[トップページ][平成19年一覧][Common Sense][253.079 アメリカ:現代][371.6 教育改革]

■■ Japan On the Globe(504)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

   Common Sense: 伝統的な躾けで蘇ったアメリカの学校教育
    
                    ブッシュ大統領は「われわれは進むべき道
                   を知っている」と教育再生を呼びかけた。
■転送歓迎■ H19.07.08 ■ 33,795 Copies ■ 2,548,767 Views■


■1.対照的な学校風景■

     ある中学校教師が長期自主研修制度を用いて、アメリカの多
    くの小中学校を訪問した。その感想を次のように記している。

         アメリカの公立学校の整然としている様子には、先々で
        大変感銘を受けました。小中学校を中心に多くの学校訪問
        を行いましたが、先生方が声をはりあげて指導される場面
        がまったくありません。また、生徒たちが廊下を走り回っ
        たり、大声で騒いだりする様子も見受けられません。小学
        校一年生でさえ、先生の引率無しで静かに廊下に並んでカ
        フェテリアまで移動します。集団で安全に行動する方法が
        よく身に付いており、それがごく当たり前で普通のことと
        して馴染んでいる様子に驚きました。[1,p32]

     これと著しい対照をなすのが、平成10年に広島県福山市の
    中学校教諭・佐藤泰典氏が国会で語った学級崩壊の実態である。

         始業のチャイムが鳴って教員が教室に行った時、生徒は
        ほとんど席についておりません。その生徒たちを教室に入
        れて席につかせるのに五分から十分ぐらいかかります。やっ
        との思いで授業を始めても、教室の窓から抜け出したり、
        もっとひどい時は、廊下を自転車で二人乗りして、「イエ
        ーイ」と声をあげながら手を振って他の先生や生徒をから
        かったりという状態です。 教室に残った生徒も後ろの方
        でボール遊びをしたり、机の上に足を上げてマンガを読ん
        でいます。[a]

     教育は子供たち自身の将来、そして国家百年の計に関わる重
    要事である。後者のような学級で育った子供は自分勝手な人間
    となって、将来の人生を台無しにされ、また国家社会の法秩序
    を崩壊させて、国民全体を不幸にする。これ以上の「人権侵害」
    はない。

■2.アメリカの教育崩壊■

     アメリカの教育も、1960年代には、この広島の例のように崩
    壊の極みにあった。極端な人権主張、反体制・反伝統の風潮が
    アメリカ社会を覆い、若者の反抗、麻薬の蔓延、離婚の増加、
    フリーセックスなどが蔓延していった。

     教育界においても、一部の急進的な学者たちが「教育の人間
    化」を主張した。「学校でのルールの押しつけはいけない」
    「生徒への寛容さ(トレランス)が大切」などと、教師の権威
    や学校の管理体制を攻撃した。その結果、規律は崩壊し、暴力、
    麻薬、アルコール、タバコ、喧嘩、いじめ、教師への反抗が広
    がった。学校はまさに「病めるアメリカ」の縮図となっていた。

     こうした状態を国家的危機と捉えて、レーガン政権は1983年
    にレポート『危機に立つ国家』を発行して、教育改革を訴えた。
    [a]

     続くブッシュ大統領(現ブッシュ大統領の父親)は「国家教
    育目標」を宣言した。その第6項には「安全で、規律ある、麻
    薬のない」学校づくりを挙げた。翌91年には「アメリカ2000教
    育戦略」を示した。その本文にはこう謳われている。

         われわれは進むべき道を知っている。過去の疲れ果てた
        うんざりする、古い流行遅れの教育仮説からの脱却を広範
        囲に図らなければならない。

    「古い流行遅れの教育仮説」とは、60年代の「教育の人間化」
    の思想を指す。それは現実に適用されて効果を実証されたもの
    ではなく、急進的な教育思想家たちが机上で考え出した「仮説」
    に過ぎないのである[b]。そして「われわれは進むべき道を知っ
    ている」とは、アメリカでの伝統的な教育への回帰を意味して
    いる。
    
■3.「ゼロトレランス」(厳格教育)■

     こうした政府の呼びかけに呼応して、教育現場で立ち上がっ
    た人々がいた。ワシントン州タコマ市のフォス高校の教師たち
    である。フォス高校の学区でも、生徒の犯罪や暴力事件が慢性
    化し、高校生による暴力事件(殺人を含む)は1989年に132
    件、翌年は195件に達していた。

     1991年秋、フォス高校は暴力問題を早急に解決するという声
    明を出し、そのために学校内規律綱領規則の整備強化を行った。
    全教職員がこれに賛同した。

     その上で生徒たちには「もし、君が喧嘩をするならば、除籍
    されるであろう」と宣言した。その結果、1992年には、喧嘩は
    12件へと激減した。翌年にはさらに厳しく「喧嘩をすれば必
    ず放校にする」と宣言したところ、ただの3件となった。

     フォス高校は、コミュニティと協力して「ゼロトレランス地
    域」を宣言し、秩序と安全の確保を謳った。前述のようにトレ
    ランスとは「寛容」で、それがゼロということは、ルール違反
    を見逃さない厳格教育というところであろう。

     フォス高校のゼロトレランス方式の成功は、全米に伝わり、
    各地に広まっていった。ブッシュ大統領の後を継いだクリント
    ン大統領は、97年には教育に関する「クリントン大統領の呼び
    かけ」を発し、その中で「規則を整備し、ゼロトレランス方式
    を確立すべきである」と呼びかけた。
    
■4.「段階的躾け(progressive discipline)」■

     ゼロトレランス方式が全米に急速に広がるにつれ、暴力や麻
    薬などの犯罪的な問題行動は急速に沈静化していった。それに
    つれて、ゼロトレランスの概念は、欠席・遅刻、怠学、授業中
    の態度など、日常的な規律立て直しにも拡大されていった。

     ごく小さな規律違反にも、教師は直ちに注意を与え、あるい
    はごく軽い罰を与えて、問題の芽を小さなうちに摘み取ってし
    まおうとする「段階的躾け(progressive discipline)」という
    考え方である。逆に良い行いをすると、誉められたり、ご褒美
    を与えられたりする。

     たとえば、小学校で一般的な指導方法は次のようなものだ。
    生徒が授業中におしゃべりをしたり、宿題をやってこなかった
    ら、教師から注意を受ける。逆にゴミを拾って教室をきれいに
    したり、友達に親切にしたら、担任の先生から褒められ、特に
    良い行いに対しては、全校の朝の放送で表彰され、ご褒美が与
    えられる。

     生徒には一人一人行動記録カードを持たせ、褒められたり叱
    られたりしたら、記録させる。各人毎の善悪の集計が行われ、
    これが行動評価一覧表として掲示板に貼り出される。誰が「善
    い子」か「悪い子」か、一目瞭然となる。子供達は競って「善
    い子」になろうとする。特に「悪い子」は、教師が父母を呼び
    出して、反省を促す。

     破れた窓を放っておくと、また次の窓が破られ、それが徐々
    に拡大し、ついに街全体が荒廃する、という「破れ窓の理論」
    があるが、これを教育現場に適用したのが「段階的躾け」であ
    る。
    
■5.お仕置き■

     中学や高校になると、「お仕置き(detention)」が多用され
    る。放課後の居残りや土曜日登校による補習、放課後の教室清
    掃、校長の横での昼食、などの方法がある。かつての日本でも
    廊下に立たせるというやり方があったが、まさに同様の「お仕
    置き」である。

     最近では、お仕置き部屋(detention room)を設ける学校が多
    い。ブースで仕切られた席があり、遅刻や宿題を忘れた生徒は、
    教師の監督のもと、孤独な環境の中で、自分の行為について反
    省させられる。戦前の日本でも、悪さをすると土蔵や物置に閉
    じこめて反省させる、というお仕置きが行われたが、その近代
    版と言える。

     こうしたお仕置きでもなかなか立ち直らない問題生徒は、オ
    ルタナティブ(代替)・スクールという各教育管区内に設置さ
    れている特別指導用の学校に送られる。手のつけられない問題
    生徒を正規の学校に放置しておくと、大多数の善良な生徒たち
    の規律正しい教育環境を乱すし、また、こうした問題生徒は、
    別の環境で立ち直らせる必要がある、という考えからである。

     また不登校や引きこもりの生徒も、オルタナティブ・スクー
    ルに強制的に出校させて、専門家の指導も加えて立ち直らせる。
    ちなみに、不登校は親の責任という考え方があり、たとえばテ
    キサス州では、一日の不登校に対して保護者に500ドル、約
    6万円の罰金を課す。

     最近では、通常の学校に適応できない生徒が、自ら希望して
    入学できるオルタナティブ・スクールも増加している。
    
■6.真面目な生徒たちが転学・退学を希望する問題校■

     ゼロトレランス方式は日本でも紹介され、導入して効果を上
    げる学校が出てきた。その一つに愛知県立日進高校がある。同
    校に着任した若山和彦先生は、当時の様子を次のように語って
    いる。[1,p145]

         それは驚きの光景でした。転任した年の始業式。新転任
        紹介時に舞台に上がり、整列している(はずの)生徒たち
        を見ると、なんと、3年生男子が大きな円になって座って
        いたのです。教師の注意に「ハイ、ハイ」と返事をするも
        のの、結局整列することはありませんでした。・・・

         茶髪金髪がまだ珍しい時代でしたが、本校には多くの茶
        髪・金髪の生徒がいて、校則は有名無実になっていたと言っ
        ても過言ではありませんでした。

     生徒の自由や人権を過剰に意識する風潮があって、教師が指
    導すると「厳しすぎる」とか「冷たい」という批判を浴びた。
    職員室も「あきらめ」と「空虚感」が支配していたが、少数の
    情熱ある教師たちが、なんとか学校の完全崩壊を防いでいた。

     そうした中で、真面目な生徒たちが、授業中に騒いで好き勝
    手な行動をとる生徒がいることに嫌気がさし、転学や退学を申
    し出るようになった。これは教師たちにとって衝撃だった。こ
    れが転機となって、教師たちが立ち上がった。
        
■7.教師たちの一体となった指導体制■

     こうした「真面目な生徒が損をしないため」には、「ダメな
    ことはダメ」という毅然とした指導が必要だが、教師によって
    言うことが違うと「ほかの先生は何も言わなかった」「違反し
    ているのは自分だけではない」などと生徒に不信感や反感を抱
    かせる。

     そこで具体的に指導をやりきれる項目として茶髪と服装とに
    絞り、その基準を明確にした。例えば、茶髪の指導においては、
    茶髪の程度ではなく、それが生まれながらの髪の毛の色かどう
    か、で判断する、という具合である。

     それでも、当初は生徒の反発が強かったので、指導できない
    教師が少なからずいた。そこで、指導すべき生徒に対して、最
    低限「声かけ」はするように申し合わせて、教師全員で取り組
    んでいることを生徒に感じ取らせるようにした。

     また、主義主張の異なる教師もいたが、これは方法論の違い
    であって、「生徒の成長を支援する」という目的は同じである
    ことを確認し合った。同時に、廊下など、生徒の目に触れる場
    での口論は避けるように申し合わせた。

     当初、厳しい指導を受けた生徒は、指導内容を理解する前に、
    指導されたという事実だけに反発しがちだった。そこで「厳し
    くも暖かみのある指導」を心がけ、さらにA先生が厳しく指導
    した生徒には、後でB先生が改めて教え諭す、という連携体制
    を組んだ。
    
■8.「挨拶の声が響く明るい学校」■

         教師集団の協力体制が確立するとともに、事態は好転し
        ていきました。反発する生徒はいたものの、「悪いことは
        悪い」という当たり前のことの前には素直になるしかあり
        ませんでした。指導の積み重ねによって、教師が生徒のわ
        がままに対しては一歩も引かないことや教師の「暖かみの
        ある厳しさ」が生徒の中に浸透することにつれて、指導の
        困難さは急速に薄れていきました。

         現在では茶髪は見られず、校内喫煙はほとんど皆無で、
        年間1件程度あるかないかです。一般的に指導は容易にな
        り、「少しくらいの規則違反ならいいだろう」という考え
        方についても「少しでも規則違反は規則違反」と指導でき
        るようになっています。[1,p149]

     授業中も静かになり、全体集合でも5分前には確実に集合す
    るようになった。

         規律が向上した現在では、「人を思いやる心の育成」に
        取り組んでいます。校内の環境整備(校内緑化、トイレの
        ペンキ塗り、校庭の溝掃除など)、地域の小学校や保育園
        に出向いての読み聞かせ活動や、学校周辺や最寄りの駅で
        の清掃活動を行っています。参加生徒はすべてボランティ
        アです。多いときには約80名が集まります。挨拶の声が
        響く明るい学校になっています。
    
■9.「われわれは進むべき道を知っている」■

     まずは守るべき規律を教え、「悪いことは悪い」と厳格に守
    らせる。そこから子供達は互いにルールを守ることで、気持ち
    の良い共同生活が実現されることを体験していく。「人を思い
    やる心」は、この過程で育つ。

     今では、生徒たちが小学校や保育園の読み聞かせなどにボラ
    ンティアで参加していく、というのは、それこそ人間らしい真
    の「自由」の姿である。社会の善悪や規律を学ぶ前に、子供達
    に好きなように振る舞えと言ったら、授業中に廊下を自転車で
    走り回ったりするような動物的な「放縦」に陥るだけである。

    「教育の人間化」というアメリカの急進的教育思想家の夢想は、
    こうした児童教育の基本を無視して、アメリカの教育を崩壊さ
    せ、無数の青少年たちの人生を台無しにした。日本のゆとり教
    育、人権教育も同罪である。ブッシュ大統領の言ったとおり、
    日本においても「古い流行遅れの教育仮説からの脱却」が必要
    だ。

     そして我が国においても、長い歴史を通じて形成されてきた
    躾やお仕置きを含む規律教育の伝統がある。

    「われわれは進むべき道を知っている」のである。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(131) 学力崩壊が階級社会を招く
    「結果の平等」思想は、貧しい家庭の子どもたちの自己実現
   の機会を奪い、愚民として平等化することである。
b. JOG(442) 「科学から空想へ」 〜 現代日本の教育思想の源流
    「子供の権利」「自己決定権」「個性尊重」など の教育思想
   の源泉にある「空想」。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 加藤十八『ゼロトレランス 規範意識をどう育てるか』★★★、
   学事出版、H18

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「厳格な躾けで蘇ったアメリカの学校教育」に寄せられたおたより

                                                 毎度さんより
     本号で、改めてアメリカの教育改革の現状を認識しました。
    また、日本の学校現場の崩壊とその建て直しの必要も感じまし
    た。
 
     私の娘も14年ほど前にアメリカの高校に留学していました。
    その折に2つの高校と1つの小学校を見学する機会がありました。
    オハイオ州の田舎の学校でしたが、高校などは整然とした教育
    環境でした。その中で、連邦政府の教育補助金によって学校が
    立て替えられ、コミニュティセンターのような役割を持つ近代
    的な施設となっているものがありました。レーガン政権以来の
    施策のようで、優秀な学校には州政府の予算だけでなく、連邦
    政府が予算を出して実験校として支援していました。学校の休
    みの時は、地域のコミュニティセンターとして活用し、スポー
    ツ施設なども地域との共用です。アメリカが教育に力を入れて
    いる事が実感できました。
 
     数年後、カリフォルニァ州の教育視察に参加しましたが、驚
    いた事にサンフランシスコなど住宅事情の悪い地域に転勤させ
    られる教師の中には、住宅を捜す間は車の中で寝泊りをする人
    もいるとの話でした。給与も日本の教師の半額程度です。この
    ような教師でも、シリコンバレーで就職すれば教師に比べて2
    倍、3倍の報酬を得る事ができるのに、「教育、教師」に魅力
    を感じて報酬を度外視して希望する人がいるとの話でした。教
    育に「使命感をもった人」がいるアメリカが羨ましいと感じま
    した。
 
     さて、日本では私学の場合に「文部省」からの助成金が在校
    生一人当たりという形で補助されています。私学の中には「授
    業料未払い」の生徒が何割もいる学校もあるようです。退学、
    放校処分すれば文部省の補助金も返納することになるので、授
    業料未払いでも処分せずに終わっているようです。全入時代を
    迎えた私学の実態について、文部省はしっかりと監督する必要
    があるでしょう。


                                       「うしのゆ」さんより
     子育て真っ最中の私どものための応援歌をありがとうござい
    ます。

     子供の人権を、わたしは「否定」します。人権とは、成人し
    たおとなが義務を履行した後に主張できるものと思っておりま
    す。義務を履行する・・・この判断基準が難しいのですけど。

     しかし、その理由など説明する必要なく「悪いことは悪い」
    「どうして?」と問われて「それは悪いことだからだ」と、わ
    たしは子供に言っています。もう直ぐ、「なぜ?なぜ?理由は?」
    とうるさく問われると思います。その、問うという行いをした
    ときに、子供は一歩成長すると思うのです。

     我が家の子供は男の子です。小学校の低学年です。あるとき、
    担任から同級生の女の子のお腹にパンチを入れたと連絡があり
    ました。遅くに帰宅して、妻からそのことを聞かされて、寝入っ
    ている息子を起こしました。翌朝は、彼が寝ている時間に出勤
    することが確かなので。

     彼に、今日なにがあったのかを聞きました。その女の子は息
    子にちょっかいを出したそうです。何度も何度も・・・・・、
    ちょっかいを出したそうです。それを聞いて、「確かにムカつ
    くよな、そんなネチネチとしたやつって」と言いました。 

     息子は、「何度もやめてと言ったけど聞いてくれないから、
    パンチしたんだ」。
    わたし、「パンチしたと言うけど、ぐうでしたのぱあでしたの?」
    息子、「ぐうで、お腹をパンチしたの」。
    わたし、「それは、いけない事、悪いことだ。女の子のお腹を
    ぐうで殴るなんてとっても悪いことだ」

     わたしは、息子のほほを平手で思いっきり打ちました。「お
    まえがやったことは、やってはならないことだ。女の子のお腹
    をぐうでぱんちをいれるなんて絶対にやってはならないことっ
    だ」息子は、わたしから打たれて真っ赤になったほほに手をや
    りながら泣いていました。

     翌日、息子が腹にパンチを入れた同級生の女の子のご自宅に
    伺い、私と息子と妻で謝ってきました。ことの是非はどうあれ”
    女の子のお腹にパンチをしたという事実に対して謝罪しました”。 

     私が土下座してあやまっている姿を見ている息子に「悪いこ
    とは悪い」という事を伝えたかったのです。

     私心を述べれば、喧嘩両成敗と思います。しかし、女の子に
    暴力を振るうことに私は憤ったのです。

     差別と言われるかもしれませんが、どんなに生意気でも女の
    子・・女性には暴力を振るってはならない。それが、私の中の
    女性への愛だからです。男は、愛する女性を守り、愛する女性
    が産んでくれた子供を守り・育てる。簡単な方程式で示す一番
    大切な行いと確信します。

     悪いことは悪い、理由などない! 簡単なことです。簡単な
    ことがなかなかできない歯がゆさ。

     権利権利、人権人権と言うほどのバカはいないと亡き爺さん
    は言っていました。

     おやごころを培いたいです。厳しい雷オヤジがいいのか?何
    も言わない厳父がいいのか?

     わたしの親父は、何も言わない厳父でした。早くに亡くなっ
    た親父が存命だったら相談したかった。今は、仏壇の前で話を
    するだけです。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     お二人のおたよりを読ませていただいて、「人を育てるのは
    人である」と改めて感じ入りました。 

© 平成19年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.