[トップページ][平成17年一覧][人物探訪][210.67 日露戦争][238 帝政 ロシア]

■■ Japan On the Globe(399)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

          人物探訪: 東郷平八郎 〜 寡黙なる提督 (上)

                        寡黙なる提督に率いられた連合艦隊は、
                      ロシア旅順艦隊を撃滅した。
■■■■ H17.06.19 ■■ 33,188 Copies ■■ 1,655,181 Views■

■1.「かういふやうな長官が来ちや、これは叶わん」■

     東郷平八郎中将が連合艦隊司令長官として佐世保に赴任した
    のは、明治36(1903)年10月19日だった。その後、日本海
    海戦で大勝を収めて「アドミラル・トーゴー」と世界に名を馳
    せた東郷は、この時は海軍の一般の将兵にすらほとんど知られ
    ていなかった。停車場に出迎えたのは、わずか数人の幕僚だけ
    だった。

         何しろその存在さえ判然と頭になかったものさへ少なく
        なかつた様です。・・・戦争が起こると言ふのに、かうい
        ふやうな長官が来ちや、これは叶わん、鹿児島の人だから
        寄越したのだらう。・・・
    
         さうする中に、いろいろな人が「東郷といふ人は偉い人
        だ」といふことを段々いひ出してきた。なンだこいつ等、
        どこかでお世話になつたんで、長官を褒めるのだらう。僕
        等はさう思ってゐた。さうすると、一ケ月ばかりすると誰
        も東郷さんに頭を下げる。水兵までが東郷さんが甲板を散
        歩して居つたと感服する。我々もソロソロ妙だなア・・・
        と思ふやうになった。[1,p35]

     東郷中将の連合艦隊司令長官としての寡黙なデビューであっ
    た。

■2.マカロフ中将の登場■

     明治37(1904)年2月8日、開戦劈頭、連合艦隊は仁川港外
    にてロシア艦2隻を撃沈。さらに旅順港外にあった戦艦2隻、
    巡洋艦1隻を撃破した。ロシア艦隊は旅順港内に逃げ込んだが、
    その士気を奮い立たせ、戦局を挽回するために新しい司令長官
    として任命されたのが、マカロフ中将であった。

    「海軍戦術論」の著作によって、世界的戦術家としての声望を
    得ていたマカロフを迎えて、ロシアの全将兵の士気はたちまち
    高揚し、旅順艦隊の活動は急に活発になった。

     東郷は海軍大学校長であった時、マカロフの著書が出版され
    るや、ただちに翻訳させ、自ら書き写したり、書き込みをして
    研究に余念がなかった。連合艦隊司令長官として赴任した時に
    も、この著書を携行したと言われている。

     マカロフ率いる旅順艦隊は、たびたび港外に出ては、日本艦
    隊を挑発し、旅順要塞からの砲撃範囲に誘い込もうとした。し
    かし、その手に乗る東郷ではなかった。

■3.「そうだよ」■

     何度かこうした挑発が繰り返されたが、参謀の秋山少佐がロ
    シア艦隊がいつも一定地点で反転して帰港するのに気がついた。
    そこでその地点に機雷を敷設して待ち伏せた。4月13日の明
    け方、日本艦隊は敵の駆逐艦1隻が港外に出ているのを見つけ
    て、すかさず砲撃し、航行不能に陥れた。

     マカロフは駆逐艦を救うべく、戦艦ペトロパウロフスクに将
    旗を掲げ、旅順艦隊を率いて港外に出てきた。いつもなら機雷
    を掃海してから出撃するのだが、この時は急いで駆逐艦を救う
    ために、掃海の指示を出すのを忘れていた。

     艦橋の東郷は、ツァイス双眼鏡を握りしめて、マカロフの座
    乗する旗艦が機雷を敷設した海域を進む様子を凝視していた。
    その瞬間、巨大な黒褐色の煙が立ち上り、爆発音が耳をつんざ
    いた。戦艦ペトロパウロフスクは艦首から沈み始め、艦尾が直
    立して、スクリューが空中で回転しているのが見えた。やがて、
    マカロフの旗艦は、火炎を巻き上げながら、わずか1分30秒
    ほどで、海中に沈んだ。東郷はゆっくり双眼鏡をはずした。

    「長官、マカロフの旗艦ではありませんか?」と秋山参謀が叫
    んだ。肉眼で見ていたために判別できなかったのである。東郷
    は静かに微笑して、「そうだよ」と答えた。

    「無線電信で弔意を敵艦隊にうちましょうか」と幕僚の一人が
    進言したが、東郷は一言「無用」と退けた。後に東郷は「その
    気にならなかっただけだ」と説明している。浮かれている場合
    ではない。戦いはまだまだこれからだ。

     東郷は翌日、旅順港口で機雷を沈める偽の動作をして、敵の
    弾丸を消費させよと命じた。敵の意気が沈んでいるときこそ、
    さらに一撃を浴びせてなければならない。しかし、敵砲台は全
    く沈黙を守って応戦してこなかった。マカロフを失った衝撃が
    あまりにも大きく、敵は沈みきっているようであった。

■4.「ありがとう、ペケナムさん」■

     しかし、ロシア艦隊にも作戦家がいた。日本艦隊が要塞砲の
    射程距離外を旋回して、ロシア艦隊をおびき出そうとする作戦
    を繰り返しているのを見て、その地点に機雷を敷設したのであ
    る。

     5月14日、戦艦初瀬と八島が相次いで機雷に触れ、二隻と
    も沈没してしまった。6隻しかなかった戦艦のうち、2隻をわ
    ずか一日で失ってしまったのである。九死に一生を得て、救助
    された初瀬の中尾艦長らは、東郷の顔を見るなり、男泣きに泣
    き出してしまった。「お許しください」との声がようやく艦長
    の口から出た。

     東郷は「ご苦労だった」と一言いったきりで、卓上にあった
    茶菓を全員に勧めた。翌日も、いつものごとく、東郷が童顔を
    にこにこさせて、甲板を散歩する姿が見られた。

     観戦武官として乗艦していたイギリスのペケナム大佐は、散
    歩中の東郷を見つけると、手を差し伸べて弔辞を述べたが、東
    郷は「ありがとう、ペケナムさん」と何か、ささやかなプレゼ
    ントでも貰ったように礼を述べて、固い握手を返した。

     後に東郷はこの時の心境を聞かれて、「彼我(ひが)勢力の
    転倒なきを考え自信を有したり」と簡潔に答えている。沈んで
    しまった戦艦の事をくよくよ考えていても、事態が変わるわけ
    でもない。まだまだ我が方が優勢であって、自信を持って今後
    の戦いに望もう、という静かな闘志である。

     こうした東郷の姿に、連合艦隊は士気を取り戻し、旅順港封
    鎖を続けた。いささかでも動揺の気配を見せたら、ロシア艦隊
    が日本の封鎖を突破して、旅巡から脱出する危険があったが、
    常と変わらぬ日本艦隊の姿に、絶好の好機を逃してしまったの
    である。

■5.「司令塔は外が見えにくうてなあ」■

     旅順要塞を背後から攻める乃木の第3軍は、8月7日から旅
    順旧市内に砲撃を行った。港内を見渡せる203高地がいまだ
    確保できず、推量による砲撃だったが、旧市内に大火災を起こ
    し、また戦艦数隻にも命中弾が出た。

     これ以上、艦隊を損傷させてはならないと、皇帝から「旅順
    の艦隊を率いてウラジオストックに向け出向せよ」との命令が
    下り、8月10日の夜明けに戦艦7隻、巡洋艦3隻が出港した。

     単縦陣でなんとかウラジオストックに逃げ込もうとする敵艦
    隊に対して、東郷率いる連合艦隊はT字型に敵の行く手を遮り、
    さらに3千メートルまで接近して、猛撃を浴びせた。黄海海戦
    の始まりである。

     敵艦隊の陣形が崩れたが、その反撃も凄まじく、特に旗艦三
    笠は狙い打ちされて20余発の命中弾を受けて、死傷者が続出
    した。東郷は前艦橋に立って指揮を続けたが、近くにも一弾が
    炸裂し、すぐそばの伊地知艦長や参謀たちが負傷した。東郷は
    鮮血のしぶきを浴びながら指揮を続けた。

     島村参謀長は「長官! 司令塔内に入ってください」と叫ん
    だ。司令塔は厚い鋼鉄で覆われ、はるかに安全である。東郷は
    「司令塔は外が見えにくうてなあ」と答えたきりだった。その
    間にも砕けた砲弾が近くを飛び交う。

     結局、ロシア艦隊は戦艦1隻、巡洋艦3隻を失い、残る艦船
    も無惨に変わり果てて、旅順港に戻った。

     12月5日、乃木軍は死闘の末、旅順港内を見渡せる203
    高地占領に成功した。そこから観測しながら、ただちに港内へ
    の砲撃を開始し、8日までにはほとんどの敵艦船を沈めた。

■6.「誓って敵の増援艦隊を撃滅し」■

     12月30日、連合艦隊主力は呉に帰着し、東郷らは汽車で
    上京した。新橋駅には数万の群衆が押しかけ万歳を連呼したが、
    東郷は時々手を挙げて応えるだけで、その表情は硬かった。ロ
    シアのバルチック艦隊が極東に向けて出発していたからである。

     東郷は宮中に参内して、天皇皇后両陛下に拝謁した。天皇か
    らバルチック艦隊を迎え撃つ方策について御下問があると、東
    郷は簡潔にこう奉答した。

         誓って敵の増援艦隊を撃滅し、宸襟(しんきん、天皇の
        お心)を安んじ奉ります。

     その言葉を聞いていた山本権兵衛・海軍大臣が「平八どん、
    ようもはっきり言いもしたなぁ」と感心し、伊東祐亨・海軍軍
    令部長が「撃滅できんときゃあ、これじゃ」と腹を切る格好を
    してみせたが、東郷は確信があるのか、黙ったままでいた。

     明けて明治38年1月7日、日比谷公園で東京都民による大
    祝賀会が開かれた。東郷も断り切れずに出席した。東郷が紹介
    された瞬間、7万余人の歓呼が会場に充満した。

     東郷はただ頭を下げ、答礼を繰り返すのみだった。謙虚な東
    郷の態度に参会者はかえって感動したのだが、国民が熱狂すれ
    ばするほど、東郷の心は醒めて、来るべきバルチック艦隊との
    決戦を思うのだった。

■7.バルチック艦隊はどこを通るか?■

     日本海軍が頭を悩ませていたのが、バルチック艦隊がどのよ
    うな経路をとって、ウラジオストックを目指すか、という点だっ
    た。この時点でバルチック艦隊は、地中海から大西洋を南下し、
    アフリカ大陸の南端・喜望峰を回って、マダガスカル島に到達
    していた。この後、インド洋を東進し、シンガポールを経て、
    東シナ海に入るだろう。

     ここから朝鮮海峡をまっすぐ北上するか、日本の太平洋岸か
    ら津軽海峡、または宗谷海峡を抜けるか。いずれにしろ、バル
    チック艦隊がウラジオストックに逃げ込む前に、これを捉え、
    撃滅しなければならない。

     山本海相・伊東軍令部長・東郷の三者会談が開かれた。山本
    が、地図で太平洋の真ん中あたりを指先で示して言った。

         シンガポールから真っすぐ東に進み、わが小笠原諸島の
        一部を占領し、北上の機会をうかがうかもしれんと、イギ
        リスシナ艦隊の幹部は考えとるそうな。

■8.「これで、きまいもしたぁ」■

     東郷は重い口調でこう返した。

         イギリス人は、非常の頭が良うごわす。それにじっくり
        勝機をつかむまでのねばり強さも持ちょいもす。敵がイギ
        リス艦隊じゃったら、おそらく、小笠原諸島を狙うかもし
        れもはん。じゃが、ロシア人は、大体において、朴訥で、
        男気で、大ぼっかいな所がごわす。皇帝の命令に忠実に従
        い、祖国のためには生命を投げ出して戦いもす。ほんに勇
        敢でごわした。[2,p314]

     山本はテーブルをどんと叩いて言った。「実戦で得た、これ
    は貴重な意見でごわすっそ。伊東どん。これで、きまいもしたぁ」

     山本の指先は、地図の上で仏領インドシナからまっすぐ北東
    にのび、東シナ海から朝鮮、対馬の両海峡まできて、ぴたりと
    止まった。

■9.「我が一門は彼の三門と対抗するを得べし」■

     この間に連合艦隊は各艦の補修を急いでいた。呉のドックに
    入った戦艦・霧島は特に損傷がひどく、技術官は修理に2ヶ月
    半はかかると見ていた。艦長はバルチック艦隊との決戦に間に
    合うか、気を揉んでいた。

     ところがいざ修理が始まると職工たちは昼休みも休まず、食
    事も手足を動かす合間に握り飯を頬張るだけで働き続けた。乗
    組員の方が気を使って、茶を運んだり、間食を振る舞ったりし
    た。こうして2ヶ月半の予定がわずか半分で修理を完了した。
    職工たちもロシアとの戦いに参加していたのである。

     2月21日、東郷率いる連合艦隊は朝鮮南岸の鎮海湾根拠地
    に入り、猛訓練を開始した。戦艦、巡洋艦は砲撃の命中精度を
    上げるべく訓練を重ね、駆逐艦、水雷艇は魚雷発射の訓練を続
    けた。東郷は連日の猛訓練に弁当持参で立ち会い、着弾距離と
    命中精度を頭の中に叩き込んだ。

     バルチック艦隊は主力艦の数では、連合艦隊と同数の12隻
    だったが、旗艦スワロフ以下4隻は新鋭戦艦であり、また30
    サンチ、25サンチの主力砲は33門と、連合艦隊の17門に
    対して2倍近かった。

     しかし、東郷は砲の数などよりも、乗務員の士気と技量こそ、
    勝敗を決める鍵であることを、これまでの歴戦の経験から掴ん
    でいた。東郷は次のような訓示を行った。

         我が砲数少なき場合に於いても、其の照準発射迅速確実
        なるときはあたかも我が砲数を倍加せるが如し。黄海海戦
        に見るに我の三発する間に彼一発するの比例なりし故に、
        我が一門は彼の三門と対抗するを得べし。いはんや我が射
        撃の連度ははるかに敵に優るあるに於いてをや。[2,p331]

     東郷は冷静にバルチック艦隊を迎え撃とうとしていた。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(236) 日本海海戦
    世界海戦史上にのこる大勝利は、明治日本の近代化努力の到
   達点だった。
b. JOG(386) 救国の軍師・児玉源太郎(下)
    まさに児玉は国を救うために、天が遣わした軍師であった。 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。
1. 下村寅太郎、『東郷平八郎』★★★、講談社学術文庫、S56
2. 真木洋三、『東郷平八郎 下』、★★★、文春文庫、S63

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.