[トップページ][平成18年一覧][The Globe Now][222.01319 中国:反日外交][319 靖国神社問題]

■■ Japan On the Globe(461)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

             The Globe Now: 中国反日外交の迷走
    
                 中国の靖国反日外交は迷走を続けつつ、国際
                社会にその無理無体ぶりをさらけ出してきた。
■転送歓迎■ H18.09.03 ■ 34,228 Copies ■ 2,199,818 Views■

■1.燃え上がった「日本の常任理事国入り反対」■

     2005(平成17)年3月21日、国連のアナン事務総長は、国
    連安全保障理事会の常任理事国増員に関して、「アジアに予定
    されている2議席のうち1議席は日本へ行くだろう」と発言し
    た。この発言が伝えられた翌日、北京時間の23日から、中国
    の3大ポータルサイトにおいて、日本の常任理事国入り反対の
    ネット署名が開始された。署名数は29日までに1千万の大台
    を超えた。

     掲示板では、様々な反対の声の書き込みがなされた。「日本
    という豚1匹を常任理事会に入れてはならない。そこは人の集
    まる場所だから」「日本に常任理事会入りを許したら、小日本
    は必ずや第3次世界大戦を引き起こすに違いない」「そもそも
    日本人はこの地球から出ていくべき人種なのだ」「恐れること
    は何もない。中国は原子爆弾を持っているではないか。いざと
    いう時、一つ使えば良いのだ」

     3月24日、中国外交部(外務省にあたる)の劉建超報道官
    は定例の記者会見で、署名活動についてコメントした。曰く
    「反日感情(の問題)ではなく、日本に対して歴史問題で正確
    かつ責任ある態度を求めているもの」 中国政府としては、日
    本の常任理事国入りに反対だったが、表だって言うわけにはい
    かないので、「民意」を表に立てる戦術をとったのである。

■2.「責任は中国側にはない」■

     このコメントは、中国国内では、政府の署名活動に対する容
    認と受け止められ、全国の都市や大学で、様々な形の反対運動
    が一斉に始まった。「広州市街地で1万人署名、日本の常任理
    事国入り反対」「鄭州市中心部1万人集まる」などと中国各地
    の新聞やネットニュースが報道した。

     こうした運動がエスカレートして、暴動に発展していった。
    成都では、4月2日の夕方、数千人の若者たちが、日本の常任
    理事国入り反対のデモを繰り広げてから、イトーヨーカドーの
    前に集まり、「日本製品ボイコット」と叫びながら、石やパイ
    プを使って、店のショーウインドウーを打ち壊した。

     翌3日には、広東省の深センで2千人がデモ行進をし、その
    一部がジャスコの看板や休憩コーナーを壊して、気勢をあげた。

     9日、北京で1万人以上という最大規模のデモが発生、日本
    大使館に投石を行った。

     10日、中国外交部の秦剛副報道官は、反日デモは、歴史問
    題などでの日本の態度と行動を不満とした「自発的行動」と擁
    護し、北京の日本大使館などに対する「破壊行為」については
    「責任は中国側にはない」とコメントした。

     12日の定例記者会見では、秦剛副報道官は再び「今回の抗
    議行動は一部の群衆が、歴史問題などに関する日本の誤った見
    方への不満から自発的に行ったものだ」との認識を示し、「こ
    のような局面に至ったことは日本側に原因があることは明らか
    で、(日本は)真剣に反省する必要がある」と述べた。

■3.「火遊び」外交の結果は■

     同日、インドを訪問していた温家宝首相は、「アジア人民の
    強烈な反応で、日本政府も深く反省するはずだ」と、述べた。
    その翌日から、「温首相は我々の良き理解者だ」「温首相万歳」
    との書き込みがネット上に殺到した。

     4月10日、各地区での反日行動に刺激を受けたように、上
    海の南に位置する浙江省東陽の村で化学工場の公害問題をめぐ
    り農民ら3−4万人が暴徒化し、治安当局と激しく衝突、多数
    の負傷者が出た事件が起こった。[2]

     中国政府は反日行動がこうした農民暴動に火をつけたら手に
    負えなくなると警戒し、さらに開放経済のショー・ウインドウ
    である上海で暴動が起きては、国家の対面に関わると心配しだ
    したのだろう。15日には無許可デモを禁止し、違法行為につ
    いては厳しく法的責任を追及すると警告、とくに上海市公安当
    局は市民にメールで警告文書を流していた[3]。

     そうした努力にも関わらず、16日にはデモは上海に飛び火
    し、暴徒たちは日本領事館に石やペットボトルを投げて、窓ガ
    ラス十数枚を割り、外壁をペンキで汚した。同時に上海市内で
    も暴動が発生し、日本料理店やコンビニなど10軒以上の日系
    店舗が壊された。

     体面を失った中国政府は、全国各地の新聞やテレビを動員し
    て「解放時代の愛国主義には理性が必要」「日中友好は両国人
    民のためになる」などと宣伝キャンペーンに乗りだし、また反
    日運動の中心的人物らの拘束を行った。

     反日運動に火をつけて日本に対する政治カードにしようとい
    う中国政府の「火遊び」外交によって、自分自身の服にも火が
    燃え移り、慌てて消し止めたという形である。この迷走の結果、
    中国政府は外国領事館と外国人を守るという国際義務を平気で
    放棄しかねない国だ、という国際社会の信用失墜を招いた。

■4.小泉首相との会談を「ドタキャン」した呉儀副首相■

    「火遊び」の失敗に懲りたのか、その後、中国政府は対日関係
    改善に方針転換した。4月23日、ジャカルタで開かれた「ア
    ジア・アフリカ会議」で、胡錦濤主席は小泉首相との首脳会談
    に応じた。この会談において「21世紀に向けての日中友好協
    力関係の発展」を主旨とする提案が胡錦濤主席からなされた。
    その後、京都での日中外相会談が開かれ、5月22日には北京
    を訪問した武部自民党幹事長と胡錦濤主席との会談が行われた。
    ワンランク下の相手に対し、日曜日であるにも関わらず会談に
    応ずるという異例の厚遇ぶりであった。

     しかし、その翌日、万博の関係で日本を訪れていた呉儀副首
    相が予定していた小泉首相との会談を当日になってキャンセル
    して、そのまま帰国していまう、という事件が起こった。一国
    の首相に対して、国際外交儀礼を無視した異常な行動である。

     当日の夕方、中国外交部は「重要な緊急公務を処理するため」
    との報道官談話を出した。しかし、帰国した呉副首相は大連に
    一泊した後、そのまま予定されていたモンゴル訪問に出発した
    ことから、「緊急公務」云々はウソであったことが明らかとなっ
    た。すぐにバレるようなウソをつく所に、中国側のドタバタぶ
    りが現れている。

     その日に開かれた定例記者会見において、孔泉報道局長は一
    転して、「緊急公務」という虚偽の理由を撤回して、「日本の
    首相や指導者の最近の言論によって、会談に必要な雰囲気がな
    くなったためだ」と指摘した。その理由の一つとして、小泉首
    相が16日に「靖国参拝について他国がとやかく言うべきでは
    ない」と国会で答弁した事実を挙げているが、それが事実なら、
    中国外交部報道官が19日の定例会見で、呉副首相と小泉首相
    の会談を日中関係の発展に「極めて重要」と発言していた事の
    説明がつかない。

■5.王毅駐日大使、幕引きを要請■

     呉副首相の突然の「ドタキャン」の真相はいまだ謎に包まれ
    ているが、有力な説として、軍部を中心とする反日強硬派が小
    泉首相発言を理由に呉副首相の即刻帰国を要求したという見方
    がある[4]。反日強硬派をなだめるために、胡錦濤主席以下が、
    ここまでの決断に追い込まれたとすれば、中国外交は国内の権
    力争いの結果によってどう転ぶか分からない状況にある、とい
    う事になる。

     理由はどうあれ、中国政府は国際外交儀礼を平気で破る国だ
    という事を、露呈してしまったのである。

     5月25日、王毅駐日大使は外務省の谷内正太郎外務事務次
    官を訪ね、「これ以上、問題をエスカレートさせるのは両国関
    係にとってよくない」と述べ、日本側に幕引きを要請した。
    「中国側は、非難の応酬を続ければ国際的に自分たちが不利に
    なると判断したのではないか」との見方も政府関係者から出た。
    [5]

■6.靖国問題を「国際問題化」する戦術■

     12月、ASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3(日中
    韓)の「東アジアサミット」がクアラルンプールで開催された。
    9日にはASEAN諸国と中国による外相会議が開催され、中
    国の李外相は、靖国問題をとりあげ、対日批判を行った。2日
    後の11日にも、李外相は記者会見で靖国問題を取り上げ、
    「責任は完全に、日本の個別の指導者の一人にある」と、もう
    すぐ到着する予定の小泉首相に対して、先制攻撃を始めた。

     12日、温家宝首相がクアラルンプール入りすると、日中韓
    首脳会談が延期されたことに関して「主要な原因は日本の指導
    者が歴史に正しく対応していないことだ」と直接批判をした。
    さらに同日の韓国・盧武鉉大統領との会談でも、「日本の指導
    者が靖国参拝を繰り返し、日韓、日中関係に障害を作った」と
    非難した。

     小泉首相に対する4回もの先制攻撃は、東アジアサミットと
    いう舞台で、靖国問題を「国際問題化」しようとする中国側の
    戦術だった。かつて、日本から侵略を受けた東南アジア諸国の
    支持を得て、日本を孤立化させようとする狙いである。

■7.小泉首相の逆襲■

     ところが、この戦術は、小泉首相からの激しい反撃にあった。
    東南アジア諸国連合との首脳会談で、小泉首相は靖国参拝につ
    いて「戦争を美化するものでなく、二度と戦争を起こさないこ
    とを誓うもので、戦没者に哀悼の意を示すものだ」と説明。そ
    の上で、「(靖国参拝という)一つの問題で中国は会わないと
    言っているが、(これを理由に)首脳会談ができないのは理解
    できない」と、中国を名指しで批判した。

     この批判に対して、中国外交部の劉建超報道官は「中国政府
    の立場は非常に明確であり、変化はない」とコメントしたが、
    小泉首相の名指しの逆襲に対する反論としては、あまりに無力
    であった。

     サミット後の14日に開かれた記者会見においても、小泉首
    相は「一人の国民である内閣総理大臣が自分の国の一施設に、
    平和への祈りと哀悼の意を示すこと、これを批判する気持ちが
    分からない」と述べ、中国を改めて批判した。

     温家宝首相は現地にいたが、二度と靖国問題に言及すること
    なく、そのまま帰国してしまった。靖国問題を「国際問題化」
    しようという戦術は、小泉首相の逆襲により完全な失敗に終わっ
    たのである。

     結果として残されたのは、中国側がサミット前に靖国問題を
    騒ぎ立てたが、小泉首相の正論に何の反論もできずに、尻尾を
    巻いて逃げ帰った、という失態だけであった。

■8.小泉首相と前原代表に挟み撃ちにされた中国■

     実は、この時、小泉首相には予期せぬ方角から強力な援護射
    撃があった。訪中していた民主党の前原誠司代表からである。

     前原代表は、中国の軍事力増強について「空軍力、海軍力、
    そしてミサイル能力を中心として、(中国軍の)能力が飛躍的
    に向上していることに、私は率直に脅威を感じている」との発
    言を行った。中国外交部は「中国の一体どこが脅威なのか」と
    強く反発するとともに、「日本の政治家は日中友好関係に役立
    つ言動をすべきだ」と批判した。日中友好のためには、中国へ
    の批判は一切、許されない、という事らしい。

     結局、前原代表は要望していた胡錦濤主席との会談は許され
    ず、会談相手になったのは外務次官という数段下のレベルであっ
    た。わずか一週間前に北京を訪れた福島・社民党党首に、ナン
    バー5の曽慶紅・国家副主席が会談したのに比べれば、異例の
    冷遇である。

     堪忍袋の切れた前原代表は、中国訪問の最終日13日、「自
    分たちに都合の悪いことを言う国会議員には会わないという姿
    勢なら、仮に靖国の問題が解決したとしても、日中間の問題は
    永遠に解決されない」と、中国側の姿勢を強く批判した。

     前原代表は「A級戦犯が合祀されている靖国神社へは参拝す
    べきでない」と明言して、靖国問題では中国側に同調していた。
    それでも「中国脅威論」を述べる前原代表に会わない、という
    ことは、「靖国問題さえ中国の言うことを聞けば、後の日中関
    係はうまく行く」という観測が完全にウソであったことを事実
    で示してしまった事になる。

     この日は、奇しくも、小泉首相がクアラルンプールで、「一
    つの問題で、首脳会談ができないのは理解できない」と、逆襲
    した日でもあった。小泉首相と前原代表の挟み撃ちにあって、
    温家宝首相は、黙って帰国するしかなかったのである。

■9.そろそろ「大人のつきあい」を■

     この8月15日、小泉首相は靖国神社を参拝した。昨年10
    月の参拝時には、中国政府は「(中国の)世論を侮るな」「持
    ち上げた石で自分の足を打つ結果になる」と小泉首相への憎悪
    をむき出しにした外務省声明を発表していた。

     それに比べれば、今回は首相への非難の一方で、「あらゆる
    日本の政治家、国民とともに『歴史を鑑(かがみ)に未来に向
    かう』精神で両国の平和共存、友好、互恵協力、共同発展に取
    り組む」「日本各界の有識者が政治的障害を取り除き、中日関
    係を正常な発展軌道に戻す努力をすると信じる」などと、抽象
    的な表現で済ませた。[6]

     これは次期首相へのメッセージでもあるが、最有力候補であ
    る安倍晋三氏自身も靖国参拝を継続する可能性が大きいだけに、
    直接的な靖国反対の声をあげて、これ以上、面子をつぶされる
    のは、かなわない、という苦慮もにじんでいる。

     反日暴動での「火遊び」の末の「火消し」、呉儀副首相のド
    タキャン、そして東アジアサミットでの無様な退散と、中国の
    反日外交は迷走を続けつつ、国際社会に外交未熟ぶりをさらけ
    出してきた。その責任の一端は、今まで中国外交の無理無体を
    受け入れてきた日本側にもある。

     これを「ジャイアン(中国)によるのび太(日本)いじめ」
    と見事な例えで示したのが、「国際派時事コラム『商社マンに
    技あり!』の泉幸男氏であった[7]。のび太が成長して、理不
    尽ないじめに屈しなくなれば、ジャイアンもいつまでも子どもっ
    ぽいいじめを続ける事はできないと悟るだろう。

     二人とも、そろそろ「子どもの関係」を脱して、「大人のつ
    きあい」を始めるべき年頃である。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(241) 龍の仮面で綱渡り
    強面(こわもて)の中国外交の仮面の裏は?佐々木敏の「龍
   の仮面(ペルソナ)」から。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 石平『日中宿命』★★★、扶桑社、H18
2. 産経新聞、「中国・浙江省で農民4万人暴動 『反日』と連鎖
   の恐れ」、H17.04.13 東京朝刊 3頁
3. 産経新聞、「【主張】反日デモ暴徒化 なぜ暴挙を制止しないか」
   H17.04.17 東京朝刊
4. 産経新聞、「【緯度 経度】指導部に対日政策めぐる確執」、
   H17.06.04 大阪朝刊
5. 産経新聞、「中国副首相 緊急帰国 王大使『収束』要請 国
   際的に不利判断か」、H17.05.27 大阪朝刊
6. 産経新聞、「靖国参拝 中国、次期首相見据えた抗議」
   H18.08.16 東京朝刊 1頁
7. 泉幸男、国際派時事コラム「商社マンに技あり!」
   第151号、H17.12.21

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「中国反日外交の迷走」に寄せられたおたより

                                                 昌さんより
     外交において、日本人の美徳である、慎み深い、という考え
    や態度は国際的、特に中国や韓国には絶対通用しないという事
    を、外務官僚はもとより、日本のメディアももっと自覚するべ
    きです。沈黙は金、以心伝心、言わぬが花、目は口ほどにもの
    を言い、こんな考えはきっぱり捨てて、言うべきは言い、堂々
    と議論する、戦後平和国家として歩むと決意した日本人のコン
    センサスとそれに基づく実績は勿論、第二次世界大戦の歴史認
    識でも、日本人として全てが悪かったと実は思っていない面が
    ある事もそろそろ理論だてて表現しても良いのではないでしょ
    うか。

     小泉首相の靖国神社参拝に対し、マスコミは圧倒的に批判的、
    否定的、民主党にいたっては、暴挙とまで表現して批判してい
    ましたが、国民の過半数が支持するとの世論調査の結果が出て
    きたにも拘らず、唯我独尊で真摯に自分達の独りよがりの偏向
    姿勢を反省しないマスコミや民主党は、どのような論理構成を
    持っているのかとあきれ返ります。

                                         「たかし」さんより
     中国も哀れと感じるこの頃です。
 
     最近までの日本は全方位外交という名の戦略無き外交を美徳
    とし、中国、韓半島に対しては恥も外聞も無い土下座外交を良
    しときていました。しかし、それは日米安保条約を基軸とする
    西側諸国の一員という強いバックボーンがあったから成り立っ
    ていたという事に日本人の多くは気づいていなかったのではな
    いでしょうか。
 
     小泉政権は、かつての戦略無き全方位外交という幻想から脱
    し、米国重視を打ち出し、米国、近隣諸国とは対等とのメッセ
    ージを強く打ち出しました。日本もようやく独立国として自立
    した外交に目覚めつつあるということだと思います。
 
     中国は、日本の覚醒の時期を読み間違えたという事でしょう
    か。中国は日本のマスコミの言論に胡坐をかいたのかもしれま
    せんが、インターネットの普及が日本人の自立を促すとは思っ
    てもみなかったのかもしれません。政府が国民の思想を統制で
    きると思い込んでいる独裁国家の哀れさかもしれません。
 
     今後は、日本も中国、韓半島とも大人の関係を築くことがお
    互いの利益になる事を認識していくべきだと思います。
 
     歴史認識が中国との外交の障壁と問題視するむきもあります
    が、歴史学者の考えを伺ってみたいものです。歴史とは何か。
    何故歴史は正しく理解されなければならないのか。決して恨み、
    辛みを持つためのものではないはずです。

    「賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ」歴史を粗末にす
    る国は決して歴史から学ぶことは出来ない。歴史を捏造してい
    る国は哀れであり、亡国の道を歩むことになるのではないので
    しょうか。

■ 編集長・伊勢雅臣より

    「賢者は歴史から学ぶ」。歴史を現政権の維持のために改竄す
    る政府は、賢者ではありません。 

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.