Japan on the Globe  国際派日本人養成講座  〜平成19年〜

528 国柄探訪: 正月行事と先祖の祈り 正月は子孫に無病息災と豊穣をもたらす歳神様をお迎えする時。 527 国柄探訪: 夢と誇りを持てる農業を 伝統的な「土づくり」と近代的な経営とで、農業は大きな夢を持てる職業となる。 526 人物探訪: 御手洗富士夫の和魂洋才経営 「日本人の魂である終身雇用を育てることが、競争力の源泉」
525 地球史探訪: シベリア抑留 「ここにおれがいることを、日に一度、かならず思い出してくれ」 524 地球史探訪: フィリピン少年が見たカミカゼ  なぜカミカゼの記念碑がフィリピンの地に建てられたのか。 523 The Globe Now: シルクロードに降り注ぐ「死の灰」  中国に植民地支配されたウイグル人の土地に、核実験の死の灰が降り注ぐ。
522 人物探訪: 岡田資中将の「法戦」 米軍の日本空襲は戦争犯罪であることを、岡田中将は自らの戦犯裁判で認めさせた。 521 The Globe Now: 暴走する「世界の工場」中国 「世界の工場」は政策的に作られたコスト競争力を武器に、世界中の中小企業をなぎ倒していく。 520 人物探訪: 重光葵(下) 〜 大御心を体した外交官 終戦工作、降伏文書調印、占領軍との交渉、戦犯裁判と、重光の苦闘は続く。
519 人物探訪: 重光葵(上) 〜 大御心を体した外交官 昭和天皇の大御心を体して、重光葵は中国・アジア諸国との親善友好と独立支援の外交を展開した。 518 人物探訪: 武人の母・松尾まつ枝 武人の母の振る舞いはオーストラリア国民の間に感動と称賛引き起こした。 517 地球史探訪: 日米戦を仕掛けた英国情報外交 チャーチルは第2次大戦に勝つために、米国を対独日戦に引き込んだ。
516 Media Watch: 心温まるニュース 暗いニュースばかり伝える日本の新聞は、もっと明るいニュースも流すべき。 515 The Globe Now: 石油で読み解く覇権争い 北野幸伯著『中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日』を読む 514 国柄探訪: 「ある」日本語と「する」英語  なぜ日本人は「私はあなたを愛します」と 言わないのか?
513 地球史探訪: 石油で負けた大東亜戦争  日本は石油供給をストップされて敗北したが、 現在でもそのリスクはさらに深刻化している。 512 Common Sense: 「教育刑」という空想  占領下に押しつけられた「教育刑」思想は、 すでにアメリカでも完全に否定されている。 511 Media Watch: 朝日の論調、3つの手口  朝日新聞は3つのパターン化された手口で、 その独特の論調を訴えかける。
510 地球史探訪: 石橋湛山 〜 日本の「大欲」  領土という「小欲」を捨て、自由なアジア諸国の 盟主となるという「大欲」を持て、と湛山は説いた。 509 地球史探訪: インド独立に賭けた男たち(下)〜 デリーへ チャンドラ・ボースとインド国民軍の戦いが、インド国民の自由独立への思いに火を灯した。 508 地球史探訪: インド独立に賭けた男たち(上)〜 シンガポールへ 誠心誠意、インド投降兵に尽くす国塚少尉の姿に、彼らは共に戦う事を決意した。
507 Media Watch: 地球温暖化問題に仕組まれた「偽装」 政府やマスコミは情報をコントロールしている 506 国柄探訪: 花のお江戸の繁盛しぐさ 江戸っ子たちは粋なしぐさで、思いやりに満ちた共同体を築いていた。 505 The Globe Now: 断裂する中国社会 1億円の超高級車を乗り回す「新富人」と年収100ドル以下の貧農9千万人と。
504 Common Sense: 厳格な躾けで蘇ったアメリカの学校教育 ブッシュ大統領は「われわれは進むべき道を知っている」と教育再生を呼びかけた。 503 人物探訪: 光格天皇 〜明治維新の基を築いた62年の治世 その62年の治世で皇室の権威は著しく向上し、尊皇攘夷運動の核となりえた。 502 Common Sense: 気は優しくて力持ち 〜自衛隊海外支援奮闘記 「サマワの人々は彼らが『古きニッポン』の子孫として、愛情と倫理に溢れた人々であることを見出した。」
501 Common Sense: あなたは自分の言葉で日本を語れますか?(下) 自分の中の「見えない根っこ」を見出し、自分の言葉で「日本を語る」必要がある 500 Common Sense: あなたは自分の言葉で日本を語れますか?(上) 海外で暮らすには、心の中で自分を支えてくれる母国が必要だ。 499 Media Watch:「スターバックス神話」 中国人がスターバックスでコーヒーを飲むようになったら、中国は民主化されるのか?
498 地球史探訪: 冷戦、信長 対 キリシタン(下)〜 信長の反撃 信長の誇示する軍事力を見て、宣教師たちは日本の植民地化を諦めた。 497 地球史探訪: 冷戦、信長 対 キリシタン(上)〜 信長の危機感 信者を増やし、キリシタン大名を操る宣教師たちの動きに信長は危機感を抱いた。 496 Common Sense: 組織改革の武士道 〜 葛西敬之氏の国鉄改革 自己犠牲と奉公のエリート精神が、国鉄改革をもたらした。
495 人物探訪: 禅僧・鈴木正三 〜 近代資本主義の源泉 士農工商、いずれの事業も仏行なり 494 国柄探訪: 「直き心」の日本文明 このように「心のあり方」に重要な価値を置く文明はほかには見あたらない。 493 地球史探訪: 「麗しの島」作りに生涯を捧げた青年たち 20歳代で台湾に渡り、医療、衛生、農業に生涯を捧げた日本人たちを動かしたものは?
492 Common Sense: 格差社会は幻想か? 「貧困率第2位」「ニート85万人」「非正社員600万人増」という「格差社会」の実態は? 491 The Globe Now: 日台の掛け橋となった「台湾大使」 内田前台湾大使は、李登輝前総統の訪日実現などで断交後、最良の日台関係を作り出した。 490 Media Watch: 国際世論を操る広告代理店 セルビア人勢力は、米国の広告代理店によって国際的な敵役に仕立てあげられた。
489 国柄探訪: 天命と天職 〜 日本人の仕事観 天命に仕え、天職を持つことが、「世の中で一番楽しく立派なこと」である。 488 地球史探訪 : 中国の覚醒(下) 〜 日本で再発見した中国の理想 中国で根絶やしにされた孔子の理想は、日本で花開いていた。 487 地球史探訪 : 中国の覚醒(上) 〜 中国共産党の嘘との戦い 「毛主席の小戦士」から「民主派闘士」へ、そして「反日」打破の論客へ。
486 地球史探訪: 経済封鎖に挑んだ日本  保護主義と植民地主義に屈することなく、戦前の日本は輸出市場を求めて苦闘を続けた。 485 人物探訪 : 田中久重 〜 日本近代技術の開祖「精巧な機械を造って新しい日本の建設に 役立ちたい」 484 国柄探訪: 美しい国だった日本  「方々の国で出会った旅行者は、みな感激 した面持ちで日本について語ってくれた」
483 国柄探訪: 民主主義を支える皇室伝統  昭和天皇曰く「日本の Democracy 化とは、 日本皇室古来の伝統を徹底せしむるにあり」 482 Common Sense: 「核の傘」は幻想か? 中国が「核の恫喝」を日本にかけてきた場合、 アメリカの「核の傘」に頼れるのか? 481 The Globe Now: 中国、太平洋侵出の野望 〜 西太平洋を「中国の海」に  日本を「中国の海」に浮かぶ孤島列島にするのか。
480 Common Sense: 心を磨くトイレ掃除  問題校の建て直し、暴走族の厚生、地域の犯罪 防止にトイレ掃除が大きな成果を上げている。 479 人物探訪: まごころの「軍神」橘周太  橘周太は、部下や生徒へのまごころの深さで 人々の心に生き続けた。 478 国柄探訪: 世界に愛される"Japan Cool" 〜 『世界の日本人ジョーク集』から  自動車・家電、マンガ、アニメなど"Japan Cool" が世界の子どもや大人たちに愛されている。

jogbd_h19/index.html 最終更新日: 2008/01/09 .
Copyright 2002 [伊勢雅臣]. All rights reserved.