[トップページ][平成19年一覧][人物探訪][210.58 幕末][509 モノづくり大国日本]

■■ Japan On the Globe(485)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

          人物探訪 : 田中久重 〜 日本近代技術の開祖
    
                      「精巧な機械を造って新しい日本の建設に
                        役立ちたい」
■転送歓迎■ H19.02.25 ■ 34,692 Copies ■ 2,403,099 Views■

■1.日本最初の蒸気船・蒸気機関車の実験■

     安政2(1855)年8月、佐賀の城下町の一角にある佐賀藩精煉
    方(せいれんかた、理化学研究所)で、蒸気船と蒸気機関車の
    模型を実際に走らせるという実験が行われた。藩主の鍋島斉正
    (なべしまなりまさ)をはじめ、重役陣、藩士、藩校・弘道館
    の学生たちが集まっていた。保守派の人々は「精煉方の物好き
    が造った蒸気船と蒸気車は本当に走るのだろうか?」などと斜
    に構えていた。

     池に浮かべられた蒸気船の模型は長さ1メートルほど、外輪
    式で煙突がついていた。蒸気機関車の方は長さ約40センチで
    2両の貨車がつなげられ、4メートルほどの円形のレールの上
    に置かれていた。両方ともアルコールを燃料としていた。

     実験が始まった。蒸気船は大きな池の中を動き回り、蒸気機
    関車もレールの上を走り回った。保守派の重役陣も、思わず声
    を上げた。若い弘道館の学生たちは目を丸くした。

     その中の一人の若者に、精練方の主任・佐野栄寿左衛門が、
    「どうだ? 感想は?」と聞いた。18歳になる大隈八太郎
    (後の重信)である。大隈はコチコチの勤王論者で、弘道館の
    儒教を中心とした教育を批判していたので、わざと聞いてみた
    のである。

     大隈は感動を隠さずに言った。「模型ではもったいない。実
    際に日本国中を走らせるべきです。こんな凄いものを造る人物
    が佐賀藩にいたことを誇りに思います。」 大隈は後に明治政
    府の中心的人物として、鉄道の敷設を進めた。それもこの時の
    体験が原点だったのだろう。

     大隈の素直な感動に、佐野は喜んでいった。「蒸気船と蒸気
    機関車を実際に造ったのは、あそこにいる人物だよ」とレール
    の側に立っている初老の人物を指さした。

     田中久重、この時57歳であった。

■2.「からくり」で、人を喜ばせる■

     久重は、寛政11(1799)年、久留米の鼈甲(べっこう)細工
    師の家に生まれた。幼名を儀右衛門と言った。子供の時から、
    父親やその弟子たちが櫛やかんざしを作る作業を見て育った。
    久重自身も手先が素晴らしく器用で、9歳になって寺子屋に通
    うようになると、貧しい子供たちのために、硯(すずり)箱を
    作ってやった。引き出しに紐をつけて、そのひねり具合によっ
    て開閉する。「からくりだ、からくりだ」と皆喜んだ。

     自分が知恵を絞り、手を動かして作った「からくり」で、人
    を喜ばせる事ができて、久重は満足した。そして、もっともっ
    と世の中の役に立つような工夫をしたい、と思った。しかし、
    子供の久重にそんな機会はなかなか訪れなかった。父親の職場
    の隅っこに一日中、座り込んで、じっと考え込む日々が続いた。

     15歳になった時、お伝という女性が尋ねてきた。お伝は少
    女の時に、霰(あられ)の降ったような模様をつける木綿の織
    り方を発明して、名をなした人物である。お伝は織物に、もっ
    といろいろな模様をつけたいと思って、久重の知恵を借りにき
    たのだった。

     久重ははずむような思いで、お伝の依頼を受けた。まず機織
    りの機械を凝視して、その仕組みを理解した。しばらくして、
    久重は織物に自由な模様をつける独創的な工法を考案した。模
    様を彫った版木に糸を横巻きにし、版画印刷の要領で、糸に色
    模様をつける。その糸を横糸として織物にすれば、版木の模様
    が復元される。こうして開発された新しい「久留米がすり」は、
    大評判となり、飛ぶように売れた。

■3.「からくり儀右衛門」■

     それから、久重は次から次へと「からくり」を作っていった。
    その中でも最高傑作と言われているのは、「茶運び人形」であ
    る。これを近くの五穀神社でのお祭りに出し物として披露した。

     幕があがると、60センチほどの振り袖姿の娘人形が登場す
    る。お盆を両手に支え、その上にお茶を入れた茶碗が乗ってい
    る。カチャカチャと音を立てながら歩いてくる。内部はゼンマ
    イ仕掛けの三輪車が動いているのだが、両足の前後運動にあわ
    せて頭も前後に動くので、いかにも本当に歩いているように見
    える。

     そして舞台前面に着くと、「どうぞお茶をおあがりください
    ませ」というしぐさをする。一人の客が茶碗をとって、お茶を
    飲み、空になった茶碗をお盆に戻すと、娘人形はくるりと振り
    返って、またカチャカチャと戻っていく。

     あまりに見事な人形の動きに場内は一瞬シーンと静まりかえっ
    た。人形が楽屋に消えると、観客は互いに顔を見合わせ、「ま
    るで生きている人間と変わらないじゃないか」「いったいどう
    いう仕掛けになっているのだ」などと、声を上げた。

     この評判が口コミで伝わり、「からくり儀右衛門」の名は北
    九州一帯に広がった。その後、久重は九州一円を回って、各地
    で興行を行い、ついには大阪にまで進出した。

     大阪の道頓堀でからくり人形の興行をすると、たちまち「九
    州から来たからくり儀右衛門の人形はすごい」との評判が立ち、
    我も我もと客が押し寄せてきた。

■4.「本当の生活において、助けになるような発明をしたい」■

     大評判の陰で、久重はある種の空しさを感じていた。それは
    「どんなに見物人を喜ばせても、結局の所、それは一時の娯楽
    であり、見物人たちの生活の本筋において助けているわけでは
    ない」という思いだった。そして人々の本当の生活において、
    助けになるような発明をしたい、と思った。

     そこで、久重は大阪の町中を歩いて、何か困っていることは
    ないか、探し歩いた。その答えはすぐに見つかった。夜間の照
    明である。

     当時の灯火は、行灯や提灯などが使われていた。これらは平
    皿に菜種油を入れ、それに灯芯を浸して点火する。浅い皿なの
    で、ちょっとした振動で油がこぼれ、火事の心配がつきなかっ
    た。その上、始終、油をつぎ足し、灯芯も少しずつ切り取る必
    要があった。

     明るさも不十分で、夜なべ仕事もできなかった。また商品を
    よく見ることができないので、夜間の取引もできなかった。

     久重は、文久2(1826)年、26歳にして久留米に戻り、そこ
    でこれらの問題をすべて解決する灯火を発明しようと志した。

■5.人の役に立つ発明■

     久重が開発した「無尽灯」は、高さ60センチほどの細長い
    銅製の装置で、下部に油槽があり、上部にガラスで覆われた火
    口がある。油槽から菜種油を圧搾空気で火口に押し上げる。圧
    搾空気は、上部の芯筒を上下することで得られる。

     従来の行灯より10倍も明るくなり、夜なべ仕事や夜間の取
    引ができるというので、大阪商人の間で飛ぶように売れた。

     次に、消火器の開発にも取り組んだ。天保8(1837)年の大塩
    平八郎の乱で、大阪の町は放火され、1万2千戸以上が焼け出
    された。久重の大阪での家も丸焼けになってしまった。当時の
    消火器は水鉄砲を大きくしたようなもので、もっと良い消火器
    があれば、多くの家を火災から守れる、と久重は考えたのであ
    る。

     久重によって開発された消火器は、4人掛かりの手押しポン
    プを用いたもので、水がとぎれることなく、9メートル以上も
    放水できた。この「雲竜水」と名付けられた消火器は、明治年
    間に蒸気ポンプ式の消火器が輸入されるまで、広く使われた。

     さらに久重は時計作りにも挑戦した。当時は様々な和時計が
    開発・販売されていたが、久重は一度ねじを巻いたら、1年間
    止まらない時計を作ろうと思った。それには高精度のゼンマイ
    が必要だが、久留米の刀鍛冶に頼んで作ってもらった。

     約1年かけて完成した「万年自鳴鐘」は、高さ36センチ、
    一辺が16センチの六角形をしていた。その6つの面で、洋式
    の12時間時計、昼夜の長さを自動調整する和式時計、七曜表
    など、6種類の時計が連動して動くという、精巧なものだった。
    和時計の技術は、この「万年自鳴鐘」で絶頂に達したと言われ
    ている。

     こうして「からくり儀右衛門」は、人の役に立つ発明を次々
    と世の中に送り出していった。
    
■6.近代的な海軍力構築を目指していた佐賀藩■

     嘉永3(1850)年、久重は52歳にして、京都の30余歳の若
    きオランダ学者・広瀬本恭の門を叩いた。西洋の技術を学んで、
    さらに進んだ発明をしようと志したのである。この広瀬本恭の
    門下に佐賀藩から学びに来ていた佐野栄寿左衛門がいた。

     佐野は久重よりも20歳以上も若かったが、日本一の技術を
    持ちながらも、天真爛漫な子どものような精神を持つ久重に親
    しみを感じた。

     そしてある日、佐野は「佐賀に来て、藩公のために田中さん
    の科学知識や技術を大いに活用していただきたい」と切り出し
    た。久重は自分の技術が、国家公共のために役立てる良い機会
    だと、佐野の申し出を受け入れた。

     こうして久重は、嘉永5(1852)年、肥前佐賀藩で佐野が主任
    を務める精煉方に籍を置いた。佐賀藩は幕府から長崎防衛の任
    務を与えられており、藩主・鍋島斉正公はひたひとと押し寄せ
    る西洋諸国に対抗して、佐賀藩独自で近代的な海軍力を築こう
    としていた。

     佐野はオランダ製の小型蒸気船を買い入れ、久重を筆頭とす
    る技術陣に解体させた。彼らはオランダの原書とつきあわせな
    がら、蒸気船の構造を学んだ。そして、3年後には、冒頭で紹
    介した模型の蒸気船と蒸気機関車の実験にこぎつけるのである。

■7.日本初の国産蒸気船■

     模型が成功したので、佐野は次のステップとして、いよいよ
    本物の蒸気船建造に取りかかった。時あたかも長州藩が米英仏
    蘭の4カ国艦隊と砲撃戦を行ったり、薩英戦争が勃発したりと、
    多事多難な時期であったが、佐賀藩は着々と蒸気船建造を続け
    た。約2年ののち、慶応元(1865)年に完成した船は長さ約18
    メートル、幅3メートルの木製外輪船であった。

     鍋島公は、この船に「凌風丸」と名付け、慶応3(1867)年に
    は、自ら船に乗り込み、近海を航行させた。日本で最初の国産
    蒸気船である。船上で鍋島公は久重を呼び、「よくここまで精
    を尽くしてくれた。礼を言う。私も日本国内において鼻が高い」
    と褒めた。久重は感涙にむせんだ。

     ちょうどこの頃、幕府でも江戸前の石川島で軍艦千代田を建
    造中だったが、気罐が動きが思わしくなかった。佐賀藩に優れ
    た技術者がいる、と聞きつけた幕府は、千代田向けの気罐とそ
    の他2基の気罐製造を佐賀藩に依頼した。当然、久重が担当し
    た。

     久重は、もはや「からくり儀右衛門」ではなかった。国家の
    ために奉仕する近代的技術者であった。生地の久留米藩からも
    軍備の近代化のために戻ってきて欲しい、という要請があり、
    久重はやむなく佐賀藩と久留米藩の両方に籍をおいて、活動を
    続けることとなる。

     明治元(1868)年3月22日、即位されたばかりの明治天皇は、
    大阪湾で諸艦船の観艦式を行った。旗艦は佐賀藩の「電流丸」。
    オランダから購入した蒸気船だが、久重が気罐の修理を行った
    船である。従うは久留米藩の千歳丸以下、山口藩、熊本藩、薩
    摩藩からの蒸気船5隻。千歳丸は久重が久留米藩の買い付け役
    として購入した船だ。この日本で最初の観艦式の様子を伝え聞
    いた久重は、自分の奉公が実を結んだ事を嬉しく思った。

■8.新しい日本の建設に役立ちたい■

     明治6(1873)年、久重は東京に出て、工場を構えた。翌年、
    久重はモールス電信機の製造に成功した。久重の作った電信機
    は、輸入品と違わぬ精巧さを持ち、操作性はそれ以上だったの
    で、すべて工部省が購入し、全国の電信所に設置された。電信
    は明治6(1873)年に東京と長崎間が開通したばかりだったが、
    その翌年には、早くも国産の電信機が使われ始めたのである。
    「田中久重の工場のおかげで、これからは欧米から電信機を輸
    入する必要はない」と関係者は鼻高々だった。

     もう一つの久重の重要な発明は、生糸の試験器だった。開国
    後の日本で貴重な外貨を稼いでいたのは生糸だったが、「輸出
    する生糸は優良なものでなければならない」と明治政府は考え
    て、久重に試験器を作らせたのである。

     久重は自分の工場の前に「万般の機械考案の依頼に応ず」と
    いう看板を掲げた。そして様々な機械の開発に携わっている職
    人や技術者たちの相談に乗った。ここから「機械のことなら、
    田中先生は何でも相談に応じてくださる」と大変な評判となっ
    た。

     時には、昔、久重が作ったからくり人形に、さらに工夫を加
    えれば、さぞかし大当たりになるでしょう、と提案してきた人
    もいた。久重は、こう言って断った。

         ああいう子どものおもちゃには今の私はまったく興味が
        ないし、またそんな暇もない。これからは、精巧な機械を
        造って新しい日本の建設に役立ちたいと思って、こういう
        看板を立てたのです。

■9.「人間に奉仕する技術者精神」■

     久重は明治14(1881)年に83歳にして亡くなった。その数
    年前に工場はそっくり工部省に買収されていたが、養子に迎え
    られていた二代目久重は、明治15(1882)年に芝金杉新町に大
    きな工場を建てた。この工場では電信、電話、電池、火薬砲な
    ど、当時の日本の技術界の最先端をいく製品を送り出した。

     明治26(1893)年、三井家がこの工場を買収し、「芝浦製作
    所」と改称した。これが後の東京芝浦電気、現在の東芝の発祥
    である。しかし、東芝は初代久重が開いた工場を「東芝の原点」
    としている。初代久重の「人間に奉仕する技術者精神」を「東
    芝の初心」として、経営の基盤にしているからである。

     久重は日本における近代技術の開祖とも言うべき人物である
    が、その長く実り豊かな一生は、「新しい日本の建設に役立ち
    たい」という報国の志を原動力にしていたのであった。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(274) 日本の技術の底力
    幕末の日本を訪れたペリー一行は、日本が工業大国になる日
   は近いと予言した。 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 童門冬二『小説 田中久重―明治維新を動かした天才技術者』★★★
   集英社、H17

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「田中久重 〜 日本近代技術の開祖」に寄せられたおたより

                                          icchi1966さんより
     東芝に入社して20年、現在は分社された会社の勤務ですが、
    創業が田中久重氏から始まっているのを知ったのは入社してか
    らのことでした。

     このような形で、自分が最も尊敬できるメルマガで紹介され
    たことを誇りに思い投稿させて頂きました。

     本当に世の中(お客様)に役立つ製品を送り出そうとう気概
    は、いまも確実に東芝内に受け継がれていると思います。

     創業者の精神を受け継ぎ、謙虚に開発に携わって行きたいと
    思います。 ありがとうございました。
    
■ 編集長・伊勢雅臣より

     先人への感謝が志を生みます。

 

© 平成19年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.