証拠物をひっさげて、白人と智能の優劣
        を比較するのじゃ。

         第二のねらいは、国富の培養であった。国家にしても、
        個人にしても、その独立存在を確実にするには、智恵ばか
        りではいかぬ。やはり物質の力が伴わなければ言うことが
        通らない。・・・国民が貧乏では国の威力は張れない。外
        国より金をどしどし取り入れる事が日本の急務だ。

     佐吉の目には、当時の白人中心の国際社会の中で、智能が劣っ
    ている黄色人種と馬鹿にされ、かつ貧しい祖国の姿が見えてい
    た。なんとか日本が国際社会の中で面目を保ち、かつ独立を維
    持できるよう富強にならなければならない。

         国民の大部分がここまでの理解を持ち、ここまで進みゆ
        くだけの努力をするようになったならば、日本の国際的地
        位は自然と向上し、国家としての地位は自然と安泰になる
        ものではあるまいか。

■9.「産業報国の実を挙ぐべし」■

     佐吉が当時の最先進国イギリスに特許を売ったということは、
    まさしく日本人の智能が優秀であることを示す「動かすべから
    ざる証拠物」であった。同時に、世界最先端の機械によって、
    輸出産業を育成し、祖国を富強にする事に貢献したのである。
    佐吉の40年以上にわたる発明家としての人生の原動力は、
    このような報国の志であった。

     佐吉は昭和5(1930)年10月30日に死去したが、その6周
    忌にあたる昭和10年、佐吉の遺志を継承するために「豊田綱
    領」が定められ、佐吉の胸像の前で朗読式が行われて、全従業
    員がその実践を誓った。その最初の2条は次のようなものであ
    る。

        一、上下一致、至誠業務に服し、産業報国の実を挙ぐべし
        一、研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし

      佐吉は晩年「これからは自動車工業だ」「日本も立派な自動
    車をこしらえなければ、世界的に工業国といって威張れぬ」と
    口癖のように言っていた。そしてプラット社に特許を売って得
    た100万円、今日の価値では数十億円に相当する金額を長男
    ・喜一郎に与え、「わしは織機でお国のためにつくした。お前
    は自動車をつくれ。自動車をつくって国のためにつくせ」と励
    ました。

     豊田綱領の制定の5ヶ月前、喜一郎が、乗用車の試作第一号
    を完成させていた。新たな挑戦が始まっていた。[a]
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(295) 豊田喜一郎 〜 日本自動車産業の生みの親
    このままでは日本は永久にアメリカの経済的植民地になって
   しまうと、豊田喜一郎は国産車作りに立ち上がった。
b. JOG(368) 大野耐一 〜 トヨタ生産方式の創造
    8倍以上の生産性を持つ米国にいかに追いつくか、大野耐一
   の闘いはそこから始まった。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 楫西光速『豊田佐吉』★★★、吉川弘文館、S37

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.