[トップページ][319 靖国神社問題]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

             「靖国」を問題にするのは中国だけ

                                                   伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1172 ■ H18.08.14 ■ 8,450 部 ■■■■■■■

     靖国問題で日本は世界から孤立しているなどという説がある
    が、それが事実と異なる証拠を、元米国防総省日本部長だった
    ジェームズ・アワー氏(バンダービルト大学教授、同大日米研
    究協力センター所長)が述べているので、紹介しておきたい。
    (産経新聞、H18.07.03、「【靖国参拝の考察】ジェームズ・
    アワー氏 関係改善を望まぬ中国」)

         日本が首相の靖国参拝のためにアジアで孤立したとか、
        信頼を失ったという説も事実に反する。私はこの3月、米
        国内でのアジアに関する国際会議でオーストラリア、イン
        ドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、シンガポール
        の代表たちに日本の首相の靖国参拝が彼ら自身、あるいは
        彼らの国の政府にとって問題かどうかを質問したことがあ
        る。すると、インドネシアの元政府高官は「私たちにはまっ
        たく問題ではない。問題にするのは中国だけだ」と答えた。
        他の国の代表たちもそれに異論を唱えなかった。

         米国のブッシュ政権も日本のリーダーたちの靖国参拝を
        まったく問題にしていない。米国一般でも圧倒的多数は靖
        国問題がなにかを知らず、日本の首相が自国の戦没者を追
        悼することに疑問を呈する人は超少数派だろう。靖国問題
        を理解するアジア専門家の間では中国の主張が間違いだと
        する人の方が多い。

     一国の首相が戦没者の霊を慰める形式に他国は干渉できない
    というのが国際常識なのである。 

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.